StudioLive ARc AR16c を評価をレビュー|ほかのオーディオミキサーと比較してどれくらいオススメなのかについてまとめてみました

作成日時: 2022-02-06 18:31:33

 StudioLive ARc AR16c を徹底評価

StudioLive ARc AR16c についてどういった点において良い点・悪い点があるオーディオミキサーなのかについて徹底検証。詳細レビューしました! StudioLive ARc AR16c にすべきなのか悩んでいるならぜひチェックしてみてください。

評価のサマリー

総合評価

51.9/100

(総合: 68位)

項目得点
チャンネル数
62/100
本体サイズ
41/100
総合評価51.9/100

StudioLive ARc AR16cは、チャンネル数が16個で、エフェクターも搭載されており、レコード機能やUSBオーディオインターフェースの搭載にも対応しています。また、ヘッドホンにも対応しており、ファンタム電源にも対応しています。電源はACであり、AC電源にも対応しています。製品種別はアナログミキサーで、アナログ方式にも対応しています。このミキサーは、音楽制作に必要な機能が揃っており、使い勝手も良いです。例えば、エフェクターには、リバーブやディレイなどが用意され、音の表現に多彩なニュアンスを与えることができます。また、USBオーディオインターフェースの搭載により、パソコンを介して録音や再生をすることも簡単にできます。ファンタム電源の搭載により、コンデンサーマイクも使えるため、音のクオリティを高めることができます。全体的に、StudioLive ARc AR16cは、高品質で汎用性が高く、音楽制作やライブパフォーマンスに幅広く対応できる優れた機材であると言えます。

メリット

    -

デメリット

    -

特徴

  • エフェクターを搭載している
  • レコーダー機能を搭載している
  • USBオーディオインターフェースを搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • AC電源に対応している
  • アナログ方式を採用している

StudioLive ARc AR16c の優れた点・デメリットに関する評価について

StudioLive ARc AR16c の動力についての評価

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーはコンデンサーマイクを使って繊細で美麗な音質を表現したい人が使用できる為優秀な部類に入るでしょう。たとえばコンデンサーマイクを使って繊細な音を表現したい人が使用するときにオススメです。

「StudioLive ARc AR16c」はファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはマイク入力端子からコンデンサーマイクやDIに電力を供給することができるという点で優れているといえなくもありません。ファンタム電源にて確実に使用する場合「StudioLive ARc AR16c」は向いていると言えるかもしれません。

AC電源からの給電について

AC電源に対応しているオーディオミキサーはACアダプターが使用できるので容易にAC電源を見つけて使用できる為優れています。安定した電力を受けて使用するような時にオススメです。

「StudioLive ARc AR16c」はAC電源に対応しているオーディオミキサーです。ACアダプターから安定的に電源の供給ができる点においてこのオーディオミキサーは秀でた部類に入るかと思います。「StudioLive ARc AR16c」はコンセントに接続しそのまま使用するような時に向いています。

StudioLive ARc AR16c のミックス性能についての評価

チャンネル数について

複数の音源を入出力できるため、多いチャンネル数のオーディオミキサーは優れていそうです。より多くの音を調節したい時にお勧めと言えるかもしれません。

「StudioLive ARc AR16c」のチャンネル数は16個です。これはどちらかと言うと多い方のオーディオミキサーと言えるでしょう。たくさんの楽器や機器を同時に接続できるという点でこの商品は割と秀でているといえそうです。より多くの機器や楽器と接続して使用するような時に「StudioLive ARc AR16c」はわりと適しています。

通常利用であれば問題ないと思われますが、ストレスフリーのためもう一つ上を見てみてもいいでしょう。

チャンネル数評価
StudioLive ARc AR16c16個62/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは音響効果をいろいろ使用してミキシングできる点で良いかもしれません。音を変化させて使用する時に適しています。

「StudioLive ARc AR16c」はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。音の加工や矯正ができる為、このオーディオミキサーは優れているかと思います。「StudioLive ARc AR16c」は音を微妙に変化させて調節をしたいようなときにオススメだと思います。

レコーダー機能について

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーは一台で楽器や音声の収録、音質の補正や編集ができる為、優れた部類に入るといえなくもないでしょう。単体でマルチトラックレコーディングしたいような場合に適しているといえるかもしれません。

「StudioLive ARc AR16c」はレコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーは別にレコーダーを用意しなくても、各トラックの音を個別に記録することができるといった点で優秀です。作成した音源を録音したいような時に「StudioLive ARc AR16c」はお勧めだと思います。

USBオーディオインターフェースの搭載について

USBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーはUSBハブを利用すれば複数の機器を接続できる点で優れた部類に入るかもしれません。たとえばUSBに対応の機器を接続するときに適しています。

「StudioLive ARc AR16c」はUSBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはパソコンから直接、音の情報を入力・出力することができるといった点で良い部類に入ると言えそうです。単一のUSBケーブルを介してPCまたはMacコンピュータに直接接続するときに「StudioLive ARc AR16c」はおすすめだと思います。

ヘッドホン対応について

「StudioLive ARc AR16c」はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

StudioLive ARc AR16c の利便性についての情報詳細

アナログ方式の採用について

アナログ方式を採用しているオーディオミキサーはアナログ方式を利用できる点で優れているといえなくもありません。特にアナログ方式にて動作したいような時に向いています。

「StudioLive ARc AR16c」はアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはアナログ機器と接続できるといった点でよいです。アナログ音声信号の音量や音色を調整したい人が使用するとき「StudioLive ARc AR16c」はおすすめと言えそうです。

本体サイズについて

小さいため場所を取らず設置できる点で本体サイズが小さいオーディオミキサーはよいといえそうです。コンパクトな使用を望む人が使用するときに向いています。

本体サイズについて「StudioLive ARc AR16c」は48cm × 397mm × 89mmです。これは普通のものよりもほぼ同じだと言えるでしょう。コンパクトなので省スペースに設置したい場合でも「StudioLive ARc AR16c」でも通常であればおそらく大丈夫です。

普通に使う分にはそれなりに使える程度のため、このオーディオミキサーが決定的とまでは言えないでしょう。少しでも快適に使いたい人には不足しているかもしれないため、ワンランク上のオーディオミキサーを考えることをお勧めします。

本体サイズ評価
StudioLive ARc AR16c48cm × 397mm × 89mm41/100

表で StudioLive ARc AR16c の情報概要を見る

StudioLive ARc AR16c
画像StudioLive ARc AR16c
チャンネル数16個
エフェクターを搭載しているかどうか
レコーダー機能を搭載しているかどうか
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源AC
AC電源に対応しているかどうか
製品種別アナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ48cm × 397mm × 89mm

類似のオーディオミキサーを探す

価格をチェック

StudioLive ARc AR16c の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

StudioLive ARc AR16c と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

StudioLive ARc AR16c の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

StudioLive ARc AR16c

51.9-チャンネル数:16個, 本体サイズ:48cm × 397mm × 89mm

PreSonus StudioLive 16R

63.4チャンネル数:16個, 本体サイズ:48.3cm × 305mm × 45mm

PreSonus StudioLive 24R

63.4チャンネル数:24個, 本体サイズ:48.3cm × 305mm × 90mm

PreSonus StudioLive 32R

67.4チャンネル数:32個, 本体サイズ:48.3cm × 305mm × 90mm

PreSonus StudioLive 16

43.1チャンネル数:16個, 本体サイズ:58.35cm × 44.67cm × 165.36mm

PreSonus StudioLive 24

47.6チャンネル数:24個, 本体サイズ:65.02cm × 58.35cm × 165.36mm

PreSonus StudioLive 32

49.0チャンネル数:32個, 本体サイズ:82.22cm × 58.35cm × 165.36mm

PreSonus StudioLive RML16AI

52.6チャンネル数:16個, 本体サイズ:48.26cm × 266.7mm × 133.4mm

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

StudioLive ARc AR16c

41.6-本体サイズ:48cm × 397mm × 89mm

PreSonus StudioLive 16R

60.7本体サイズ:48.3cm × 305mm × 45mm

PreSonus StudioLive 24R

44.8本体サイズ:48.3cm × 305mm × 90mm

PreSonus StudioLive 32R

44.8本体サイズ:48.3cm × 305mm × 90mm

PreSonus StudioLive 16

20.3本体サイズ:58.35cm × 44.67cm × 165.36mm

PreSonus StudioLive 24

13.1本体サイズ:65.02cm × 58.35cm × 165.36mm

PreSonus StudioLive 32

8.0本体サイズ:82.22cm × 58.35cm × 165.36mm

PreSonus StudioLive RML16AI

39.3本体サイズ:48.26cm × 266.7mm × 133.4mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報