富士フイルム SUPER 80 と ニコン EDGフィールドスコープ 65-A の解説まとめ。どっちを選ぶべき?

作成日時: 2022-01-04 14:57:14、更新日時: 2022-01-04 16:48:09

富士フイルム SUPER 80ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
富士フイルム SUPER 80ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
富士フイルム SUPER 80ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
総合評価:
本体サイズrating-image1.6
383mm
rating-image2.6
332mm
重量rating-image3.1
1.3kg
rating-image2.4
1.62kg
対物レンズ有効径rating-image3.8
80mm
rating-image2.3
65mm
最短合焦距離rating-image1.3
5m
rating-image2.6
3.3m

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

富士フイルム SUPER 80は、本体サイズが383mm、本体重量が1.3kg、接眼レンズ位置は直視型(ストレートタイプ)、対物レンズ有効径は80mm、最短合焦距離は5m、防水対応である製品です。これは、野生動物や鳥などの撮影に適しており、広い視界を確保します。また、防水仕様があるため雨の日の使用や、海での観察などでも安心して使用することができます。

ニコン EDGフィールドスコープ 65-Aは、本体サイズが332mm、本体重量が1.62kg、接眼レンズ位置は傾斜型(アングルタイプ)、対物レンズ有効径は65mm、最短合焦距離は3.3m、EDレンズ対応である製品です。また、防水仕様とデジスコ対応があるため、天候や照明条件などに左右されずに撮影することができ、高品質な画像を得ることができます。これは、天体や昆虫の撮影に適しており、広範囲を捉えたい場合にも最適です。

どちらの製品も、対象によって使い分けることが重要です。富士フイルム SUPER 80は80mmの対物レンズ有効径であるため、広い範囲を見渡すことができますが、ニコン EDGフィールドスコープ 65-Aの65mmの対物レンズ有効径に比べると、光量がやや落ちることがあります。一方、ニコン EDGフィールドスコープ 65-Aは、EDレンズ対応であるため、色収差が少なく高精細な画像を得ることができます。

総合的に見ると、ニコン EDGフィールドスコープ 65-Aの方がより高機能であり、幅広い撮影分野において使い勝手が良いことがわかります。そのため、より高品質な撮影を求める方にはニコン EDGフィールドスコープ 65-Aがおすすめです。

「富士フイルム SUPER 80」と「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」の特徴や特性について

レンズの詳細比較について

対物レンズ有効径について

対物レンズ有効径を比較すると「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」は65mmに対して「富士フイルム SUPER 80」は80mmです。「富士フイルム SUPER 80」の対物レンズ有効径は「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」よりかなり大きいです。対物レンズ有効径が大きいフィールドスコープのメリットとしては、明るくて鮮明な視界を提供できることが挙げられます。

対物レンズ有効径が大きいフィールドスコープの優位性対物レンズ有効径が大きいフィールドスコープは、光の収集力が大きいため、夜間や室内、暗い場所での観測に優れています。また、景色を見渡すための観光などにも最適で、美しい景色を高精細で楽しむことができます。サファリや山岳登山などのアウトドアでの使用にも適しています。

実際に使う場面において「富士フイルム SUPER 80」は「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」に比べて非常に秀でていると言えます。「富士フイルム SUPER 80」にするための一つの重要な決め手となります。

対物レンズ有効径評価
富士フイルム SUPER 80
80mm75/100
ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
65mm46/100

最短合焦距離について

最短合焦距離を比較すると「富士フイルム SUPER 80」は5mであるのに対して「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」は3.3mです。「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」と「富士フイルム SUPER 80」の差は比較的あります。最短合焦距離について「富士フイルム SUPER 80」より「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」の方が比較的短い最短合焦距離です。最短合焦距離が短いフィールドスコープを使用することで、視野が広がり、野生動物の観察などに向いています。

最短合焦距離が短いフィールドスコープは、野生生物の観察において非常に重要な役割を果たします。近くにいる鳥や動物を見つける際に、この機能は非常に役立ちます。また、動物の行動を詳細に観察したり、花などの小さな対象物を観察したりする場合にも大変便利です。

実際の利用を想定したとき「富士フイルム SUPER 80」と比べて「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」はどちらかといえば良いです。

最短合焦距離評価
富士フイルム SUPER 80
5m26/100
ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
3.3m51/100

全体設計についての詳細比較

本体サイズについて

本体サイズについて「富士フイルム SUPER 80」と「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」を比べると「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」は332mmに対して「富士フイルム SUPER 80」は383mmです。51mmのかなり大きい違いがあります。「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」は「富士フイルム SUPER 80」に比べてかなり小さいサイズです。

実際の利用を想定したとき「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」は「富士フイルム SUPER 80」に比べて遥かに優れているでしょう。「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」を選ぶ一つの重要な判断材料となります。

本体サイズ評価
富士フイルム SUPER 80
383mm32/100
ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
332mm52/100

重量について

「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」と「富士フイルム SUPER 80」の重量について比較すると「富士フイルム SUPER 80」は1.3kgであるのに対して「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」は1.62kgです。「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」と「富士フイルム SUPER 80」は非常に違いがあります。重量という点で見ると「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」と比較して「富士フイルム SUPER 80」はかなり軽い重量です。本体重量が軽いフィールドスコープのメリットは、長時間使用しても疲れにくく、持ち運びも楽にできることです。

本体重量が軽いフィールドスコープの最大のメリットは、携帯性と扱いやすさにあります。重たいフィールドスコープだと、携行には持ってこいですが、軽平で扱いやすいフィールドスコープは、長時間用いる場合にも疲れにくいです。また、軽量であるために、一手間、一秒を争うような状況下での操作もしやすいことが挙げられます。

「富士フイルム SUPER 80」に決める上で一つの主な決め手となるでしょう。

重量評価
富士フイルム SUPER 80
1.3kg61/100
ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
1.62kg48/100

扱いやすさについて詳しく比較する

防水対応について

「富士フイルム SUPER 80」も「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」も防水に対応しているフィールドスコープです。防水に対応しているこれらのフィールドスコープは、水中や雨天の観察に最適です。また、その堅牢な設計により、多様な環境下での使用に適しています。

防水に対応しているフィールドスコープは、雨天や湿気の多い環境でも安心して使用できます。例えば、野鳥観察や水辺での観察など、フィールドスコープの使用シーンが限られてしまうこともありますが、防水に対応しているというところで使用範囲が広がります。また、外気にさらされるため、防水機能がついているフィールドスコープは傷みにくく、耐久性にも優れている点がメリットです。

「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」より「富士フイルム SUPER 80」を選ぶべき理由

  • 重量は非常に軽い
    61.6点(79位) vs 48.1点(112位)
  • 非常に大きい対物レンズ有効径
    75.6点(49位) vs 46.4点(89位)

「富士フイルム SUPER 80」より「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」を選ぶべき理由

  • ものすごく小さい本体サイズ
    52.4点(70位) vs 32.6点(110位)
  • 最短合焦距離がすごく短い
    51.8点(16位) vs 26.7点(59位)
  • EDレンズを使用している
  • デジスコに対応している

「富士フイルム SUPER 80」と「ニコン EDGフィールドスコープ 65-A」を表で情報一覧をくらべる

富士フイルム SUPER 80ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
富士フイルム SUPER 80ニコン EDGフィールドスコープ 65-A
全体設計
本体サイズ383mm332mm
重量1.3kg1.62kg
レンズ
接眼レンズ位置直視型(ストレートタイプ)傾斜型(アングルタイプ)
対物レンズ有効径80mm65mm
最短合焦距離5m3.3m
EDレンズを使用しているかどうか -
扱いやすさ
防水に対応しているかどうか
デジスコに対応しているかどうか -

類似のフィールドスコープを探す

他のフィールドスコープと比較する

価格をチェック

類似のフィールドスコープを探す

他のフィールドスコープと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

富士フイルム SUPER 80 の関連記事
ニコン EDGフィールドスコープ 65-A の関連記事

富士フイルム SUPER 80 と評価が同程度のフィールドスコープを探す

本体サイズ:370mm, 重量:1.41kg, 対物レンズ有効径:65mm, 最短合焦距離:3m, フィルター径:67mm, アイレリーフ:17mm

本体サイズ:313mm, 対物レンズ有効径:82mm, 最短合焦距離:3.8m, フィルター径:82mm

本体サイズ:42.6cm, 重量:2.15kg, 対物レンズ有効径:95mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:97mm, アイレリーフ:19mm

本体サイズ:365mm, 重量:1.23kg, 対物レンズ有効径:65mm

本体サイズ:275mm, 重量:430g, 対物レンズ有効径:50mm, 最短合焦距離:5m

本体サイズ:279mm, 重量:1.08kg, 対物レンズ有効径:60mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:67mm

本体サイズ:360mm, 重量:1kg, 対物レンズ有効径:70mm, 最短合焦距離:8.5m, フィルター径:77mm

富士フイルム SUPER 80 の関連記事
ニコン EDGフィールドスコープ 65-A の関連記事

ニコン EDGフィールドスコープ 65-A と評価が同程度のフィールドスコープを探す

本体サイズ:370mm, 重量:1.41kg, 対物レンズ有効径:65mm, 最短合焦距離:3m, フィルター径:67mm, アイレリーフ:17mm

本体サイズ:313mm, 対物レンズ有効径:82mm, 最短合焦距離:3.8m, フィルター径:82mm

本体サイズ:40.5cm, 重量:1.65kg, 対物レンズ有効径:80mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:82mm, アイレリーフ:17mm

本体サイズ:42.6cm, 重量:2.15kg, 対物レンズ有効径:95mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:97mm, アイレリーフ:19mm

本体サイズ:355mm, 重量:1.32kg, 対物レンズ有効径:65mm

本体サイズ:295mm, 重量:775g, 対物レンズ有効径:60mm, 最短合焦距離:7.5m

本体サイズ:275mm, 重量:430g, 対物レンズ有効径:50mm, 最短合焦距離:5m

本体サイズ:279mm, 重量:1.09kg, 対物レンズ有効径:60mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:67mm

フィールドスコープランキング

カテゴリ一覧

人気フィールドスコープ

関連人気記事

新着情報