Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の詳細評価。どの程度良いのかについて解説

作成日時: 2022-03-24 19:18:38、更新日時: 2022-03-24 19:54:09

 Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 を徹底評価

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 にはどういった面でメリットやデメリットがあるかを評価。どのくらい利便性が高いのでしょうか?類似のものと比較した場合の Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の良さについて評価してみました。

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の詳細情報

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1
画像Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1
チャンネル数4個
エフェクターを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源USB
製品種別アナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ155mm × 115mm × 55.3mm

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の優れた点・デメリットに関する評価について

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の動力についての評価

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーはコンデンサーマイクを使って繊細で美麗な音質を表現したい人が使用できる為優秀な部類に入るでしょう。例えば、ファンタム電源を備えることで、例えば、繊細な音が可能な高音質のコンデンサーマイクを使用したいときにお勧めだと思います。

「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」はファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはファンタム電源を備えているので繊細な音が可能な高音質のコンデンサーマイクを使用できる点で優れてます。オーディオインターフェイスに接続したマイクに電力を供給して使用するようなとき「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」は向いています。

利便性についての Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の評価詳細

アナログ方式の採用について

音源をアナログ信号のままダイレクトにミキシングできる為、アナログ方式を採用しているオーディオミキサーは優れていそうです。特にアナログ方式にて動作したいような時に向いています。

「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」はアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはアナログ機器と接続できるといった点でよいです。アナログ音声信号の音量や音色を調整したい人が使用するとき「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」はおすすめと言えそうです。

本体サイズについて

小さい本体サイズのオーディオミキサーは設置場所に困る事無く利用できるため優秀です。コンパクトな使用を望む人が使用するときに向いています。

「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」の本体サイズは155mm × 115mm × 55.3mmです。これは並外れて小さい本体サイズと言えるでしょう。またこの商品は小さく場所を取らずに設置できる点において大変優れていると言えるでしょう。「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」は狭いスペースでもコンパクトに設置して利用するのにかなりお勧めと言えるでしょう。

本体サイズという点で見たとき実際のところ「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」はトップレベルに位置づけられるほど優れていると言えそうです。従ってこのオーディオミキサーはかなり有力な候補の一つに挙げられるでしょう。本体サイズという観点でこれより小さいオーディオミキサーでもほとんど「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」と同じと思います。

本体サイズ評価
Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1155mm × 115mm × 55.3mm97/100

ミックス性能に関する Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の詳細評価

チャンネル数について

大規模ライブで使用できるため、チャンネル数が多いオーディオミキサーは優れています。複数のマイクを使用する時にお勧めといえそうです。

チャンネル数について「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」は4個です。これは並外れて少ない方に入るチャンネル数と言えます。

チャンネル数評価
Audio Mixer RZ19-03860100-R3M14個0/100

エフェクターの搭載について

不要なノイズを低減できる為、エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは優れているかもしれません。特にその場で音の加工や味付けをするような場合向いています。

「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。機械的なサウンド効果を加えることができるという点でこのオーディオミキサーは秀でているかもしれません。音を任意の音質に変更する時「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」はオススメといえそうです。

ヘッドホン対応について

「Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1」はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 を選ぶべき5つの理由

  • 並外れて小さい本体サイズ
    (8位/159製品)
  • エフェクターを搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • アナログ方式を採用している

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1 の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1

48.9-チャンネル数:4個, 本体サイズ:155mm × 115mm × 55.3mm

ULTRALINK PRO MX882

48.8チャンネル数:8個, 本体サイズ:48.3cm × 217mm × 44.5mm

Notepad-5

48.9チャンネル数:2個, 本体サイズ:172mm × 148mm × 60mm

StudioLive ARc AR16c

51.9チャンネル数:16個, 本体サイズ:48cm × 397mm × 89mm

StudioLive ARc AR12c

47.1チャンネル数:12個, 本体サイズ:397mm × 381mm × 89mm

StudioLive ARc AR8c

42.7チャンネル数:8個, 本体サイズ:313mm × 284mm × 89mm

AG03MK2 LSPK [ホワイト]

48.9チャンネル数:3個, 本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

AG03MK2 LSPK [ブラック]

48.9チャンネル数:3個, 本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

Audio Mixer RZ19-03860100-R3M1

97.9-本体サイズ:155mm × 115mm × 55.3mm

ULTRALINK PRO MX882

71.2本体サイズ:48.3cm × 217mm × 44.5mm

Notepad-5

97.7本体サイズ:172mm × 148mm × 60mm

StudioLive ARc AR16c

41.6本体サイズ:48cm × 397mm × 89mm

StudioLive ARc AR12c

46.9本体サイズ:397mm × 381mm × 89mm

StudioLive ARc AR8c

59.1本体サイズ:313mm × 284mm × 89mm

AG03MK2 LSPK [ホワイト]

97.7本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

AG03MK2 LSPK [ブラック]

97.7本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

10位

12位

13位

15位

16位

17位

18位

20位

関連人気記事

新着情報