DENON SC-A33SG vs DENON SC-A55XG-M: 徹底比較

2023-06-02 15:08:45

DENON SC-A33SGDENON SC-A55XG-M
DENON SC-A33SGDENON SC-A55XG-M
DENON SC-A33SGDENON SC-A55XG-M
DENON SC-A33SGDENON SC-A55XG-M
総合評価:

65.8/100

(総合順位: 6/1386)

67.6/100

(総合順位: 5/1386)

本体サイズ
86/100
75/100
本体重量
85/100
81/100
搭載ユニット数
25/100
40/100
最低共振周波数
66/100
70/100
最高共振周波数
82/100
90/100
インピーダンス
50/100
50/100
許容入力
66/100
66/100

スペック

DENON SC-A33SGDENON SC-A55XG-M
DENON SC-A33SGDENON SC-A55XG-M
基本仕様
本体サイズ239mm × 148mm × 143mm310mm × 175mm × 160mm
本体重量2.4kg3.1kg
カラー木目系木目系
スピーカーセット
セット数1台 -
搭載ユニット数2つ3つ
3Wayスピーカー搭載 -
スピーカー方式2WAY3WAY
スピーカー性能
最低共振周波数45Hz43Hz
最高共振周波数60kHz120kHz
インピーダンス
許容入力120W120W

類似のブックシェルフスピーカーを探す

他のブックシェルフスピーカーと比較

価格を見る

類似のブックシェルフスピーカーを探す

他のブックシェルフスピーカーと比較

価格を見る

比較レビュー

スピーカー性能

最低共振周波数

DENON SC-A33SGとDENON SC-A55XG-Mを最低共振周波数に関して比較するとDENON SC-A55XG-Mは43Hzというデータであるのに対して、DENON SC-A33SGは45Hzというデータといえます。最低共振周波数を考えると差はまったく無く相当よく似ています。

最低共振周波数が低いブックシェルフスピーカーの長所最低共振周波数が低いブックシェルフスピーカーは、その低音域の再生能力が際立っているため、音楽、映画、テレビ番組など、様々なシーンで活躍します。低い周波数の再生能力に加えて、ブックシェルフスピーカーはデザインも魅力的であり、置き場所を選ばないというメリットもあります。

最低共振周波数の観点で実際に使用する場合DENON SC-A33SGもDENON SC-A55XG-Mも差はまったくありません。判断する上で、最低共振周波数の情報は全くと言えるほど参考になりません。

最低共振周波数評価
DENON SC-A33SG
45Hz66/100
DENON SC-A55XG-M
43Hz70/100

最高共振周波数

DENON SC-A55XG-MとDENON SC-A33SGで最高共振周波数という点で比べた場合、DENON SC-A33SGは60kHzとなっており、DENON SC-A55XG-Mは120kHzになります。DENON SC-A33SGは最高共振周波数が少しだけ低いということができ、DENON SC-A33SGとDENON SC-A55XG-Mの差は60kHzということがわかります。最高共振周波数が高いブックシェルフスピーカーは、低音から高音までバランスよく再生でき、音楽をより豊かな音色で楽しめます。

最高共振周波数が高いブックシェルフスピーカーのメリット最高共振周波数が高いブックシェルフスピーカーは、音の伝達特性が優れているため、高品質な音を楽しめます。特に、低域から高域までの周波数帯が均等に再現され、さまざまな楽器の音色が明瞭に聞こえてきます。また、音の変化にも対応できるので、映画や音楽の臨場感を高めることができます。最高共振周波数が高いブックシェルフスピーカーは、スタイリッシュでコンパクトなデザインが魅力的なため、インテリアとしても活躍します。

実際の利用においてDENON SC-A55XG-Mの最高共振周波数のほうがDENON SC-A33SGよりすこしだけ高いレベルにあると感じると思います。感覚的な違いはすこしだけというデータになっています。あえて考えるならDENON SC-A33SGよりもDENON SC-A55XG-Mであるということができるでしょう。しかし、最高共振周波数の情報を比べても、まったくといっていいほど役に立ちません。他の側面をみて検討した方が良いことが分かるでしょう。

最高共振周波数評価
DENON SC-A33SG
60kHz82/100
DENON SC-A55XG-M
120kHz90/100

インピーダンス

DENON SC-A55XG-MとDENON SC-A33SGをインピーダンスという点について比べた場合、DENON SC-A55XG-Mは6Ωであるのに対しDENON SC-A33SGは6Ωになります。両者はインピーダンスについて非常によく類似しています。

高いインピーダンスを持つブックシェルフスピーカーは、より高い信号電圧を必要とするため、少ない出力で鳴らすことができます。そのため、省エネルギーにつながり、音楽ライフのコストを節約できます。

この比較から明らかであるようにDENON SC-A33SGもDENON SC-A55XG-Mも感覚的に言って、極めて類似していると感じられると言えそうです。ほかの角度から決めることをかなり提案します。

インピーダンス評価
DENON SC-A33SG
50/100
DENON SC-A55XG-M
50/100

許容入力

DENON SC-A33SGの許容入力は120Wに対し、DENON SC-A55XG-Mの許容入力は120Wになります。DENON SC-A55XG-MとDENON SC-A33SGの違いは全くと言ってしまえるほど無く同じような感じの許容入力となっています。

許容入力が大きいブックシェルフスピーカーは、音楽や映画を楽しむ方にとっては嬉しいメリットがたくさんあります。例えば、ラウドな音量で楽しんでも音割れしないため、パワフルな音場を作り上げることができます。また、多くのスピーカーにはない鮮明な音質も魅力的であり、好きな音楽や映画をより深く味わうことができます。

実際のところDENON SC-A55XG-MもDENON SC-A33SGもまったくと言っていいほど同水準であると考えられます。商品を選択するうえで、許容入力の情報は意味がないと言えます。ほかの角度から選択することを断然オススメします。

許容入力評価
DENON SC-A33SG
120W66/100
DENON SC-A55XG-M
120W66/100

スピーカーセット

搭載ユニット数

DENON SC-A33SGの搭載ユニット数は2つとなっている一方、DENON SC-A55XG-Mの搭載ユニット数は3つです。DENON SC-A33SGとDENON SC-A55XG-Mは飛び抜けた差は見られません。DENON SC-A55XG-MはDENON SC-A33SGの搭載ユニット数よりもそれなりに優位にあります。搭載ユニット数が多いブックシェルフスピーカーは、音の豊かさや高音質に優れています。

搭載ユニット数が多いブックシェルフスピーカーのメリットはいくつかあります。まずは、より広い周波数帯域での再生が可能になることです。二つ目に、特定の周波数帯域において、より正確かつ詳細な音質を再現することができます。しかし、多数のユニットを搭載することで必ずしも音質が向上するわけではなく、デザインや音符に応じて選び取る必要があります。

実現可能な観点から見ると、搭載ユニット数に関してDENON SC-A33SGの方が感覚的にある程度微妙な水準にあると感じるでしょう。搭載ユニット数を重視したいなら、DENON SC-A33SGを選択するべきではないということができるかもしれません。ともあれ搭載ユニット数を基準に考えることが、合理的な判断につながるでしょう。

搭載ユニット数評価
DENON SC-A33SG
2つ25/100
DENON SC-A55XG-M
3つ40/100

基本仕様

本体サイズ

DENON SC-A55XG-Mの本体サイズは310mm × 175mm × 160mmとなっています。それに対してDENON SC-A33SGの本体サイズは239mm × 148mm × 143mmとなっています。DENON SC-A55XG-MとDENON SC-A33SGは少しの差が存在しています。これらの比較からわかるようにDENON SC-A33SGに比べてDENON SC-A55XG-Mのほうが少しだけ大きいです。本体サイズが小さいブックシェルフスピーカーのメリットは、限られたスペースにも設置可能な点です。

小型ブックシェルフスピーカーのメリットは、場所をとらずに設置できることです。住居のスペースが限られている日本のような国では、本体サイズが小さいブックシェルフスピーカーが人気があります。また、小型スピーカーは、スタイリッシュなデザインや、クリスタルクリアなサウンドを提供するため、部屋のインテリアにもマッチします。

本体サイズに関して、DENON SC-A55XG-MとDENON SC-A33SGについて差はまったく存在しないと言っていい程見られません。判断を下すうえで、本体サイズの情報は役に立ちません。

本体サイズ評価
DENON SC-A33SG
239mm × 148mm × 143mm86/100
DENON SC-A55XG-M
310mm × 175mm × 160mm75/100

本体重量

DENON SC-A33SGの本体重量は2.4kgというデータとなっている一方DENON SC-A55XG-Mは3.1kgというデータと言えます。この比較情報でわかるようにDENON SC-A33SGはDENON SC-A55XG-Mに比べて本体重量はごくわずかに軽いことが分かります。DENON SC-A55XG-MとDENON SC-A33SGの違いはすこしだけ開いていると思います。

実際的な視点から考えるとDENON SC-A33SGはDENON SC-A55XG-Mよりもすこしだけ勝っていると考えることができます。別の角度からみていく必要がありそうです。本体重量の情報を比較しても選択において殆ど意味がありません。

本体重量評価
DENON SC-A33SG
2.4kg85/100
DENON SC-A55XG-M
3.1kg81/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。