MG06X と AG06 を徹底比較。どちらがよいのかを解説

作成日時: 2021-11-09 18:03:19、更新日時: 2021-11-09 20:32:10

MG06XAG06
MG06XAG06

「MG06X」と「AG06」の詳細情報について幅広く網羅。違いを比較/解説しています。「MG06X」と「AG06」のどちらにした方がいいのかについて選ぶのに慣れていない人でも簡単に決められます。

MG06XAG06
MG06XAG06
MG06XAG06
総合評価:
チャンネル数rating-image1
6個
rating-image1
6個
本体サイズrating-image4.6
202mm × 149mm × 62mm
rating-image4.6
202mm × 155mm × 63mm

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

AG06 と比較して MG06X を選ぶメリット

  • AC電源対応

MG06X と比較して AG06 を選ぶメリット

  • USBオーディオインターフェース搭載

「MG06X」と「AG06」の情報概要

MG06XAG06
画像MG06XAG06
チャンネル数6個6個
エフェクターを搭載しているかどうか
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか -
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源ACUSB
AC電源に対応しているかどうか -
製品種別アナログミキサーアナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ202mm × 149mm × 62mm202mm × 155mm × 63mm

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

「MG06X」と「AG06」の良し悪しの徹底評価

ミックス性能についての「MG06X」と「AG06」の情報詳細

チャンネル数について

チャンネル数が多いオーディオミキサーはたくさんのチャンネルにて使用できる点において良いです。よりたくさんの機器を接続する時に向いているといえるかもしれません。

チャンネル数についてMG06XとAG06を比べるとAG06は6個でありMG06Xは6個です。MG06XとAG06は同程度です。体感的な差は無いと思われます。

他の角度を見て決めたほうが良さそうです。

チャンネル数評価
MG06X
6個11/100
AG06
6個11/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーはエフェクト操作によりミキシングできるため優れているかと思います。特にエフェクトを用いた多彩な演奏をするときにお勧めです。

AG06もMG06Xもエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。そのためどちらもコーラス、リバーブ、ディレイを調整してベストなサウンドを引き出すことができるという点で優れているといえなくもないでしょう。どちらも音をアンプに送る途中で、電気的に音を改変するときにお勧めです。

「MG06X」と「AG06」の利便性についての比較詳細

アナログ方式の採用について

アナログ方式を採用しているオーディオミキサーは操作がシンプルで初心者でも使用できるため優秀です。操作が簡単なため初心者が使用するような時、オススメです。

MG06XもAG06もアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのため機能を絞り込んで低コストで使用できる点でどちらも優秀な部類に入るかと思います。どちらも楽器やマイクの音を入力してバランスの取れたサウンドを出力したいようなときにオススメと思います。

本体サイズについて

コンパクトなので移動を容易にできるため、本体サイズが小さいオーディオミキサーは優秀な部類に入ると思います。DTM等で狭い部屋で作業するならお勧めだと思います。

本体サイズをAG06とMG06Xを比較するとAG06は202mm × 155mm × 63mmに対してMG06Xは202mm × 149mm × 62mmです。ほとんど違いは無いです。実用上の違いはありません。

別の観点で選んだ方がよさそうです。

本体サイズ評価
MG06X
202mm × 149mm × 62mm92/100
AG06
202mm × 155mm × 63mm91/100

動力についての「MG06X」と「AG06」の評価比較

ファンタム電源の採用について

標準ケーブルでは流せないほど幽霊の様に微弱な電流を通電できるので、ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーは優秀な部類に入るといえなくもありません。コンデンサーマイクやアクティブタイプのDI(ダイレクトボックス)を動作する場合お勧めといえるかもしれません。

AG06もMG06Xもファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためコンデンサーマイクを使用して高音質なミキシングができる点においてどちらも優れているかと思います。ファンタム電源を用いて利用するような場合MG06XもAG06も適していると言えるかもしれません。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

MG06X の関連記事
AG06 の関連記事

MG06X と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

MG06X の関連記事
AG06 の関連記事

AG06 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

10位

12位

13位

15位

16位

17位

18位

20位

関連人気記事

新着情報