FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の優れた点やイマイチな点とは?評価/レビューしました

作成日時: 2021年01月08日 11時29分48秒, 更新日時: 2021年01月08日 13時26分25秒

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42を徹底評価

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42について利便性を評価してみました。どれくらい利便性が高いのかをレビュー。類似のものに比べてFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42はいいのか悪いのかを解説しました!

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42のメリット

  • アイレリーフは非常に長い
  • 最短合焦距離は短い
  • 実視界はかなり広い
  • 対物レンズ有効径はかなり大きい

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42のデメリット

  • 重量は非常に重い

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の特徴

  • バードウォッチングに適している
  • スターウォッチングに適している
  • マルチコートを採用している

よく注目される点からFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42を評価する

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の扱いやすさについて評価

重量について

重量について、FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42は786 gです。標準的な双眼鏡よりFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の重量は非常に重い部類に分けられる双眼鏡と言えます。重量の軽さランキングでは636製品中555位くらいになります。重量に興味がない人でも日常で利用していてストレスを感じることがありそうです。そのためもう一つ上にすることをおすすめします。

重量評価
FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42786 g10/100

アイレリーフについて

アイレリーフについてFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42は18 mmです。一般的な双眼鏡よりFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42のアイレリーフはとても長い方の双眼鏡でしょう。アイレリーフの長さランキングで243製品中28位です。従ってアイレリーフという点で見る場合、FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42は一つの候補でしょう。通常利用であれば十分と言えますが、不満を感じないために一つ上の双眼鏡を見てみてもいいでしょう。

アイレリーフ評価
FUJINON HYPER-CLARITY HC8x4218 mm90/100

マルチコート採用可否について

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42はマルチコートを採用している双眼鏡です。

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の望遠性能について評価

最短合焦距離について

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の最短合焦距離は2 mです。一般的な双眼鏡と比べてFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の合焦距離はやや短い双眼鏡だと言えるでしょう。最短合焦点距離の短さランキングでは572製品中111位に位置します。従って最短合焦距離という点で見るならFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42は候補の一つに挙がります。通常利用であれば問題ないと言えますが、全体ではもうワンランク上の双眼鏡もあるため決定的といえるほどではありません。

最短合焦距離評価
FUJINON HYPER-CLARITY HC8x422 m74/100

実視界について

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の実視界は8°です。FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42は標準的な双眼鏡と比較してかなり広い部類に入る実視界と言えるでしょう。実視界の広さランキングで572製品中66位です。従って実視界で選ぶ場合、FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42は比較的おすすめでしょう。普通に使う分には問題ないと思われますが、全体でみるとワンランク上の双眼鏡の双眼鏡もあるため最高レベルとは言えないでしょう。

実視界評価
FUJINON HYPER-CLARITY HC8x4287/100

対物レンズ有効径について

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の対物レンズ有効径は42 mmです。一般的な双眼鏡よりFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の有効径はかなり大きい部類に分けられる双眼鏡でしょう。対物レンズ有効径の大きさランキングで654製品中97位です。従ってFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42はかなり有力な候補の一つに挙がるでしょう。対物レンズ有効径という視点でこれよりも大きい双眼鏡でもFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42との差をほとんど感じられないでしょう。

対物レンズ有効径評価
FUJINON HYPER-CLARITY HC8x4242 mm93/100

倍率について

倍率についてFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42は8倍です。一般的な双眼鏡とくらべてFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の倍率は同程度と言えるでしょう。倍率の高さランキングで全663製品中340位の双眼鏡です。通常利用であれば比較的問題になりにくいもののFUJINON HYPER-CLARITY HC8x42が特別に優秀とまでは言えないでしょう。こだわりが強い人にとっては物足りなさを感じる可能性が高く、もう一つ上の双眼鏡にすることをおすすめします。

倍率評価
FUJINON HYPER-CLARITY HC8x428倍52/100

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の使い勝手について評価

バードウォッチングへの対応について

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42はバードウォッチングに適している双眼鏡です。

スターウォッチングへの対応について

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42はスターウォッチングに適している双眼鏡です。

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の詳細情報

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42
画像FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42
バードウォッチングに適しているかどうか
スターウォッチングに適しているかどうか
重量786 g
アイレリーフ18 mm
マルチコートを採用しているかどうか
最短合焦距離2 m
実視界
対物レンズ有効径42 mm
倍率8倍

類似した性能の双眼鏡を見る

他の双眼鏡と比較する

価格をチェックする

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42の価格を今すぐチェック

FUJINON HYPER-CLARITY HC8x42と評価が同程度の双眼鏡を探す

PROSTAFF 7S 8x30

防水性能:1 ATM, 重量:415 g, アイレリーフ:15.4 mm, 最短合焦距離:2.5 m, 明るさ:14.4, 実視界:6.5°, 対物レンズ有効径:30 mm, 倍率:8倍

もっと見る ▼

双眼鏡ランキング

カテゴリ一覧

メーカー名で双眼鏡を探す

双眼鏡 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。