ALLEN&HEATH ZED-14 評価

2023-06-02 23:21:23

総合評価

48.5/100

(総合順位: 122/416)

評価項目点数
チャンネル数
58/100
本体サイズ
38/100
総合評価48.5/100

評価レビュー

動力

ファンタム電源

ALLEN&HEATH ZED-14はファンタム電源に対応しているオーディオミキサーであるといえます。このオーディオミキサーは、ファンタム電源に対応しているため、高音質のマイク録音が可能です。また、使い方も簡単で、初心者でも扱いやすい製品です。

オーディオミキサーでファンタム電源に対応すると、マイクや楽器の音をより美しく、生き生きと響かせることができます。ミキサー側で選択的にファンタム電源をオン・オフできるため、必要なときだけフルパワーの電源を使用することが可能になり、省電力にもつながります。

AC電源対応

ALLEN&HEATH ZED-14はAC電源に対応しているオーディオミキサーとなります。このオーディオミキサーは、AC電源に対応しているため、安定した電源供給ができます。安定した電源供給ができることで、不安定な電源から発生するノイズやジッターを抑えることができ、高品質な音源を実現させます。AC電源に対応していることで、長時間の使用にも対応できます。ミキサーの使用用途によって変わりますが、電池切れの心配がないようにAC電源に対応しているものを選ぶのが良いでしょう。

AC電源に対応しているオーディオミキサーには、多くのメリットがあります。まず、AC電源を利用することで、電池を交換する手間が省けます。さらに、長時間使用する場合でも、電池切れの心配がなくなります。このように、AC電源対応のオーディオミキサーは、使用上の便利さが向上します。

ミックス性能

チャンネル数

チャンネル数においてALLEN&HEATH ZED-14は14個というデータであると言えます。100点満点中58点です。これは平均レベルと言えるオーディオミキサーであると思われます。このオーディオミキサーの多いチャンネル数は非常に便利です。これにより、多くの機器を接続して、簡単に切り替えることができます。また、各チャンネルに独自の調整ができるため、より高品質なサウンドを実現することができます。

チャンネル数が多いオーディオミキサーは、多重録音が必要な場合に非常に便利です。例えば、バンドやオーケストラのような生演奏の収録時に、楽器ごとにマイクを立てたり、それらを混ぜ合わせた音を調整したい場合には、多くのチャンネルが必要になってきます。また、個別に設定した音を管理することで、緻密なレコーディングやミキシングが可能になります。

実用性を重要視するならばALLEN&HEATH ZED-14は平均的と言えるでしょう。チャンネル数の情報を評価しても役に立たないといえます。別の視点で判断する必要がありそうといえます。

チャンネル数評価
ALLEN&HEATH ZED-1414個58/100

USBオーディオインターフェース搭載

ALLEN&HEATH ZED-14はUSBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーであると言えるでしょう。このオーディオミキサーには、高品位なUSBオーディオインターフェースが搭載されており、CDクオリティの音声記録が可能です。高精度なミキシング機能により、マルチチャンネル音声の調整も自由自在で、レコーディングからミキシング、マスタリングまでがスムーズに完了します。

現代の音楽制作にはデジタル機器が欠かせませんが、USBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーは、その進化の一端を担っています。PCやスマートフォンと接続して柔軟に使用できるため、クリエイターの創造力をさらに引き出すことができます。

ヘッドホン対応

ALLEN&HEATH ZED-14はヘッドホン端子に対応しているということができます。このオーディオミキサーは、ヘッドホン端子に対応しているため、ヘッドホンを使って音楽を楽しむことができます。特に音質にこだわる方にはおすすめのアイテムです。

ヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーのもう一つのメリットは、オーディオ制作の多様なニーズに対応できることです。音声のライブ配信や動画編集、ミュージシャンのスタジオ録音等に活用できます。また、収録した音声を音質を確認しながら、リアルタイムで編集することも可能です。

利便性

アナログ方式

ALLEN&HEATH ZED-14はアナログ方式に対応しているオーディオミキサーとなっています。このオーディオミキサーは、アナログ方式にも対応しているため、デジタル音源だけでなく、アナログ音源を扱うことができます。また、音源の混合が自由自在で、音楽制作に欠かせない機能が豊富に搭載されています。

アナログ方式に対応しているオーディオミキサーは、現在でも数多くのミュージシャンやサウンドエンジニアに愛されています。その理由は、アナログ機器が持つウォームでナチュラルな音質が再現できることにあります。デジタル方式と比べ、音の細かなニュアンスを拾いやすく、より人間臭さのある音を生み出すことができます。さらに、アナログ方式に対応しているオーディオミキサーは、操作感が直感的であることが多く、ユーザーにとっても扱いやすくなっています。

本体サイズ

本体サイズに関して、ALLEN&HEATH ZED-14は46.5cm × 385mm × 98mmになります。100点中38.9点であると言うことができるでしょう。これは全てのオーディオミキサーの中でもまあまあ下回っていると言うことができます。これは本体サイズが幾分か大きいオーディオミキサーです。

本体サイズが小さいオーディオミキサーのメリットは、場所を取らずに設置できるという点です。コンパクトでありながら、必要十分な機能を備えているため、多くの使用者から支持を受けています。また、移動の多い現場や狭いスペースでの使用にも適していることから、プロフェッショナルなユーザーにも一定の需要があるでしょう。

本体サイズについて実用性を最優先するならば、ALLEN&HEATH ZED-14は比較的低い水準に位置すると言うことができます。このためこのオーディオミキサーを使わない一つの重視すべき理由と言えるでしょう。また本体サイズを優先するのであればこのオーディオミキサーにするべきではないと考えられるかもしれません。ただし確定的ではないということが分かります。

本体サイズ評価
ALLEN&HEATH ZED-1446.5cm × 385mm × 98mm38/100

スペック

ALLEN&HEATH ZED-14
画像ALLEN&HEATH ZED-14
チャンネル数14個
USBオーディオインターフェース搭載
ヘッドホン対応
ファンタム電源
電源AC
AC電源対応
製品種別アナログミキサー
アナログ方式
本体サイズ46.5cm × 385mm × 98mm

ALLEN&HEATH ZED-14 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ALLEN&HEATH ZED-14 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 149mm × 62mm

チャンネル数:10個, 本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

チャンネル数:10個, 本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:336mm × 275mm × 95mm

チャンネル数:40個, 本体サイズ:297mm × 171mm × 67mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:242mm × 220mm × 47mm

チャンネル数:2個, 本体サイズ:172mm × 148mm × 60mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:201mm × 152mm × 63mm

チャンネル数:3個, 本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

チャンネル数:3個, 本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:195mm × 110mm × 47.5mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報