MACKIE Onyx12 徹底評価

2023-12-22 16:27:19

総合評価

44.1/100

(総合順位: 169/416)

評価項目点数
チャンネル数
50/100
本体サイズ
38/100
総合評価44.1/100

評価レビュー

利便性

アナログ方式

MACKIE Onyx12はアナログ方式に対応しているオーディオミキサーとなっています。このオーディオミキサーは、アナログ方式にも対応しており、音質に深みと温かみをもたらしてくれます。デジタル方式とは異なる、アナログ独特の音の響きを愛好する方には、必見の商品です。

アナログ方式に対応しているオーディオミキサーには、大きなメリットがあります。一つ目は、音質が高いということです。アナログ方式は、デジタル方式に比べて自然な音を鳴らすことができます。また、音の細かい調整も容易に行えます。二つ目は、デジタル化されていない信号を取り扱うことができるということです。アナログ方式にしかない温かみや空気感を大切にしたい場合には、アナログ方式に対応しているミキサーが必要となります。そして、三つ目は、入力チャンネルの数が多くなることです。アナログミキサーは、デジタルミキサーよりも入力チャンネルの数が多いことが多く、多彩な音源を接続することができます。

本体サイズ

MACKIE Onyx12について、本体サイズは376mm × 356mm × 137mmというデータとなっています。本体サイズに関して考えるとそれなりに良くないと考えられます。本体サイズがそれなりに良くないと考えられます。

本体サイズが小さいオーディオミキサーのメリットは、スペースを節約できることです。特に、狭いスタジオやライブ会場では、大きな機器を使うと作業スペースが狭くなってしまい、ストレスを感じることがあります。本体サイズが小さいミキサーであれば、スペースを効率的に使いながら、音質にもこだわることができます。

本体サイズに関して評価すると、MACKIE Onyx12は比較的良くないと言えそうです。本体サイズに配慮したい人にとってはこのオーディオミキサーはイマイチな選択肢と考えられるかもしれません。そうでなくともこのオーディオミキサーは候補から外れると思います。

本体サイズ評価
MACKIE Onyx12376mm × 356mm × 137mm38/100

動力

ファンタム電源

MACKIE Onyx12はファンタム電源に対応しているオーディオミキサーです。このオーディオミキサーはファンタム電源に完全対応しています。アマチュアからプロフェッショナルまで、幅広く利用でき、高品質な音源制作に欠かせないミキシングをよりスムーズかつ高効率で行うことができます。

ファンタム電源に対応しているオーディオミキサーのメリットについて紹介します。ファンタム電源は、コンデンサーマイクを使う際に必要となる電力供給のことです。対応しているオーディオミキサーを使うことで、マイクの特性を最大限活かすことができます。また、コンデンサーマイク以外にも、ダイナミックマイクやライン入力などにも対応している場合が多く、柔軟な使い方が可能です。

AC電源対応

MACKIE Onyx12はAC電源に対応しているオーディオミキサーとなります。AC電源に対応しているこのオーディオミキサーは、使用場所や状況を選ばずに使える汎用性の高い製品です。さらに、AC電源に対応していることで、多様な電源環境でも安心して使用することができます。音楽制作やライブイベントに欠かせないこの機能は、ユーザーの利便性を大幅に向上させます。

AC電源に対応しているオーディオミキサーのメリットオーディオミキサーは、音質や操作性など、様々な要素で評価されます。AC電源に対応しているという点は、あくまで機能面でのメリットではありますが、使用者にとっては非常に便利な点です。ボタンやスライダーの位置など、オーディオミキサーを取り扱う際には慣れが必要ですが、AC電源に対応していることにより、よりスムーズな操作が可能となります。

ミックス性能

チャンネル数

チャンネル数についてMACKIE Onyx12は12個というデータであるといえます。チャンネル数における点数評価は100点中50点と言うことができるでしょう。これは平均グレードなレベルと言えるかもしれません。このオーディオミキサーは多くのチャンネルを持ち、非常に使いやすいです。多くの音源を扱うユーザーには特にお勧めです。また、各チャンネルには自己完結的なEQやエフェクトセクションを持っており、非常に高いカスタマイズ性があります。

チャンネル数が多いオーディオミキサーはプロフェッショナルなミュージシャンやプロデューサーに特に重宝されています。多様な音源を扱うことができるため、レコーディングやライブ演奏において高いクオリティを実現することができます。また、新たな音楽スタイルを模索する際にも、多様な音色を組み合わせることができるため、より多彩な音楽表現が可能となります。

チャンネル数に関してMACKIE Onyx12は標準的なオーディオミキサーと言うことができます。判断を下す上で、チャンネル数の情報は参考になりません。

チャンネル数評価
MACKIE Onyx1212個50/100

エフェクター搭載

MACKIE Onyx12はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーとなります。このオーディオミキサーには、エフェクターを搭載しており、生演奏や歌声にリバーブやディレイなどを加えて、臨場感のあるサウンドを生み出すことが可能です。また、オールインワンであるため、多機能な機器を使いこなせない初心者でも、簡単に音声制作が始められます。

パターン2:エフェクター搭載のオーディオミキサーは、ライブ演奏などの音響現場での利用においても威力を発揮します。ミキサー内蔵のエフェクターを使用することにより、より豊かかつ多彩な演出を実現することができます。また、エフェクターをミキサー本体に内蔵することにより、配線の煩わしさがなくなり、スペース効率的にも優れています。

レコード機能

MACKIE Onyx12はレコーダー機能を搭載していると言うことができます。このオーディオミキサーには高品質なレコーダー機能が搭載されています。録音中の音質劣化を最小限に抑え、スムーズでクリアな音源を取り込むことができます。

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーは、プロ・アマチュア問わず、様々なシーンで活躍します。例えば、ラジオ番組の制作や、動画の制作においては、音声データの録音や作成が不可欠なため、便利なツールとなります。また、ビジネスシーンにおいては、会議やプレゼンテーションの音声を記録するために利用されることもあります。

ヘッドホン対応

MACKIE Onyx12はヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーとなっています。このオーディオミキサーは、ヘッドホン端子に対応しているため、ヘッドホンを使って音楽を楽しむことができます。特に音質にこだわる方にはおすすめのアイテムです。

ヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーは、音楽制作をする上で非常に便利な機能です。ヘッドホンを接続して複数人で作業をすることで、音楽のクオリティーを向上させることができます。また、録音時にヘッドホンを使って拾いたい音を聞きながら録音することで、より高品質な音源を作り上げることができるのです。

スペック

MACKIE Onyx12
画像MACKIE Onyx12
チャンネル数12個
エフェクター搭載
レコード機能
ヘッドホン対応
ファンタム電源
電源AC
AC電源対応
製品種別アナログミキサー
アナログ方式
本体サイズ376mm × 356mm × 137mm

MACKIE Onyx12 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

MACKIE Onyx12 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:14個, 本体サイズ:374.8mm × 266.7mm × 71.2mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:216mm × 177mm × 78mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:267mm × 217mm × 80mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:275mm × 215mm × 59mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:45.5cm × 320mm × 140mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:215mm × 207mm × 59mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報