ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の良い点やイマイチな点を解説|詳しく評価しました!

作成日時: 2020年11月10日 08時22分20秒, 更新日時: 2020年11月10日 08時38分47秒

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750を徹底評価

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750にはどのようなメリットやデメリットがあるのかを網羅的に検証。詳細な部分の情報も含めて幅広くカバーします。ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750を選ぶべきか、選ぶのに慣れていない人でも理解しやすいように説明しています。

メリット

  • 使用者の身長下限はとても低い

デメリット

  • サイズはとても大きい
  • 重量はとても重い
  • 対象月齢の上限は比較的低い
  • 使用者の身長上限は比較的低い

特徴

  • シートカバーが洗える
  • シート部を回転できる
  • ヘッドレストの高さ調整ができる
  • 新生児に対応している
  • UN(ECE) R129/00規格に対応している
  • アイソフィックス(ISOFIX)に対応している
  • リクライニングに対応している
  • サンシェードがついている

よく注目される点からホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750を評価する

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の快適さについて評価

リクライニング対応可否について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はリクライニングに対応しているチャイルドシートです。そのため窓の外を見たい時には起こしたり、眠たくなったら倒したりできる点で秀でています。長距離移動や、車で寝てしまってもリクライニングがついていると安心。首が前に垂れて来て、そのまま体も前に倒れてしまうことが防げるので、安全に使用するのに「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はオススメです。

サンシェード機能について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はサンシェードがついているチャイルドシートです。そのため直射日光が赤ちゃんに当たるのを防げるので、日焼けを予防できる点で優れています。車の窓に黒いUVカットシートを貼っていない車内での使用や、チャイルドシートを社外に置いて(キャンプ等)使用。また寝ている赤ちゃんを起こさずそのままチャイルドシートごと外に連れて行く際に利用するのに「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は適しています。

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の取り扱いやすさについて評価

サイズについて

サイズを確認すると「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は横:44 cm、縦:81 cm、高さ:82.5 cmです。「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は普通のチャイルドシートより非常に大きいと言えます。コンパクトさランキングでは529製品中495位くらいになります。サイズにほとんどこだわりが無くても日常的に利用していて不満を感じるかもしれないため、ワンランク上にすることをおすすめします。

サイズ評価
ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750横:44 cm、縦:81 cm、高さ:82.5 cm7/100

重量について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の重さは13.9 kgです。平均的なチャイルドシートと比べて、「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はとても重いと言えます。軽さランキングで見てみると542製品の中で454位くらいに位置付けられます。重さにほとんどこだわりが無くても普通に使っていて不満を感じる可能性があります。そのためもう一つ上のチャイルドシートを考えることをおすすめします。

重量評価
ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-75013.9 kg14/100

シートカバーの洗浄可否について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はシートカバーが洗えるチャイルドシートです。そのため汚れても取り外して洗濯し、清潔に使うことができる点で秀でています。常に衛生面を気にしながら利用することができる。食べたもののゴミやウイルスなど、目に見えないものから子どもを保護するなら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はオススメです。

シート部の回転可否について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はシート部を回転できるチャイルドシートです。そのため子供の乗せたり降ろしたりする作業が楽にできる点で使い勝手が良いです。スライド式ドアでない場合、駐車場で隣に他の車がとまっていてもドアを大きく開けずに乗せ降ろしするなら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は向いています。

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の安心・安全機能について評価

R129/00規格について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はUN(ECE) R129/00規格に対応しているチャイルドシートです。そのため前後の衝撃だけでなく側面からの衝撃からも身を守ることができる点で優れています。後ろ向きで座る期間が長いことや、万一の事故赤ちゃん保護することができるので、安全に使用するなら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はおすすめです。

ISOFIX対応可否について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はアイソフィックス(ISOFIX)に対応しているチャイルドシートです。そのため確実に車のシートに、チャイルドシートを固定できる点で秀でています。ワンタッチでの着脱が可能なため、チャイルドシートを付け替えするなら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はオススメです。

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の汎用性について評価

ヘッドレストの高さ調整機能について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はヘッドレストの高さ調整ができるチャイルドシートです。そのため成長に合わせてぴったりの高さに調節できる点で優れています。子供の成長に合わせて使用するのに「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はおすすめです。

新生児対応可否について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は新生児に対応しているチャイルドシートです。そのため首が据わっていないので横で寝れるようにリクライニングできる点で使い勝手が良いです。赤ちゃんの柔らかい頭を守り、睡眠に入ってもベルトがしっかりしているので安心に利用するのに「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は適しています。

対象月齢の下限について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の対象月齢の下限は生後0か月です。「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は平均的なチャイルドシートより対象年齢の下限がとても低いと言えるでしょう。月齢下限の低さランキングで659製品中36位です。頭を守るための工夫がより強くされているため、月齢の小さい子供でもしっかりと保護できる点で「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は良いです。特に月齢の低い期間に子どもを車を乗せることが多い家庭が使用したいなら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は多少オススメです。従って対象月齢の下限という観点なら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は一つの候補です。通常利用であれば不満を感じない水準ですが、全体で見るとワンランク上のチャイルドシートもあるため最高レベルとは言えないでしょう。

対象月齢の下限評価
ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750生後0か月67/100

対象月齢の上限について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の対象月齢の上限は生後48か月です。平均的なチャイルドシートと比較して「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の年齢上限はほとんど同じと言えるでしょう。月齢上限の高さランキングで全616製品中283位のチャイルドシートです。対象月齢の上限という観点なら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はあまり選択肢に入れない方がいいです。

対象月齢の上限評価
ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750生後48か月30/100

使用者の体重上限について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の使用者の体重上限は19 kgです。平均的なチャイルドシートと比較して、「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の体重上限はほぼ同じだと言えるでしょう。体重上限の重さランキングで見てみると全645製品中276位に入るチャイルドシートです。子供が大きくなるのに合わせて長期間使用するのに通常の場合なら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」でもおそらく問題に感じることはないでしょう。普通に使う分にはあまり困らないくらいですが、特別良いという程ではないでしょう。少しでもストレスを感じずに使いたい人やヘビーユーザーは不満を感じるかもしれないため、一つ上のチャイルドシートの検討をおすすめします。

使用者の体重上限評価
ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-75019 kg44/100

使用者の身長下限について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の使用者の身長下限は40 cmです。平均的なチャイルドシートと比べて「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の身長下限はとても低い部類に分けられると言えます。身長下限の低さランキングで315製品中15位です。また「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は体格の小さな幼児でも使用可能なので、平均よりも小さめの体を安全に守ることができる点で秀でていると言えるでしょう。月齢の小さい子供や小柄な子供が使用したいときに「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はとても向いています。そのため「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」はかなりおすすめです。これよりも身長の低いチャイルドシートを選んでもほぼ意味がないと思います。

使用者の身長下限評価
ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-75040 cm90/100

使用者の身長上限について

「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」の使用者の身長上限は1.1 mです。「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は一般的チャイルドシートより身長上限が比較的高いと言えます。身長上限の高さランキングで見てみると全457製品中177位に入るチャイルドシートです。使用者の身長上限で見るなら「ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750」は選ばない方がいいでしょう。

使用者の身長上限評価
ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-7501.1 m33/100

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の詳細情報

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750
画像ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750
サイズ横:44 cm、縦:81 cm、高さ:82.5 cm
重量13.9 kg
シートカバーが洗えるかどうか
シート部を回転できるかどうか
ヘッドレストの高さ調整ができるかどうか
新生児に対応しているかどうか
対象月齢の下限生後0か月
対象月齢の上限生後48か月
使用者の体重上限19 kg
使用者の身長下限40 cm
使用者の身長上限1.1 m
UN(ECE) R129/00規格に対応しているかどうか
アイソフィックス(ISOFIX)に対応しているかどうか
リクライニングに対応しているかどうか
サンシェードがついているかどうか

類似した性能のチャイルドシートを見る

他のチャイルドシートと比較する

価格をチェックする

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の価格を今すぐチェック

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750

40.9-サイズ:横:44 cm、縦:81 cm、高さ:82.5 cm, 重量:13.9 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重上限:19 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:1.1 m

ホワイトレーベル THE S Air ISOFIX エッグショック ZB-690 アカチャンホンポ限定モデル

41.0サイズ:横:44 cm、縦:81 cm、高さ:82.5 cm, 重量:13.7 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重上限:19 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:1.1 m

ウィゴー ロング HI

61.7サイズ:横:48 cm、縦:76.1 cm、高さ:63.5 cm, 重量:5.4 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後84か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:25 kg, 使用者の身長上限:1.2 m

ホワイトレーベル THE S plus ISOFIX エッグショック ZB-750と評価が同程度のチャイルドシートを探す

ディアターン プラス プレミアム

サイズ:横:80.5 cm、縦:70 cm、高さ:67.9 cm, 重量:13.6 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

ディアターン プラス AB

サイズ:横:79 cm、縦:69 cm、高さ:67 cm, 重量:13.5 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

クルリラ プラス

サイズ:横:44 cm、縦:76.5 cm、高さ:77.8 cm, 重量:14.8 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:1 m

クルリラ ライト

サイズ:横:44 cm、縦:76.5 cm、高さ:77.8 cm, 重量:14.2 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

スポーティハイバック ジュニアII B-213 RE

サイズ:横:46 cm、縦:54 cm、高さ:64 cm, 重量:3.5 kg, 対象月齢の下限:生後36か月, 対象月齢の上限:生後132か月, 使用者の体重下限:15 kg, 使用者の体重上限:36 kg, 使用者の身長下限:95 cm, 使用者の身長上限:1.4 m

Child Guard junior

サイズ:横:45 cm、縦:48 cm、高さ:69 cm, 重量:6.9 kg, 対象月齢の下限:生後36か月, 対象月齢の上限:生後144か月, 使用者の体重下限:15 kg, 使用者の体重上限:36 kg, 使用者の身長下限:1 m, 使用者の身長上限:1.5 m

ベビーセーフアイサイズ FLEX BASE

サイズ:横:44 cm、縦:64 cm、高さ:72 cm, 重量:8.7 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後15か月, 使用者の体重下限:0 g, 使用者の体重上限:13 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:83 cm

フラディア グロウ ISOFIX

サイズ:横:75 cm、縦:75.5 cm、高さ:66.8 cm, 重量:14.7 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

フラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティー

サイズ:横:75 cm、縦:76 cm、高さ:66 cm, 重量:15.2 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:17.5 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:1 m

クルリラ プラス 360° セーフティー

サイズ:横:44 cm、縦:78.6 cm、高さ:77.6 cm, 重量:15.2 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:17.5 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:1 m

エールベベ・360ターン SIII ALB802

サイズ:横:47 cm、縦:65 cm、高さ:71 cm, 重量:13 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

ディアターン プラス ISOFIX AB

サイズ:横:75 cm、縦:75.5 cm、高さ:67 cm, 重量:14.8 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

ディアターン プラス ISOFIX

サイズ:横:75 cm、縦:75.5 cm、高さ:66.5 cm, 重量:14.4 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

ラクールISOFIX

サイズ:横:43 cm、縦:71.7 cm、高さ:57.6 cm, 重量:14.8 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:1.1 m

デュオプラス

サイズ:横:45 cm、縦:46 cm、高さ:64 cm, 重量:9 kg, 対象月齢の下限:生後9か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:9 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:70 cm, 使用者の身長上限:1 m

i-Arc360°キャノピー付

サイズ:横:46 cm、縦:70 cm、高さ:65 cm, 重量:17.8 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:19 kg, 使用者の身長下限:40 cm, 使用者の身長上限:1.1 m

クルリラ AD

サイズ:横:44 cm、縦:76.5 cm、高さ:77.5 cm, 重量:14.7 kg, 対象月齢の下限:生後0か月, 対象月齢の上限:生後48か月, 使用者の体重下限:2.5 kg, 使用者の体重上限:18 kg, 使用者の身長下限:50 cm, 使用者の身長上限:1 m

もっと見る ▼

チャイルドシートランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でチャイルドシートを探す

ブランド名でチャイルドシートを探す

チャイルドシート 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。