RF15-35mm F2.8 L IS USM と RF14-35mm F4 L IS USM を比較してどっちがおすすめ?情報の重要度から解説してみた

作成日時: 2021-07-01 21:16:08、更新日時: 2021-10-20 21:10:17

RF14-35mm F4 L IS USMRF15-35mm F2.8 L IS USM
RF14-35mm F4 L IS USMRF15-35mm F2.8 L IS USM

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」と「RF14-35mm F4 L IS USM」を比較したときの評価の違いや差はどれくらいあるのでしょうか?どちらの評価が優れているかについて徹底解説。どっちのカメラレンズにすべきなのか考えている人にオススメです。

RF14-35mm F4 L IS USMRF15-35mm F2.8 L IS USM
RF14-35mm F4 L IS USMRF15-35mm F2.8 L IS USM
総合評価:
本体サイズrating-image1.9
rating-image1.2
本体重量rating-image2.1
540g
rating-image1.2
840g
最長焦点距離rating-image1.7
35mm
rating-image1.7
35mm
最短焦点距離rating-image4.0
14mm
rating-image3.9
15mm
最短撮影距離rating-image4.7
200mm
rating-image3.1
280mm
絞り羽根枚数rating-image2.4
9枚
rating-image2.4
9枚
最小F値rating-image1.1
f/4
rating-image2.6
f/2.8
最大画角rating-image4.9
114°
rating-image4.7
110.3°
最小画角rating-image1.0
63°
rating-image1.0
63°

RF14-35mm F4 L IS USMは、本体重量が540gで防滴対応、防塵対応です。レンズの構成は12群16枚で、最長焦点距離が35mm、最短焦点距離が14mm、最短撮影距離が200mmです。フォーカスの方法はAF/MFで、絞り羽根枚数は9枚で、最小F値はF4です。また、最大画角は114°、最小画角は63°で、手ブレ補正機能があり、フルサイズ対応です。このレンズは、広範囲の被写体を撮影する際に優れています。例えば、風景写真や建物の写真などに向いているでしょう。また、手ブレ補正機能がついているため、手持ちでの撮影にも安心です。

RF15-35mm F2.8 L IS USMは、本体重量が840gで防滴対応、防塵対応です。レンズの構成は12群16枚で、最長焦点距離が35mm、最短焦点距離が15mm、最短撮影距離が280mmです。フォーカスの方法はAF/MFで、絞り羽根枚数は9枚で、最小F値はF2.8です。また、最大画角は110.3°、最小画角は63°で、手ブレ補正機能があり、フルサイズ対応です。このレンズは、広角から標準域まで幅広くカバーすることができます。例えば、風景写真からポートレートまで幅広い被写体を撮影することができます。また、最小F値がF2.8と高いため、暗い場所での撮影に向いています。

両方の製品で共通している点は、防滴対応であることや、手ブレ補正機能がついていることなどです。RF14-35mm F4 L IS USMは、最小F値がF4であるため、明るい場所での撮影に向いています。一方、RF15-35mm F2.8 L IS USMは、最小F値がF2.8と高いため、暗い場所での撮影に向いています。どちらもフルサイズ対応であり、幅広い被写体を撮影することができます。

私たちの評価では、両製品とも優れたレンズであると考えています。撮影する被写体や撮影する環境によって、2つの製品の違いが生じるため、用途に応じて選択することをおすすめします。

RF15-35mm F2.8 L IS USM と比較して RF14-35mm F4 L IS USM を選ぶメリット

  • 最短撮影距離

    94点(200mm) vs 61.9点(280mm)

RF14-35mm F4 L IS USM と比較して RF15-35mm F2.8 L IS USM を選ぶメリット

  • 開放F値

    21.7点(f/4) vs 52.6点(f/2.8)

「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を徹底比較する

その他について「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を比較

手ブレ補正機能について

手ブレ補正機構を搭載しているカメラレンズはターゲットのファインダー像のブレを抑制できる点で秀でています。例えばわずかなカメラの揺れを補正して鮮明な写真を撮影するのにおすすめです。

「RF14-35mm F4 L IS USM」も「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も手ブレ補正機構を搭載しているカメラレンズです。そのため撮影中の手ブレを軽減できる点で使い勝手が良いです。どちらもブレを補正してくれるので手持ちで撮影するのにオススメです。

フルサイズ対応について

フルサイズのイメージセンサーに対応しているカメラレンズは広範囲を白とびやボケが少なく鮮明に撮影できる点で使い勝手が良いです。例えば夜景をより綺麗に撮影するような場合で役立ちます。

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も「RF14-35mm F4 L IS USM」もフルサイズのイメージセンサーに対応しているカメラレンズです。そのためたくさんの光を取り込むことが可能なので暗所で撮影できる点で秀でています。どちらも東京タワーのような大きい対象をはっきりと撮影するのに向いています。

レンズについて「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を比較

最長焦点距離について

例えば遠い距離でも綺麗に撮影するといったようなケースで重宝します。

設定可能な最長焦点距離を比較すると「RF14-35mm F4 L IS USM」は35mmであり「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は35mmです。「RF14-35mm F4 L IS USM」も「RF15-35mm F2.8 L IS USM」もほとんど同一です。最長焦点距離の長さランキングで見てみると2221製品中「RF14-35mm F4 L IS USM」は1454位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は1502位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの差はありません。他の視点で見る方が良いでしょう。

最長焦点距離評価
RF14-35mm F4 L IS USM
35mm33/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
35mm33/100

最短焦点距離について

特に近くの撮影をするといったケースにおすすめです。

設定可能な最短焦点距離について比較すると「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は15mmであるのに対して「RF14-35mm F4 L IS USM」は14mmです。「RF14-35mm F4 L IS USM」も「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も焦点距離は同じくらいでしょう。最短焦点距離の短さランキングで見てみると2221製品中「RF14-35mm F4 L IS USM」は196位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は240位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感できるほどの差は無いです。別の視点から決めた方がいいでしょう。

最短焦点距離評価
RF14-35mm F4 L IS USM
14mm80/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
15mm78/100

最短撮影距離について

最短撮影距離が短いカメラレンズは超至近距離で撮影できる点で秀でています。特にマクロなどの撮影するといったときに向いています。

最短撮影距離を「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を比較すると「RF14-35mm F4 L IS USM」は200mmであり「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は280mmです。80mmの差があります。「RF14-35mm F4 L IS USM」の撮影距離は「RF15-35mm F2.8 L IS USM」よりやや短いです。最短撮影距離の短さランキングで比較すると全1810製品のなかで「RF14-35mm F4 L IS USM」は226位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は472位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

「RF14-35mm F4 L IS USM」は高い接写能力を発揮することができる点で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」よりも多少優れているかもしれません。「RF14-35mm F4 L IS USM」は超至近距離で撮影するのにややおすすめです。実際に使うことを想定したとき「RF15-35mm F2.8 L IS USM」と「RF14-35mm F4 L IS USM」の実用においての差はどちらかといえば大きいです。「RF14-35mm F4 L IS USM」は「RF15-35mm F2.8 L IS USM」より良いと言えます。ただ非常に優れているとまでは言えないでしょう。

最短撮影距離評価
RF14-35mm F4 L IS USM
200mm93/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
280mm61/100

絞り羽根枚数について

絞り羽根の枚数が多いカメラレンズは仕上がりのぼけ味が丸くキレイにできる点で優れています。特により細かなF値の調節をするのにおススメです。

絞り羽根の枚数について「RF15-35mm F2.8 L IS USM」と「RF14-35mm F4 L IS USM」を比べると「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は9枚で「RF14-35mm F4 L IS USM」は9枚です。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も「RF14-35mm F4 L IS USM」も羽根数についてほぼ差が無いと言えます。絞り羽根の枚数の多さランキングで見てみると1786製品中「RF14-35mm F4 L IS USM」は882位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は1041位です。ほとんど差は無いと言えます。

体感上の違いはありません。他の観点で比べるほうがよさそうです。

絞り羽根枚数評価
RF14-35mm F4 L IS USM
9枚48/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
9枚48/100

最小F値について

設定可能な最小F値が小さいカメラレンズは沢山の光を取り込めるためシャッター速度をより短くできる点で秀でています。特にレンズを通る光の量が多くなるので、明るい写真を撮りたい人が使用するといったようなときに適しています。

設定可能な最小F値について「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を比べると「RF14-35mm F4 L IS USM」はf/4であるのに対して「RF15-35mm F2.8 L IS USM」はf/2.8です。f/1.2もの差があります。設定可能な最小F値という角度で見ると「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は「RF14-35mm F4 L IS USM」と比較して非常に小さいです。設定可能な最小F値の小ささランキングで比較すると全1952製品のなかで「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は1403位で「RF14-35mm F4 L IS USM」は1660位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

ボケを生かした趣ある写真を撮ることができる点で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」の方が秀でています。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は周りをぼかし雰囲気ある写真を撮影したい人が使用するのに非常に向いています。実際に使うことを想定したとき「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は「RF14-35mm F4 L IS USM」に比べて非常に秀でています。「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を選ぶ主な決め手の一つになるでしょう。

最小F値評価
RF14-35mm F4 L IS USM
f/421/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
f/2.852/100

最大画角について

最大画角が広いカメラレンズは正面だけでなく、よりも広い範囲を撮影することができる点で秀でています。例えば景色や風景を広い範囲に渡ってパノラマ撮影するのに向いています。

最大画角を比較すると「RF14-35mm F4 L IS USM」は114°に対して「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は110.3°です。「RF14-35mm F4 L IS USM」は「RF15-35mm F2.8 L IS USM」と比較して多少画角が広いです。最大画角の広さランキングで見てみると1420製品中「RF14-35mm F4 L IS USM」は73位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は88位です。ほとんど差は無いと言えます。

空など風景を撮影時に全体を撮影できる点で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」より「RF14-35mm F4 L IS USM」の方がわずかに良いでしょう。しかしながら広い範囲を撮影することが可能なので、遠近感を強調した写真が撮りたい人が使用する場合でも基本的にどちらを選んでも大したことはないくらいの違いだと思います。強いて言えば「RF15-35mm F2.8 L IS USM」より「RF14-35mm F4 L IS USM」を選ぶ方がいいですが普通に使っている分において気にするほどの違いはほぼないでしょう。

最大画角評価
RF14-35mm F4 L IS USM
114°97/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
110.3°93/100

最小画角について

最小画角が狭いカメラレンズは接近した被写体を綺麗に撮影できる点で使い勝手が良いです。例えば被写体を大きく撮影するといったようなときにおすすめです。

最小画角を「RF15-35mm F2.8 L IS USM」と「RF14-35mm F4 L IS USM」を比較すると「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は63°であり「RF14-35mm F4 L IS USM」は63°です。「RF14-35mm F4 L IS USM」も「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も画角についてほぼ同じと言えるでしょう。最小画角の狭さランキングで見てみると1419製品中「RF14-35mm F4 L IS USM」は986位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は998位です。ほとんど差は無いと言えます。

感覚的にわかるほどの差は無いです。別の角度を見て選ぶ方が良いでしょう。

最小画角評価
RF14-35mm F4 L IS USM
63°19/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
63°19/100

基本情報について「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を比較

本体サイズについて

本体サイズが小さいカメラレンズは手軽に持ち運びができる点で秀でています。例えばアウトドアに携行するといったような場合におすすめです。

「RF14-35mm F4 L IS USM」は「RF15-35mm F2.8 L IS USM」に比べてとても小さいサイズです。本体サイズの小ささランキングで比較すると全1539製品のなかで「RF14-35mm F4 L IS USM」は1125位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は1309位なので、大きく違うとまでは言えないもののそれなりの差はあります。

携帯して持ち運びできる点で「RF14-35mm F4 L IS USM」の方が「RF15-35mm F2.8 L IS USM」よりも優れているでしょう。携帯して持ち運びするのに「RF14-35mm F4 L IS USM」は非常におすすめです。実際の利用を想定したとき「RF15-35mm F2.8 L IS USM」と比較して「RF14-35mm F4 L IS USM」は遥かに優れています。「RF14-35mm F4 L IS USM」に決める上で一つの重要な判断材料になるでしょう。

本体重量について

本体重量が軽いカメラレンズは容易に持ち運びできる点で秀でています。特に力のない女性が持ち運んで使用するといったような場合で役立ちます。

本体重量について「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」を比べると「RF14-35mm F4 L IS USM」は540gであるのに対して「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は840gです。300gもの違いがあります。「RF14-35mm F4 L IS USM」の重さは「RF15-35mm F2.8 L IS USM」よりとても軽いです。本体重量の軽さランキングで比べると1776製品の中で「RF14-35mm F4 L IS USM」は1001位で「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は1372位なのでカメラレンズの中では差はかなり大きいと言えます。

旅行先などに楽々持ち運ぶことができる点で「RF14-35mm F4 L IS USM」の方が優れているでしょう。「RF14-35mm F4 L IS USM」はアウトドアのように持ち運ぶ必要がある時に携行するのにかなりオススメです。実際に利用する上で「RF14-35mm F4 L IS USM」は「RF15-35mm F2.8 L IS USM」より遥かに優れています。「RF14-35mm F4 L IS USM」を選ぶ上で重要な判断材料の一つになります。

本体重量評価
RF14-35mm F4 L IS USM
540g41/100
RF15-35mm F2.8 L IS USM
840g23/100

防滴について

防滴に対応しているカメラレンズは水の近い場所でも撮影できる点で秀でています。

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も「RF14-35mm F4 L IS USM」も防滴に対応しているカメラレンズです。そのため機材の中に水滴が入ることによる故障を防止できる点で秀でています。どちらもちょっとした雨や霧の中で使用するのに適しています。

防塵について

防塵に対応しているカメラレンズは細かい汚れなどの侵入を防いでくれるので気にせず撮影できる点で優れています。例えば砂やほこりなどが多い環境で撮影するようなときに適しています。

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」も「RF14-35mm F4 L IS USM」も防塵に対応しているカメラレンズです。そのため機材の中にホコリが入り込むことによる故障を防止できる点で優れています。どちらも子供の運動会のような砂埃が舞う場所で撮影するのにおすすめです。

「RF14-35mm F4 L IS USM」と「RF15-35mm F2.8 L IS USM」の違いを表で比較する

RF14-35mm F4 L IS USMRF15-35mm F2.8 L IS USM
RF14-35mm F4 L IS USMRF15-35mm F2.8 L IS USM
基本情報
本体重量540g840g
防滴対応
防塵対応
レンズ
レンズの構成12群16枚12群16枚
最長焦点距離35mm35mm
最短焦点距離14mm15mm
最短撮影距離200mm280mm
フォーカスの方法AF,MFAF,MF
絞り羽根枚数9枚9枚
最小F値f/4f/2.8
最大画角114°110.3°
最小画角63°63°
その他
手ブレ補正機能
フルサイズ対応

類似のカメラレンズを探す

他のカメラレンズと比較する

価格をチェック

類似のカメラレンズを探す

他のカメラレンズと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

RF14-35mm F4 L IS USM の関連記事
RF15-35mm F2.8 L IS USM の関連記事

RF14-35mm F4 L IS USM と評価が同程度のカメラレンズを探す

本体重量:125g, 最長焦点距離:10mm, 最短焦点距離:10mm, 最短撮影距離:120mm, 絞り羽根枚数:5枚, 最小F値:f/2, 最大画角:96°, 最小画角:96°

本体重量:524g, 最長焦点距離:35mm, 最短焦点距離:35mm, 絞り羽根枚数:11枚, 最小F値:f/1.4, 最大画角:63°, 最小画角:63°

本体重量:162g, 最長焦点距離:24mm, 最短焦点距離:24mm, 最短撮影距離:179mm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/2.8, 最大画角:84°, 最小画角:84°

本体重量:173g, 最長焦点距離:40mm, 最短焦点距離:40mm, 最短撮影距離:280mm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/2.5, 最大画角:57°, 最小画角:57°

本体重量:174g, 最長焦点距離:50mm, 最短焦点距離:50mm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/2.5, 最大画角:47°, 最小画角:47°

最長焦点距離:100mm, 最短焦点距離:100mm, 最短撮影距離:246mm, 絞り羽根枚数:13枚, 最小F値:f/2.8, 最大画角:24.4°, 最小画角:24.4°

本体重量:196g, 最長焦点距離:35mm, 最短焦点距離:35mm, 最短撮影距離:300mm, 絞り羽根枚数:12枚, 最小F値:f/1.2, 最大画角:44°, 最小画角:44°

本体重量:360g, 最長焦点距離:24mm, 最短焦点距離:24mm, 最短撮影距離:245mm, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/2, 最大画角:84.1°, 最小画角:84.1°

本体重量:635g, 最長焦点距離:40cm, 最短焦点距離:100mm, 最短撮影距離:88cm, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/-8, 最大画角:24°, 最小画角:6.1°

最長焦点距離:35mm, 最短焦点距離:35mm, 最小F値:f/4

本体重量:410g, 最長焦点距離:56mm, 最短焦点距離:56mm, 最短撮影距離:130mm, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/1.6

本体重量:960g, 最長焦点距離:180mm, 最短焦点距離:180mm, 最短撮影距離:46cm, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/3.5, 最大画角:13.7°, 最小画角:13.7°

RF14-35mm F4 L IS USM の関連記事
RF15-35mm F2.8 L IS USM の関連記事

RF15-35mm F2.8 L IS USM と評価が同程度のカメラレンズを探す

本体重量:445g, 最長焦点距離:24mm, 最短焦点距離:24mm, 最短撮影距離:240mm, 絞り羽根枚数:11枚, 最小F値:f/1.4, 最大画角:84°, 最小画角:84°

本体重量:710g, 最長焦点距離:300mm, 最短焦点距離:70mm, 最短撮影距離:1.2m, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/-5.6, 最大画角:34°, 最小画角:8.15°

本体重量:280g, 最長焦点距離:35mm, 最短焦点距離:35mm, 最短撮影距離:220mm, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/1.8, 最大画角:63°, 最小画角:63°

本体重量:154g, 最長焦点距離:35mm, 最短焦点距離:35mm, 最短撮影距離:300mm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/1.8, 最大画角:44°, 最小画角:44°

本体重量:750g, 最長焦点距離:240mm, 最短焦点距離:24mm, 最短撮影距離:50cm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/-6.3, 最大画角:84°, 最小画角:10.2°

本体重量:281g, 最長焦点距離:55mm, 最短焦点距離:55mm, 最短撮影距離:50cm, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/1.8, 最大画角:43°, 最小画角:43°

本体重量:186g, 最長焦点距離:50mm, 最短焦点距離:50mm, 最短撮影距離:45cm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/1.8, 最大画角:47°, 最小画角:47°

本体重量:325g, 最長焦点距離:135mm, 最短焦点距離:18mm, 最短撮影距離:45cm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/-5.6, 最大画角:76°, 最小画角:12°

本体重量:460g, 最長焦点距離:35mm, 最短焦点距離:17mm, 最短撮影距離:280mm, 絞り羽根枚数:7枚, 最小F値:f/-4, 最大画角:103.41°, 最小画角:63.26°

本体重量:361g, 最長焦点距離:40mm, 最短焦点距離:40mm, 最短撮影距離:240mm, 最小F値:f/2

本体重量:2.01kg, 最長焦点距離:60cm, 最短焦点距離:150mm, 最短撮影距離:2.2m, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/-6.3, 最大画角:16.25°, 最小画角:4.8°

本体重量:655g, 最長焦点距離:200mm, 最短焦点距離:50mm, 最短撮影距離:75cm, 絞り羽根枚数:9枚, 最小F値:f/-4, 最大画角:24°, 最小画角:6.2°

カメラレンズランキング

カテゴリ一覧

人気カメラレンズ

関連人気記事

新着情報