DM1000VCM を選ぶべきなのか|類似のものと比べた場合のオススメ度を検証しました

作成日時: 2021-11-09 16:35:10、更新日時: 2021-11-09 20:42:24

 DM1000VCM を徹底評価

DM1000VCM はどういう点でメリットやデメリットがあるオーディオミキサーなのか?どれくらい利便性が優れているかを詳しくレビュー。重要度別に広く網羅してみました。

DM1000VCM のメリット

    -

DM1000VCM のデメリット

  • 本体サイズがすごく大きい

DM1000VCM の特徴

  • エフェクターを搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • AC電源に対応している
  • デジタル方式を採用している

DM1000VCM に関する特性・特長について

DM1000VCM
画像DM1000VCM
チャンネル数16個
エフェクターを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源AC
AC電源に対応しているかどうか
製品種別デジタルミキサー
デジタル方式を採用しているかどうか
本体サイズ58.5cm × 43cm × 200mm

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

特徴・特性について DM1000VCM を詳細評価してみた

ミックス性能についての評価

チャンネル数について

ドラムやギターなどより多くの音源を再生できるといった点で多いチャンネル数のオーディオミキサーは良い部類に入るかもしれません。より多くのマイクや楽器の信号を扱ったりするならオススメだと思います。

DM1000VCMのチャンネル数は16個です。これは割と多いチャンネル数と言えます。たくさんの楽器や機器を同時に接続できるという点でこの商品は割と秀でているといえそうです。アンプ出力の組み合わせを自在にしたいならDM1000VCMは割とおすすめと思います。

実の所チャンネル数という観点で見たときの使用感はどちらかといえば良いでしょう。従ってチャンネル数という点つもりならこのオーディオミキサーは比較的おすすめです。普通に使う分には問題ないと思われますが、不満を感じないためにもう一つ上のオーディオミキサーを検討してもいいのかもしれません。

チャンネル数評価
DM1000VCM16個62/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは音響効果をいろいろ使用してミキシングできる点で良いかもしれません。音を変化させて使用する時に適しています。

DM1000VCMはエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。機械的なサウンド効果を加えることができるという点でこのオーディオミキサーは秀でているかもしれません。音を任意の音質に変更する時DM1000VCMはオススメといえそうです。

DM1000VCM の動力の詳細評価

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーはコンデンサーマイクを使って繊細で美麗な音質を表現したい人が使用できる為優秀な部類に入るでしょう。例えば、ファンタム電源を備えることで、例えば、繊細な音が可能な高音質のコンデンサーマイクを使用したいときにお勧めだと思います。

DM1000VCMはファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはファンタム電源を備えているので繊細な音が可能な高音質のコンデンサーマイクを使用できる点で優れてます。ファンタム電源にて確実に使用する場合DM1000VCMは向いていると言えるかもしれません。

AC電源からの給電について

家庭用コンセントでも使用できる為、AC電源に対応しているオーディオミキサーは優れていると言えそうです。とくに充電や電池の装着の手間がなく、家庭電源で利用したいなら適しています。

DM1000VCMはAC電源に対応しているオーディオミキサーです。コンセントさえあれば、電源の消耗を気にせず使用し続ける事ができるので、このオーディオミキサーはよいといえるかもしれません。DM1000VCMはAC電源を用いて使用するのにおすすめです。

DM1000VCM の利便性についての情報詳細

デジタル方式の採用について

多機能を搭載できるので、デジタル方式を採用しているオーディオミキサーは優れていると言えそうです。特に入力した音声信号をデジタル変換し、デジタルデータとして処理したいならお勧めです。

DM1000VCMはデジタル方式を採用しているオーディオミキサーです。ノイズの影響を受けにくくできるのでこのオーディオミキサーは優秀です。DM1000VCMはセッティングをセーブして呼び出して使用するときにお勧めです。

本体サイズについて

小さいため場所を取らず設置できる点で本体サイズが小さいオーディオミキサーはよいといえそうです。持ち運びに便利で野外で使用するとき向いているといえそうです。

本体サイズについてDM1000VCMは58.5cm × 43cm × 200mmです。これは普通のものと比べて凄く大きいです。

本体サイズ評価
DM1000VCM58.5cm × 43cm × 200mm16/100

DM1000VCM の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

DM1000VCM と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

DM1000VCM の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

DM1000VCM

39.4-チャンネル数:16個, 本体サイズ:58.5cm × 43cm × 200mm

MG16XU

45.8チャンネル数:16個, 本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG12

45.6チャンネル数:12個, 本体サイズ:42.2cm × 308mm × 118mm

MG10XU

53.6チャンネル数:10個, 本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

QL1

35.4チャンネル数:16個, 本体サイズ:56.2cm × 46.8cm × 272mm

AG06

51.2チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 155mm × 63mm

AG03

48.9チャンネル数:3個, 本体サイズ:202mm × 129mm × 63mm

TFシリーズ TF5

48.9チャンネル数:32個, 本体サイズ:86.6cm × 59.9cm × 225mm

チャンネル数

画像製品名評価比較したときのおススメ度チャンネル数

DM1000VCM

62.2-チャンネル数:16個

MG20XU

73.8チャンネル数:20個

MG20

73.8チャンネル数:20個

MG16XU

62.2チャンネル数:16個

MG16

62.2チャンネル数:16個

MG12

47.3チャンネル数:12個

MG10XU

37.9チャンネル数:10個

QL1

62.2チャンネル数:16個

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

DM1000VCM

16.6-本体サイズ:58.5cm × 43cm × 200mm

MG20XU

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG20

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG16XU

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG16

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG12

43.9本体サイズ:42.2cm × 308mm × 118mm

MG10XU

69.2本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

QL1

8.5本体サイズ:56.2cm × 46.8cm × 272mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

10位

12位

13位

15位

16位

17位

18位

20位

関連人気記事

新着情報