CS-71FWを選んだ方がいいのか?レビューや評価しました

作成日時: 2020年12月10日 08時10分43秒, 更新日時: 2020年12月10日 09時27分03秒

CS-71FWを徹底評価

CS-71FWに関する特徴を、みんなが良く見る点はもちろん詳細な点まで解説。どういった良い点悪い点があるのでしょうか? CS-71FWにした方がいいのか考えているならオススメです!

メリット

  • 録画ファイル1つ当たりの記録時間はとても短い

デメリット

  • フロントカメラの重量はやや重い
  • 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間はやや短い

特徴

  • ノイズ軽減機能を搭載している
  • LED信号機を正常に録画できる
  • 明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載している
  • HDRに対応している
  • Full HDに対応している
  • センサーによる自動録画に対応している
  • 前の車両が発進したことを教えてくれる
  • 前方車両と接近しすぎていることを警告してくれる
  • 車線からはみ出した時に警告してくれる
  • GPSに対応している
  • Wi-Fiに対応している
  • 買替補償金制度の対象となっている

よく注目される点からCS-71FWを評価する

CS-71FWの撮影性能について評価

画素数について

「CS-71FW」の画素数は200万画素です。「CS-71FW」の画素数は一般的ドライブレコーダーと比べて比較的大きいと言えるでしょう。はっきりと映像を残すことができる点で「CS-71FW」は良いです。事故の際の細かな状況映像を鮮明に記録するときに「CS-71FW」は比較的向いています。従って画素数という観点で見るなら「CS-71FW」は候補の一つになるでしょう。通常利用であれば問題ないですが、ストレスフリーのためワンランク上のドライブレコーダーを検討してもいいでしょう。

画素数評価
CS-71FW200万画素63/100

ノイズ軽減機能について

「CS-71FW」はノイズ軽減機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため地上デジの受信やカーナビに影響を与えるノイズを軽減することができる点で優れています。テレビの映像が途中で途切れることなくスムーズに表示するなら「CS-71FW」は適しています。

LED信号機の録画について

「CS-71FW」はLED信号機を正常に録画できるドライブレコーダーです。そのため信号の状況を確実に解析できる点で優れています。事故などの時にLED信号の状態を証明するなら「CS-71FW」はおすすめです。

コントラストの自動調整機能について

「CS-71FW」は明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているドライブレコーダーです。そのため自然光の照度の変化に左右されずに記録できる点で優れています。夜間やトンネル内など周囲が暗く不鮮明な場合に、明るい映像ではっきり視認するなら「CS-71FW」はオススメです。

HDRについて

「CS-71FW」はHDRに対応しているドライブレコーダーです。そのため夜間や悪天候の際に、より鮮明に記録できる点で使い勝手が良いです。外の明暗に左右されることなく画面を見やすく表示するなら「CS-71FW」はおすすめです。

CS-71FWのその他について評価

GPSについて

「CS-71FW」はGPSに対応しているドライブレコーダーです。そのためどの場所で撮影された映像なのかが分かる点で秀でています。事故のときに正確な場所を特定できるため信頼性の高い証拠映像を撮影するなら「CS-71FW」は適しています。

Wi-Fiについて

「CS-71FW」はWi-Fiに対応しているドライブレコーダーです。そのためスマートフォンと接続し、録画した映像を表示・再生することができる点で優れています。スマホとデータを共有することで撮影した映像を確認したり、操作したりするのに「CS-71FW」は向いています。

買替補償金制度対象可否について

「CS-71FW」は買替補償金制度の対象となっているドライブレコーダーです。そのためレッカー搬送を伴う交通事故で、再購入時にドライブレコーダー協議会から一律4万円の補償金を受けることができる点で優れています。事故の際、それを買い替えるのに必要な経済的負担を軽くするなら「CS-71FW」は向いています。

CS-71FWの設置条件について評価

正常に動作する最高動作温度について

「CS-71FW」の正常に動作する最高動作温度は60℃です。「CS-71FW」の最高動作温度は平均的なドライブレコーダーと比較するとほぼ同じと言えます。夏場で直射日光に当たり続けるような場所で使用するのに通常の場合であれば「CS-71FW」でもおそらく十分と言えます。通常利用であれば比較的問題を感じにくいですが、「CS-71FW」が特別に優れているとは言えないでしょう。こだわりが強い人には不十分である可能性があり、もう一つ上を考えることをおすすめします。

正常に動作する最高動作温度評価
CS-71FW60℃42/100

正常に動作する最低動作温度について

正常に動作する最低動作温度について「CS-71FW」は-10℃です。平均的なドライブレコーダーと比べると「CS-71FW」の最低動作温度はほとんど同じだと言えるでしょう。冬場の寒い時期や寒冷地でも録画できる点で「CS-71FW」はどちらかといえば優れています。凍ってしまうような寒冷地で早朝から運転したいなら「CS-71FW」はややおすすめです。従って正常に動作する最低動作温度という点で見るなら「CS-71FW」は候補の一つになります。通常利用であれば問題ないと思われますが、最低動作温度がもう少し低いドライブレコーダーもあるためすごく優れているというわけではありません。

正常に動作する最低動作温度評価
CS-71FW-10℃45/100

CS-71FWの撮影機能について評価

自動録画機能について

「CS-71FW」はセンサーによる自動録画に対応しているドライブレコーダーです。そのため運転していない時でも録画できる点で使い勝手が良いです。車上荒らしの証拠映像を記録するのに「CS-71FW」はオススメです。

CS-71FWの基本情報について評価

フロントカメラの大きさについて

フロントカメラの大きさを見ると「CS-71FW」は96 mm×43.5 mm×29.5 mmです。「CS-71FW」のフロントカメラの大きさは一般的ドライブレコーダーと比べると同程度です。カメラが視界に入って運転を邪魔してしまわないよう設置するのに通常の場合であれば「CS-71FW」を選んでもおそらく問題に感じることはないだと言えるでしょう。普通に使う分にはそれなりに使えるという程度のため、特段に優れているという程でもありません。少しでも快適に使いたい人やこだわりが強い人にとっては不十分であるかもしれないため、もう一つ上のドライブレコーダーを見てみた方が良さそうです。

フロントカメラの大きさ評価
CS-71FW96 mm x 43.5 mm x 29.5 mm59/100

フロントカメラの重量について

フロントカメラの重さについて見ると「CS-71FW」は107 gです。「CS-71FW」のフロントカメラは普通のドライブレコーダーと比べてやや重いです。また「CS-71FW」はドライブ中の振動によって位置のずれが生じやすいためしっかりと固定する必要があり、手軽でスマートに設置できない点で良いとは言えません。十分な強度が期待できない場所に取り付けするなら「CS-71FW」はほとんどおすすめ出来ません。フロントカメラの重さにほとんど関心が無くても日常的に使っていてストレスを感じる可能性があるためもう一つ上のドライブレコーダーの検討をおすすめします。

フロントカメラの重量評価
CS-71FW107 g29/100

CS-71FWの運転支援機能について評価

先行車発進お知らせ機能について

「CS-71FW」は前の車両が発進したことを教えてくれるドライブレコーダーです。そのため渋滞したときなどに少し気を落ち着けることができる点で優れています。後ろ車からクラクションを鳴らされるなど余計なトラブルを回避するなら「CS-71FW」は向いています。

先行車接近お知らせ機能について

「CS-71FW」は前方車両と接近しすぎていることを警告してくれるドライブレコーダーです。そのため車間距離を確保したり、居眠り運転を防止できる点で使い勝手が良いです。疲れていて運転に集中できていない時の追突を防止するのに「CS-71FW」は適しています。

車線逸脱お知らせ機能について

「CS-71FW」は車線からはみ出した時に警告してくれるドライブレコーダーです。そのため車線からはみ出ないことを意識しすぎるあまり脇見運転となってしまうことを防ぐことができる点で秀でています。狭い道の運転やカーブの多い道路を運転するなら「CS-71FW」はおすすめです。

CS-71FWの録画性能について評価

Full HDについて

「CS-71FW」はFull HDに対応しているドライブレコーダーです。そのため綺麗な画質で録画をすることができる点で使い勝手が良いです。景色の良いところを思い出の映像として残して保存するなら「CS-71FW」は適しています。

撮影できる映像の最大解像度について

撮影できる映像の最大解像度について「CS-71FW」は1920×1080です。普通のドライブレコーダーより「CS-71FW」の解像度は比較的高いと言えるでしょう。また「CS-71FW」は映像をきれいに撮影できる点でよいです。当て逃げされた時にナンバープレートの数字など細かい部分を把握したいときに「CS-71FW」はやや向いています。そのため撮影できる映像の最大解像度という観点から選ぶなら「CS-71FW」は一つの候補でしょう。通常利用であれば十分と思われますが、ヘビーユーザーは一つ上を検討してもいいでしょう。

撮影できる映像の最大解像度評価
CS-71FW1920 x 108067/100

読み込めるSDカードの最大容量について

「CS-71FW」の読み込めるSDカードの最大容量は64GBです。普通のドライブレコーダーよりも「CS-71FW」の読み込めるSDカードの容量は比較的大きいと言えます。また「CS-71FW」はより長時間にわたって大容量の録画をできる点でどちらかといえば優れていると言えます。頻繁に動画を消去しなくても、ある程度長い期間録画して保存したい場合に「CS-71FW」は比較的オススメです。従って読み込めるSDカードの最大容量で選ぶなら「CS-71FW」は一つの候補です。普通に使う分には不満を感じない水準と言えますが、強いこだわりがある人はワンランク上を考えてみてもいいでしょう。

読み込めるSDカードの最大容量評価
CS-71FW64GB60/100

録画ファイル1つ当たりの記録時間について

録画ファイル一つ当たりの記録時間について見ると「CS-71FW」は60分です。「CS-71FW」の記録時間は標準的なドライブレコーダーよりかなり短いです。短い時間でファイルが分かれているため、映像のサムネを表示したときに一覧性が高くなり、事故があった時の映像をすぐに見つけることができる点で「CS-71FW」は秀でていると言えます。事故などの際に必要な部分だけを証拠として提出するなら「CS-71FW」は非常にオススメです。そのため「CS-71FW」にする大きな理由となるでしょう。これより時間の短いドライブレコーダーを選んでも「CS-71FW」との差をほとんど感じられないでしょう。

録画ファイル1つ当たりの記録時間評価
CS-71FW60分90/100

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間について

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間を見ると「CS-71FW」は20分です。一般的ドライブレコーダーより、「CS-71FW」の映像を記録しておける時間はやや短いです。また「CS-71FW」はドライブレコーダーが動いていない停車中の衝突事故の際、事故前後に起こるハプニングやいざこざまでしっかり記録しておくことが難しい点でどちらかといとよいとは言えません。衝撃後に発生したトラブルなどの状況をしっかりと確認するなら「CS-71FW」は比較的不向きです。車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間という観点で見るなら「CS-71FW」は選択肢に入らないでしょう。

車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間評価
CS-71FW20分32/100

CS-71FWの詳細情報

CS-71FW
画像CS-71FW
フロントカメラの大きさ96 mm x 43.5 mm x 29.5 mm
フロントカメラの重量107 g
モニターを搭載しているかどうか×
画素数200万画素
ノイズ軽減機能を搭載しているかどうか
LED信号機を正常に録画できるかどうか
明るさを自動調整して見やすい映像に補正する機能を搭載しているかどうか
HDRに対応しているかどうか
Full HDに対応しているかどうか
撮影できる映像の最大解像度1920 x 1080
読み込めるSDカードの最大容量64GB
録画ファイル1つ当たりの記録時間60分
車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間20分
センサーによる自動録画に対応しているかどうか
駐車中の監視に対応しているかどうか×
前の車両が発進したことを教えてくれるかどうか
前方車両と接近しすぎていることを警告してくれるかどうか
車線からはみ出した時に警告してくれるかどうか
正常に動作する最高動作温度60℃
正常に動作する最低動作温度-10℃
GPSに対応しているかどうか
Wi-Fiに対応しているかどうか
買替補償金制度の対象となっているかどうか

類似した性能のドライブレコーダーを見る

他のドライブレコーダーと比較する

価格をチェックする

CS-71FWの価格を今すぐチェック

CS-71FWと評価が同程度のドライブレコーダーを探す

DVR-C02R

フロントカメラの大きさ:109.9 mm x 83.6 mm x 42.4 mm, フロントカメラの重量:150 g, バックカメラの重量:22 g, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:30fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:40分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:20分, カメラが撮影できる範囲:水平:106°°、垂直:66°°、対角:126°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-20℃

Everio GC-DR20-B

フロントカメラの大きさ:63 mm x 51 mm x 28 mm, フロントカメラの重量:61 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:211万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:120分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:50分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

Journey Plus R

フロントカメラの大きさ:87.5 mm x 54 mm x 28 mm, フロントカメラの重量:96 g, バックカメラの大きさ:23.4 mm x 23.2 mm x 23 mm, 画面の大きさ:3インチ, 画素数:200万画素, F値:2.5, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:720fps, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, カメラが撮影できる範囲:水平:80°°、垂直:60°°、対角:100°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

CB-R02

フロントカメラの大きさ:98 mm x 62 mm x 24.5 mm, フロントカメラの重量:128 g, 画面の大きさ:3.2インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:30分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:30分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

CB-R01

フロントカメラの大きさ:112 mm x 65 mm x 25 mm, フロントカメラの重量:139 g, 画面の大きさ:3.2インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:30分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:30分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

GRAVITY 究極セット

フロントカメラの大きさ:85 mm x 52 mm x 28 mm, フロントカメラの重量:90 g, バックカメラの大きさ:56 mm x 32 mm x 29 mm, バックカメラの重量:30 g, 画面の大きさ:3インチ, 画素数:200万画素, F値:1.9, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, カメラが撮影できる範囲:水平:104°°、垂直:55°°、対角:126°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

S-CREW ISDR-400

フロントカメラの大きさ:86 mm x 58 mm x 34 mm, フロントカメラの重量:90 g, バックカメラの重量:22 g, 画面の大きさ:2.4インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:29fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:10分, カメラが撮影できる範囲:水平:100°°、垂直:67°°、対角:130°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRY-ST7000c

フロントカメラの大きさ:60 mm x 45 mm x 28 mm, フロントカメラの重量:64 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:400万画素, 撮影できる映像の最大解像度:2560 x 1440, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

DRV-230

フロントカメラの大きさ:62 mm x 51 mm x 37 mm, フロントカメラの重量:63 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:211万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:300分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

L0400

フロントカメラの大きさ:305 mm x 85 mm x 12 mm, 画面の大きさ:4.3インチ, 撮影できる映像の最大解像度:720 x 640, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB

ND-DVR30

フロントカメラの大きさ:78.5 mm x 68 mm x 36.8 mm, フロントカメラの重量:110 g, 画面の大きさ:2.4インチ, 画素数:300万画素, 撮影できる映像の最大解像度:2304 x 1296, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:20分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DVR3100

フロントカメラの大きさ:97 mm x 53 mm x 29 mm, フロントカメラの重量:70 g, バックカメラの大きさ:58 mm x 38 mm x 29 mm, バックカメラの重量:25 g, 画面の大きさ:3インチ, F値:2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:50分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRY-SV8000P

フロントカメラの大きさ:96 mm x 37 mm x 37 mm, フロントカメラの重量:88 g, 画面の大きさ:1.5インチ, 画素数:400万画素, 撮影できる映像の最大解像度:2560 x 1440, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:0℃

KH-DR3200

フロントカメラの重量:110 g, 画面の大きさ:3インチ, 画素数:200万画素, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:600分

LG innotek LGD-200

フロントカメラの大きさ:112 mm x 68 mm x 31 mm, フロントカメラの重量:110 g, バックカメラの大きさ:52 mm x 41 mm x 32 mm, バックカメラの重量:28 g, 画面の大きさ:3.5インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:30fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:30分, カメラが撮影できる範囲:水平:101°°、垂直:70°°、対角:120°°, 正常に動作する最高動作温度:70℃, 正常に動作する最低動作温度:-20℃

DRY-WiFi20c

フロントカメラの大きさ:63 mm x 50 mm x 19 mm, フロントカメラの重量:66 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:300万画素, 撮影できる映像の最大解像度:2304 x 1296, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:180分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分

PIXYDA PDR800FR

フロントカメラの重量:104.5 g, バックカメラの重量:25 g, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:29fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:10分, カメラが撮影できる範囲:水平:112°°、垂直:64°°、対角:140°°, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

CS-32FH

フロントカメラの大きさ:87 mm x 45 mm x 25 mm, フロントカメラの重量:91 g, バックカメラの大きさ:34.5 mm x 34.5 mm x 16 mm, バックカメラの重量:19 g, 画面の大きさ:2.4インチ, 画素数:200万画素, F値:2, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:30fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:20分, カメラが撮影できる範囲:水平:119°°、垂直:62°°、対角:160°°, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DrivePro 550A TS-DP550A-64G

フロントカメラの大きさ:95.6 mm x 65.9 mm x 40.5 mm, フロントカメラの重量:107 g, 画面の大きさ:2.4インチ, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:300分, 正常に動作する最高動作温度:65℃, 正常に動作する最低動作温度:-20℃

CS-360FH

フロントカメラの大きさ:101 mm x 51 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:98 g, 画面の大きさ:1.44インチ, 画素数:200万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:20分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-250

フロントカメラの大きさ:60.8 mm x 58.1 mm x 33.9 mm, フロントカメラの重量:60 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:207万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:57分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

DRV-355

フロントカメラの大きさ:60.8 mm x 58.1 mm x 33.9 mm, フロントカメラの重量:66 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:207万画素, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 読み込めるSDカードの最大容量:32GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:57分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

FineVu X3

フロントカメラの大きさ:99 mm x 63 mm x 30 mm, フロントカメラの重量:100 g, バックカメラの重量:22 g, 画面の大きさ:3.5インチ, 画素数:100万画素, 撮影できる映像の最大解像度:720 x 1280, 撮影できる映像のフレームレート:30fps, 読み込めるSDカードの最大容量:64GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:30分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

SUPER NIGHT Y-200R

フロントカメラの大きさ:62 mm x 52 mm x 36 mm, フロントカメラの重量:98 g, バックカメラの大きさ:55 mm x 25 mm x 25 mm, バックカメラの重量:28 g, 画面の大きさ:2インチ, 画素数:200万画素, F値:1.8, 撮影できる映像の最大解像度:1920 x 1080, 撮影できる映像のフレームレート:27.5fps, 読み込めるSDカードの最大容量:128GB, 録画ファイル1つ当たりの記録時間:60分, 車に衝撃が加わったときに映像を記録しておける時間:60分, 正常に動作する最高動作温度:60℃, 正常に動作する最低動作温度:-10℃

もっと見る ▼

ドライブレコーダーランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でドライブレコーダーを探す

ブランド名でドライブレコーダーを探す

ドライブレコーダー 新着記事

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。