総合評価

49.7/100

(総合順位: 104/416)

評価項目点数
チャンネル数
66/100
本体サイズ
33/100
総合評価49.7/100

評価レビュー

利便性

アナログ方式

MACKIE Onyx16はアナログ方式に対応していると言うことができるでしょう。このオーディオミキサーは、アナログ方式に対応しており、古くからある機材とも繋げて使用することができます。デジタル機材が主流である今でも、アナログ音質を求める人には必要な機能です。

アナログ方式に対応しているオーディオミキサーには、デジタルミキサーにはない魅力があります。アナログ方式ならではの、暖かい音質や自然な音を鳴らすことができ、高品位な音を求めるユーザーからの支持も高いです。また、アナログ方式に対応していることで、デジタルミキサーでは取り扱えないアナログレコードやカセットテープからの音源も扱うことができます。そのため、レコードコレクターからの注目度も高く、音楽愛好家にとっては欠かせない装置となっています。

本体サイズ

本体サイズについて、MACKIE Onyx16は47.5cm × 356mm × 137mmというデータであると言えます。本体サイズの点で全てのオーディオミキサーの中でまあまあ下位に位置し、100点満点中33.4点であるということができます。これは典型的なオーディオミキサーと比較すると比較的物足りない水準にあるといえそうです。

本体サイズが小さいオーディオミキサーは、移動時やイベントでの使用に最適です。手軽に持ち運ぶことができ、設置も簡単です。また、小さいサイズだからこそ、他の機材や荷物と一緒に運ぶことも可能です。さらに、機能や操作性に妥協することなく、プロフェッショナルな仕事をこなすことができます。

実用的な見地から言えば本体サイズに関してMACKIE Onyx16は基本的なオーディオミキサーと比較する場合ある程度物足りないレベルに感じとれるでしょう。したがってこのオーディオミキサーが候補に入らない一つの注目すべき理由と言えそうです。本体サイズを見ておくことがより的確な判断をすることにつながると言えるでしょう。ただ確定的ではないです。

本体サイズ評価
MACKIE Onyx1647.5cm × 356mm × 137mm33/100

動力

ファンタム電源

MACKIE Onyx16はファンタム電源に対応しているオーディオミキサーであるといえます。このオーディオミキサーは、ファンタム電源に対応しているため、高音質のマイク録音が可能です。また、使い方も簡単で、初心者でも扱いやすい製品です。

ファンタム電源に対応しているオーディオミキサーは、USBオーディオインターフェースとしても活躍することができます。アウトプットに直結して、パソコンから録音可能になるため、クリエイターにとって非常に便利です。高音質の音源を簡単に手に入れることができます。

AC電源対応

MACKIE Onyx16はAC電源に対応しているオーディオミキサーとなります。このオーディオミキサーはAC電源にも対応しており、長時間使用する場合や、大きな音量を必要とする場合でも安定した電力供給が期待できます。また、バッテリー駆動の場合でも、低電力モードに自動的に切り替わることで電池の持ちを大幅に延ばすことができます。

AC電源に対応しているオーディオミキサーのメリットは、安定した電源供給により音質の安定化が期待できる点です。さらに、バッテリー駆動型より長時間使用が可能で、作業中の電源切れの心配がありません。また、長時間のライブミュージックの場合などにも重宝されます。

ミックス性能

チャンネル数

チャンネル数においてMACKIE Onyx16は16個というデータとなっています。チャンネル数が比較的上位にあるオーディオミキサーです。すべてのオーディオミキサーの中でも幾分か秀でているといえます。当社が評価するオーディオミキサーの中で、多いチャンネル数を持つものがあります。多数の入力を必要とする場合には、このオーディオミキサーは非常に便利であると言えます。しかし、必要な入力に比べて多すぎる場合には、逆に使いづらくなることがあるので、用途に合った機種選びが重要です。

チャンネル数が多いオーディオミキサーは、多数の音源を混合するのに最適です。これにより、音楽ライブやラジオ、テレビなどの放送のように多くの音源を同時に操作することができます。また、ボーカルや楽器の音量を微調整するための余分なスペースもあります。最新のモデルには、インプットチャンネルが48個以上あるものもあります。

これらの評価情報でわかるようにチャンネル数に関して実用上の面から言えばMACKIE Onyx16は幾分か高いグレードに位置するといえます。しかし、確定的とまでは必ずしも言えない点には注意が必要であると言うことができます。

チャンネル数評価
MACKIE Onyx1616個66/100

エフェクター搭載

MACKIE Onyx16はエフェクターを搭載しているオーディオミキサーです。このオーディオミキサーはエフェクターを搭載しているため、音の幅が非常に広がり、より鮮明な音を作り出すことが可能です。特に、エフェクトを駆使することで、創造性豊かな音楽作りを楽しむことができます。また、エフェクトを細かく調整することで、より細やかな表現力を引き出すこともできます。

パターン1:エフェクターを搭載しているオーディオミキサーのメリットは、音楽制作において音の幅を広げることができることです。エフェクターにより、リバーブやエコー、ディレイなどの音響効果を加えることができます。これにより、より一層響きの深い音楽制作が可能になります。また、エフェクターを内蔵しているオーディオミキサーは、別途エフェクターを購入する必要がなく、コンパクトで手軽に利用することができます。

レコード機能

MACKIE Onyx16はレコーダー機能を搭載していると言うことができます。このオーディオミキサーは、レコーダー機能を搭載しており、業務用途にも適しています。音源を録音しながら、自由自在にミキシングが可能です。さらに、レコーダーの機能を活用することで、ミキシング後の音源を手軽に保存することができます。

レコーダー機能を搭載しているオーディオミキサーは、外部音声入力がある場合には非常に便利です。外部音声入力から録音する際には、レコーダー機能があることで、録音とミキシングを同時に行うことができます。また、外部音声入力以外にも、ライブパフォーマンスやイベントなどでの録音に幅広く活用することができます。

ヘッドホン対応

MACKIE Onyx16はヘッドホン端子に対応していると言うことができるでしょう。当社の調査により、このオーディオミキサーはヘッドホン端子に対応していることが確認されました。ヘッドホンを接続し、よりクリアな音響効果を楽しむことができます。

ヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーは、プロの音楽制作者だけでなく、ビデオクリエイターや配信者など、幅広い分野で活用されています。ヘッドホンで音を聴くことにより、細かい音の変化に気付きやすいため、音楽制作者にとっては必要不可欠なアイテムです。また、ビデオ制作や配信で、音声のクオリティを高めるためにも、ヘッドホン端子に対応しているオーディオミキサーは欠かせない存在となっています。

スペック

MACKIE Onyx16
画像MACKIE Onyx16
チャンネル数16個
エフェクター搭載
レコード機能
ヘッドホン対応
ファンタム電源
電源AC
AC電源対応
製品種別アナログミキサー
アナログ方式
本体サイズ47.5cm × 356mm × 137mm

MACKIE Onyx16 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

MACKIE Onyx16 と評価が同程度のオーディオミキサーを探す

チャンネル数:14個, 本体サイズ:374.8mm × 266.7mm × 71.2mm

チャンネル数:5個, 本体サイズ:216mm × 177mm × 78mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:267mm × 217mm × 80mm

チャンネル数:12個, 本体サイズ:275mm × 215mm × 59mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:45.5cm × 320mm × 140mm

チャンネル数:8個, 本体サイズ:215mm × 207mm × 59mm

オーディオミキサーランキング

カテゴリ一覧

人気オーディオミキサー

関連人気記事

新着情報