ヤマハ QL5 の詳細評価。どの程度良いのかについて解説

作成日時: 2021-11-09 17:22:59、更新日時: 2021-11-09 19:12:49

 ヤマハ QL5 を徹底評価

ヤマハ QL5 についてどういった点において良い点・悪い点があるオーディオミキサーなのかについて徹底検証。詳細レビューしました! ヤマハ QL5 にすべきなのか悩んでいるならぜひチェックしてみてください。

評価のサマリー

総合評価

48.9/100

(総合: 103位)

評価項目点数
チャンネル数97/100
総合評価48.9/100

ヤマハ QL5は、チャンネル数が32個あり、エフェクターも搭載されており、レコード機能も備わっています。また、ヘッドホンに対応しており、ファンタム電源も使用できます。電源はACであり、AC電源にも対応しています。製品種別はデジタルミキサーで、デジタル方式にも対応しています。このミキサーは、音声をクリアな状態で録音するためにとても役立ちます。また、エフェクターが搭載されていることで、キャッチーな音を演出することができます。ヘッドホンに対応しているため、周囲に迷惑をかけることなく、練習することも可能です。ファンタム電源も使用できるため、コンデンサーマイクを使って録音することもできます。AC電源にも対応しているため、屋外でも使用することができます。全体的に、ヤマハ QL5は高性能なミキサーであり、様々なニーズに対応できる製品です。このミキサーをオススメします。

ヤマハ QL5 のメリット

  • 並外れて多いチャンネル数

ヤマハ QL5 のデメリット

  • 本体サイズはすごく大きい

ヤマハ QL5 の特徴

  • エフェクターを搭載している
  • レコーダー機能を搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • AC電源に対応している
  • デジタル方式を採用している

特長と特色について ヤマハ QL5 を詳細に評価

動力に関する評価詳細

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーはファンタム電源を利用できるので、優れています。例えばファンタム電源式のマイクに給電するようなときに向いています。

ヤマハ QL5はファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはマイク入力端子からコンデンサーマイクやDIに電力を供給することができるという点で優れているといえなくもありません。ファンタム電源にて確実に使用する場合ヤマハ QL5は向いていると言えるかもしれません。

AC電源からの給電について

AC電源に対応しているオーディオミキサーは電池切れの心配がないので長時間、連続して使用できるので優れた部類に入るといえなくもないでしょう。安定した電力を受けて使用するような時にオススメです。

ヤマハ QL5はAC電源に対応しているオーディオミキサーです。コンセントさえあれば、電源の消耗を気にせず使用し続ける事ができるので、このオーディオミキサーはよいといえるかもしれません。安定した電源供給をしたいようなときにヤマハ QL5は向いているといえるかもしれません。

利便性についての ヤマハ QL5 の評価詳細

デジタル方式の採用について

デジタル方式を採用しているオーディオミキサーは設定を保存・呼び出しして使用できる為、優れた部類に入るといえなくもないでしょう。特に入力した音声信号をデジタル変換し、デジタルデータとして処理したいならお勧めです。

ヤマハ QL5はデジタル方式を採用しているオーディオミキサーです。ノイズの影響を受けにくくできるのでこのオーディオミキサーは優秀です。ヤマハ QL5はセッティングをセーブして呼び出して使用するときにお勧めです。

本体サイズについて

小さいため場所を取らず設置できる点で本体サイズが小さいオーディオミキサーはよいといえそうです。持ち運びに便利で野外で使用するとき向いているといえそうです。

本体サイズについてヤマハ QL5は82.8cm × 56.3cm × 272mmです。このオーディオミキサーの本体サイズはかなり大きいと言えるでしょう。

本体サイズにあまりこだわりがなくても使っていて不満を感じる可能性があります。そのためもう一つ上にした方がいいでしょう。

本体サイズ評価
ヤマハ QL582.8cm × 56.3cm × 272mm0/100

ミックス性能に関する ヤマハ QL5 の詳細評価

チャンネル数について

複数の音源を入出力できるため、多いチャンネル数のオーディオミキサーは優れていそうです。アンプの出力を大きくして使用したい人が使用するようなときに向いていると言えるでしょう。

チャンネル数について、ヤマハ QL5は32個です。これはかなり多い方に入るチャンネル数と言えます。たくさんの楽器や機器を同時に接続できるのでこの商品は大変優れた部類に入ると思います。アンプ出力の組み合わせを自在にする時にヤマハ QL5はかなり向いていると思います。

実際の所チャンネル数についての実際の使用感は並外れて優れた部類に入るでしょう。これより多いチャンネル数のオーディオミキサーでもほとんど意味がないと思われます。

チャンネル数評価
ヤマハ QL532個97/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは音響効果を加えて利用できる為、優れていそうです。特にその場で音の加工や味付けをするような場合向いています。

ヤマハ QL5はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。そのため単なる音をまとめる役割だけでなく、搭載されているエフェクターで音を変化できるといった点で秀でた部類に入るかもしれません。ヤマハ QL5は音を微妙に変化させて調節をしたいようなときにオススメだと思います。

レコーダー機能について

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーはその場で録音ができる点において良いと言えるでしょう。音の調整だけでなく録音をしたいような時に適しているといえるかもしれません。

ヤマハ QL5はレコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーです。入力された音を録音ができるので、このオーディオミキサーは優秀です。作成した音源を録音したいような時にヤマハ QL5はお勧めだと思います。

ヘッドホン対応について

ヤマハ QL5はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

ヤマハ QL5 関して表で情報一覧を見る

ヤマハ QL5
画像ヤマハ QL5
チャンネル数32個
エフェクターを搭載しているかどうか
レコーダー機能を搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源AC
AC電源に対応しているかどうか
製品種別デジタルミキサー
デジタル方式を採用しているかどうか
本体サイズ82.8cm × 56.3cm × 272mm

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

ヤマハ QL5 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ヤマハ QL5 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:8個, 本体サイズ:244mm × 198mm × 53mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:397mm × 381mm × 89mm

チャンネル数:24個, 本体サイズ:63.2cm × 50cm × 186mm

チャンネル数:14個, 本体サイズ:44cm × 346mm × 95mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:256mm × 232mm × 85mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:40.64cm × 393.7mm × 139.7mm

チャンネル数:10個, 本体サイズ:46cm × 315mm × 220mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:48.26cm × 217mm × 44.5mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:44cm × 42cm × 135mm

チャンネル数:14個, 本体サイズ:46.5cm × 385mm × 98mm

チャンネル数:36個, 本体サイズ:93cm × 56cm × 129mm

チャンネル数:4個, 本体サイズ:155mm × 115mm × 55.3mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:290mm × 222mm × 88mm

チャンネル数:7個, 本体サイズ:235mm × 225mm × 76mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:47.5cm × 356mm × 137mm

ヤマハ QL5 の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ヤマハ QL5

48.9-チャンネル数:32個, 本体サイズ:82.8cm × 56.3cm × 272mm

ヤマハ MG10XUF (2018)

45.1チャンネル数:10個, 本体サイズ:390mm × 275mm × 110mm

ヤマハ MG12XUK (2018)

52.8チャンネル数:12個, 本体サイズ:315mm × 297mm × 91mm

ヤマハ EMX7 (2016)

34.3チャンネル数:12個, 本体サイズ:46.5cm × 325mm × 308mm

ヤマハ TFシリーズ TF1

38.6チャンネル数:16個, 本体サイズ:59.9cm × 51cm × 225mm

ヤマハ TFシリーズ TF5

49.4チャンネル数:32個, 本体サイズ:86.6cm × 59.9cm × 225mm

ヤマハ AG03 (2015)

44.8チャンネル数:3個, 本体サイズ:202mm × 129mm × 63mm

ヤマハ AG06 (2015)

53.9チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 155mm × 63mm

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

ヤマハ QL5

0.0-本体サイズ:82.8cm × 56.3cm × 272mm

ヤマハ EMX2 (2015)

47.4本体サイズ:375mm × 220mm × 147mm

ヤマハ MG10XUF (2018)

48.1本体サイズ:390mm × 275mm × 110mm

ヤマハ MG12XUK (2018)

55.6本体サイズ:315mm × 297mm × 91mm

ヤマハ EMX5 (2016)

18.5本体サイズ:46.5cm × 325mm × 308mm

ヤマハ EMX7 (2016)

18.5本体サイズ:46.5cm × 325mm × 308mm

ヤマハ TFシリーズ TF1

11.2本体サイズ:59.9cm × 51cm × 225mm

ヤマハ TFシリーズ TF3

9.3本体サイズ:71.6cm × 59.9cm × 225mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報