A1X AirTTL-C 901204-JPのメリット・デメリットを解説|ほかのストロボと比較したときのオススメ度をまとめました

作成日時: 2020年05月03日 10時44分24秒, 更新日時: 2020年05月03日 12時39分37秒

A1X AirTTL-C 901204-JPについて利便性についてわかりやすくレビューしてみました。よく注目されるポイント別に幅広いポイントから検証。A1X AirTTL-C 901204-JPを選ぶべきかが選ぶことに慣れてない人でも理解することができます。

A1X AirTTL-C 901204-JPを選ぶべき8の理由

  • ワイヤレス発光に対応している
  • 発光量を手動で調整できる
  • フラッシュの発光を持続し高速のシャッタースピードでも対応できるFP発光に対応している
  • カメラのシャッターが閉じる直前に発光する後幕シンクロ機能を搭載している
  • 撮影前に被写体に発光し影の状態を確認できる機能を搭載している
  • 照射角度を調整できる
  • ズームレンズの焦点距離に合わせて照射角を自動で切り替えることができるオートズーム機能を搭載している
  • 天井・壁に光を反射させて被写体を撮影するバウンス撮影に対応している

よく注目される点からA1X AirTTL-C 901204-JPを評価する

A1X AirTTL-C 901204-JPの照射機能について評価

照射角の調整機能について

A1X AirTTL-C 901204-JPは照射角度を調整できるストロボです。

最小照射角について

最小照射角についてA1X AirTTL-C 901204-JPは32 mmです。一般的なストロボと比べてA1X AirTTL-C 901204-JPの照射角はとても広いストロボと言えるでしょう。最小照射角の狭さランキングでは127製品中121位くらいになります。最小照射角にこだわりが無い人でも普通に使っていてストレスを感じるかもしれないためもう一つ上のストロボを見てみることをおすすめします。

最小照射角評価
A1X AirTTL-C 901204-JP32 mm10/100

最大照射角について

最大照射角について、A1X AirTTL-C 901204-JPは105 mmです。A1X AirTTL-C 901204-JPは一般的なストロボと比較してどちらかといえば狭い方に入る照射角と言えます。最大照射角の狭さランキングで全107製品中59位のストロボです。最大照射角という点で見る場合、A1X AirTTL-C 901204-JPは選択肢に入れない方がいいです。

最大照射角評価
A1X AirTTL-C 901204-JP105 mm37/100

オートズーム機構の採用可否について

A1X AirTTL-C 901204-JPはズームレンズの焦点距離に合わせて照射角を自動で切り替えることができるオートズーム機能を搭載しているストロボです。

A1X AirTTL-C 901204-JPの発光機能について評価

ワイヤレス発光について

A1X AirTTL-C 901204-JPはワイヤレス発光に対応しているストロボです。

マニュアル設定について

A1X AirTTL-C 901204-JPは発光量を手動で調整できるストロボです。

FP発光について

A1X AirTTL-C 901204-JPはフラッシュの発光を持続し高速のシャッタースピードでも対応できるFP発光に対応しているストロボです。

後幕シンクロ機能について

A1X AirTTL-C 901204-JPはカメラのシャッターが閉じる直前に発光する後幕シンクロ機能を搭載しているストロボです。

モデリング発光機能について

A1X AirTTL-C 901204-JPは撮影前に被写体に発光し影の状態を確認できる機能を搭載しているストロボです。

A1X AirTTL-C 901204-JPの便利機能について評価

バウンス撮影対応について

A1X AirTTL-C 901204-JPは天井・壁に光を反射させて被写体を撮影するバウンス撮影に対応しているストロボです。

A1X AirTTL-C 901204-JPの基本情報について評価

サイズについて

サイズについて、A1X AirTTL-C 901204-JPは横:165 mm、縦:108 mm、厚さ:75 mmです。標準的なストロボよりもA1X AirTTL-C 901204-JPのサイズはとても大きいでしょう。サイズの小ささランキングでは128製品中112位くらいになります。サイズにあまりこだわりが無い人でも日常で利用していて不満を感じる可能性がありそうです。従ってもうワンランク上を考えることをお勧めします。

サイズ評価
A1X AirTTL-C 901204-JP横:165 mm、縦:108 mm、厚さ:75 mm15/100

本体重量について

本体重量についてA1X AirTTL-C 901204-JPは560 gです。標準的なストロボよりもA1X AirTTL-C 901204-JPの重さは非常に重いと言えるストロボです。本体重量の軽さランキングでは131製品中125位くらいになります。本体重量にほとんどこだわりがなくても使っていてストレスを感じる可能性がありそうです。従ってワンランク上のストロボにした方が良さそうです。

本体重量評価
A1X AirTTL-C 901204-JP560 g4/100

A1X AirTTL-C 901204-JPの詳細情報

A1X AirTTL-C 901204-JP
画像A1X AirTTL-C 901204-JP
サイズ横:165 mm、縦:108 mm、厚さ:75 mm
本体重量560 g
調光方式E-TTL Ⅱ
ワイヤレス発光に対応しているかどうか
発光量を手動で調整できるかどうか
フラッシュの発光を持続し高速のシャッタースピードでも対応できるFP発光に対応しているかどうか
カメラのシャッターが閉じる直前に発光する後幕シンクロ機能を搭載しているかどうか
撮影前に被写体に発光し影の状態を確認できる機能を搭載しているかどうか
照射角度を調整できるかどうか
最小照射角32 mm
最大照射角105 mm
ズームレンズの焦点距離に合わせて照射角を自動で切り替えることができるオートズーム機能を搭載しているかどうか
電池種類専用電池
天井・壁に光を反射させて被写体を撮影するバウンス撮影に対応しているかどうか

類似した性能のストロボを見る

他のストロボと比較する

価格をチェックする

A1X AirTTL-C 901204-JPの価格を今すぐチェック

A1X AirTTL-C 901204-JPの仕様・スペックを競合製品と比較

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

A1X AirTTL-C 901204-JP

15.7-サイズ:横:165 mm、縦:108 mm、厚さ:75 mm

AB600-R キヤノン用

39.5サイズ:横:196 mm、縦:80 mm、厚さ:62 mm

V350O オリンパス/パナソニック用

79.9サイズ:横:150 mm、縦:62 mm、厚さ:38 mm

エレクトロニックフラッシュ FL-700WR

54.0サイズ:横:106.3 mm、縦:100.2 mm、厚さ:70.4 mm

V350F 富士フイルム用

79.9サイズ:横:150 mm、縦:62 mm、厚さ:38 mm

TT350S ソニー用

81.4サイズ:横:140 mm、縦:62 mm、厚さ:38 mm

HVL-F60RM

28.5サイズ:横:139.5 mm、縦:104.6 mm、厚さ:78.1 mm

A1X AirTTL-N 901205-JP

15.7サイズ:横:165 mm、縦:108 mm、厚さ:75 mm

A1X AirTTL-C 901204-JPと評価が同程度のストロボを探す

もっと見る ▼

ストロボランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でストロボを探す

ストロボ 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。