ケンウッド DRV-MN940 (2019) と ケンウッド DRV-MN940B (2020) の違いや差を徹底レビュー!

作成日時: 2020-01-13 20:13:53、更新日時: 2021-10-20 21:27:49

ケンウッド DRV-MN940B (2020)ケンウッド DRV-MN940 (2019)
ケンウッド DRV-MN940B (2020)ケンウッド DRV-MN940 (2019)

「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」ならどちらのドライブレコーダーが優れているのか徹底解説。どういう点において違うのでしょうか?「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」のどちらを選んだらいいか迷っている方、今すぐチェックしてください。

ケンウッド DRV-MN940B (2020)ケンウッド DRV-MN940 (2019)
ケンウッド DRV-MN940B (2020)ケンウッド DRV-MN940 (2019)
総合評価:

58.2/100

(総合: 395位)

58.2/100

(総合: 396位)

フロントカメラ重量
60/100
60/100
バックカメラ重量
12/100
12/100
カメラ画素数
69/100
69/100
解像度
67/100
67/100
動画フレームレート
42/100
42/100
SDカード最大容量
90/100
90/100
ファイル構成単位
90/100
90/100
イベント録画時間
62/100
62/100
最高動作温度
42/100
42/100
最低動作温度
45/100
45/100

ケンウッド DRV-MN940B (2020)は、後方撮影機能があります。さらに、フロントカメラの重量は70gで、バックカメラは71gです。カメラ画素数は207万画素で、ノイズ軽減機能、LED信号録画、コントラスト自動調整機能、HDR対応、Full HD対応などの機能があります。動画フレームレートは27fpsで、SDカード最大容量は128GBです。ファイル構成単位は60分、イベント録画時間は60分です。また、自動録画機能があります。このドライブレコーダーは分離型の設置方法であり、最高動作温度は60℃、最低動作温度は-10℃です。さらに、買替補償金制度対象もあります。

ケンウッド DRV-MN940 (2019)も、後方撮影機能があります。フロントカメラの重量は70gで、バックカメラは71gです。カメラ画素数は207万画素で、ノイズ軽減機能、LED信号録画、コントラスト自動調整機能、HDR対応、Full HD対応などの機能があります。動画フレームレートは27fpsで、SDカード最大容量は128GBです。ファイル構成単位は60分、イベント録画時間は60分です。さらに、自動録画機能と駐車監視機能があります。このドライブレコーダーも分離型の設置方法であり、最高動作温度は60℃、最低動作温度は-10℃です。さらに、買替補償金制度対象もあります。

両方のドライブレコーダーは、同じような性能と機能を備えています。どちらの商品も後方撮影機能や自動録画機能、最高動作温度60℃などの基本的な機能を持っています。ケンウッド DRV-MN940 (2019)には、駐車監視機能が追加されていますが、それ以外には大きな違いはありません。価格に大きな差がある場合は、ケンウッド DRV-MN940B (2020)を購入することもできます。しかし、ケンウッド DRV-MN940 (2019)には駐車監視機能があるため、駐車中の事故や盗難を心配する人にはおすすめです。

総合的に考えると、ケンウッド DRV-MN940 (2019)がより優れており、駐車監視機能があることが大きなメリットとなります。ケンウッド DRV-MN940B (2020)は、低価格品であり、買替補償金制度対象になっていることから、予算に余裕がない人には適しています。どちらの製品も、品質や機能、コストパフォーマンスを考慮すると、妥当な製品です。

ケンウッド DRV-MN940 (2019) と比較して ケンウッド DRV-MN940B (2020) を選ぶメリット

    -

ケンウッド DRV-MN940B (2020) と比較して ケンウッド DRV-MN940 (2019) を選ぶメリット

  • 駐車監視機能

「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を徹底比較する

撮影機能について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比較

自動録画機能について

センサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーは万が一の事故を記録できる点で秀でています。例えば停車して誰も乗っていない時に当てられたり、車上荒らしにあった時などの証拠の記録をするといった場合におすすめです。

「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」もセンサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーです。

録画性能について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比較

Full HDについて

Full HDに対応しているドライブレコーダーは高密度の映像を記録できるので、より精密に録画できる点で使い勝手が良いです。例えばあおり運転に遭遇した時など広い範囲を録画するといったようなときにおすすめです。

「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」もFull HDに対応しているドライブレコーダーです。

解像度について

撮影できる映像の最大解像度が高いドライブレコーダーは細かい映像でも鮮明に拾うことができる点で秀でています。特により鮮明な画像を撮影するといったようなケースで役に立ちます。

撮影できる映像の最大解像度について「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」と「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」を比較すると「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は1920×1080で「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は1920×1080です。撮影できる映像の最大解像度については「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」もほぼ違いが無いでしょう。他の視点から見て比べる方が良いでしょう。

解像度評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
1920 x 108067/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
1920 x 108067/100

動画フレームレートについて

撮影できる映像のフレームレートが高いドライブレコーダーは事故の際などに詳細な映像を見る事ができる点で使い勝手が良いです。例えばより滑らかな映像を撮影するといったようなケースにおすすめです。

撮影できる映像のフレームレートを比べると「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は27fpsで「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は27fpsです。「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」もフレームレートは同じくらいです。別の角度を見て選ぶ方がよさそうです。

動画フレームレート評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
27fps42/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
27fps42/100

SDカード最大容量について

読み込めるSDカードの最大容量が大きいドライブレコーダーは長時間の記録撮影ができる点で優れています。特に長時間録画し保存するといったような場合に適しています。

読み込めるSDカードの最大容量について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比べると「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は128GBであるのに対して「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は128GBです。「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」もSDカードの最大容量はほとんど同じです。他の角度から比べてみることをおすすめします。

SDカード最大容量評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
128GB90/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
128GB90/100

ファイル構成単位について

録画ファイル1つあたりの記録時間が短いドライブレコーダーは運転中のもしもの事故や危険な場面のみを録画できる点で優れています。特に安価で手に入るので、短い距離しか運転しない場合に使用するのに向いています。

録画ファイル一つあたりの記録時間を比較すると「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は60分なのに対して「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は60分です。「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も記録時間についてはほとんど違いが無いでしょう。他の角度から選んだ方がよいでしょう。

ファイル構成単位評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
60分90/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
60分90/100

イベント録画時間について

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間が長いドライブレコーダーはより確実に証拠となる映像を撮れる事ができる点で優れています。例えば事故の全容を長く録画するのに向いています。

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間について比較すると「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は60分で「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は60分です。「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も記録しておける時間は同じくらいです。他の観点から決めることをおすすめします。

イベント録画時間評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
60分62/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
60分62/100

その他について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比較

買替補償金制度について

買替補償金制度の対象となっているドライブレコーダーは万が一、設置して1年以内に交通事故にあった場合、補償金を請求できる点で秀でています。例えば購入後すぐに事故に遭った場合、再購入をするような場合で役立ちます。

「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も買替補償金制度の対象となっているドライブレコーダーです。

設置条件について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比較

最高動作温度について

正常に動作する最高動作温度が高いドライブレコーダーは夏に車内の温度が高温になっても壊れることなく使用できる点で優れています。例えば事故などで車内火災が起こったときにも状況を記録するといったようなケースで役立ちます。

正常に動作する最高動作温度について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比べると「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は60℃であるのに対して「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は60℃です。「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も同じくらいの最高動作温度です。他の観点で比較する方が良いでしょう。

最高動作温度評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
60℃42/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
60℃42/100

最低動作温度について

正常に動作する最低動作温度が低いドライブレコーダーは極寒の場所で運転する場合にも正常作動ができる点で秀でています。特にスキー場など寒冷地での運転をするといったようなときにおススメです。

正常に動作する最低動作温度を「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」と「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」で比べると「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は-10℃であるのに対して「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は-10℃です。「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」の最低動作温度は「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と違いがほぼ無いと言えます。他の観点を見て比べる方がいいでしょう。

最低動作温度評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
-10℃45/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
-10℃45/100

撮影性能について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比較

カメラ画素数について

画素数が大きいドライブレコーダーはより高画質で録画できる点で使い勝手が良いです。例えば映像をより鮮明に撮影するといったようなときで役に立ちます。

画素数について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比較すると「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は207万画素なのに対して「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は207万画素です。「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も画素数は同じくらいと言えます。他の視点を見る方がよさそうです。

カメラ画素数評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
207万画素69/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
207万画素69/100

ノイズ軽減機能について

ノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーは雑音や動画の乱れなどを気にせず、綺麗な画像を見ることができる点で使い勝手が良いです。例えばちらつきがなく綺麗な画像を撮影をするといった場合におすすめです。

「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」もノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーです。

LED信号機の録画について

LED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーは事故が起こった場合、信号機の色が正確に録画でき証拠にできる点で秀でています。例えば事故が起こった場合、証拠として使用するようなときで重宝します。

「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」もLED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーです。

コントラスト自動調整機能について

明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーはトンネルや夜間など映像に残しにくい場所での危険性を補完できる点で優れています。特に暗闇の中で録画した画像を明るさを調整して確認するのに最適です。

「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーです。

HDRについて

HDRに対応しているドライブレコーダーは逆光補正機能によりいつでも明暗のハッキリした鮮明な画像を録画できる点で秀でています。例えばより鮮明な映像を録画するといったケースで役に立ちます。

「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」もHDRに対応しているドライブレコーダーです。

基本情報について「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」を比較

後方撮影機能について

後方の撮影ができるドライブレコーダーは後ろから煽られた場合の証拠映像として使用できる点で優れています。特に渋滞時に追突された事を証明するような場合におすすめです。

「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も後方の撮影ができるドライブレコーダーです。

フロントカメラ重量について

フロントカメラの重量が軽いドライブレコーダーはアクションカメラとして取り外して使うときに手軽に使用できる点で優れています。例えば取り付けたカメラの落下や衝突事故に遭った際の被害を心配な人が運転するといった場合におススメです。

フロントカメラの重さを比べると「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は70gであり「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は70gです。フロントカメラの重さという角度で見てみると「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」も「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」も違いはほとんどゼロでしょう。他の角度で見る方が良さそうです。

フロントカメラ重量評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
70g60/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
70g60/100

バックカメラ重量について

バックカメラの重量が軽いドライブレコーダーは車の乗り換える際などの取り外し取り付けがすぐにできる点で秀でています。例えばより簡単に設置をするのに最適です。

バックカメラの重さを「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」と「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」で比較すると「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」は71gであるのに対して「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」は71gです。「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」のバックカメラの重さは「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と同じくらいと言えます。他の観点から見ることをおすすめします。

バックカメラ重量評価
ケンウッド DRV-MN940B (2020)
71g12/100
ケンウッド DRV-MN940 (2019)
71g12/100

「ケンウッド DRV-MN940B (2020)」と「ケンウッド DRV-MN940 (2019)」の違いを表で比較する

ケンウッド DRV-MN940B (2020)ケンウッド DRV-MN940 (2019)
ケンウッド DRV-MN940B (2020)ケンウッド DRV-MN940 (2019)
基本情報
後方撮影機能
フロントカメラ重量70g70g
バックカメラ重量71g71g
モニター搭載××
撮影性能
カメラ画素数207万画素207万画素
ノイズ軽減機能
LED信号録画
コントラスト自動調整機能
HDR対応
録画性能
Full HD対応
解像度1920 x 10801920 x 1080
動画フレームレート27fps27fps
SDカード最大容量128GB128GB
ファイル構成単位60分60分
イベント録画時間60分60分
撮影機能
自動録画機能
駐車監視機能×
設置条件
設置方法分離型分離型
最高動作温度60℃60℃
最低動作温度-10℃-10℃
その他
買替補償金制度対象

類似のドライブレコーダーを探す

他のドライブレコーダーと比較する

価格をチェック

類似のドライブレコーダーを探す

他のドライブレコーダーと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ケンウッド DRV-MN940B (2020) の関連記事
ケンウッド DRV-MN940 (2019) の関連記事

ケンウッド DRV-MN940B (2020) と評価が同程度のドライブレコーダーを探す

コムテック ZDR025 (2019)

フロントカメラサイズ:92.4mm x 52.1mm x 30.6mm, フロントカメラ重量:126g, バックカメラサイズ:56.2mm x 27mm x 24.6mm, バックカメラ重量:33g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:200万画素, F値:1.8, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:29.1fps, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:30分, イベント録画時間:30分, 画角:水平:135°°、垂直:71°°、対角:167°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

KAIHOU KH-M9200R

フロントカメラサイズ:264mm x 77.5mm x 42mm, フロントカメラ重量:330g, 画面サイズ:9.6インチ, カメラ画素数:200万画素, SDカード最大容量:32GB

KAIHOU KH-DR3200

フロントカメラ重量:110g, 画面サイズ:3インチ, カメラ画素数:200万画素, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:10時間

コムテック HDR360GW

フロントカメラサイズ:109mm x 66mm x 41.7mm, フロントカメラ重量:133g, バックカメラサイズ:58mm x 24.7mm x 24.5mm, バックカメラ重量:35g, 画面サイズ:2.4インチ, カメラ画素数:500万画素, F値:2, 解像度:1856 x 1856, 動画フレームレート:28fps, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:2時間, 画角:水平:136°°、垂直:70°°、対角:168°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

パイオニア ND-DVR1 (2015)

フロントカメラサイズ:30mm x 30mm x 30mm, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-20℃

JVC Everio GC-TR100

フロントカメラサイズ:90mm x 56mm x 27mm, フロントカメラ重量:85g, バックカメラサイズ:55.5mm x 28.5mm x 22.5mm, バックカメラ重量:34g, 画面サイズ:3インチ, カメラ画素数:219万画素, F値:1.8, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:28fps, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:2時間, 画角:水平:120°°、垂直:61°°、対角:151°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

パイオニア ND-DVR40 (2017)

フロントカメラサイズ:67mm x 61mm x 39.2mm, フロントカメラ重量:87g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:3時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

加藤電機 HORNET SDR300H

フロントカメラサイズ:120mm x 67mm x 40mm, フロントカメラ重量:110g, 画面サイズ:3インチ, カメラ画素数:200万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:3時間, イベント録画時間:3時間, 最高動作温度:65℃, 最低動作温度:-30℃

セルスター CS-61FH

フロントカメラサイズ:97mm x 51mm x 34mm, フロントカメラ重量:105g, カメラ画素数:200万画素, SDカード最大容量:64GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:20分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

Roav DashCam A0

フロントカメラサイズ:83mm x 56mm x 35mm, フロントカメラ重量:87g, 画面サイズ:2.4インチ, カメラ画素数:200万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:30分, 最高動作温度:70℃, 最低動作温度:-20℃

もっと見る ▼

ケンウッド DRV-MN940B (2020) の関連記事
ケンウッド DRV-MN940 (2019) の関連記事

ケンウッド DRV-MN940 (2019) と評価が同程度のドライブレコーダーを探す

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

フロントカメラサイズ:87.9mm x 50.6mm x 31.9mm, フロントカメラ重量:106g, バックカメラサイズ:44mm x 40.4mm x 33mm, バックカメラ重量:35g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:208万画素, F値:1.8, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:27.5fps, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:60分, 画角:水平:100°°、垂直:52°°、対角:111°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

Dash Cam 46Z

フロントカメラサイズ:56mm x 40mm x 21mm, フロントカメラ重量:60g, バックカメラサイズ:50mm x 32mm x 30mm, バックカメラ重量:22.5g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:210万画素, F値:2, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:29fps, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:10時間, 画角:水平:106°°、垂直:57°°、対角:124°°, 最高動作温度:55℃, 最低動作温度:-20℃

ケンウッド DRV-240 (2019)

フロントカメラサイズ:61mm x 54mm x 32mm, フロントカメラ重量:57g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:5時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

セルスター CS-91FH (2019)

フロントカメラサイズ:93mm x 51mm x 25mm, フロントカメラ重量:116g, バックカメラサイズ:34.5mm x 34.5mm x 16mm, バックカメラ重量:19g, 画面サイズ:2.4インチ, カメラ画素数:200万画素, F値:2, 動画フレームレート:30fps, SDカード最大容量:64GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:20分, 画角:水平:114°°、垂直:61°°、対角:141°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

コムテック HDR103

フロントカメラサイズ:82.4mm x 50mm x 26.5mm, フロントカメラ重量:90g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:200万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:2時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

セルスター CSD-790FHG (2018)

フロントカメラサイズ:92mm x 51mm x 23.5mm, フロントカメラ重量:95g, バックカメラサイズ:35mm x 35mm x 18mm, バックカメラ重量:20g, 画面サイズ:2.4インチ, カメラ画素数:200万画素, F値:2, 動画フレームレート:30fps, SDカード最大容量:64GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:20分, 画角:水平:107°°、垂直:59°°、対角:127°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

パナソニック CA-DR03TD (2019)

フロントカメラサイズ:63mm x 42mm x 36mm, フロントカメラ重量:63g, バックカメラサイズ:63mm x 42mm x 36mm, バックカメラ重量:63g, カメラ画素数:200万画素, F値:1.4, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:28fps, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:3時間, 最高動作温度:65℃, 最低動作温度:-20℃

ケンウッド DRV-630 (2017)

フロントカメラサイズ:91mm x 49mm x 37mm, フロントカメラ重量:102g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:400万画素, 解像度:2560 x 1440, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:15分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

コムテック ZDR-022

フロントカメラサイズ:63mm x 49mm x 26.9mm, フロントカメラ重量:70g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:200万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:30分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

パイオニア VREC-DZ300 (2018)

フロントカメラサイズ:67mm x 61mm x 39.2mm, フロントカメラ重量:87g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:3時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

ケンウッド DRV-W650 (2019)

フロントカメラサイズ:90.2mm x 49.1mm x 37.2mm, フロントカメラ重量:108g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:15分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

パイオニア VREC-DS600 (2018)

フロントカメラサイズ:45mm x 41mm x 32mm, カメラ画素数:212万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:20分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-20℃

もっと見る ▼

ドライブレコーダーランキング

カテゴリ一覧

人気ドライブレコーダー

関連人気記事

新着情報