TASCAM Model 16 と TASCAM LM-8ST を比べてどちらがおすすめなのか?違いはどれくらいあるのでしょうか。

作成日時: 2021-11-09 20:58:25、更新日時: 2021-11-09 22:05:46

TASCAM LM-8STTASCAM Model 16
TASCAM LM-8STTASCAM Model 16

「TASCAM Model 16」と「TASCAM LM-8ST」に関する特徴をよく注目される特徴に対して点数化してみました。どういう面で評価の違いや差があるのでしょうか。どちらのオーディオミキサーを選んだ方がいいのかが選ぶのに慣れていない人でも簡単に分かります!

TASCAM LM-8STTASCAM Model 16
TASCAM LM-8STTASCAM Model 16
総合評価:

46/100

(総合: 114位)

48.7/100

(総合: 92位)

チャンネル数
26/100
62/100
本体サイズ
65/100
35/100

TASCAM Model 16 と比較して TASCAM LM-8ST を選ぶメリット

  • 大きさ

    65.7点(48.2cm × 280mm × 44mm) vs 35.1点(46.3cm × 43cm × 112.9mm)

TASCAM LM-8ST と比較して TASCAM Model 16 を選ぶメリット

  • チャンネル数

    26.4点(8個) vs 62.2点(16個)

  • エフェクター搭載
  • レコード機能
  • USBオーディオインターフェース搭載
  • ファンタム電源

「TASCAM LM-8ST」と「TASCAM Model 16」の良し悪しの徹底評価

「TASCAM LM-8ST」と「TASCAM Model 16」の利便性についての比較詳細

アナログ方式の採用について

アナログ方式を採用しているオーディオミキサーは楽器やマイクの音を入力してバランスの取れたサウンドを出力できるため優れているかもしれません。とくに元の音はアナログのまま、音のバランスを取って使用したいような時におすすめです。

「TASCAM LM-8ST」も「TASCAM Model 16」もアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためどちらも機能がシンプルなのでコントローラーを見て直感的に操作できる点において優れているといえそうです。アナログ方式による利用をするような時に「TASCAM LM-8ST」も「TASCAM Model 16」もお勧めだと思います。

本体サイズについて

コンパクトなので省スペースに設置できる点で小さい本体サイズのオーディオミキサーは優れているかと思います。とくにコンパクトなので屋外での使用をしたいような時におすすめだと思います。

「TASCAM Model 16」と「TASCAM LM-8ST」を本体サイズについて比較すると「TASCAM LM-8ST」は48.2cm × 280mm × 44mmであり「TASCAM Model 16」は46.3cm × 43cm × 112.9mmです。「TASCAM Model 16」のサイズより「TASCAM LM-8ST」の方がとても小さいです。移動の際簡単に持ち運びできるので「TASCAM Model 16」より「TASCAM LM-8ST」の方がすごく優秀な部類に入るかもしれません。「TASCAM LM-8ST」は「TASCAM Model 16」より楽に持ち運びをする時に向いています。

実際に使うことを想定したとき「TASCAM LM-8ST」は「TASCAM Model 16」と比較して遥かに優れています。「TASCAM LM-8ST」にする上で重要な理由の一つになります。

本体サイズ評価
TASCAM LM-8ST
48.2cm × 280mm × 44mm65/100
TASCAM Model 16
46.3cm × 43cm × 112.9mm35/100

「TASCAM LM-8ST」と「TASCAM Model 16」のミックス性能について徹底的に比較する

チャンネル数について

チャンネル数が多いオーディオミキサーはたくさんのチャンネルにて使用できる点において良いです。楽器編成の多い楽曲を制作したいような時に適していると思います。

チャンネル数について「TASCAM Model 16」と「TASCAM LM-8ST」を比較すると「TASCAM LM-8ST」は8個で「TASCAM Model 16」は16個です。8個もの非常に大きい違いがあります。チャンネル数について「TASCAM Model 16」は「TASCAM LM-8ST」よりとても多いです。「TASCAM Model 16」は快適に利用ができるといった点で「TASCAM LM-8ST」よりも非常に優れた部類に入るといえそうです。ミキシングする音源を多くしたいようなときに「TASCAM Model 16」は「TASCAM LM-8ST」よりとても適しています。

「TASCAM Model 16」に決めるための一つの重要な判断材料になるでしょう。

チャンネル数評価
TASCAM LM-8ST
8個26/100
TASCAM Model 16
16個62/100

ヘッドホン対応について

「TASCAM LM-8ST」も「TASCAM Model 16」もヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

動力についての「TASCAM LM-8ST」と「TASCAM Model 16」の評価比較

AC電源からの給電について

安定した電源供給ができるという点でAC電源に対応しているオーディオミキサーは秀でています。コンセント接続して使用してしするようなときにおすすめだと思います。

「TASCAM LM-8ST」も「TASCAM Model 16」もAC電源に対応しているオーディオミキサーです。そのためどちらもコンセントさえあれば、電源の消耗を気にせず使用し続ける事ができるという点で秀でているといえるかもしれません。「TASCAM LM-8ST」も「TASCAM Model 16」も屋内等電源の確保が容易な場所での利用が頻繁な人が使用する場合に適しています。

「TASCAM LM-8ST」と「TASCAM Model 16」の詳細情報

TASCAM LM-8STTASCAM Model 16
TASCAM LM-8STTASCAM Model 16
ミックス性能
チャンネル数8個16個
エフェクターを搭載しているかどうか -
レコーダー機能を搭載しているかどうか -
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか -
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
動力
ファンタム電源を採用しているかどうか -
電源ACAC
AC電源に対応しているかどうか
利便性
製品種別アナログミキサーアナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ48.2cm × 280mm × 44mm46.3cm × 43cm × 112.9mm

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

TASCAM LM-8ST の関連記事
TASCAM Model 16 の関連記事

TASCAM LM-8ST と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

TASCAM LM-8ST の関連記事
TASCAM Model 16 の関連記事

TASCAM Model 16 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報