ProFX30v3 を評価をレビュー|ほかのオーディオミキサーと比較してどれくらいオススメなのかについてまとめてみました

作成日時: 2021-11-09 13:38:49、更新日時: 2021-11-09 13:46:40

ProFX30v3 の特色と特性を徹底評価

ミックス性能に関する ProFX30v3 の詳細評価

チャンネル数について

大規模ライブで使用できるため、チャンネル数が多いオーディオミキサーは優れています。アンプの出力を大きくして使用したい人が使用するようなときに向いていると言えるでしょう。

チャンネル数について、ProFX30v3は30個です。これはかなり多いチャンネル数と言えるでしょう。たくさんの楽器や機器を同時に接続できるのでこの商品は大変優れた部類に入ると思います。アンプ出力の組み合わせを自在にする時にProFX30v3はかなり向いていると思います。

チャンネル数という視点から見たとき実際のProFX30v3はもの凄く優れているといえそうです。これより多いチャンネル数のオーディオミキサーでもほとんど意味がないと思われます。

チャンネル数評価
ProFX30v330個94/100

エフェクターの搭載について

不要なノイズを低減できる為、エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは優れているかもしれません。リバーブやディレイ、エコーなどのエフェクトを効果的に使用するようなときに向いています。

ProFX30v3はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。そのため単なる音をまとめる役割だけでなく、搭載されているエフェクターで音を変化できるといった点で秀でた部類に入るかもしれません。ProFX30v3は音を微妙に変化させて調節をしたいようなときにオススメだと思います。

USBオーディオインターフェースの搭載について

USBからの電源供給ができる為、USBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーは優れていそうです。USBオーディオインターフェースを利用する場合に適していると言えるかもしれません。

ProFX30v3はUSBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーです。そのためUSB端子にて便利にインターフェースできる点において優れていると言えるかもしれません。単一のUSBケーブルを介してPCまたはMacコンピュータに直接接続するときにProFX30v3はおすすめだと思います。

ヘッドホン対応について

ProFX30v3はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

ProFX30v3 の動力の詳細評価

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーは他の機器から電源を取得できる為、優れた部類に入るかと思います。例えばファンタム電源式のマイクに給電するようなときに向いています。

ProFX30v3はファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはマイク入力端子からコンデンサーマイクやDIに電力を供給することができるという点で優れているといえなくもありません。ProFX30v3は標準的なケーブルでは通電不可能な微量の電流を通電出来るのでより細密なミキシングをするならオススメだと思います。

AC電源からの給電について

AC電源に対応しているオーディオミキサーは電池切れの心配がないので長時間、連続して使用できるので優れた部類に入るといえなくもないでしょう。たとえば例えば、ACアダプターが使用できて、容易に電源を見つけて使用したいなら向いていると思います。

ProFX30v3はAC電源に対応しているオーディオミキサーです。ACアダプターから安定的に電源の供給ができる点においてこのオーディオミキサーは秀でた部類に入るかと思います。ProFX30v3はAC電源を用いて使用するのにおすすめです。

利便性についての ProFX30v3 の評価詳細

アナログ方式の採用について

アナログ方式を採用しているオーディオミキサーはアナログ方式を利用できる点で優れているといえなくもありません。特にアナログ方式にて動作したいような時に向いています。

ProFX30v3はアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはアナログ機器と接続できるといった点でよいです。アナログ音声信号の音量や音色を調整したい人が使用するときProFX30v3はおすすめと言えそうです。

本体サイズについて

小さい本体サイズのオーディオミキサーは設置場所に困る事無く利用できるため優秀です。手軽に移動をするときにオススメと思います。

ProFX30v3の本体サイズは82cm × 43.4cm × 109mmです。これは標準的なモノとくらべるとどちらかと言うと大きいと言えるサイズでしょう。

本体サイズ評価
ProFX30v382cm × 43.4cm × 109mm22/100

ProFX30v3 を選ぶべき7つの理由

  • 凄く多いチャンネル数
    (12位/147製品)
  • エフェクターを搭載している
  • USBオーディオインターフェースを搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • AC電源に対応している
  • アナログ方式を採用している

表で ProFX30v3 の情報概要を見る

ProFX30v3
画像ProFX30v3
チャンネル数30個
エフェクターを搭載しているかどうか
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源AC
AC電源に対応しているかどうか
製品種別アナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ82cm × 43.4cm × 109mm

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

ProFX30v3 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ProFX30v3 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

ProFX30v3 の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ProFX30v3

58.7-チャンネル数:30個, 本体サイズ:82cm × 43.4cm × 109mm

ProFX4v2

37.1チャンネル数:4個, 本体サイズ:256mm × 220mm × 73mm

ProFX30v2

59.9チャンネル数:30個, 本体サイズ:85.3cm × 42.2cm × 97mm

ProFX22v2

55.6チャンネル数:22個, 本体サイズ:63.9cm × 40.7cm × 97mm

ProFX16v2

50.8チャンネル数:16個, 本体サイズ:47.5cm × 40.7cm × 97mm

ProFX12v2

48.4チャンネル数:12個, 本体サイズ:370mm × 358mm × 91mm

Mix12FX

61.5チャンネル数:12個, 本体サイズ:297mm × 244mm × 53mm

Mix8

55.7チャンネル数:8個, 本体サイズ:244mm × 198mm × 53mm

チャンネル数

画像製品名評価比較したときのおススメ度チャンネル数

ProFX30v3

94.8-チャンネル数:30個

1604-VLZ4

62.2チャンネル数:16個

1642-VLZ4

62.2チャンネル数:16個

1402-VLZ4

55.3チャンネル数:14個

1202-VLZ4

47.3チャンネル数:12個

802-VLZ4

26.4チャンネル数:8個

ProFX30v2

94.8チャンネル数:30個

ProFX22v2

78.7チャンネル数:22個

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

ProFX30v3

22.6-本体サイズ:82cm × 43.4cm × 109mm

1604-VLZ4

33.1本体サイズ:44cm × 43.3cm × 129mm

1642-VLZ4

34.1本体サイズ:42.5cm × 42.1cm × 131mm

1402-VLZ4

55.8本体サイズ:356mm × 317mm × 81mm

1202-VLZ4

64.8本体サイズ:303mm × 272mm × 75mm

802-VLZ4

82.1本体サイズ:273mm × 227mm × 47mm

402-VLZ4

97.8本体サイズ:186mm × 147mm × 41mm

ProFX4v2

74.1本体サイズ:256mm × 220mm × 73mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

10位

12位

13位

15位

16位

17位

18位

20位

関連人気記事

新着情報