LiveTrak L-20R を評価をレビュー|ほかのオーディオミキサーと比較してどれくらいオススメなのかについてまとめてみました

作成日時: 2021-11-09 14:37:20、更新日時: 2021-11-09 15:08:56

 LiveTrak L-20R を徹底評価

LiveTrak L-20R はどういう点でメリットやデメリットがあるオーディオミキサーなのか?どれくらい利便性が優れているかを詳しくレビュー。重要度別に広く網羅してみました。

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

63.2/100

(総合: 13位)

項目評価
チャンネル数
73/100
本体サイズ
52/100
総合評価63.2/100

メリット

  • チャンネル数はどちらかと言うと多い

デメリット

    -

特徴

  • エフェクターを搭載している
  • レコーダー機能を搭載している
  • USBオーディオインターフェースを搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • AC電源に対応している
  • デジタル方式を採用している

LiveTrak L-20R の特性と特徴の徹底評価

ミックス性能についての LiveTrak L-20R の情報詳細

チャンネル数について

ドラムやギターなどより多くの音源を再生できるといった点で多いチャンネル数のオーディオミキサーは良い部類に入るかもしれません。より多くの音を調節したい時にお勧めと言えるかもしれません。

LiveTrak L-20Rのチャンネル数は20個です。このオーディオミキサーのチャンネル数はわりと多いほうのオーディオミキサーと言えます。たくさんの楽器や機器を同時に接続できるという点でこの商品は割と秀でているといえそうです。より多くの機器や楽器と接続して使用するような時にLiveTrak L-20Rはわりと適しています。

実のところLiveTrak L-20Rはチャンネル数という点においてやや良い部類に入るでしょう。従ってチャンネル数という観点で見る場合、このオーディオミキサーは候補の一つになります。

チャンネル数評価
LiveTrak L-20R20個73/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは音響効果を加えて利用できる為、優れていそうです。リバーブやディレイ、エコーなどのエフェクトを効果的に使用するようなときに向いています。

LiveTrak L-20Rはエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。音の加工や矯正ができる為、このオーディオミキサーは優れているかと思います。単なる音をまとめる役割だけでなく、搭載されているエフェクターで音を変化する時にLiveTrak L-20Rはおすすめだと思います。

レコーダー機能について

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーはその場で録音ができる点において良いと言えるでしょう。音の調整だけでなく録音をしたいような時に適しているといえるかもしれません。

LiveTrak L-20Rはレコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーは別にレコーダーを用意しなくても、各トラックの音を個別に記録することができるといった点で優秀です。いっそう機能的な利用を望む人が使用したいような場合にLiveTrak L-20Rはオススメです。

USBオーディオインターフェースの搭載について

USBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーはUSBハブを利用すれば複数の機器を接続できる点で優れた部類に入るかもしれません。USBオーディオインターフェースを利用する場合に適していると言えるかもしれません。

LiveTrak L-20RはUSBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーです。パソコンやタブレットからの音源を出力できるのでこのオーディオミキサーは秀でていると言えるかもしれません。マイク数本を同時に扱えたり、さっと音量も変えられたり、ライブ配信などでリアルタイムにササッと調整するようなときLiveTrak L-20Rはオススメだと思います。

ヘッドホン対応について

LiveTrak L-20Rはヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

LiveTrak L-20R の利便性についての情報詳細

デジタル方式の採用について

デジタル方式を採用しているオーディオミキサーは設定を保存・呼び出しして使用できる為、優れた部類に入るといえなくもないでしょう。より快適なオペレーションを行いながら使用するなら適しています。

LiveTrak L-20Rはデジタル方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーは入力された複数の音声信号を内部でデジタル信号に変換して音量と音質を調整するとき、これらの音声信号を組み合わせてアナログでは不可能なさまざまな音質に調節できる点において秀でています。LiveTrak L-20Rは入力された複数の音声信号を内部でデジタル信号に変換して音量と音質を調整するとき、これらの音声信号を組み合わせて、例えば、アナログでは不可能なさまざまな音質に調節する時におすすめだと思います。

本体サイズについて

小さい本体サイズのオーディオミキサーは設置場所に困る事無く利用できるため優秀です。手軽に移動をするときにオススメと思います。

本体サイズについてLiveTrak L-20Rは43.8cm × 158.2mm × 151.7mmです。平均と比較してこのオーディオミキサーの本体サイズはほとんど同じだと言えるでしょう。気軽に持ち運びするのにLiveTrak L-20Rを選んでも通常ならおそらく問題に感じることはないと思います。

本体サイズに関するLiveTrak L-20Rは実のところ使用感はまあまあな感じです。通常利用であればそれなりに使えるものの特別に優れているという程ではないでしょう。全くストレスを感じたくない人やヘビーユーザーには不十分であるかもしれないため、ワンランク上のオーディオミキサーを考えることをお勧めします。

本体サイズ評価
LiveTrak L-20R43.8cm × 158.2mm × 151.7mm52/100

LiveTrak L-20R の動力の詳細評価

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーは他の機器から電源を取得できる為、優れた部類に入るかと思います。たとえばコンデンサーマイクを使って繊細な音を表現したい人が使用するときにオススメです。

LiveTrak L-20Rはファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはマイク入力端子からコンデンサーマイクやDIに電力を供給することができるという点で優れているといえなくもありません。オーディオインターフェイスに接続したマイクに電力を供給して使用するようなときLiveTrak L-20Rは向いています。

AC電源からの給電について

AC電源に対応しているオーディオミキサーは電池切れの心配がないので長時間、連続して使用できるので優れた部類に入るといえなくもないでしょう。たとえば例えば、ACアダプターが使用できて、容易に電源を見つけて使用したいなら向いていると思います。

LiveTrak L-20RはAC電源に対応しているオーディオミキサーです。ACアダプターから安定的に電源の供給ができる点においてこのオーディオミキサーは秀でた部類に入るかと思います。安定した電源供給をしたいようなときにLiveTrak L-20Rは向いているといえるかもしれません。

表で LiveTrak L-20R の情報概要を見る

LiveTrak L-20R
画像LiveTrak L-20R
チャンネル数20個
エフェクターを搭載しているかどうか
レコーダー機能を搭載しているかどうか
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源AC
AC電源に対応しているかどうか
製品種別デジタルミキサー
デジタル方式を採用しているかどうか
本体サイズ43.8cm × 158.2mm × 151.7mm

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

LiveTrak L-20R の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

LiveTrak L-20R と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:12個, 本体サイズ:376mm × 330mm × 99mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:297mm × 244mm × 53mm

チャンネル数:4個, 本体サイズ:193mm × 115mm × 45mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:44.5cm × 282mm × 70.5mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:46.5cm × 325mm × 308mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:358mm × 290mm × 91mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:59.9cm × 51cm × 225mm

チャンネル数:14個, 本体サイズ:53cm × 50.7cm × 194mm

チャンネル数:3個, 本体サイズ:202mm × 129mm × 63mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 155mm × 63mm

LiveTrak L-20R の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

LiveTrak L-20R

63.2-チャンネル数:20個, 本体サイズ:43.8cm × 158.2mm × 151.7mm

LiveTrak L-12

51.9チャンネル数:12個, 本体サイズ:44.5cm × 282mm × 70.5mm

LiveTrak L-20

59.7チャンネル数:20個, 本体サイズ:44.5cm × 388.4mm × 82.6mm

Model 16

48.7チャンネル数:16個, 本体サイズ:46.3cm × 43cm × 112.9mm

Model 24

55.0チャンネル数:24個, 本体サイズ:57.7cm × 52.9cm × 106mm

MZ-123BT

32.4チャンネル数:3個, 本体サイズ:48.3cm × 274.8mm × 46.5mm

ProFX30v3

58.7チャンネル数:30個, 本体サイズ:82cm × 43.4cm × 109mm

ProFX22v3

54.0チャンネル数:22個, 本体サイズ:61.2cm × 43.4cm × 109mm

チャンネル数

画像製品名評価比較したときのおススメ度チャンネル数

LiveTrak L-20R

73.8-チャンネル数:20個

LiveTrak L-12

47.3チャンネル数:12個

LiveTrak L-20

73.8チャンネル数:20個

Model 16

62.2チャンネル数:16個

Model 24

83.2チャンネル数:24個

ProFX30v3

94.8チャンネル数:30個

ProFX22v3

78.7チャンネル数:22個

ProFX16v3

62.2チャンネル数:16個

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

LiveTrak L-20R

52.6-本体サイズ:43.8cm × 158.2mm × 151.7mm

LiveTrak L-12

56.5本体サイズ:44.5cm × 282mm × 70.5mm

LiveTrak L-20

45.5本体サイズ:44.5cm × 388.4mm × 82.6mm

Model 16

35.1本体サイズ:46.3cm × 43cm × 112.9mm

Model 24

26.7本体サイズ:57.7cm × 52.9cm × 106mm

MZ-123BT

64.8本体サイズ:48.3cm × 274.8mm × 46.5mm

ProFX30v3

22.6本体サイズ:82cm × 43.4cm × 109mm

ProFX22v3

29.3本体サイズ:61.2cm × 43.4cm × 109mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

10位

12位

13位

15位

16位

17位

18位

20位

関連人気記事

新着情報