MACKIE DL32S (2018) の優れた点やイマイチな点を検証|評価をレビューしてみました

作成日時: 2021-11-09 19:20:27

MACKIE DL32S (2018) はどういう点でメリットやデメリットがあるオーディオミキサーなのか?どれくらい利便性が優れているかを詳しくレビュー。重要度別に広く網羅してみました。

評価のサマリー

総合評価

73.5/100

(総合: - 位)

評価項目点数
チャンネル数97/100
本体サイズ49/100
総合評価73.5/100

MACKIE DL32S (2018)は、チャンネル数が32個あり、エフェクターやレコード機能、USBオーディオインターフェースなど多くの機能が搭載されています。ヘッドホン対応やファンタム電源もあるため、多様なニーズに対応することができます。また、電源はACであり、AC電源対応もしている点も嬉しいところです。製品種別はデジタルミキサーであり、デジタル方式にも対応しています。

特に、エフェクターの種類や、レコード機能に関しては、音質にとって非常に重要なポイントと言えます。例えば、エフェクターを使うことで、より幅広い音響効果を実現することができます。また、レコード機能により、ライブパフォーマンス等でも音源を手軽に取り込むことができます。さらに、USBオーディオインターフェース搭載も魅力的で、外部機器との接続も簡単に行うことができます。

ただし、あくまでもデジタルミキサーであるため、アナログミキサーとは異なる特性があります。そのため、熟練者でないと取り扱いに慣れるまで苦労する場合があるかもしれません。

総合的に考えると、MACKIE DL32S (2018)は、多彩な機能を搭載しており、音楽制作からライブパフォーマンスまで、幅広いシーンで活躍することができるミキサーだと言えます。

MACKIE DL32S (2018) のメリット

  • 凄く多いチャンネル数

MACKIE DL32S (2018) のデメリット

    -

MACKIE DL32S (2018) の特徴

  • エフェクターを搭載している
  • レコーダー機能を搭載している
  • USBオーディオインターフェースを搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • AC電源に対応している
  • デジタル方式を採用している

表で MACKIE DL32S (2018) について詳細を確認する

MACKIE DL32S (2018)
画像MACKIE DL32S (2018)
チャンネル数32個
エフェクターを搭載しているかどうか
レコーダー機能を搭載しているかどうか
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源AC
AC電源に対応しているかどうか
製品種別デジタルミキサー
デジタル方式を採用しているかどうか
本体サイズ44.7cm × 185mm × 147mm

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

特長と特色について MACKIE DL32S (2018) を詳細に評価

MACKIE DL32S (2018) の利便性についての情報詳細

デジタル方式の採用について

デジタル方式を採用しているオーディオミキサーは設定を保存・呼び出しして使用できる為、優れた部類に入るといえなくもないでしょう。デジタル方式にてミキシングしたいような場合に適していると言えるかもしれません。

「MACKIE DL32S (2018)」はデジタル方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーは入力された複数の音声信号を内部でデジタル信号に変換して音量と音質を調整するとき、これらの音声信号を組み合わせてアナログでは不可能なさまざまな音質に調節できる点において秀でています。「MACKIE DL32S (2018)」は音声信号をデジタルに変換してから処理するならオススメと言えるかもしれません。

本体サイズについて

小さい本体サイズのオーディオミキサーは設置場所に困る事無く利用できるため優秀です。手軽に移動をするときにオススメと思います。

「MACKIE DL32S (2018)」の本体サイズは44.7cm × 185mm × 147mmです。これは普通のものよりもほぼ同じだと言えるでしょう。狭い場所にも設置できスペースを有効活用する時通常の場合であれば「MACKIE DL32S (2018)」でおそらく問題はないです。

本体サイズに関する「MACKIE DL32S (2018)」は実のところ使用感はまあまあな感じです。通常利用であればそれなりに使えるものの特別に優れているという程ではないでしょう。ヘビーユーザーにとっては物足りなさを感じるかもしれないため、一つ上のオーディオミキサーにすることをおすすめします。

本体サイズ評価
MACKIE DL32S (2018)44.7cm × 185mm × 147mm49/100

MACKIE DL32S (2018) のミックス性能を徹底的に評価してみた

チャンネル数について

大規模ライブで使用できるため、チャンネル数が多いオーディオミキサーは優れています。アンプの出力を大きくして使用したい人が使用するようなときに向いていると言えるでしょう。

チャンネル数について「MACKIE DL32S (2018)」は32個です。これはかなり多い方に入るチャンネル数と言えます。より多くのマイクや楽器の信号を扱うことができるためこの商品は極めて優秀な部類に入るかと思います。アンプ出力の組み合わせを自在にする時に「MACKIE DL32S (2018)」はかなり向いていると思います。

チャンネル数という視点から見たとき実際の「MACKIE DL32S (2018)」はもの凄く優れているといえそうです。そのためこのオーディオミキサーはかなり有力な候補の一つに挙がります。これ以上多いチャンネル数のオーディオミキサーでもほとんど意味がないと思います。

チャンネル数評価
MACKIE DL32S (2018)32個97/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは音響効果をいろいろ使用してミキシングできる点で良いかもしれません。音を変化させて使用する時に適しています。

「MACKIE DL32S (2018)」はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。機械的なサウンド効果を加えることができるという点でこのオーディオミキサーは秀でているかもしれません。単なる音をまとめる役割だけでなく、搭載されているエフェクターで音を変化する時に「MACKIE DL32S (2018)」はおすすめだと思います。

レコーダー機能について

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーは一台で楽器や音声の収録、音質の補正や編集ができる為、優れた部類に入るといえなくもないでしょう。音の調整だけでなく録音をしたいような時に適しているといえるかもしれません。

「MACKIE DL32S (2018)」はレコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーです。本体への録音もできる点においてこのオーディオミキサーは秀でているといえそうです。接続した機器、楽器の音源や音声を録音するようなときに「MACKIE DL32S (2018)」は適しています。

USBオーディオインターフェースの搭載について

USBからの電源供給ができる為、USBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーは優れていそうです。音をパソコンに録音したり、パソコンの音をスピーカーに出力したいようなときに適しています。

「MACKIE DL32S (2018)」はUSBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはパソコンから直接、音の情報を入力・出力することができるといった点で良い部類に入ると言えそうです。単一のUSBケーブルを介してPCまたはMacコンピュータに直接接続するときに「MACKIE DL32S (2018)」はおすすめだと思います。

ヘッドホン対応について

「MACKIE DL32S (2018)」はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

動力に関する評価詳細

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーはファンタム電源を利用できるので、優れています。例えばファンタム電源式のマイクに給電するようなときに向いています。

「MACKIE DL32S (2018)」はファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはマイク入力端子からコンデンサーマイクやDIに電力を供給することができるという点で優れているといえなくもありません。ファンタム電源にて確実に使用する場合「MACKIE DL32S (2018)」は向いていると言えるかもしれません。

AC電源からの給電について

AC電源に対応しているオーディオミキサーは電池切れの心配がないので長時間、連続して使用できるので優れた部類に入るといえなくもないでしょう。たとえば例えば、ACアダプターが使用できて、容易に電源を見つけて使用したいなら向いていると思います。

「MACKIE DL32S (2018)」はAC電源に対応しているオーディオミキサーです。そのため電圧の変化に対応して安定した電源供給ができるという点で優れてます。安定した電源供給をしたいようなときに「MACKIE DL32S (2018)」は向いているといえるかもしれません。

MACKIE DL32S (2018) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

MACKIE DL32S (2018) と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

MACKIE DL32S (2018) の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

MACKIE DL32S (2018)

73.5-チャンネル数:32個, 本体サイズ:44.7cm × 185mm × 147mm

MACKIE ProFX6v3 (2019)

51.3チャンネル数:6個, 本体サイズ:213mm × 191mm × 71mm

MACKIE ProFX10v3 (2019)

51.3チャンネル数:10個, 本体サイズ:302mm × 272mm × 81mm

MACKIE ProFX12v3 (2019)

48.5チャンネル数:12個, 本体サイズ:376mm × 330mm × 99mm

MACKIE ProFX16v3 (2019)

50.6チャンネル数:16個, 本体サイズ:45cm × 43.4cm × 109mm

MACKIE ProFX22v3 (2019)

53.2チャンネル数:22個, 本体サイズ:61.2cm × 43.4cm × 109mm

MACKIE ProFX30v3 (2019)

55.2チャンネル数:30個, 本体サイズ:82cm × 43.4cm × 109mm

MACKIE Mix5 (2015)

53.3チャンネル数:5個, 本体サイズ:196mm × 140mm × 43mm

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

MACKIE DL32S (2018)

49.2-本体サイズ:44.7cm × 185mm × 147mm

MACKIE ProFX6v3 (2019)

76.6本体サイズ:213mm × 191mm × 71mm

MACKIE ProFX10v3 (2019)

60.6本体サイズ:302mm × 272mm × 81mm

MACKIE ProFX12v3 (2019)

47.0本体サイズ:376mm × 330mm × 99mm

MACKIE ProFX16v3 (2019)

35.2本体サイズ:45cm × 43.4cm × 109mm

MACKIE ProFX22v3 (2019)

28.5本体サイズ:61.2cm × 43.4cm × 109mm

MACKIE ProFX30v3 (2019)

22.5本体サイズ:82cm × 43.4cm × 109mm

MACKIE Mix5 (2015)

88.6本体サイズ:196mm × 140mm × 43mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報