パナソニック CA-DR03TD (2019) の徹底評価。類似のドライブレコーダーと比較した場合のオススメ度をレビューしました!

作成日時: 2019-12-07 14:48:23、更新日時: 2021-10-20 14:03:10

 パナソニック CA-DR03TD (2019) を徹底評価

パナソニック CA-DR03TD (2019)は、後方撮影機能が搭載されており、車両後方の状況を確認することができます。フロントカメラとバックカメラの重量は、共に63gで、車両への負荷がかかりにくい軽量設計となっています。また、カメラ画素数は200万画素で、クリアな映像を録画することができます。さらに、ノイズ軽減機能やLED信号録画、コントラスト自動調整機能、HDR対応、Full HD対応など、高機能な設備が搭載されています。

動画フレームレートは28fpsとなっており、滑らかな映像を録画することができます。さらに、SDカード最大容量が128GBと大容量であり、長時間の録画も可能です。ファイル構成単位は60分で、イベント録画時間は3時間となっており、万が一の事故やトラブル時にも多彩な対応が可能です。

自動録画機能、駐車監視機能、エコドライブサポート機能も搭載されており、安全運転のサポートや車両の保護機能も充実しています。設置方法は分離型で、好みの位置へ取り付けることができます。

最高動作温度は65℃、最低動作温度は-20℃となっており、幅広い温度範囲に対応しています。

全体的に、パナソニック CA-DR03TD (2019)は高性能であり、多彩な機能が搭載されていることが魅力的です。特に、後方撮影機能があることで、運転時に後ろを確認する際の安心感が増します。駐車監視機能や、自動録画機能もあることで、防犯面やトラブル時の対応にも安心です。

総合的に高い評価をすることができ、おすすめのドライブレコーダーとなります。

パナソニック CA-DR03TD (2019) を選ぶべき16つの理由

  • フロントカメラの大きさはやや小さい
    (218位/1039製品)
  • フロントカメラの重量は軽い
    (235位/1062製品)
  • F値はとても小さい
    (3位/225製品)
  • 読み込めるSDカードの最大容量はかなり大きい
    (84位/1186製品)
  • 録画ファイル1つあたりの記録時間はとても短い
    (116位/909製品)
  • 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間はとても長い
    (36位/582製品)
  • 正常に動作する最低動作温度は非常に低い
    (41位/844製品)
  • 後方の撮影ができる
  • ノイズ軽減機能を搭載している
  • LED信号機を正常に録画できる
  • 明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載している
  • HDRに対応している
  • Full HDに対応している
  • センサーによる自動録画に対応している
  • 駐車中の監視に対応している
  • 加速度センサーによって車の急発進、急加速、急ハンドルを検知して環境にやさしい運転がおこなえているかを診断してくれる

よく注目される点から パナソニック CA-DR03TD (2019) を評価する

パナソニック CA-DR03TD (2019) の録画性能について評価

Full HDについて

Full HDに対応しているドライブレコーダーは再生時に綺麗な画質で見ることができるため細部の確認ができる点で使い勝手が良いです。特にナンバープレートなど見えにくくなりがちな小さな文字をクリアに再生するといったような場合で重宝します。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はFull HDに対応しているドライブレコーダーです。そのため高精細な映像を撮影することができ、相手のナンバーで小さく写っていても判別できる点で秀でています。景色の良いところを思い出の映像として残して保存するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は適しています。

解像度について

撮影できる映像の最大解像度が高いドライブレコーダーは映像の一部を綺麗なまま拡大できる点で優れています。例えば映像をきれいに撮影できる点で優れているので、事故の際相手の車のナンバープレートや、運転者などが鮮明に記録されることで後の立件などをするといったようなケースにおすすめです。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」の撮影できる映像の最大解像度は1920×1080です。普通のドライブレコーダーよりも、このドライブレコーダーの解像度はかなり高いと言えるでしょう。またこの商品は映像を出力する際ボヤケが少なく、事故の原因を細部まではっきりと確認できる点でどちらかといえば優れているでしょう。相手のナンバープレートもはっきり撮影したい場合に「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は比較的適しています。そのため撮影できる映像の最大解像度という観点から選ぶなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は一つの候補でしょう。通常利用であれば十分と思われますが、ヘビーユーザーは一つ上を検討してもいいでしょう。

解像度評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)1920 x 108067/100

動画フレームレートについて

撮影できる映像のフレームレートが高いドライブレコーダーはなめらかな動きで録画できる点で秀でています。特に撮影された映像がコマ送りのようになってしまことがなく、事故の瞬間を余すことなく確実に記録するようなケースにおすすめです。

撮影できる映像のフレームレートについて見ると「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は28fpsです。このドライブレコーダーのフレームレートは一般的ドライブレコーダーと比較するとほとんど同じくらいと言えます。事故などでの加湿割合を判断する材料にされる際に証拠としての重要性を確保するのに通常の場合なら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」でもおそらく問題に感じることはないと言えます。普通に使う分にはそれなりに使えるものの「パナソニック CA-DR03TD (2019)」がすごくよいとまでは言えません。強いこだわりがある人にとっては機能不足かもしれないため、もうワンランク上のドライブレコーダーを見てみた方が良さそうです。

動画フレームレート評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)28fps58/100

SDカード最大容量について

読み込めるSDカードの最大容量が大きいドライブレコーダーは長時間の録画をする事ができる点で使い勝手が良いです。例えば録画可能時間を長くするような場合におすすめです。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」の読み込めるSDカードの最大容量は128GBです。このドライブレコーダーのSDカードの最大容量は普通のドライブレコーダーよりもかなり大きいと言えるでしょう。またこの商品は長時間記録または、上書き記録を少なくできる点で優れています。頻繁に動画を消去しなくても、ある程度長い期間録画して保存したいときに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はとてもおすすめです。そのため「パナソニック CA-DR03TD (2019)」にする大きな要因になるでしょう。これ以上容量の大きいドライブレコーダーにしたとしても「パナソニック CA-DR03TD (2019)」とほとんど同じと思われます。

SDカード最大容量評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)128GB90/100

ファイル構成単位について

録画ファイル1つあたりの記録時間が短いドライブレコーダーはドライブレコーダーに負担を掛けずにデータを記録できる点で秀でています。特に記録の確認をする際に、ピンポイントでその場面を確認するといったようなときで役立ちます。

録画ファイル一つあたりの記録時間について見ると「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は60分です。このドライブレコーダーの記録時間は標準的なドライブレコーダーよりかなり短いです。短い時間でファイルが分かれているため、映像のサムネを表示したときに一覧性が高くなり、事故があった時の映像をすぐに見つけることができる点でこの商品は秀でていると言えます。事故などの際に必要な部分だけを証拠として提出するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は非常にオススメです。そのため「パナソニック CA-DR03TD (2019)」にする大きな理由となるでしょう。これより時間の短いドライブレコーダーを選んでも「パナソニック CA-DR03TD (2019)」との差をほとんど感じられないでしょう。

ファイル構成単位評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)60分90/100

イベント録画時間について

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間が長いドライブレコーダーはもしもの事故時の映像をより長く記録できる点で使い勝手が良いです。特に事故などの際に重要となりそうな証拠などを長時間記録するのにおすすめです。

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間について見ると「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は3時間です。普通のドライブレコーダーよりもこのドライブレコーダーの映像を記録しておける時間は非常に長いです。停車中でドライブレコーダーがスリープ状態になっていても、しっかり事故の経緯を確認できる点でこの商品は優れているでしょう。事故後に暴言を吐かれた時に証拠を余すことなく記録するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はとてもオススメです。そのため「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はかなりおすすめです。車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間という視点では、記録しておける時間がこれより長いドライブレコーダーを選んでもほとんど「パナソニック CA-DR03TD (2019)」との差を体感できないと思われます。

イベント録画時間評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)3時間92/100

パナソニック CA-DR03TD (2019) の撮影性能について評価

カメラ画素数について

画素数が大きいドライブレコーダーはより鮮明な画質で撮影できる点で使い勝手が良いです。特により鮮明な画質で録画をするようなときで重宝します。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」の画素数は200万画素です。このドライブレコーダーの画素数は一般的ドライブレコーダーと比べて比較的大きいと言えるでしょう。事故の細かな情報をクリアに記録するのに通常であれば「パナソニック CA-DR03TD (2019)」でもおそらく問題に感じることはないでしょう。通常利用であればあまり困らない程度であるため、決定的とまでは言えません。ヘビーユーザーにとっては不足があるかもしれないため、ワンランク上にした方がいいかもしれません。

カメラ画素数評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)200万画素63/100

ノイズ軽減機能について

ノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーは地上デジタルの受信やカーナビに影響を与えるノイズを軽減することができる点で優れているので、テレビの映像が途中で途切れることなくスムーズに表示すことができる点で使い勝手が良いです。例えば周りの騒音を押さえ、音や声を聞こえやすくするようなケースに最適です。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため地上デジの受信やカーナビに影響を与えるノイズを軽減することができる点で優れています。テレビの映像が途中で途切れることなくスムーズに表示するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は適しています。

LED信号機の録画について

LED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーは信号の状況を確実に解析できる点で優れているので、事故などの時にLED信号の状態を記録し証明できる点で優れています。特に交差点で事故がおきた際に信号の色を識別するのに最適です。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はLED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーです。そのためLED信号が点滅や消灯した映像になることを防ぐことができる点で優れています。事故などの時にLED信号の状態を証明するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はおすすめです。

F値について

F値が小さいドライブレコーダーはより光を感知できるので夜間でもきれいに録画できる点で優れています。例えば光をたくさん取り込むことができるレンズなので夜間でもブレずに撮影しやすく鮮明に記録をするようなケースにおすすめです。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」のF値は1.4です。標準的なドライブレコーダーと比べてこのドライブレコーダーのF値はとても小さい部類に入ります。またこの商品は実際の景色が暗くても明るく撮影ができる点でとても良いです。暗くて見えにくい夜間の運転を録画するときに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はかなりオススメです。従って「パナソニック CA-DR03TD (2019)」を選ぶ大きな判断材料となるでしょう。これ以上F値の小さいドライブレコーダーにしても「パナソニック CA-DR03TD (2019)」との違いはほとんど感じられないと思います。

F値評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)1.499/100

コントラスト自動調整機能について

明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーは自然光の照度の変化に左右されない点で優れているため夜間やトンネル内など周囲が暗く不鮮明な場合に、明るい映像ではっきり記録することができる点で使い勝手が良いです。例えば昼間・夜間の両方の走行を録画するといったようなケースに適しています。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため明暗の影響をあまり受けずに撮影できる点で使い勝手が良いです。夜間やトンネル内など周囲が暗く不鮮明な場合に、明るい映像ではっきり視認するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はオススメです。

HDRについて

HDRに対応しているドライブレコーダーは画質が高度であるので車の細かい特徴など確認しづらい部分を補完できる点で優れています。特に鮮明な画質で録画するのにおすすめです。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はHDRに対応しているドライブレコーダーです。そのため明るくきれいな映像を撮影できる点で秀でています。外の明暗に左右されることなく画面を見やすく表示するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はおすすめです。

パナソニック CA-DR03TD (2019) の運転支援機能について評価

エコドライブサポート機能について

加速度センサーによって車の急発進、急加速、急ハンドルを検知して環境にやさしい運転がおこなえているかを診断してくれるドライブレコーダーはドライバーに安全運転を促すことができる点で使い勝手が良いです。例えば自身の安全運転に対する意識の向上が出来るので、エコドライブをするといったケースに適しています。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は加速度センサーによって車の急発進、急加速、急ハンドルを検知して環境にやさしい運転がおこなえているかを診断してくれるドライブレコーダーです。

パナソニック CA-DR03TD (2019) の撮影機能について評価

自動録画機能について

センサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーは危険を察知して撮影を開始できる点で使い勝手が良いです。例えば衝撃や動きがあるときだけ録画するのでハードディスクの容量を節約するのに適しています。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はセンサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーです。そのため駐車中の防犯対策としても活用できる点で使い勝手が良いです。盗難やいたずらを監視するのに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は適しています。

駐車監視機能について

駐車中の監視に対応しているドライブレコーダーは車を離れた時も監視できるため、安心して駐車できる点で優れています。例えば夜間など長時間の駐車時の盗難や車体へのいたずらなどの被害の録画するのに最適です。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は駐車中の監視に対応しているドライブレコーダーです。そのため車にイタズラをされたり、盗まれたりといった犯罪に対してのセキュリティを高めることができる点で使い勝手が良いです。車にイタズラをされた時の証拠を記録するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はオススメです。

パナソニック CA-DR03TD (2019) の設置条件について評価

最高動作温度について

正常に動作する最高動作温度が高いドライブレコーダーは真夏の車内でも故障せずに使用できる点で秀でています。特に気温の高い地域、また夏季などにドライブをするといった場合におススメです。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」の正常に動作する最高動作温度は65℃です。普通のドライブレコーダーと比べてこのドライブレコーダーの最高動作温度はかなり高いと言えます。またこの商品は暑い時期でも正常に作動できる点で良いです。夏場で直射日光に当たり続けるような場所で使用するときに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は多少おすすめです。従って正常に動作する最高動作温度で見るなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は一つの候補でしょう。通常利用であれば十分と思われますが、こだわりがある人は一つ上を検討してもいいでしょう。

最高動作温度評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)65℃68/100

最低動作温度について

正常に動作する最低動作温度が低いドライブレコーダーは気温が極端に低い環境への耐用性に優れ、寒い冬場でも安定した性能を期待できる点で秀でています。例えば雪国などの寒い場所でも使用するといったケースに向いています。

正常に動作する最低動作温度について「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は-20℃です。このドライブレコーダーの最低動作温度は平均的なドライブレコーダーと比べてかなり低いです。またこの商品は寒冷地でも問題なく記録的できる点で秀でていると言えます。冬場の寒い時期や寒冷地で使用するときに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はかなり向いています。そのため「パナソニック CA-DR03TD (2019)」に決める大きな要因となると思います。これよりも最低動作温度の低いドライブレコーダーを選んでも「パナソニック CA-DR03TD (2019)」とほとんど同じと思われます。

最低動作温度評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)-20℃98/100

パナソニック CA-DR03TD (2019) の基本情報について評価

後方撮影機能について

後方の撮影ができるドライブレコーダーは後ろからの煽り運転や衝突を録画し記録できる点で秀でています。例えば後方における事故を記録するような場合で役立ちます。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は後方の撮影ができるドライブレコーダーです。そのため追突等の後方から発生した事故を録画できる点で優れています。後ろの見えない死角事故を記録するのに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は向いています。

フロントカメラサイズについて

フロントカメラの大きさが小さいドライブレコーダーは運転中の視野を遮ることなく快適に運転できる点で優れています。特に視界を遮ることなく運転をするといったときに適しています。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」のフロントカメラの大きさは63mm×42mm×36mmです。このドライブレコーダーのフロントカメラは一般的ドライブレコーダーと比べて比較的小さい部類に入ると言えます。またこの商品は前方設置の際に視界を妨げる領域を最小限にできる点で秀でていると言えるでしょう。バックミラーの陰に収納しやすく、フロントガラスからの視界を確保するなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はかなりオススメです。従って「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はかなり有力な候補の一つになるでしょう。これ以上小さいドライブレコーダーを選んでもほとんど「パナソニック CA-DR03TD (2019)」と同じでしょう。

フロントカメラサイズ評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)63mm x 42mm x 36mm73/100

フロントカメラ重量について

フロントカメラの重量が軽いドライブレコーダーは軽くて設置を簡単にできる点で使い勝手が良いです。例えば装着しても落ちにくくフロントガラスに付けて使用するといったようなケースで役立ちます。

フロントカメラの重さについて「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は63gです。このドライブレコーダーのフロントカメラは一般的ドライブレコーダーと比べてやや軽いです。またこの商品は重みで位置がずれてうっかり撮り損ねることが起こりにくい点で良いです。不安定な場所に設置したいときに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は比較的向いています。従ってフロントカメラの重さという点で見るなら「パナソニック CA-DR03TD (2019)」は比較的おすすめです。通常利用であれば問題ないと言えますが、玄人はもう一つ上を考えてみてもいいでしょう。

フロントカメラ重量評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)63g70/100

バックカメラサイズについて

バックカメラの大きさが小さいドライブレコーダーはコンパクトで目立たなく設置できる点で使い勝手が良いです。例えばより目立たないようにカメラを設置するといったような場合におすすめです。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」のバックカメラの大きさは63mm×42mm×36mmです。このドライブレコーダーのバックカメラは平均的なドライブレコーダーよりもかなり大きい方です。取り付け時に制限が出て取付できない可能性がある点できない点でこの商品はよいとは言えないでしょう。運転の妨げになるリアガラスや、数字が見にくなるナンバープレート付近に設置したいときに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はとても不向きです。バックカメラの大きさにこだわりが無くても普通に使っていて不満を感じる可能性がありそうです。従ってもう一つ上のドライブレコーダーを検討した方がいいかもしれません。

バックカメラサイズ評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)63mm x 42mm x 36mm6/100

バックカメラ重量について

バックカメラの重量が軽いドライブレコーダーは簡単に持てるし設置が簡単にできる点で使い勝手が良いです。特に重さで外れてしまわないように設置するのにおススメです。

「パナソニック CA-DR03TD (2019)」のバックカメラの重さは63gです。普通のドライブレコーダーよりも、このドライブレコーダーのバックカメラはとても重いです。振動によってずれが生じてしまったり、有効な撮影状況を確保できない点でこの商品はよくないと言えます。後ろから衝突されたときにカメラが落下する可能性があがってしまい、後ろをきちんと記録するのに「パナソニック CA-DR03TD (2019)」はほとんどおすすめではありません。バックカメラの重さにあまり興味が無い人でも普通に利用していてストレスを感じることがあるでしょう。従ってもうワンランク上を見てみることをおすすめします。

バックカメラ重量評価
パナソニック CA-DR03TD (2019)63g14/100

パナソニック CA-DR03TD (2019) の詳細情報

パナソニック CA-DR03TD (2019)
画像パナソニック CA-DR03TD (2019)
後方撮影機能
フロントカメラサイズ63mm x 42mm x 36mm
フロントカメラ重量63g
バックカメラサイズ63mm x 42mm x 36mm
バックカメラ重量63g
モニター搭載×
カメラ画素数200万画素
ノイズ軽減機能
LED信号録画
F値1.4
コントラスト自動調整機能
HDR対応
Full HD対応
解像度1920 x 1080
動画フレームレート28fps
SDカード最大容量128GB
ファイル構成単位60分
イベント録画時間3時間
自動録画機能
駐車監視機能
エコドライブサポート機能
設置方法分離型
最高動作温度65℃
最低動作温度-20℃

類似のドライブレコーダーを探す

他のドライブレコーダーと比較する

価格をチェック

パナソニック CA-DR03TD (2019) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

パナソニック CA-DR03TD (2019) と評価が同程度のドライブレコーダーを探す

フロントカメラサイズ:56mm x 40mm x 21mm, フロントカメラ重量:60g, バックカメラサイズ:50mm x 32mm x 30mm, バックカメラ重量:22.5g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:210万画素, F値:2, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:29fps, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:10時間, 画角:水平:106°°、垂直:57°°、対角:124°°, 最高動作温度:55℃, 最低動作温度:-20℃

フロントカメラサイズ:61mm x 54mm x 32mm, フロントカメラ重量:57g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:5時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:93mm x 51mm x 25mm, フロントカメラ重量:116g, バックカメラサイズ:34.5mm x 34.5mm x 16mm, バックカメラ重量:19g, 画面サイズ:2.4インチ, カメラ画素数:200万画素, F値:2, 動画フレームレート:30fps, SDカード最大容量:64GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:20分, 画角:水平:114°°、垂直:61°°、対角:141°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:82.4mm x 50mm x 26.5mm, フロントカメラ重量:90g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:200万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:2時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:92mm x 51mm x 23.5mm, フロントカメラ重量:95g, バックカメラサイズ:35mm x 35mm x 18mm, バックカメラ重量:20g, 画面サイズ:2.4インチ, カメラ画素数:200万画素, F値:2, 動画フレームレート:30fps, SDカード最大容量:64GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:20分, 画角:水平:107°°、垂直:59°°、対角:127°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラ重量:70g, バックカメラ重量:71g, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:27fps, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:60分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:91mm x 49mm x 37mm, フロントカメラ重量:102g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:400万画素, 解像度:2560 x 1440, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:15分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:63mm x 49mm x 26.9mm, フロントカメラ重量:70g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:200万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:30分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:67mm x 61mm x 39.2mm, フロントカメラ重量:87g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:3時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:90.2mm x 49.1mm x 37.2mm, フロントカメラ重量:108g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:15分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

フロントカメラサイズ:45mm x 41mm x 32mm, カメラ画素数:212万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:20分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-20℃

フロントカメラサイズ:97mm x 56mm x 23mm, フロントカメラ重量:108g, バックカメラサイズ:50mm x 28mm x 21mm, バックカメラ重量:46g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:200万画素, F値:1.9, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:30fps, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:5時間, 画角:水平:143°°、垂直:75°°、対角:180°°, 最低動作温度:0℃

パナソニック CA-DR03TD (2019) の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

パナソニック CA-DR03TD (2019)

68.8-フロントカメラサイズ:63mm x 42mm x 36mm, フロントカメラ重量:63g, バックカメラサイズ:63mm x 42mm x 36mm, バックカメラ重量:63g, カメラ画素数:200万画素, F値:1.4, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:28fps, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:3時間, 最高動作温度:65℃, 最低動作温度:-20℃

コムテック ZDR026 (2019)

55.0フロントカメラサイズ:89.4mm x 52.1mm x 32mm, フロントカメラ重量:113g, バックカメラサイズ:56.2mm x 27mm x 24.6mm, バックカメラ重量:33g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:500万画素, F値:2, 解像度:2560 x 1440, 動画フレームレート:29.1fps, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:30分, イベント録画時間:30分, 画角:水平:113°°、垂直:60°°、対角:133°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

ケンウッド DRV-MR745 (2019)

48.2フロントカメラサイズ:87.9mm x 50.6mm x 34.4mm, フロントカメラ重量:108g, バックカメラサイズ:44mm x 40.4mm x 33mm, バックカメラ重量:35g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:210万画素, F値:1.8, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:27.5fps, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:60分, 画角:水平:100°°、垂直:52°°、対角:111°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

コムテック HDR360G (2018)

47.2フロントカメラサイズ:110mm x 66mm x 52mm, フロントカメラ重量:146g, 画面サイズ:2.4インチ, カメラ画素数:500万画素, 解像度:1856 x 1856, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

ケンウッド DRV-340 (2019)

51.0フロントカメラサイズ:61mm x 54mm x 32mm, フロントカメラ重量:64g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:207万画素, 解像度:1920 x 1080, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:5時間, イベント録画時間:5時間, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

48.4フロントカメラサイズ:87.9mm x 50.6mm x 31.9mm, フロントカメラ重量:106g, バックカメラサイズ:44mm x 40.4mm x 33mm, バックカメラ重量:35g, 画面サイズ:2.7インチ, カメラ画素数:208万画素, F値:1.8, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:27.5fps, SDカード最大容量:32GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:60分, 画角:水平:100°°、垂直:52°°、対角:111°°, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:-10℃

Dash Cam 46Z

58.2フロントカメラサイズ:56mm x 40mm x 21mm, フロントカメラ重量:60g, バックカメラサイズ:50mm x 32mm x 30mm, バックカメラ重量:22.5g, 画面サイズ:2インチ, カメラ画素数:210万画素, F値:2, 解像度:1920 x 1080, 動画フレームレート:29fps, SDカード最大容量:128GB, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:10時間, 画角:水平:106°°、垂直:57°°、対角:124°°, 最高動作温度:55℃, 最低動作温度:-20℃

innowa Journey (2018)

50.0フロントカメラサイズ:87.5mm x 54mm x 28mm, フロントカメラ重量:96g, 画面サイズ:3インチ, カメラ画素数:200万画素, 解像度:1920 x 1080, ファイル構成単位:60分, イベント録画時間:60分, 最高動作温度:60℃, 最低動作温度:0℃

大きさ(フロントカメラ)

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ(フロントカメラ)

パナソニック CA-DR03TD (2019)

73.9-フロントカメラサイズ:63mm x 42mm x 36mm

コムテック ZDR026 (2019)

47.7フロントカメラサイズ:89.4mm x 52.1mm x 32mm

ケンウッド DRV-MR745 (2019)

46.0フロントカメラサイズ:87.9mm x 50.6mm x 34.4mm

コムテック HDR360G (2018)

16.3フロントカメラサイズ:110mm x 66mm x 52mm

ケンウッド DRV-340 (2019)

71.1フロントカメラサイズ:61mm x 54mm x 32mm

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

51.1フロントカメラサイズ:87.9mm x 50.6mm x 31.9mm

Dash Cam 46Z

90.6フロントカメラサイズ:56mm x 40mm x 21mm

innowa Journey Plus

56.2フロントカメラサイズ:87.5mm x 54mm x 28mm

フロントカメラ(フロントカメラ)

画像製品名評価比較したときのおススメ度フロントカメラ(フロントカメラ)

パナソニック CA-DR03TD (2019)

70.0-フロントカメラ重量:63g

コムテック ZDR026 (2019)

30.8フロントカメラ重量:113g

ケンウッド DRV-MR745 (2019)

33.5フロントカメラ重量:108g

コムテック HDR360G (2018)

18.0フロントカメラ重量:146g

ケンウッド DRV-340 (2019)

73.0フロントカメラ重量:64g

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

34.8フロントカメラ重量:106g

Dash Cam 46Z

76.4フロントカメラ重量:60g

innowa Journey Plus

43.1フロントカメラ重量:96g

大きさ(バックカメラ)

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ(バックカメラ)

パナソニック CA-DR03TD (2019)

6.6-バックカメラサイズ:63mm x 42mm x 36mm

コムテック ZDR026 (2019)

56.0バックカメラサイズ:56.2mm x 27mm x 24.6mm

ケンウッド DRV-MR745 (2019)

25.7バックカメラサイズ:44mm x 40.4mm x 33mm

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

25.7バックカメラサイズ:44mm x 40.4mm x 33mm

Dash Cam 46Z

38.5バックカメラサイズ:50mm x 32mm x 30mm

innowa Journey Plus

89.1バックカメラサイズ:23.4mm x 23.2mm x 23mm

セルスター CS-91FH (2019)

85.7バックカメラサイズ:34.5mm x 34.5mm x 16mm

ユピテル DRY-TW9100d (2018)

34.0バックカメラサイズ:57mm x 30mm x 30mm

映像フレームレート

画像製品名評価比較したときのおススメ度映像フレームレート

パナソニック CA-DR03TD (2019)

58.0-動画フレームレート:28fps

コムテック ZDR026 (2019)

73.0動画フレームレート:29.1fps

ケンウッド DRV-MR745 (2019)

46.0動画フレームレート:27.5fps

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

46.0動画フレームレート:27.5fps

Dash Cam 46Z

64.0動画フレームレート:29fps

innowa Journey Plus

95.0動画フレームレート:720fps

セルスター CS-91FH (2019)

82.0動画フレームレート:30fps

ケンウッド DRV-MN940 (2019)

37.0動画フレームレート:27fps

イベント録画時間

画像製品名評価比較したときのおススメ度イベント録画時間

パナソニック CA-DR03TD (2019)

92.4-イベント録画時間:3時間

コムテック ZDR026 (2019)

42.0イベント録画時間:30分

ケンウッド DRV-MR745 (2019)

58.0イベント録画時間:60分

ケンウッド DRV-340 (2019)

84.3イベント録画時間:5時間

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

58.0イベント録画時間:60分

Dash Cam 46Z

90.0イベント録画時間:10時間

innowa Journey Plus

58.0イベント録画時間:60分

innowa Journey (2018)

58.0イベント録画時間:60分

画角

画像製品名評価比較したときのおススメ度画角

パナソニック CA-DR03TD (2019)

0.0-

コムテック ZDR026 (2019)

47.7画角:水平:113°°、垂直:60°°、対角:133°°

ケンウッド DRV-MR745 (2019)

18.0画角:水平:100°°、垂直:52°°、対角:111°°

ケンウッド DRV-MR740 (2018)

18.0画角:水平:100°°、垂直:52°°、対角:111°°

Dash Cam 46Z

34.0画角:水平:106°°、垂直:57°°、対角:124°°

innowa Journey Plus

57.9画角:水平:98°°、垂直:80°°、対角:125°°

セルスター CS-91FH (2019)

58.0画角:水平:114°°、垂直:61°°、対角:141°°

ユピテル DRY-TW9100d (2018)

74.0画角:水平:127°°、垂直:66°°、対角:157°°

ドライブレコーダーランキング

カテゴリ一覧

人気ドライブレコーダー

関連人気記事

新着情報