ヤマハ MG12X 徹底評価

2023-06-02 22:30:23

総合評価

45.6/100

(総合順位: 145/416)

評価項目点数
チャンネル数
50/100
本体サイズ
41/100
総合評価45.6/100

評価レビュー

利便性

アナログ方式

ヤマハ MG12Xはアナログ方式に対応しているオーディオミキサーとなります。当サイトが評価したこのオーディオミキサーは、アナログ方式に対応しており、より自然なサウンドを実現します。アナログファンはもちろん、デジタル派でも満足いただける優れた製品です。

オーディオミキサーには、アナログ方式に対応しているものがあります。この種類のミキサーには、数多くのメリットがあります。アナログ方式を採用しているため、音質が高品質であることが挙げられます。また、ミキシング中の音の変化をリアルタイムで感じることができるため、パフォーマンスが向上することも期待できます。さらに、初心者でも扱いやすく、直感的に操作することができます。

本体サイズ

本体サイズについて、ヤマハ MG12Xは42.2cm × 308mm × 118mmというデータです。これは本体サイズが平均レベルのオーディオミキサーといえるでしょう。評価スコアは100点中41.1点となります。このオーディオミキサーの小さい本体サイズは、スタジオ以外でも活用することができます。家庭で音楽制作を楽しむ人にも最適で、手軽にレコーディングしたい場合や、自宅でのミュージックプレイヤーとしても使えます。

本体サイズが小さいオーディオミキサーは、場所をとらず持ち運びも楽なため、小規模のライブやイベントに最適です。また、小型であっても高性能なものが多く、多機能なモデルもあります。そのため、プロフェッショナルなミキシングが求められる場合でも、コンパクトなオーディオミキサーで作業することができます。

ヤマハ MG12Xは平均グレードにあると考えられます。他の角度から選択する方がいいといえるでしょう。

本体サイズ評価
ヤマハ MG12X42.2cm × 308mm × 118mm41/100

ミックス性能

チャンネル数

チャンネル数においてヤマハ MG12Xは12個というデータであると言えます。これはまあまあな感じといえるオーディオミキサーであると思われます。チャンネル数という点ではすべてのオーディオミキサーの中でまあまあな感じです。多数の入力チャンネルを備えたこのオーディオミキサーは、プロフェッショナルな音響エンジニアにもお勧めできます。細かな調整が求められるスタジオ録音や、大規模なコンサートなど、さまざまなシーンで活躍することができます。

もし多くの音源を扱うことがあるなら、チャンネル数が多いオーディオミキサーはその作業を大幅に楽にすることができます。例えば、ドラムキットのように様々な楽器が複数ある場合、それらを全て別々に録音しても、それを混ぜる作業がとても煩雑になってしまいがちです。しかし、チャンネル数が多いオーディオミキサーを使うことで、それらを個別に調整してから混ぜることができるため、より自然なサウンドを実現できます。

実際に使う場合チャンネル数においてヤマハ MG12Xは標準的と言えるでしょう。他の角度から比較することを断然おすすめします。商品を選択するうえで、チャンネル数の情報は役に立ちません。

チャンネル数評価
ヤマハ MG12X12個50/100

エフェクター搭載

ヤマハ MG12Xはエフェクターを搭載していると言えます。エフェクターを搭載しているこのオーディオミキサーは、音楽パフォーマンスにおいて、より表現力豊かな演奏を実現することができます。エフェクターを使用した場合、音響の変化や空間表現が増強されるため、抜群の音場を演出できます。また、エフェクターの使い方によっては、ノイズやバズ音の防止効果も期待できるため、オーディオ制作現場でも広く利用されています。

エフェクターを搭載しているオーディオミキサーを使うことで、音楽制作の幅が広がります。例えば、バンド編成で音楽制作を行う場合には、バンドメンバーそれぞれのパートの音を調整することができます。また、アプローチ方法を変えれば、同じ演奏でも全く異なるサウンドにすることができるため、一枚のアルバムを作る際に多彩な音楽表現を織り交ぜることができるでしょう。

ヘッドホン対応

ヤマハ MG12Xはヘッドホン端子に対応していると言えます。このオーディオミキサーには、ヘッドホン端子が装備されており、ヘッドフォンでの再生も可能です。音響効果や音質も高く、プロとアマチュア問わず利用できます。これからオーディオミキサーの購入を考えている方には、ぜひお勧めしたいです。

ヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーは、音声制作以外の用途でも大変便利です。例えば、リハーサルやライブステージにおいて、ミキサーと接続して音量調整を行う際、ヘッドホンを使って正確な調整をすることができます。また、スピーカーを使用できない環境でも、ヘッドホンでの確認が可能なため、非常に重宝します。

動力

ファンタム電源

ヤマハ MG12Xはファンタム電源に対応していると言えるでしょう。ファンタム電源に対応したこのオーディオミキサーは、マイクの動きを検知するスプリング付きの入力端子を採用しており、信頼性が高く、音声の乱れを最小限に抑えます。また、音声のクリアさや音域の差の広がりも非常に優れています。

ファンタム電源に対応しているオーディオミキサーには、メリットが数多くあります。まず、マイクやDIボックスの音を劣化なくクリアに伝えることができ、高音質の録音を可能にします。さらに、操作も簡単で、設定にも時間がかからず、利用者にとって煩わしい部分を減らすことができます。

AC電源対応

ヤマハ MG12XはAC電源に対応しているオーディオミキサーとなります。このオーディオミキサーは、高品質な音源を作り出すために欠かせないAC電源に対応した、信頼性のある機器として知られています。高品位なデジタル技術を駆使し、プロフェッショナルな使用にも対応できる一方、直感的な操作性やコンパクトなサイズなど、初心者から上級者まで幅広いニーズにも応えます。

AC電源に対応しているオーディオミキサーには、電源に手軽に接続ができるというメリットがあります。また、バッテリーなどと異なり、AC電源での使用中に充電切れの心配がないため、長時間の使用でも安心して利用できます。さらに、音質にも影響が及ばないため、高品質なサウンドを追求する音楽制作現場やプロ御用達のミキサーとしても重宝されています。

スペック

ヤマハ MG12X
画像ヤマハ MG12X
チャンネル数12個
エフェクター搭載
ヘッドホン対応
ファンタム電源
電源AC
AC電源対応
製品種別アナログミキサー
アナログ方式
本体サイズ42.2cm × 308mm × 118mm

ヤマハ MG12X の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ヤマハ MG12X と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:3個, 本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

チャンネル数:3個, 本体サイズ:201mm × 126mm × 63mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:195mm × 110mm × 47.5mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:195mm × 110mm × 47.5mm

チャンネル数:6個, 本体サイズ:90mm × 62mm × 23mm

チャンネル数:9個, 本体サイズ:305mm × 270mm × 60mm

チャンネル数:16個, 本体サイズ:50cm × 44.4cm × 130mm

チャンネル数:4個, 本体サイズ:222mm × 110mm × 70mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:290mm × 222mm × 88mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:290mm × 222mm × 88mm

チャンネル数:14個, 本体サイズ:374.8mm × 266.7mm × 71.2mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:216mm × 177mm × 78mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報