DRV-CW560の良さは?類似のものと比較した場合の良さをまとめました

作成日時: 2020年10月28日 07時01分38秒、更新日時: 2020年10月28日 12時21分27秒

DRV-CW560を徹底評価

DRV-CW560を選ぶべき12の理由

  • 画素数はとても大きい(4位/519製品中)
  • 撮影できる映像の最大解像度はかなり高い(14位/534製品中)
  • 録画ファイル1つ当たりの記録時間はとても短い(103位/467製品中)
  • ノイズ軽減機能を搭載している
  • LED信号機を正常に録画できる
  • 明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載している
  • WDRに対応している
  • Full HDに対応している
  • センサーによる自動録画に対応している
  • GPSに対応している
  • Wi-Fiに対応している
  • 買替補償金制度の対象となっている

よく注目される点からDRV-CW560を評価する

DRV-CW560の撮影性能について評価

画素数について

画素数が大きいドライブレコーダーはより鮮明な画質で撮影できる点で使い勝手が良いです。特により鮮明な画質で録画をするようなときで重宝します。

「DRV-CW560」の画素数は840万画素です。平均的なドライブレコーダーと比べて「DRV-CW560」の画素数はとても大きいと言えるでしょう。画素数の大きさランキングで519製品中4位です。また「DRV-CW560」ははっきりと映像を残すことができる点で非常に良いです。事故の際の細かな状況映像を鮮明に記録するのに「DRV-CW560」は非常に向いています。従って「DRV-CW560」を選ぶ大きな要因になるでしょう。これより画素数の大きいドライブレコーダーを選んでもほとんど意味がないと思われます。

画素数評価
DRV-CW560840万画素100/100

ノイズ軽減機能について

ノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーは地上デジタルの受信やカーナビに影響を与えるノイズを軽減することができる点で優れているので、テレビの映像が途中で途切れることなくスムーズに表示すことができる点で使い勝手が良いです。例えば周りの騒音を押さえ、音や声を聞こえやすくするようなケースに最適です。

「DRV-CW560」はノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため地上デジの受信やカーナビに影響を与えるノイズを軽減することができる点で優れています。テレビの映像が途中で途切れることなくスムーズに表示するなら「DRV-CW560」は適しています。

LED信号機の録画について

LED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーは信号の状況を確実に解析できる点で優れているので、事故などの時にLED信号の状態を記録し証明できる点で優れています。特に交差点で事故がおきた際に信号の色を識別するのに最適です。

「DRV-CW560」はLED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーです。そのため信号の状況を確実に解析できる点で優れています。事故などが起こった時に、正確なLED信号機の状態を映像に残して証拠にするのに「DRV-CW560」はおすすめです。

コントラストの自動調整機能について

明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーは自然光の照度の変化に左右されない点で優れているため夜間やトンネル内など周囲が暗く不鮮明な場合に、明るい映像ではっきり記録することができる点で使い勝手が良いです。例えば昼間・夜間の両方の走行を録画するといったようなケースに適しています。

「DRV-CW560」は明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため自然光の照度の変化に左右されずに記録できる点で優れています。反射した光で見づらいところの撮影をするなら「DRV-CW560」は適しています。

WDRについて

WDRに対応しているドライブレコーダーは明るさを調整してくれるため昼間や逆光などでの見辛さを解消できる点で使い勝手が良いです。特に昼夜や場所を問わず録画するような場合で役に立ちます。

「DRV-CW560」はWDRに対応しているドライブレコーダーです。そのため暗い場所でも明るい映像として録画できる点で使い勝手が良いです。逆光や車のライトなどによって不鮮明な映像を録画しないようにするなら「DRV-CW560」は向いています。

DRV-CW560の撮影機能について評価

自動録画機能について

センサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーは危険を察知して撮影を開始できる点で使い勝手が良いです。例えば衝撃や動きがあるときだけ録画するのでハードディスクの容量を節約するのに適しています。

「DRV-CW560」はセンサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーです。そのため運転手不在の場合でも録画できる点で使い勝手が良いです。車上荒らしの証拠映像を記録するのに「DRV-CW560」はオススメです。

DRV-CW560のその他について評価

GPSについて

GPSに対応しているドライブレコーダーは位置情報や時間を記録できるので、事故にあった時にも証拠として記録を残すことができる点で秀でています。特に位置情報を含めより詳細で正確な走行記録をするようなケースで役立ちます。

「DRV-CW560」はGPSに対応しているドライブレコーダーです。そのためどの場所で撮影された映像なのかが分かる点で秀でています。事故のときに正確な場所を特定できるため信頼性の高い証拠映像を撮影するなら「DRV-CW560」は適しています。

Wi-Fiについて

Wi-Fiに対応しているドライブレコーダーはWi-Fi対応してるスマホやパソコンなどの機器と連動することで、データを共有できる点で秀でています。特に撮影した映像をパソコンやスマホなどに送信して閲覧するといった場合におすすめです。

「DRV-CW560」はWi-Fiに対応しているドライブレコーダーです。そのためスマートフォンと接続し、録画した映像を表示・再生することができる点で優れています。スマホとデータを共有することで撮影した映像を確認したり、操作したりするのに「DRV-CW560」は向いています。

買替補償金制度対象可否について

買替補償金制度の対象となっているドライブレコーダーは事故などで買い替えが必要となった場合に購入費用や諸経費の負担を軽くできる点で使い勝手が良いです。例えば事故にあったときに補償があるので新しい機種への買い替え費用を節約するようなケースに適しています。

「DRV-CW560」は買替補償金制度の対象となっているドライブレコーダーです。そのためレッカー搬送を伴う交通事故で、再購入時にドライブレコーダー協議会から一律4万円の補償金を受けることができる点で優れています。事故の際、それを買い替えるのに必要な経済的負担を軽くするなら「DRV-CW560」は向いています。

DRV-CW560の設置条件について評価

正常に動作する最高動作温度について

正常に動作する最高動作温度が高いドライブレコーダーは真夏の車内でも故障せずに使用できる点で秀でています。特に気温の高い地域、また夏季などにドライブをするといった場合におススメです。

「DRV-CW560」の正常に動作する最高動作温度は60℃です。「DRV-CW560」の最高動作温度は平均的なドライブレコーダーと比較するとほぼ同じと言えます。正常に動作する最高動作温度の高さランキングで全412製品中191位のドライブレコーダーです。車内温度の高い時期や場所で使用するのに通常のケースであれば「DRV-CW560」でもおそらく十分と言えます。通常利用であれば比較的問題を感じにくいですが、「DRV-CW560」が特別に優れているとは言えないでしょう。こだわりが強い人には不十分である可能性があり、もう一つ上を考えることをおすすめします。

正常に動作する最高動作温度評価
DRV-CW56060℃42/100

正常に動作する最低動作温度について

正常に動作する最低動作温度が低いドライブレコーダーは気温が極端に低い環境への耐用性に優れ、寒い冬場でも安定した性能を期待できる点で秀でています。例えば雪国などの寒い場所でも使用するといったケースに向いています。

正常に動作する最低動作温度について「DRV-CW560」は-10℃です。平均的なドライブレコーダーと比べると「DRV-CW560」の最低動作温度はほとんど同じだと言えるでしょう。正常に動作する最低動作温度の低さランキングで見てみると全458製品中177位に入るドライブレコーダーです。凍ってしまうような寒冷地で早朝から運転するのに通常なら「DRV-CW560」でもおそらく十分と言えるでしょう。通常利用であれば比較的問題を感じにくいという程度のため「DRV-CW560」が特別に良いとは言えません。少しのストレスも感じたくない人には不十分である可能性があるので、もうワンランク上のドライブレコーダーにした方がいいでしょう。

正常に動作する最低動作温度評価
DRV-CW560-10℃45/100

DRV-CW560の基本情報について評価

フロントカメラの大きさについて

フロントカメラの大きさが小さいドライブレコーダーは運転中の視野を遮ることなく快適に運転できる点で優れています。特に視界を遮ることなく運転をするといったときに適しています。

「DRV-CW560」のフロントカメラの大きさは81 mm×74 mm×61 mmです。「DRV-CW560」のフロントカメラは普通のドライブレコーダーと比べてとても大きいと言えるでしょう。フロントカメラのコンパクトさランキングでは528製品中473位くらいになります。視界を遮るリスクを低減できない点で「DRV-CW560」は良いとは言えないでしょう。視界にちらついて邪魔なので、快適に運転したいときに「DRV-CW560」はほとんどおすすめではありません。フロントカメラの大きさにこだわりが無くても普通に利用していてストレスを感じるでしょう。そのためワンランク上のドライブレコーダーにした方がいいかもしれません。

フロントカメラの大きさ評価
DRV-CW56081 mm x 74 mm x 61 mm9/100

フロントカメラの重量について

フロントカメラの重量が軽いドライブレコーダーは軽くて設置を簡単にできる点で使い勝手が良いです。例えば装着しても落ちにくくフロントガラスに付けて使用するといったようなケースで役立ちます。

「DRV-CW560」のフロントカメラの重さは137 gです。「DRV-CW560」のフロントカメラは一般的ドライブレコーダーよりとても重いと言えます。フロントカメラの軽量さランキングで見てみると534製品の中で450位くらいに位置付けられます。また「DRV-CW560」はドライブ中の振動によって位置のずれが生じやすいためしっかりと固定する必要があり、手軽でスマートに設置できない点で良いとは言えません。装着部品をシンプルにしたいなら「DRV-CW560」は全くおすすめではありません。フロントカメラの重さにほとんど関心が無くても日常的に使っていてストレスを感じる可能性があるためもう一つ上のドライブレコーダーの検討をおすすめします。

フロントカメラの重量評価
DRV-CW560137 g15/100

DRV-CW560の録画性能について評価

Full HDについて

Full HDに対応しているドライブレコーダーは再生時に綺麗な画質で見ることができるため細部の確認ができる点で使い勝手が良いです。特にナンバープレートなど見えにくくなりがちな小さな文字をクリアに再生するといったような場合で重宝します。

「DRV-CW560」はFull HDに対応しているドライブレコーダーです。そのため画像の質が高く、はっきり撮影する事ができる点で使い勝手が良いです。車上荒らしなどの犯人の特定をするなら「DRV-CW560」は向いています。

撮影できる映像の最大解像度について

撮影できる映像の最大解像度が高いドライブレコーダーは映像の一部を綺麗なまま拡大できる点で優れています。例えば映像をきれいに撮影できる点で優れているので、事故の際相手の車のナンバープレートや、運転者などが鮮明に記録されることで後の立件などをするといったようなケースにおすすめです。

「DRV-CW560」の撮影できる映像の最大解像度は2160×2160です。普通のドライブレコーダーよりも、「DRV-CW560」の解像度はかなり高いと言えるでしょう。撮影できる映像の最大解像度の高さランキングで534製品中14位です。後で確認する際に必要な文字情報や人物の詳細が細かく確認できる点で「DRV-CW560」は秀でています。当て逃げされた時にナンバープレートの数字など細かい部分を把握するなら「DRV-CW560」はとてもオススメです。そのため「DRV-CW560」はかなりおすすめでしょう。これよりも解像度の高いドライブレコーダーを選んでも「DRV-CW560」との差をほとんど感じられないでしょう。

撮影できる映像の最大解像度評価
DRV-CW5602160 x 216098/100

読み込めるSDカードの最大容量について

読み込めるSDカードの最大容量が大きいドライブレコーダーは長時間の録画をする事ができる点で使い勝手が良いです。例えば録画可能時間を長くするような場合におすすめです。

「DRV-CW560」の読み込めるSDカードの最大容量は32GBです。「DRV-CW560」の読み込めるSDカードの最大容量は標準的なドライブレコーダーよりもどちらかと言えば小さい方だと言えるでしょう。読み込めるSDカード容量の大きさランキングで全579製品中325位のドライブレコーダーです。多くの映像や画像を保存できない点で「DRV-CW560」はあまり良いとは言えません。高画質で録画したいときに「DRV-CW560」はあまりオススメではありません。読み込めるSDカードの最大容量で見るなら「DRV-CW560」は選ばない方がいいです。

読み込めるSDカードの最大容量評価
DRV-CW56032GB30/100

録画ファイル1つ当たりの記録時間について

録画ファイル1つ当たりの記録時間が短いドライブレコーダーはドライブレコーダーに負担を掛けずにデータを記録できる点で秀でています。特に記録の確認をする際に、ピンポイントでその場面を確認するといったようなときで役立ちます。

録画ファイル一つ当たりの記録時間について見ると「DRV-CW560」は60分です。「DRV-CW560」の記録時間は標準的なドライブレコーダーよりかなり短いです。録画ファイル1つ当たりの記録時間の短さランキングでは467製品中103位に位置します。短い時間でファイルが分かれているため、映像のサムネを表示したときに一覧性が高くなり、事故があった時の映像をすぐに見つけることができる点で「DRV-CW560」は秀でていると言えます。事故などの際に必要な部分だけを証拠として提出するなら「DRV-CW560」は非常にオススメです。そのため「DRV-CW560」にする大きな理由となるでしょう。これより時間の短いドライブレコーダーを選んでも「DRV-CW560」との差をほとんど感じられないでしょう。

録画ファイル1つ当たりの記録時間評価
DRV-CW56060分90/100

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間について

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間が長いドライブレコーダーはもしもの事故時の映像をより長く記録できる点で使い勝手が良いです。特に事故などの際に重要となりそうな証拠などを長時間記録するのにおすすめです。

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間を見ると「DRV-CW560」は25分です。一般的ドライブレコーダーより、「DRV-CW560」の映像を記録しておける時間はやや短いです。車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間の長さランキングで287製品のなかで173位に入ります。また「DRV-CW560」はドライブレコーダーが動いていない停車中の衝突事故の際、事故前後に起こるハプニングやいざこざまでしっかり記録しておくことが難しい点でどちらかといとよいとは言えません。衝撃後に発生したトラブルなどの状況をしっかりと確認するなら「DRV-CW560」は比較的不向きです。車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間という観点で見るなら「DRV-CW560」は選択肢に入らないでしょう。

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間評価
DRV-CW56025分38/100

DRV-CW560の仕様・スペックを競合製品と比較

大きさ(フロントカメラ)

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ(フロントカメラ)

DRV-CW560

9.6-フロントカメラの大きさ:81 mm x 74 mm x 61 mm

DRV-MR745

47.8フロントカメラの大きさ:87.9 mm x 50.6 mm x 34.4 mm

DRV-340

68.4フロントカメラの大きさ:61 mm x 54 mm x 32 mm

DRV-MR740

52.0フロントカメラの大きさ:87.9 mm x 50.6 mm x 31.9 mm

DRV-830

42.8フロントカメラの大きさ:87 mm x 55 mm x 35 mm

DRV-240

68.4フロントカメラの大きさ:61 mm x 54 mm x 32 mm

DRV-650

43.7フロントカメラの大きさ:90.2 mm x 49.1 mm x 37.2 mm

DRV-MP740

52.0フロントカメラの大きさ:87.9 mm x 50.6 mm x 31.9 mm

フロントカメラ(フロントカメラ)

画像製品名評価比較したときのおススメ度フロントカメラ(フロントカメラ)

DRV-CW560

15.9-フロントカメラの重量:137 g

DRV-MR745

28.4フロントカメラの重量:108 g

DRV-340

68.7フロントカメラの重量:64 g

DRV-MR740

29.6フロントカメラの重量:106 g

DRV-830

27.3フロントカメラの重量:110 g

DRV-240

79.0フロントカメラの重量:57 g

DRV-MN940

60.9フロントカメラの重量:70 g

DRV-650

30.8フロントカメラの重量:104 g

画素数

画像製品名評価比較したときのおススメ度画素数

DRV-CW560

100.0-画素数:840万画素

DRV-MR745

71.4画素数:210万画素

DRV-340

69.0画素数:207万画素

DRV-MR740

69.8画素数:208万画素

DRV-830

99.5画素数:400万画素

DRV-240

69.0画素数:207万画素

DRV-MN940

69.0画素数:207万画素

DRV-650

69.0画素数:207万画素

映像解像度

画像製品名評価比較したときのおススメ度映像解像度

DRV-CW560

98.3-撮影できる映像の最大解像度:2160 x 2160

DRV-MR745

67.1撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080

DRV-340

67.1撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080

DRV-MR740

67.1撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080

DRV-830

98.0撮影できる映像の最大解像度:2560 x 1440

DRV-240

67.1撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080

DRV-MN940

67.1撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080

DRV-650

67.1撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080

SDカード最大対応容量

画像製品名評価比較したときのおススメ度SDカード最大対応容量

DRV-CW560

30.0-読み込めるSDカードの最大容量:32GB

DRV-MR745

30.0読み込めるSDカードの最大容量:32GB

DRV-340

30.0読み込めるSDカードの最大容量:32GB

DRV-MR740

30.0読み込めるSDカードの最大容量:32GB

DRV-830

90.0読み込めるSDカードの最大容量:128GB

DRV-240

30.0読み込めるSDカードの最大容量:32GB

DRV-MN940

90.0読み込めるSDカードの最大容量:128GB

DRV-650

30.0読み込めるSDカードの最大容量:32GB

録画ファイル構成

画像製品名評価比較したときのおススメ度録画ファイル構成

DRV-CW560

90.0-録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分

DRV-MR745

90.0録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分

DRV-340

10.0録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分

DRV-MR740

90.0録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分

DRV-830

10.0録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分

DRV-240

10.0録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分

DRV-MN940

90.0録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分

DRV-650

10.0録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分

イベント録画時間

画像製品名評価比較したときのおススメ度イベント録画時間

DRV-CW560

38.8-車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:25分

DRV-MR745

62.5車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分

DRV-340

97.8車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:300分

DRV-MR740

62.5車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分

DRV-830

62.5車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分

DRV-240

97.8車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:300分

DRV-MN940

62.5車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分

DRV-650

24.9車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:15分

最高動作温度

画像製品名評価比較したときのおススメ度最高動作温度

DRV-CW560

42.8-正常に動作する最高動作温度:60℃

DRV-MR745

42.8正常に動作する最高動作温度:60℃

DRV-340

42.8正常に動作する最高動作温度:60℃

DRV-MR740

42.8正常に動作する最高動作温度:60℃

DRV-830

42.8正常に動作する最高動作温度:60℃

DRV-240

42.8正常に動作する最高動作温度:60℃

DRV-MN940

42.8正常に動作する最高動作温度:60℃

DRV-650

42.8正常に動作する最高動作温度:60℃

最低動作温度

画像製品名評価比較したときのおススメ度最低動作温度

DRV-CW560

45.6-正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-MR745

45.6正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-340

45.6正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-MR740

45.6正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-830

45.6正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-240

45.6正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-MN940

45.6正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-650

45.6正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-CW560の詳細情報

DRV-CW560
画像DRV-CW560
フロントカメラの大きさ81 mm x 74 mm x 61 mm
フロントカメラの重量137 g
モニターを搭載しているかどうか×
画素数840万画素
ノイズ軽減機能を搭載しているかどうか
LED信号機を正常に録画できるかどうか
明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているかどうか
WDRに対応しているかどうか
Full HDに対応しているかどうか
撮影できる映像の最大解像度2160 x 2160
読み込めるSDカードの最大容量32GB
録画ファイル1つ当たりの記録時間60分
車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間25分
センサーによる自動録画に対応しているかどうか
駐車中の監視に対応しているかどうか×
正常に動作する最高動作温度60℃
正常に動作する最低動作温度-10℃
GPSに対応しているかどうか
Wi-Fiに対応しているかどうか
買替補償金制度の対象となっているかどうか

類似のドライブレコーダーを探す

他のドライブレコーダーと比較する

価格をチェックする

DRV-CW560の価格を今すぐチェック

DRV-CW560と評価が同程度のドライブレコーダーを探す

N-M430DC

フロントカメラの大きさ:305 mm x 80 mm x 35 mm, フロントカメラの重量:210 g, 画面の大きさ:4.3インチ, 画素数:100万画素, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DVR3100

フロントカメラの大きさ:97 mm x 53 mm x 29 mm, フロントカメラの重量:70 g, バックカメラの大きさ:58 mm x 38 mm x 29 mm, バックカメラの重量:25 g, 画面の大きさ:3インチ, F値:2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:50分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

AKWDRCAR

フロントカメラの大きさ:65 mm x 60 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:58 g, 画面の大きさ:2.4インチ, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分

HDR360GW

フロントカメラの大きさ:109 mm x 66 mm x 41.7 mm, フロントカメラの重量:133 g, バックカメラの大きさ:58 mm x 24.7 mm x 24.5 mm, バックカメラの重量:35 g, 画面の大きさ:2.4インチ, 画素数:200万画素, F値:2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:28fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:120分, カメラが撮影できる範囲:水平:136°°、垂直:70°°、対角:168°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

HORNET HSDR300-701

フロントカメラの大きさ:120 mm x 67 mm x 40 mm, フロントカメラの重量:110 g, 画面の大きさ:3インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:180分, 正常に動作する最高動作温度:65℃, 正常に動作する最低動作温度:-30℃

Around Reco BCC360

フロントカメラの大きさ:64 mm x 62 mm x 42 mm, フロントカメラの重量:100 g, 画素数:1353万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1440 x 1440, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:20分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

VREC-DS800DC

フロントカメラの重量:130 g, バックカメラの重量:105 g, 画素数:200万画素, F値:2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:20分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

CS-71FW

フロントカメラの大きさ:96 mm x 43.5 mm x 29.5 mm, フロントカメラの重量:107 g, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:20分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

MiVue M777D

フロントカメラの大きさ:86 mm x 30 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:52 g, バックカメラの大きさ:40 mm x 30 mm x 30 mm, 画素数:200万画素, F値:1.8, 撮影できる映像のフレームレート:29.1fps, 読み込めるSDカードの最大容量:256GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

MiVue M760D

フロントカメラの重量:52 g, バックカメラの重量:52 g, 画素数:200万画素, F値:1.6, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:15分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

movio MDVR304MRREAR

フロントカメラの大きさ:300 mm x 72 mm x 8 mm, フロントカメラの重量:192 g, 画面の大きさ:4.18インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像のフレームレート:25fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 正常に動作する最高動作温度:80℃, 正常に動作する最低動作温度:-20℃

SW-MS01

フロントカメラの大きさ:62 mm x 62 mm x 62 mm, フロントカメラの重量:78 g, バックカメラの重量:72 g, 画面の大きさ:1.3インチ, 画素数:200万画素, F値:2.2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:25fps, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

KH-BDR100

フロントカメラの大きさ:82 mm x 32 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:90 g, 画素数:100万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB

NEXTEC NX-DR W2

フロントカメラの大きさ:54 mm x 50 mm x 24 mm, フロントカメラの重量:43 g, 画面の大きさ:1.5インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

もっと見る ▼

ドライブレコーダーランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でドライブレコーダーを探す

ブランド名でドライブレコーダーを探す

ドライブレコーダー 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。