DRY-ST700Pを選んだ方がいいのか?レビューや評価しました

作成日時: 2020年07月26日 05時09分45秒, 更新日時: 2020年07月26日 08時33分35秒

DRY-ST700Pはどういったメリット/デメリットがあるドライブレコーダーなのでしょうか? どのくらい使い勝手がいいのかについても解説。類似のものと比べた時のDRY-ST700Pの良さをまとめました。

DRY-ST700Pのメリット

  • フロントカメラの重量は軽い
  • 録画ファイル1つ当たりの記録時間はとても短い

DRY-ST700Pのデメリット

  • 画面の大きさはやや小さい
  • 読み込めるSDカードの最大容量はやや小さい
  • 正常に動作する最低動作温度はかなり高い

DRY-ST700Pの特徴

  • 前方の撮影ができる
  • モニターを搭載している
  • ノイズ軽減機能を搭載している
  • LED信号機を正常に録画できる
  • 明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載している
  • HDRに対応している
  • Full HDに対応している
  • センサーによる自動録画に対応している

よく注目される点からDRY-ST700Pを評価する

DRY-ST700Pの撮影機能について評価

自動録画機能について

「DRY-ST700P」はセンサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーです。そのため運転していない時でも録画できる点で使い勝手が良いです。車上荒らしの証拠映像を記録するのに「DRY-ST700P」はオススメです。

DRY-ST700Pの設置条件について評価

正常に動作する最高動作温度について

「DRY-ST700P」の正常に動作する最高動作温度は60℃です。「DRY-ST700P」の最高動作温度は平均的なドライブレコーダーと比較するとほぼ同じと言えます。夏場で直射日光に当たり続けるような場所で使用するのに通常の場合であれば「DRY-ST700P」でもおそらく十分と言えます。通常利用であれば比較的問題を感じにくいですが、「DRY-ST700P」が特別に優れているとは言えないでしょう。こだわりが強い人には不十分である可能性があり、もう一つ上を考えることをおすすめします。

正常に動作する最高動作温度評価
DRY-ST700P60℃42/100

正常に動作する最低動作温度について

「DRY-ST700P」の正常に動作する最低動作温度は0℃です。標準的なドライブレコーダーよりも「DRY-ST700P」の最低動作温度は比較的高いです。冬場など気温の低い時期は安定した動作が期待できない点で「DRY-ST700P」はよいとは言えません。気温が低くなりやすい積雪地帯の駐車時の監視用として使用するときに「DRY-ST700P」はとても不向きです。正常に動作する最低動作温度にあまり関心が無い人でも不満を感じるでしょう。そのためもうワンランク上を検討した方がいいでしょう。

正常に動作する最低動作温度評価
DRY-ST700P0℃10/100

DRY-ST700Pの基本情報について評価

前方撮影機能について

「DRY-ST700P」は前方の撮影ができるドライブレコーダーです。

フロントカメラの大きさについて

「DRY-ST700P」のフロントカメラの大きさは62 mm×48 mm×38 mmです。「DRY-ST700P」のフロントカメラは一般的ドライブレコーダーと比べて比較的小さい部類に入ると言えます。運転時に視界に入りにくく、邪魔になりにくい点で「DRY-ST700P」は優れていると言えます。カメラが視界に入って運転を邪魔してしまわないよう設置したい場合に「DRY-ST700P」は非常におすすめです。従って「DRY-ST700P」はかなり有力な候補の一つになるでしょう。これ以上小さいドライブレコーダーを選んでもほとんど「DRY-ST700P」と同じでしょう。

フロントカメラの大きさ評価
DRY-ST700P62 mm x 48 mm x 38 mm64/100

フロントカメラの重量について

フロントカメラの重さについて「DRY-ST700P」は63 gです。「DRY-ST700P」のフロントカメラは一般的ドライブレコーダーと比べてやや軽いです。また「DRY-ST700P」は重みで位置がずれてうっかり撮り損ねることが起こりにくい点で良いです。シンプルな設置器具で装着したいときに「DRY-ST700P」は多少オススメです。従ってフロントカメラの重さという点で見るなら「DRY-ST700P」は比較的おすすめです。通常利用であれば問題ないと言えますが、玄人はもう一つ上を考えてみてもいいでしょう。

フロントカメラの重量評価
DRY-ST700P63 g70/100

画面の大きさについて

画面の大きさについて「DRY-ST700P」は2インチです。「DRY-ST700P」は標準的なドライブレコーダーよりもどちらかと言えば小さい部類に入ります。即座に状況を確認するときなどで素早い確認がとりづらい点で「DRY-ST700P」はよくないでしょう。事故などの際にすぐに映像をその場で確認したい場合に「DRY-ST700P」は非常に不向きです。画面の大きさに興味が無くても普通に利用していて不満を感じる可能性がありそうです。そのためもうワンランク上の検討をおすすめします。

画面の大きさ評価
DRY-ST700P2インチ34/100

モニター搭載可否について

「DRY-ST700P」はモニターを搭載しているドライブレコーダーです。そのため撮影した映像をその場で確認できる点で秀でています。煽り運転など危険な車のナンバープレート等の情報を即座に確認するなら「DRY-ST700P」は適しています。

DRY-ST700Pの撮影性能について評価

画素数について

「DRY-ST700P」の画素数は200万画素です。「DRY-ST700P」の画素数は標準的なドライブレコーダーと比べるとほとんど同じくらいと言えます。はっきりと映像を残すことができる点で「DRY-ST700P」は良いです。事故の際の細かな状況映像を鮮明に記録するときに「DRY-ST700P」は比較的向いています。従って画素数という観点で見るなら「DRY-ST700P」は候補の一つになるでしょう。通常利用であれば問題ないですが、ストレスフリーのためワンランク上のドライブレコーダーを検討してもいいでしょう。

画素数評価
DRY-ST700P200万画素63/100

ノイズ軽減機能について

「DRY-ST700P」はノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため地上デジの受信やカーナビに影響を与えるノイズを軽減することができる点で優れています。テレビの映像が途中で途切れることなくスムーズに表示するなら「DRY-ST700P」は適しています。

LED信号機の録画について

「DRY-ST700P」はLED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーです。そのため信号の状況を確実に解析できる点で優れています。事故などの時にLED信号の状態を証明するなら「DRY-ST700P」はおすすめです。

コントラストの自動調整機能について

「DRY-ST700P」は明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため自然光の照度の変化に左右されずに記録できる点で優れています。夜間やトンネル内など周囲が暗く不鮮明な場合に、明るい映像ではっきり視認するなら「DRY-ST700P」はオススメです。

HDRについて

「DRY-ST700P」はHDRに対応しているドライブレコーダーです。そのため夜間や悪天候の際に、より鮮明に記録できる点で使い勝手が良いです。外の明暗に左右されることなく画面を見やすく表示するなら「DRY-ST700P」はおすすめです。

DRY-ST700Pの録画性能について評価

Full HDについて

「DRY-ST700P」はFull HDに対応しているドライブレコーダーです。そのため綺麗な画質で録画をすることができる点で使い勝手が良いです。景色の良いところを思い出の映像として残して保存するなら「DRY-ST700P」は適しています。

撮影できる映像の最大解像度について

撮影できる映像の最大解像度について見ると「DRY-ST700P」は1920×1080です。普通のドライブレコーダーと比べると、「DRY-ST700P」の解像度は同程度だと言えるでしょう。また「DRY-ST700P」は映像をきれいに撮影できる点でよいです。当て逃げされた時にナンバープレートの数字など細かい部分を把握したいときに「DRY-ST700P」はやや向いています。そのため撮影できる映像の最大解像度という観点から選ぶなら「DRY-ST700P」は一つの候補でしょう。通常利用であれば十分と思われますが、ヘビーユーザーは一つ上を検討してもいいでしょう。

撮影できる映像の最大解像度評価
DRY-ST700P1920 x 108067/100

読み込めるSDカードの最大容量について

「DRY-ST700P」の読み込めるSDカードの最大容量は32GBです。「DRY-ST700P」のSDカードの最大容量は普通のドライブレコーダーと比べると同程度です。多くの映像や画像を保存できない点で「DRY-ST700P」はあまり良いとは言えません。映像や画像を多く保存したいなら「DRY-ST700P」はやや不向きです。読み込めるSDカードの最大容量で見るなら「DRY-ST700P」は選ばない方がいいです。

読み込めるSDカードの最大容量評価
DRY-ST700P32GB30/100

録画ファイル1つ当たりの記録時間について

「DRY-ST700P」の録画ファイル一つ当たりの記録時間は60分です。「DRY-ST700P」の録画ファイル一つ当たりの記録時間は一般的ドライブレコーダーよりもやや短い部類に入ると言えます。短い時間でファイルが分かれているため、映像のサムネを表示したときに一覧性が高くなり、事故があった時の映像をすぐに見つけることができる点で「DRY-ST700P」は秀でていると言えます。事故などの際に必要な部分だけを証拠として提出するなら「DRY-ST700P」は非常にオススメです。そのため「DRY-ST700P」にする大きな理由となるでしょう。これより時間の短いドライブレコーダーを選んでも「DRY-ST700P」との差をほとんど感じられないでしょう。

録画ファイル1つ当たりの記録時間評価
DRY-ST700P60分90/100

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間について

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間について「DRY-ST700P」は60分です。「DRY-ST700P」の映像を記録しておける時間は普通のドライブレコーダーと比べて比較的長いと言えるでしょう。停車中でドライブレコーダーがスリープ状態になっていても、しっかり事故の経緯を確認できる点で「DRY-ST700P」は優れているでしょう。事故後に暴言を吐かれた時に証拠を余すことなく記録するなら「DRY-ST700P」はとてもオススメです。そのため「DRY-ST700P」はかなりおすすめです。車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間という視点では、記録しておける時間がこれより長いドライブレコーダーを選んでもほとんど「DRY-ST700P」との差を体感できないと思われます。

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間評価
DRY-ST700P60分62/100

DRY-ST700Pの詳細情報

DRY-ST700P
画像DRY-ST700P
前方の撮影ができるかどうか
フロントカメラの大きさ62 mm x 48 mm x 38 mm
フロントカメラの重量63 g
画面の大きさ2インチ
モニターを搭載しているかどうか
画素数200万画素
ノイズ軽減機能を搭載しているかどうか
LED信号機を正常に録画できるかどうか
明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているかどうか
HDRに対応しているかどうか
Full HDに対応しているかどうか
撮影できる映像の最大解像度1920 x 1080
読み込めるSDカードの最大容量32GB
録画ファイル1つ当たりの記録時間60分
車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間60分
センサーによる自動録画に対応しているかどうか
駐車中の監視に対応しているかどうか×
設置方法一体型
正常に動作する最高動作温度60℃
正常に動作する最低動作温度0℃

類似した性能のドライブレコーダーを見る

他のドライブレコーダーと比較する

価格をチェックする

DRY-ST700Pの価格を今すぐチェック

DRY-ST700Pと評価が同程度のドライブレコーダーを探す

DRV-MR740

フロントカメラの大きさ:87.9 mm x 50.6 mm x 31.9 mm, フロントカメラの重量:106 g, バックカメラの大きさ:44 mm x 40.4 mm x 33 mm, バックカメラの重量:35 g, 画面の大きさ:2.7インチ, 画素数:208万画素, F値:1.8, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, カメラが撮影できる範囲:水平:100°°、垂直:52°°、対角:111°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

f880gk

フロントカメラの大きさ:87.6 mm x 53.1 mm x 29.1 mm, フロントカメラの重量:104 g, バックカメラの大きさ:65 mm x 36.5 mm x 25.5 mm, バックカメラの重量:22 g, 画面の大きさ:3インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:25fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

SUPER NIGHT WD250S

フロントカメラの大きさ:60 mm x 49 mm x 27 mm, フロントカメラの重量:53 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

MT-DR08K

フロントカメラの大きさ:130 mm x 90 mm x 35 mm, フロントカメラの重量:160 g, バックカメラの大きさ:22 mm x 22 mm x 22 mm, バックカメラの重量:93 g, 画面の大きさ:4.5インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1440 x 1440, 撮影できる映像のフレームレート:24fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:30分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

CSD-620FH

フロントカメラの大きさ:35 mm x 35 mm x 18 mm, フロントカメラの重量:21 g, 画面の大きさ:2.4インチ, 画素数:200万画素, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

L0600

フロントカメラの大きさ:55 mm x 49 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:30 g, 画面の大きさ:1.5インチ, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRY-ST7000c

フロントカメラの大きさ:60 mm x 45 mm x 28 mm, フロントカメラの重量:64 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:400万画素, 撮影できる映像の最大解像度:2560 x 1440, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

OWL-DR801G-2C

フロントカメラの大きさ:80.2 mm x 43.2 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:149 g, バックカメラの大きさ:56.2 mm x 25.6 mm x 25.6 mm, バックカメラの重量:55 g, 画面の大きさ:2.7インチ, 画素数:219万画素, F値:2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

f660gKit

フロントカメラの大きさ:58 mm x 45.3 mm x 43.5 mm, フロントカメラの重量:72 g, バックカメラの大きさ:65 mm x 36.5 mm x 25.5 mm, バックカメラの重量:22 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:200万画素, F値:2.2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:25fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRY-SV8000P

フロントカメラの大きさ:96 mm x 37 mm x 37 mm, フロントカメラの重量:88 g, 画面の大きさ:1.5インチ, 画素数:400万画素, 撮影できる映像の最大解像度:2560 x 1440, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

SUPER NIGHT SN-TW9500d

フロントカメラの大きさ:65 mm x 54 mm x 27 mm, フロントカメラの重量:76 g, バックカメラの大きさ:57 mm x 30 mm x 30 mm, バックカメラの重量:28 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:28fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, カメラが撮影できる範囲:水平:122°°、垂直:65°°、対角:143°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

HORNET HSDR300-701

フロントカメラの大きさ:120 mm x 67 mm x 40 mm, フロントカメラの重量:110 g, 画面の大きさ:3インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:180分, 正常に動作する最高動作温度:65℃, 正常に動作する最低動作温度:-30℃

DRY-SV550P

フロントカメラの大きさ:98 mm x 45 mm x 45 mm, フロントカメラの重量:67 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:100万画素, 撮影できる映像の最大解像度:720 x 1280, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

HDR963GW

フロントカメラの大きさ:90 mm x 56 mm x 26.8 mm, フロントカメラの重量:113 g, バックカメラの大きさ:58 mm x 24.7 mm x 24.5 mm, バックカメラの重量:35 g, 画面の大きさ:2.7インチ, 画素数:200万画素, F値:2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:28fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:120分, カメラが撮影できる範囲:水平:136°°、垂直:70°°、対角:168°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-MR450

フロントカメラの大きさ:64 mm x 62 mm x 35 mm, フロントカメラの重量:80 g, バックカメラの大きさ:44 mm x 40.4 mm x 33 mm, バックカメラの重量:32 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:207万画素, F値:1.8, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:15分, カメラが撮影できる範囲:水平:100°°、垂直:52°°、対角:111°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DIARECO NDR-RC197FM

フロントカメラの大きさ:260 mm x 75 mm x 22 mm, フロントカメラの重量:340 g, バックカメラの大きさ:60 mm x 28 mm x 28 mm, バックカメラの重量:30 g, 画面の大きさ:9.35インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:30fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:180分, カメラが撮影できる範囲:水平:107°°、垂直:56°°、対角:130°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRY-TW7600d

フロントカメラの大きさ:64 mm x 49 mm x 32 mm, フロントカメラの重量:69 g, バックカメラの大きさ:58 mm x 25 mm x 25 mm, バックカメラの重量:19 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:30fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, カメラが撮影できる範囲:水平:120°°、垂直:62°°、対角:150°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DVR-C320R

フロントカメラの大きさ:92 mm x 73.3 mm x 36.8 mm, フロントカメラの重量:166.6 g, バックカメラの大きさ:61.1 mm x 32.8 mm x 27.6 mm, バックカメラの重量:26 g, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:29fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:10分, カメラが撮影できる範囲:水平:112°°、垂直:80°°、対角:160°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-20℃

MAXWIN DVR-D024

画面の大きさ:3インチ, 画素数:500万画素, 撮影できる映像の最大解像度:3840 x 2160, 読み込めるSDカードの最大容量:256GB, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-20℃

GoSafe 381 GS381-8G

フロントカメラの大きさ:71.1 mm x 64.2 mm x 47.9 mm, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:350万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分

Basics D 電源直結モデル

フロントカメラの大きさ:83 mm x 53 mm x 36 mm, フロントカメラの重量:100 g, バックカメラの重量:150 g, 画面の大きさ:2.7インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:25fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

DVR3200-B

フロントカメラの大きさ:63 mm x 58 mm x 38 mm, フロントカメラの重量:83 g, バックカメラの大きさ:76 mm x 38 mm x 35 mm, バックカメラの重量:35 g, 画面の大きさ:2インチ, F値:2.2, 撮影できる映像の最大解像度:2560 x 1440, 撮影できる映像のフレームレート:25fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

MiVue M777D

フロントカメラの大きさ:86 mm x 30 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:52 g, バックカメラの大きさ:40 mm x 30 mm x 30 mm, 画素数:200万画素, F値:1.8, 撮影できる映像のフレームレート:29.1fps, 読み込めるSDカードの最大容量:256GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

SUPER NIGHT Y-200R

フロントカメラの大きさ:62 mm x 52 mm x 36 mm, フロントカメラの重量:98 g, バックカメラの大きさ:55 mm x 25 mm x 25 mm, バックカメラの重量:28 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:200万画素, F値:1.8, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

もっと見る ▼

ドライブレコーダーランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でドライブレコーダーを探す

ブランド名でドライブレコーダーを探す

ドライブレコーダー 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。