ヤマハ AG06 (2015) と ヤマハ MG10XU (2014) を比べてどちらがおすすめなのか?違いはどれくらいあるのでしょうか。

作成日時: 2021-11-09 20:44:55、更新日時: 2021-11-09 21:48:13

ヤマハ MG10XU (2014)ヤマハ AG06 (2015)
ヤマハ MG10XU (2014)ヤマハ AG06 (2015)

「ヤマハ AG06 (2015)」と「ヤマハ MG10XU (2014)」を比較すると選ぶならどちらがおすすめなのでしょうか?重要度別にわかりやすく検証してみました。違いを比較/解説してみました。

ヤマハ MG10XU (2014)ヤマハ AG06 (2015)
ヤマハ MG10XU (2014)ヤマハ AG06 (2015)
ヤマハ MG10XU (2014)ヤマハ AG06 (2015)
総合評価:
チャンネル数rating-image1.9
10個
rating-image1
6個
本体サイズrating-image3.5
294mm × 244mm × 71mm
rating-image4.6
202mm × 155mm × 63mm

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

ヤマハ MG10XU (2014)は、10個のチャンネル、エフェクター搭載、USBオーディオインターフェース搭載、ヘッドホン対応、ファンタム電源、AC電源対応、製品種別はアナログミキサーで、アナログ方式に対応しています。例えば、様々な楽器やマイクからの音源を同時に調整でき、音質を向上するエフェクターや、PCと接続して録音やバーチャルDJソフトでの使用が可能なUSBオーディオインターフェースが備わっています。また、ヘッドホンとの接続が可能であるため、直接スピーカーには出力できない音楽制作やライブ映像制作においても、専用ヘッドフォンを使用して確認ができます。ファンタム電源により、コンデンサーマイクを使用する場合にも対応しています。AC電源対応のため、外部電源が必要な場合には、アダプターを用意して使用できます。アナログ方式により、音源に余計なエフェクトをかけすぎず、ノイズも少なく、自然な音が出力されます。

ヤマハ AG06 (2015)は、6個のチャンネル、エフェクター搭載、USBオーディオインターフェース搭載、ヘッドホン対応、ファンタム電源、電源はUSB、製品種別はアナログミキサーで、アナログ方式に対応しています。このミキサーは、10個のチャンネルが不要な場合、小規模なライブや音楽制作に適しています。エフェクターやUSBオーディオインターフェース、ヘッドホン対応など、主要な機能は備えており、ファンタム電源によりコンデンサーマイクを使用可能です。音楽制作やライブ映像制作に必要な機能を最小限に抑えたコンパクトなミキサーです。

ヤマハ MG10XU (2014)は、多くの機能を備え、さまざまな用途に対応できる大型のアナログミキサーです。一方、ヤマハ AG06 (2015)は、小規模で簡易な音楽制作やライブ映像制作に適した6チャンネルのアナログミキサーです。どちらも、エフェクターやUSBオーディオインターフェース、ファンタム電源など、重要な機能を搭載しています。選ぶ際には、必要なチャンネル数や機能を考慮して、用途に合わせたものを選ぶようにしましょう。

「ヤマハ AG06 (2015)」より「ヤマハ MG10XU (2014)」が優れている部分

  • 凄く多いチャンネル数
    37.9点(102位) vs 11.5点(156位)
  • AC電源に対応している

「ヤマハ MG10XU (2014)」より「ヤマハ AG06 (2015)」が優れている部分

  • 本体サイズはものすごく小さい
    91点(37位) vs 69.2点(71位)

「ヤマハ MG10XU (2014)」と「ヤマハ AG06 (2015)」の特性や特長

「ヤマハ MG10XU (2014)」と「ヤマハ AG06 (2015)」の利便性を詳細に比較

アナログ方式の採用について

アナログ方式を採用しているオーディオミキサーは操作がシンプルで初心者でも使用できるため優秀です。手動で自信の感覚で操作をするような時にお勧めです。

「ヤマハ MG10XU (2014)」も「ヤマハ AG06 (2015)」もアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのため音本来の素材のままコントロールできる点で「ヤマハ MG10XU (2014)」も「ヤマハ AG06 (2015)」も優秀といえそうです。どちらも楽器やマイクの音を入力してバランスの取れたサウンドを出力したいようなときにオススメと思います。

本体サイズについて

コンパクトなので移動を容易にできるため、本体サイズが小さいオーディオミキサーは優秀な部類に入ると思います。例えば持ち運びが便利なので、ライブにおいてのバンドの転換時などをスムーズにするようなときにオススメと思います。

本体サイズについて「ヤマハ AG06 (2015)」と「ヤマハ MG10XU (2014)」を比較すると「ヤマハ MG10XU (2014)」は294mm × 244mm × 71mmに対して「ヤマハ AG06 (2015)」は202mm × 155mm × 63mmです。比較的差は大きいです。「ヤマハ AG06 (2015)」の方が「ヤマハ MG10XU (2014)」よりも比較的サイズが小さいです。移動の際簡単に持ち運びできるので「ヤマハ MG10XU (2014)」より「ヤマハ AG06 (2015)」の方がどちらかと言うとよい部類に入るといえなくもないでしょう。コンパクトなため場所を選ばず使用する時に「ヤマハ AG06 (2015)」は「ヤマハ MG10XU (2014)」よりややおすすめと言えるかもしれません。

実際に使う場面で「ヤマハ MG10XU (2014)」より「ヤマハ AG06 (2015)」の方がどちらかといえばよいです。「ヤマハ AG06 (2015)」の方がいいと言えます。一方で決定的といえるくらいの違いはないでしょう。

本体サイズ評価
ヤマハ MG10XU (2014)
294mm × 244mm × 71mm69/100
ヤマハ AG06 (2015)
202mm × 155mm × 63mm91/100

ミックス性能についての「ヤマハ MG10XU (2014)」と「ヤマハ AG06 (2015)」の徹底比較

チャンネル数について

数が多いほどコントロールできる楽器やマイクの数を同時に入力することができるため、多いチャンネル数のオーディオミキサーは優れているといえそうです。複数の音源を入出力し利用したいようなときにオススメです。

チャンネル数について「ヤマハ MG10XU (2014)」と「ヤマハ AG06 (2015)」を比べると「ヤマハ AG06 (2015)」は6個であり「ヤマハ MG10XU (2014)」は10個です。4個ものとても大きい差があります。チャンネル数について「ヤマハ AG06 (2015)」より「ヤマハ MG10XU (2014)」の方が非常に多いチャンネル数です。「ヤマハ MG10XU (2014)」は快適に利用ができるといった点で「ヤマハ AG06 (2015)」よりも非常に優れた部類に入るといえそうです。「ヤマハ MG10XU (2014)」は「ヤマハ AG06 (2015)」より複数の楽器をコントロールしたいようなときにとても適しています。

実際に使う場面で「ヤマハ MG10XU (2014)」は「ヤマハ AG06 (2015)」より非常に秀でています。「ヤマハ MG10XU (2014)」を選ぶ一つの重要な判断材料になります。

チャンネル数評価
ヤマハ MG10XU (2014)
10個37/100
ヤマハ AG06 (2015)
6個11/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーはエフェクト操作によりミキシングできるため優れているかと思います。効果音を制作する時にオススメといえそうです。

「ヤマハ AG06 (2015)」も「ヤマハ MG10XU (2014)」もエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。そのためどちらもコーラス、リバーブ、ディレイを調整してベストなサウンドを引き出すことができるという点で優れているといえなくもないでしょう。音響効果を加えて利用するような時に「ヤマハ MG10XU (2014)」も「ヤマハ AG06 (2015)」もおすすめです。

USBオーディオインターフェースの搭載について

USBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーはパソコンとUSB接続し、パソコンの外側でより音質の良いアナログ音声信号を出力できるので、優秀です。USB接続出来る機器と接続するならおすすめです。

「ヤマハ AG06 (2015)」も「ヤマハ MG10XU (2014)」もUSBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーです。USBケーブルでPCと接続できるため、どちらも良いと言えるでしょう。どちらもパソコンに音を綺麗に入れたい、パソコンの音を綺麗に取り出したいときに使用するなら適していると言えるでしょう。

ヘッドホン対応について

「ヤマハ MG10XU (2014)」も「ヤマハ AG06 (2015)」もヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

「ヤマハ MG10XU (2014)」と「ヤマハ AG06 (2015)」の動力の徹底比較

ファンタム電源の採用について

コンデンサーマイクやダイレクトボックスを使用できる為、ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーは優れてます。ファンタ無電源を使用する機器を接続出来るので、コンデンサーマイクなどを繋ぎたいと考えている人が使用したいような時にオススメです。

「ヤマハ AG06 (2015)」も「ヤマハ MG10XU (2014)」もファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。コンデンサーマイクやアクティブタイプのDI(ダイレクトボックス)を動作できる点でどちらもよいかと思います。ファンタム電源が搭載されているのでコンデンサーマイクも使用する場合どちらもおすすめだと思います。

「ヤマハ MG10XU (2014)」と「ヤマハ AG06 (2015)」に関する詳細一覧

ヤマハ MG10XU (2014)ヤマハ AG06 (2015)
画像ヤマハ MG10XU (2014)ヤマハ AG06 (2015)
チャンネル数10個6個
エフェクターを搭載しているかどうか
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源ACUSB
AC電源に対応しているかどうか -
製品種別アナログミキサーアナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ294mm × 244mm × 71mm202mm × 155mm × 63mm

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ヤマハ MG10XU (2014) の関連記事
ヤマハ AG06 (2015) の関連記事

ヤマハ MG10XU (2014) と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:8個, 本体サイズ:282mm × 268mm × 74mm

チャンネル数:4個, 本体サイズ:193mm × 115mm × 45mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 149mm × 62mm

チャンネル数:10個, 本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:177mm × 134mm × 47mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:195mm × 110mm × 47.5mm

ヤマハ MG10XU (2014) の関連記事
ヤマハ AG06 (2015) の関連記事

ヤマハ AG06 (2015) と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:6個, 本体サイズ:217mm × 145mm × 61mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:196mm × 140mm × 43mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:244mm × 198mm × 53mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 149mm × 62mm

チャンネル数:2個, 本体サイズ:136mm × 114mm × 46mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:195mm × 110mm × 47.5mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:275mm × 215mm × 59mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報