ローランド GO:MIXER PRO の詳細評価。どの程度良いのかについて解説

作成日時: 2021-11-09 18:03:54、更新日時: 2021-11-09 19:57:49

 ローランド GO:MIXER PRO を徹底評価

ローランド GO:MIXER PRO の使い勝手についてわかりやすくレビュー。どのくらい優れているのか?重要度別に幅広く網羅してみました。

評価のサマリー

総合評価

65.2/100

(総合: 5位)

項目評価
チャンネル数32/100
本体サイズ97/100
総合評価65.2/100

ローランド GO:MIXER PROは、9個のチャンネル数を持ち、レコード機能、ヘッドホン対応、ファンタム電源、USB/電池で供給され、乾電池対応もできるオーディオミキサーです。特に、9個ものチャンネルを備えているため、多彩な音の調整が可能となっています。また、レコードを繋ぎ、直接音を取り込むことができるのも魅力的です。ヘッドホン対応も完備し、個々の音を確認しながら調整することができます。ファンタム電源も装備されており、必要な機能がすべて揃っています。さらに、USB/電池で供給され、乾電池対応もできるため、機動性が高く利便性も兼ね備えています。全体的に、非常に高機能なオーディオミキサーであると言えます。ローランド GO:MIXER PROをおすすめします。

メリット

  • 本体サイズはものすごく小さい

デメリット

  • チャンネル数はどちらかと言うと少ない

特徴

  • レコーダー機能を搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • 電池を使用できる

ローランド GO:MIXER PRO の特性と特徴の徹底評価

利便性に関する評価

本体サイズについて

小さいため場所を取らず設置できる点で本体サイズが小さいオーディオミキサーはよいといえそうです。コンパクトな使用を望む人が使用するときに向いています。

本体サイズについて「ローランド GO:MIXER PRO」は155mm × 104mm × 41mmです。標準的なモノよりもこのオーディオミキサーの本体サイズはとても小さい部類に入るオーディオミキサーです。持ち運びがラクにできるため、この商品はとても優れた部類に入るかもしれません。「ローランド GO:MIXER PRO」は気軽に持ち運びしたいような時にかなりお勧めと言えるかもしれません。

本体サイズについての「ローランド GO:MIXER PRO」は実の所使用感はかなり優秀と言えるかもしれません。そのためこのオーディオミキサーにする大きな理由になるでしょう。これ以上小さいサイズのオーディオミキサーを選んでもあまり意味がないと思います。

本体サイズ評価
ローランド GO:MIXER PRO155mm × 104mm × 41mm97/100

動力に関する評価詳細

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーはコンデンサーマイクを使って繊細で美麗な音質を表現したい人が使用できる為優秀な部類に入るでしょう。たとえばコンデンサーマイクを使って繊細な音を表現したい人が使用するときにオススメです。

「ローランド GO:MIXER PRO」はファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはマイク入力端子からコンデンサーマイクやDIに電力を供給することができるという点で優れているといえなくもありません。オーディオインターフェイスに接続したマイクに電力を供給して使用するようなとき「ローランド GO:MIXER PRO」は向いています。

乾電池対応について

電池を使用できるオーディオミキサーはコンセントなどの電源がない場所で使用できるので優れています。特に電源が確保しづらい屋外などで使用する場合に適しています。

「ローランド GO:MIXER PRO」は電池を使用できるオーディオミキサーです。電源の確保が難しい場所での使用ができる点においてこのオーディオミキサーは良いでしょう。「ローランド GO:MIXER PRO」は屋外等コンセントの確保が難しい場所での利用が頻繁な人が使用する時に適しています。

ローランド GO:MIXER PRO のミックス性能を徹底的に評価してみた

チャンネル数について

複数の音源を入出力できるため、多いチャンネル数のオーディオミキサーは優れていそうです。複数のマイクを使用する時にお勧めといえそうです。

チャンネル数について「ローランド GO:MIXER PRO」は9個です。標準的なオーディオミキサーとくらべてこのオーディオミキサーのチャンネル数は比較的少ないと言えるオーディオミキサーです。

チャンネル数で選ぶ場合、このオーディオミキサーはほとんど選ばない方がいいでしょう。

チャンネル数評価
ローランド GO:MIXER PRO9個32/100

レコーダー機能について

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーはその場で録音ができる点において良いと言えるでしょう。音の調整だけでなく録音をしたいような時に適しているといえるかもしれません。

「ローランド GO:MIXER PRO」はレコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーです。そのため演奏した楽曲を録音できるといった点で秀でていると言えるでしょう。いっそう機能的な利用を望む人が使用したいような場合に「ローランド GO:MIXER PRO」はオススメです。

ヘッドホン対応について

「ローランド GO:MIXER PRO」はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

ローランド GO:MIXER PRO について表で情報一覧を確認する

ローランド GO:MIXER PRO
画像ローランド GO:MIXER PRO
チャンネル数9個
レコーダー機能を搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源USB/電池
電池を使用できるかどうか
本体サイズ155mm × 104mm × 41mm

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

ローランド GO:MIXER PRO の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ローランド GO:MIXER PRO と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

ローランド GO:MIXER PRO の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ローランド GO:MIXER PRO

65.2-チャンネル数:9個, 本体サイズ:155mm × 104mm × 41mm

MultiMix 4 USB FX

43.9チャンネル数:4個, 本体サイズ:213mm × 186mm × 68mm

KORG MW-2408 (2020)

50.0チャンネル数:24個, 本体サイズ:53cm × 48cm × 187mm

KORG SoundLink MW-1608

44.1チャンネル数:16個, 本体サイズ:53cm × 396mm × 187mm

TASCAM Model 12

48.6チャンネル数:12個, 本体サイズ:360mm × 343mm × 98.8mm

MACKIE ProFX6v3 (2019)

51.3チャンネル数:6個, 本体サイズ:213mm × 191mm × 71mm

MACKIE ProFX10v3 (2019)

51.3チャンネル数:10個, 本体サイズ:302mm × 272mm × 81mm

MACKIE ProFX12v3 (2019)

48.5チャンネル数:12個, 本体サイズ:376mm × 330mm × 99mm

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

ローランド GO:MIXER PRO

98.0-本体サイズ:155mm × 104mm × 41mm

MultiMix 4 USB FX

77.7本体サイズ:213mm × 186mm × 68mm

KORG MW-2408 (2020)

18.0本体サイズ:53cm × 48cm × 187mm

KORG SoundLink MW-1608

22.2本体サイズ:53cm × 396mm × 187mm

TASCAM Model 12

47.2本体サイズ:360mm × 343mm × 98.8mm

MACKIE ProFX6v3 (2019)

76.6本体サイズ:213mm × 191mm × 71mm

MACKIE ProFX10v3 (2019)

60.6本体サイズ:302mm × 272mm × 81mm

MACKIE ProFX12v3 (2019)

47.0本体サイズ:376mm × 330mm × 99mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報