ZG01 を選ぶべきなのか|類似のものと比べた場合のオススメ度を検証しました

作成日時: 2022-05-11 14:58:00、更新日時: 2022-05-11 16:15:34

 ZG01 を徹底評価

ZG01 はどういう点でメリットやデメリットがあるオーディオミキサーなのか?どれくらい利便性が優れているかを詳しくレビュー。重要度別に広く網羅してみました。

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

49.9/100

(総合: 71位)

評価項目点数
チャンネル数
2/100
本体サイズ
97/100
総合評価49.9/100

ZG01 のメリット

  • 並外れて小さい本体サイズ

ZG01 のデメリット

  • 極めて少ないチャンネル数

ZG01 の特徴

  • エフェクターを搭載している
  • レコーダー機能を搭載している
  • USBオーディオインターフェースを搭載している
  • ヘッドホン端子に対応している
  • ファンタム電源を採用している
  • アナログ方式を採用している

ZG01 に関する特性・特長について

ZG01
画像ZG01
チャンネル数5個
エフェクターを搭載しているかどうか
レコーダー機能を搭載しているかどうか
USBオーディオインターフェースを搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
ファンタム電源を採用しているかどうか
電源USB
製品種別アナログミキサー
アナログ方式を採用しているかどうか
本体サイズ195mm × 110mm × 47.5mm

類似のオーディオミキサーを探す

他のオーディオミキサーと比較する

価格をチェック

特長と特色について ZG01 を詳細に評価

利便性についての ZG01 の詳細

アナログ方式の採用について

アナログ方式を採用しているオーディオミキサーは従来のアナログ信号のまま加工ができるため、優秀と言えるかもしれません。たとえば機能がシンプルなので初心者が使用したいような場合に適しています。

ZG01はアナログ方式を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはアナログ機器と接続できるといった点でよいです。ミキシング等シンプルな機能のみが必要で価格を抑えて購入したい人が使用するとき、ZG01はおすすめだと思います。

本体サイズについて

小さいため場所を取らず設置できる点で本体サイズが小さいオーディオミキサーはよいといえそうです。設置場所に困る事無く利用するなら適しています。

ZG01の本体サイズは195mm × 110mm × 47.5mmです。平均とくらべるとこのオーディオミキサーのサイズはトップレベルに位置づけられるほど小さいオーディオミキサーです。持ち運びがラクにできるため、この商品はとても優れた部類に入るかもしれません。ZG01は狭いスペースでもコンパクトに設置して利用するのにかなりお勧めと言えるでしょう。

本体サイズという観点でみたとき実のところのZG01は非常に優れているでしょう。そのためこのオーディオミキサーにする大きな理由になるでしょう。本体サイズという点でこれ以上小さいオーディオミキサーを選んでもほぼ意味がないでしょう。

本体サイズ評価
ZG01195mm × 110mm × 47.5mm97/100

ZG01 の動力の詳細評価

ファンタム電源の採用について

ファンタム電源を採用しているオーディオミキサーは他の機器から電源を取得できる為、優れた部類に入るかと思います。たとえばコンデンサーマイクを使って繊細な音を表現したい人が使用するときにオススメです。

ZG01はファンタム電源を採用しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーはファンタム電源を備えているので繊細な音が可能な高音質のコンデンサーマイクを使用できる点で優れてます。ZG01は標準的なケーブルでは通電不可能な微量の電流を通電出来るのでより細密なミキシングをするならオススメだと思います。

ZG01 のミックス性能を徹底的に評価してみた

チャンネル数について

ドラムやギターなどより多くの音源を再生できるといった点で多いチャンネル数のオーディオミキサーは良い部類に入るかもしれません。より多くの音を調節したい時にお勧めと言えるかもしれません。

チャンネル数についてZG01は5個です。一般的なオーディオミキサーと比較するとこのオーディオミキサーのチャンネル数は非常に少ないと言えます。

チャンネル数評価
ZG015個2/100

エフェクターの搭載について

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーは音響効果を加えて利用できる為、優れていそうです。リバーブやディレイ、エコーなどのエフェクトを効果的に使用するようなときに向いています。

ZG01はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。そのため単なる音をまとめる役割だけでなく、搭載されているエフェクターで音を変化できるといった点で秀でた部類に入るかもしれません。音を任意の音質に変更する時ZG01はオススメといえそうです。

レコーダー機能について

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーは機材数を増やさずに録音できる点において優れていると言えそうです。単体でマルチトラックレコーディングしたいような場合に適しているといえるかもしれません。

ZG01はレコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーです。そのためこのオーディオミキサーは別にレコーダーを用意しなくても、各トラックの音を個別に記録することができるといった点で優秀です。いっそう機能的な利用を望む人が使用したいような場合にZG01はオススメです。

USBオーディオインターフェースの搭載について

USBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーはUSB接続出来る機器と接続できる点においてよいといえなくもないでしょう。USBオーディオインターフェースを利用する場合に適していると言えるかもしれません。

ZG01はUSBオーディオインターフェースを搭載しているオーディオミキサーです。パソコンやタブレットからの音源を出力できるのでこのオーディオミキサーは秀でていると言えるかもしれません。ZG01はPCなどとUSB接続し音の解像度を高く保ったまま録音したいようなときに適しているといえるかもしれません。

ヘッドホン対応について

ZG01はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーです。

ZG01 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ZG01 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

もっと見る ▼

ZG01 の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ZG01

49.9-チャンネル数:5個, 本体サイズ:195mm × 110mm × 47.5mm

MG16XU

45.8チャンネル数:16個, 本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG12

45.6チャンネル数:12個, 本体サイズ:42.2cm × 308mm × 118mm

MG10XU

53.6チャンネル数:10個, 本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

QL1

35.4チャンネル数:16個, 本体サイズ:56.2cm × 46.8cm × 272mm

AG06

51.2チャンネル数:6個, 本体サイズ:202mm × 155mm × 63mm

AG03

48.9チャンネル数:3個, 本体サイズ:202mm × 129mm × 63mm

TFシリーズ TF5

48.9チャンネル数:32個, 本体サイズ:86.6cm × 59.9cm × 225mm

チャンネル数

画像製品名評価比較したときのおススメ度チャンネル数

ZG01

2.0-チャンネル数:5個

MG20XU

73.8チャンネル数:20個

MG20

73.8チャンネル数:20個

MG16XU

62.2チャンネル数:16個

MG16

62.2チャンネル数:16個

MG12

47.3チャンネル数:12個

MG10XU

37.9チャンネル数:10個

QL1

62.2チャンネル数:16個

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

ZG01

97.8-本体サイズ:195mm × 110mm × 47.5mm

MG20XU

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG20

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG16XU

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG16

29.4本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

MG12

43.9本体サイズ:42.2cm × 308mm × 118mm

MG10XU

69.2本体サイズ:294mm × 244mm × 71mm

QL1

8.5本体サイズ:56.2cm × 46.8cm × 272mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

10位

12位

13位

15位

16位

17位

18位

20位

関連人気記事

新着情報