総合評価

40/100

(総合順位: 184/416)

評価項目点数
チャンネル数
26/100
本体サイズ
53/100
総合評価40/100

評価レビュー

ミックス性能

チャンネル数

Soundcraft EPM6において、チャンネル数は6個となっています。チャンネル数がそれなりに少ないオーディオミキサーということが分かるでしょう。全てのオーディオミキサーの中でもチャンネル数の点数はそれなりに劣ったオーディオミキサーであり、本サービス上の独自評価では100点満点中26点をつけています。

チャンネル数が多いオーディオミキサーを使用することで、より細かな音量調整が可能になります。例えば、ドラムセット録音の場合、バスドラム、スネア、タムなど、それぞれのパートに応じて音量を変える必要があります。チャンネル数が少ないミキサーだと、パートごとの調整が難しくなりますが、チャンネル数が多いミキサーなら簡単に対応できます。さらに、細かな音量調整は、全体の音質を向上させるためにも必要な要素です。

チャンネル数に関して実用上の意味合いで言えば、Soundcraft EPM6はそこそこ低いレベルに位置すると言うことができます。一方で絶対的とまでは必ずしも断定できない点を考慮する必要があることが分かるでしょう。

チャンネル数評価
Soundcraft EPM66個26/100

ヘッドホン対応

Soundcraft EPM6はヘッドホン端子に対応していると言えるでしょう。ヘッドホンを使用することが多い方には、このオーディオミキサーがおすすめです。ヘッドホン端子に対応しているため、より高品質かつクリアな音を楽しむことができます。

ヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーには、いくつかのメリットがあります。まず第一に、ユーザーは自分のヘッドホンを接続して音量調整を行うことができます。また、ヘッドホンを接続することで、周囲に迷惑をかけずに音楽の制作や編集を行うことができるため、プロやアマチュア問わず多くのユーザーに愛用されています。

利便性

アナログ方式

Soundcraft EPM6はアナログ方式に対応しているオーディオミキサーであると言うことができます。アナログ方式にこだわるオーディオ愛好家の方には、このオーディオミキサーがぴったりです。アナログ方式に対応した機能が充実しており、高音質な音源の収録や再生が可能です。

アナログ方式に対応しているオーディオミキサーは、現在でも数多くのミュージシャンやサウンドエンジニアに愛されています。その理由は、アナログ機器が持つウォームでナチュラルな音質が再現できることにあります。デジタル方式と比べ、音の細かなニュアンスを拾いやすく、より人間臭さのある音を生み出すことができます。さらに、アナログ方式に対応しているオーディオミキサーは、操作感が直感的であることが多く、ユーザーにとっても扱いやすくなっています。

本体サイズ

本体サイズにおいて、Soundcraft EPM6は363mm × 280mm × 91mmとなっています。全てのオーディオミキサーの中でも本体サイズについての評価点は平均グレードな感じです。スコア評価は100点満点中54点と言えます。これは本体サイズが平均グレードな感じのオーディオミキサーです。小さい本体サイズを持つこのオーディオミキサーは、スペースの限られた環境での作業に最適です。さらに、高品質な音質を確保するために機能性にもこだわっており、多彩な楽曲を制作する際には必須のアイテムと言えます。

本体サイズが小さいオーディオミキサーのメリットは、スペースを節約できることです。特に、狭いスタジオやライブ会場では、大きな機器を使うと作業スペースが狭くなってしまい、ストレスを感じることがあります。本体サイズが小さいミキサーであれば、スペースを効率的に使いながら、音質にもこだわることができます。

本体サイズに関して体感的な視点から言えばSoundcraft EPM6は中程度にあると言うことができます。ほかの観点から判断することを非常に提案します。本体サイズの情報を評価しても全くといえるほど意味がないでしょう。

本体サイズ評価
Soundcraft EPM6363mm × 280mm × 91mm53/100

動力

ファンタム電源

Soundcraft EPM6はファンタム電源に対応しているオーディオミキサーと言えるでしょう。オーディオミキサーを選ぶ上で、ファンタム電源に対応していることは重要な要素の一つです。このオーディオミキサーは、その点においても十分な性能を持っており、ボーカルや楽器などの音声入力をよりクリアな音質で録音することができます。また、節電機能も搭載しているため、環境面でも優れています。

ファンタム電源に対応しているオーディオミキサーには、メリットが数多くあります。まず、マイクやDIボックスの音を劣化なくクリアに伝えることができ、高音質の録音を可能にします。さらに、操作も簡単で、設定にも時間がかからず、利用者にとって煩わしい部分を減らすことができます。

AC電源対応

Soundcraft EPM6はAC電源に対応しているといえるでしょう。AC電源に対応しているこのオーディオミキサーは、使用場所や状況を選ばずに使える汎用性の高い製品です。さらに、AC電源に対応していることで、多様な電源環境でも安心して使用することができます。音楽制作やライブイベントに欠かせないこの機能は、ユーザーの利便性を大幅に向上させます。

AC電源に対応しているオーディオミキサーのメリットオーディオミキサーは、音質や操作性など、様々な要素で評価されます。AC電源に対応しているという点は、あくまで機能面でのメリットではありますが、使用者にとっては非常に便利な点です。ボタンやスライダーの位置など、オーディオミキサーを取り扱う際には慣れが必要ですが、AC電源に対応していることにより、よりスムーズな操作が可能となります。

スペック

Soundcraft EPM6
画像Soundcraft EPM6
チャンネル数6個
ヘッドホン対応
ファンタム電源
電源AC
AC電源対応
製品種別アナログミキサー
アナログ方式
本体サイズ363mm × 280mm × 91mm

Soundcraft EPM6 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Soundcraft EPM6 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:16個, 本体サイズ:59.9cm × 51cm × 225mm

チャンネル数:3個, 本体サイズ:202mm × 129mm × 63mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 155mm × 63mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:54.8cm × 43.6cm × 148mm

チャンネル数:14個, 本体サイズ:44cm × 346mm × 95mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 149mm × 62mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 149mm × 62mm

チャンネル数:10個, 本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

チャンネル数:10個, 本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:336mm × 275mm × 95mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報