MG06 と MG10 の違いは?幅広くカバーしました!

作成日時: 2021-11-09 20:51:46、更新日時: 2021-11-09 22:34:20

MG10MG06
MG10MG06

「MG06」と「MG10」を比較してどっちのオーディオミキサーが優れているのでしょうか。どう違いがあるかを検証・評価。「MG10」と「MG06」のどちらを選ぶべきなのか迷っているひと必見です

「MG06」より「MG10」が優れている部分

  • もの凄く多いチャンネル数
    37.9点(93位) vs 11.5点(132位)

「MG10」より「MG06」が優れている部分

  • 本体サイズはものすごく小さい
    92.3点(23位) vs 69.2点(56位)

表で「MG10」と「MG06」に関する特長と特性を比べる

MG10MG06
画像MG10MG06
チャンネル数10個6個
エフェクターを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源ACAC
AC電源に対応しているかどうか
製品種別アナログミキサーアナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ294mm × 244mm × 71mm202mm × 149mm × 62mm

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

「MG10」と「MG06」の特性や特長

ミックス性能についての「MG10」と「MG06」の徹底比較

チャンネル数について

チャンネル数が多いオーディオミキサーはたくさんのチャンネルにて使用できる点において良いです。複数の音源を入出力し利用したいようなときにオススメです。

チャンネル数についてMG06とMG10を比較するとMG06は6個であるのに対してMG10は10個です。4個もの大きな違いがあります。チャンネル数という視点で見てみるとMG10はMG06と比較してかなり多いです。MG10は快適に利用ができるといった点でMG06よりも非常に優れた部類に入るといえそうです。ミキシングする音源を多くしたいようなときにMG10はMG06よりとても適しています。

MG10に決めるための一つの重要な判断材料になるでしょう。

チャンネル数評価
MG10
10個37/100
MG06
6個11/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーはエフェクト操作によりミキシングできるため優れているかと思います。効果音を制作する時にオススメといえそうです。

MG06もMG10もエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。そのためどちらもコーラス、リバーブ、ディレイを調整してベストなサウンドを引き出すことができるという点で優れているといえなくもないでしょう。どちらも音をアンプに送る途中で、電気的に音を改変するときにお勧めです。

動力についての「MG10」と「MG06」の評価比較

ファンタム電源の採用について

標準ケーブルでは流せないほど幽霊の様に微弱な電流を通電できるので、ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーは優秀な部類に入るといえなくもありません。コンデンサーマイクやアクティブタイプのDI(ダイレクトボックス)を動作する場合お勧めといえるかもしれません。

MG06もMG10もファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためコンデンサーマイクを使用して高音質なミキシングができる点においてどちらも優れているかと思います。ファンタム電源が搭載されているのでコンデンサーマイクも使用する場合どちらもおすすめだと思います。

AC電源からの給電について

安定した電源供給ができるという点でAC電源に対応しているオーディオミキサーは秀でています。バッテリー切れなどの心配をせずに長時間使用が出来るので、レコーディングなどで長時間使用を考えている人が使用する時、向いています。

MG10もMG06もAC電源に対応しているオーディオミキサーです。一般的な電源で使用可能なので場所を選ぶことなく使用できる為MG10もMG06も良いといえるかもしれません。MG10もMG06もAC電源に接続して使用する時に適していると言えるかもしれません。

「MG10」と「MG06」の利便性を詳細に比較

アナログ方式の採用について

アナログ方式を採用しているオーディオミキサーは操作がシンプルで初心者でも使用できるため優秀です。操作が簡単なため初心者が使用するような時、オススメです。

MG10もMG06もアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためどちらも機能がシンプルなのでコントローラーを見て直感的に操作できる点において優れているといえそうです。ミキシング等シンプルな機能のみが必要で価格を抑えて購入したい人が使用したいようなときにどちらも向いていると思います。

本体サイズについて

コンパクトなので省スペースに設置できる点で小さい本体サイズのオーディオミキサーは優れているかと思います。とくにコンパクトなので屋外での使用をしたいような時におすすめだと思います。

本体サイズについてMG06とMG10を比べるとMG10は294mm × 244mm × 71mmに対してMG06は202mm × 149mm × 62mmです。比較的差は大きいです。MG10よりMG06の方が比較的サイズが小さいです。移動の際簡単に持ち運びできるのでMG10よりMG06の方がどちらかと言うとよい部類に入るといえなくもないでしょう。MG06はMG10より手軽に持ち運んで録音したい時にわりとオススメといえそうです。

実際に使う場面でMG10よりMG06の方がどちらかといえばよいです。MG10よりMG06が良いと言えるでしょう。一方ですごく優れているというわけではありません。

本体サイズ評価
MG10
294mm × 244mm × 71mm69/100
MG06
202mm × 149mm × 62mm92/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

MG10 の関連記事
MG06 の関連記事

MG10 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

MG10 の関連記事
MG06 の関連記事

MG06 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

10位

12位

13位

15位

16位

17位

18位

20位

関連人気記事

新着情報