HVL-F43Mの優れた点やイマイチな点を検証。レビュー評価してみました

作成日時: 2020年05月03日 06時43分56秒, 更新日時: 2020年05月03日 10時00分42秒

HVL-F43Mを徹底評価

HVL-F43Mについての特徴をみんなの関心度はもちろん細部の情報も評価。よく注目される特徴から幅広くカバーしました!HVL-F43Mを選ぶべきか悩んでいる人にお勧めします!

HVL-F43Mを選ぶべき9の理由

  • カメラのシャッターが開いている間に複数回フラッシュを発光させるマルチ発光機能を搭載している
  • ワイヤレス発光に対応している
  • 発光量を手動で調整できる
  • フラッシュの発光を持続し高速のシャッタースピードでも対応できるFP発光に対応している
  • カメラのシャッターが閉じる直前に発光する後幕シンクロ機能を搭載している
  • 撮影前に被写体に発光し影の状態を確認できる機能を搭載している
  • 照射角度を調整できる
  • ズームレンズの焦点距離に合わせて照射角を自動で切り替えることができるオートズーム機能を搭載している
  • 天井・壁に光を反射させて被写体を撮影するバウンス撮影に対応している

よく注目される点からHVL-F43Mを評価する

HVL-F43Mの照射機能について評価

照射角の調整機能について

HVL-F43Mは照射角度を調整できるストロボです。

最小照射角について

最小照射角についてHVL-F43Mは24 mmです。平均的なストロボよりHVL-F43Mの照射角は比較的狭いと言えます。最小照射角の狭さランキングで見てみると全126製品中38位に入るストロボです。通常利用であればあまり困らないくらいのものであるため、特別に優秀とまでは言えません。全くストレスを感じたくない人や強いこだわりがある人にとっては不足しているかもしれないため、もう一つ上にすることをおすすめします。

最小照射角評価
HVL-F43M24 mm67/100

最大照射角について

最大照射角について、HVL-F43Mは105 mmです。HVL-F43Mは一般的なストロボと比較してどちらかといえば狭い方に入る照射角と言えます。最大照射角の狭さランキングで見てみると全106製品中40位に入るストロボです。最大照射角という点で見る場合、HVL-F43Mは選択肢に入れない方がいいです。

最大照射角評価
HVL-F43M105 mm37/100

オートズーム機構の採用可否について

HVL-F43Mはズームレンズの焦点距離に合わせて照射角を自動で切り替えることができるオートズーム機能を搭載しているストロボです。

HVL-F43Mの発光機能について評価

最大ガイドナンバーについて

HVL-F43Mの最大ガイドナンバーは43です。HVL-F43Mは一般的なストロボと比較してやや高い方のストロボだと言えるでしょう。ガイドナンバーランキングで見てみると全112製品中46位に入るストロボです。従って最大ガイドナンバーで見る場合においてHVL-F43Mは比較的おすすめです。普通に使う分には不満を感じない水準と言えますが、全体では一つ上のストロボのストロボもあるため決め手になるほどではありません。

最大ガイドナンバー評価
HVL-F43M4360/100

マルチ発光機能について

HVL-F43Mはカメラのシャッターが開いている間に複数回フラッシュを発光させるマルチ発光機能を搭載しているストロボです。

ワイヤレス発光について

HVL-F43Mはワイヤレス発光に対応しているストロボです。

マニュアル設定について

HVL-F43Mは発光量を手動で調整できるストロボです。

FP発光について

HVL-F43Mはフラッシュの発光を持続し高速のシャッタースピードでも対応できるFP発光に対応しているストロボです。

後幕シンクロ機能について

HVL-F43Mはカメラのシャッターが閉じる直前に発光する後幕シンクロ機能を搭載しているストロボです。

モデリング発光機能について

HVL-F43Mは撮影前に被写体に発光し影の状態を確認できる機能を搭載しているストロボです。

HVL-F43Mの基本情報について評価

サイズについて

HVL-F43Mのサイズは横:140 mm、縦:87 mm、厚さ:75 mmです。HVL-F43Mは標準的なストロボと比べてほとんど同じくらいだと言えるでしょう。サイズの小ささランキングで全127製品中70位のストロボです。普通に使う分にはあまり問題になりにくいくらいのモノのため、HVL-F43Mが決定的に優秀とまでは言えません。少しでも快適に使いたい人や玄人には不十分であるかもしれないため、もう一つ上のストロボにした方が良さそうです。

サイズ評価
HVL-F43M横:140 mm、縦:87 mm、厚さ:75 mm43/100

本体重量について

本体重量についてHVL-F43Mは355 gです。普通のストロボと比べてHVL-F43Mの重さはほとんど同じです。本体重量の軽さランキングで130製品のなかで84位に入ります。通常利用であればほぼ問題なく使えるもののため、HVL-F43Mがすごくよいとは言えないでしょう。少しでもストレスを感じずに使いたい人にとっては不満を感じるかもしれないため、もうワンランク上にした方が良さそうです。

本体重量評価
HVL-F43M355 g42/100

HVL-F43Mの便利機能について評価

バウンス撮影対応について

HVL-F43Mは天井・壁に光を反射させて被写体を撮影するバウンス撮影に対応しているストロボです。

HVL-F43Mの詳細情報

HVL-F43M
画像HVL-F43M
サイズ横:140 mm、縦:87 mm、厚さ:75 mm
本体重量355 g
最大ガイドナンバー43
調光方式ADI/P-TTL
カメラのシャッターが開いている間に複数回フラッシュを発光させるマルチ発光機能を搭載しているかどうか
ワイヤレス発光に対応しているかどうか
発光量を手動で調整できるかどうか
フラッシュの発光を持続し高速のシャッタースピードでも対応できるFP発光に対応しているかどうか
カメラのシャッターが閉じる直前に発光する後幕シンクロ機能を搭載しているかどうか
撮影前に被写体に発光し影の状態を確認できる機能を搭載しているかどうか
照射角度を調整できるかどうか
最小照射角24 mm
最大照射角105 mm
ズームレンズの焦点距離に合わせて照射角を自動で切り替えることができるオートズーム機能を搭載しているかどうか
必要な電池数4
電池種類単3電池
天井・壁に光を反射させて被写体を撮影するバウンス撮影に対応しているかどうか

類似した性能のストロボを見る

他のストロボと比較する

価格をチェックする

HVL-F43Mの価格を今すぐチェック

HVL-F43Mと評価が同程度のストロボを探す

もっと見る ▼

ストロボランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でストロボを探す

ストロボ 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。