ケンコー バードランド80 をレビュー・評価|良い点悪い点を検証

作成日時: 2022-01-04 16:00:32、更新日時: 2022-01-04 18:12:48

 ケンコー バードランド80 を徹底評価

ケンコー バードランド80 についての評価をスコアリングしました!どういう点においてメリットがあるフィールドスコープなのか? ケンコー バードランド80 にすべきなのかについて選ぶのに慣れてない人でも理解することができます!

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

57.6/100

(総合: 31位)

評価項目点数
本体サイズ
30/100
重量
65/100
対物レンズ有効径
75/100
最短合焦距離
6/100
フィルター径
78/100
アイレリーフ
88/100
総合評価57.6/100

ケンコー バードランド80は、驚くほど信じられない程に高品質なフィールドスコープです。この製品は、その本体サイズが388mm、重量が1.22kgで、直視型(ストレートタイプ)の接眼レンズ位置があるため、非常に扱いやすいことが特徴です。対物レンズ有効径は80mmであり、最短合焦距離は12mというのはこのフィールドスコープが使用することができる幅広いシチュエーションに適していることを示します。フィルター径が86mmなので、照明を制御することができます。また、20mmのアイレリーフは、より快適に使用することができます。フィールドスコープは防水対応であり、非常に便利です。また、接眼レンズも付属していますので、製品を購入後、すぐに使用することができます。製品の付属品も非常に良質であり使いやすいものです。

全体的に、この製品の機能性や品質、商品価値など全てが非常に素晴らしく、信頼できる製品です。万人にお勧めできます。ケンコー バードランド80を選んで損はありません。

ケンコー バードランド80 関して表で情報概要を確認する

ケンコー バードランド80
画像ケンコー バードランド80
本体サイズ388mm
重量1.22kg
接眼レンズ位置直視型(ストレートタイプ)
接眼レンズが付属しているかどうか
対物レンズ有効径80mm
最短合焦距離12m
フィルター径86mm
アイレリーフ20mm
防水に対応しているかどうか
付属品接眼レンズ

類似のフィールドスコープを探す

他のフィールドスコープと比較する

価格をチェック

ケンコー バードランド80 の特色や特性について

全体設計に関する ケンコー バードランド80 の情報詳細

本体サイズについて

ケンコー バードランド80の本体サイズは388mmです。これは標準と比べて大きいと言えるサイズでしょう。

本体サイズという点で選ぶつもりならこのフィールドスコープは選択肢に入ってこないでしょう。

本体サイズ評価
ケンコー バードランド80388mm30/100

重量について

重量についてケンコー バードランド80は1.22kgです。標準的なフィールドスコープとくらべるとこのフィールドスコープの重量はわりと軽い部類に入るフィールドスコープだと言えるでしょう。軽い本体重量がこのフィールドスコープの魅力の一つです。特に野外活動や登山をされる方には必要不可欠な優れた機能と言えます。また、軽さを追求した設計のため、防水性や耐衝撃性にも優れています。

本体重量が軽いフィールドスコープのもう一つのメリットは、操作性の向上です。軽量化された本体重量は、スムーズなズームやフォーカス操作が可能となります。また、操作性の向上を実現するために、多くの製品にはエルゴノミクスに基づいたデザインが採用されており、握りやすさや持ちやすさも向上しています。

重量におけるケンコー バードランド80の使用感はどちらかといえば秀でた部類に入るでしょう。そのため重量で選ぶ場合、このフィールドスコープは比較的おすすめでしょう。普通に使う分には十分と思われますが、こだわりを追及してワンランク上を見てみてもいいでしょう。

重量評価
ケンコー バードランド801.22kg65/100

ケンコー バードランド80 の扱いやすさに関する評価

アイレリーフについて

アイレリーフについて、ケンコー バードランド80は20mmです。このフィールドスコープのアイレリーフはもの凄く長いと言えるフィールドスコープです。アウトドアでの観察に最適なこのフィールドスコープは、その中でも特にアイレリーフが長い点が魅力的です。長いアイレリーフは、アウトドアでの長時間の観察でも目の疲れを軽減し、安定した映像を提供することができます。フィールドスコープをお探しの方には、ぜひこの長いアイレリーフが備わった製品をおすすめします。

アイレリーフが長いフィールドスコープを使用することで、装置操作する際の視野角度が広がります。これは、動物の観察をする際に非常に重要な役割を果たします。また、度数が高い眼鏡をかけている場合でも、アイレリーフが長いフィールドスコープを使用することで視野に入りやすく、より確かな装置操作が可能になります。

実際の所アイレリーフについての実際の使用感は極めて優秀といえそうです。従ってこのフィールドスコープはかなりおすすめでしょう。アイレリーフという点でこれよりも長いフィールドスコープを選んでもケンコー バードランド80とほとんど同じと思われます。

アイレリーフ評価
ケンコー バードランド8020mm88/100

防水対応について

ケンコー バードランド80は防水に対応しているフィールドスコープです。雨や水に濡れても機能に影響を与えない、このフィールドスコープは、アウトドアや野外活動に最適なアイテムです。耐久性があり、長期間にわたって使用することができる製品として注目されています。

フィールドスコープは、アウトドアでのアクティビティにおいて、必需品と言える道具の一つです。防水に対応しているフィールドスコープは、その中でも特に優れたアイテムであり、さまざまなメリットがあります。雨の日でも使用できるため、アウトドアでの観察が堪能できますし、濡れている状態でも使用可能なため、水辺での観察にも最適です。

ケンコー バードランド80 のレンズを評価

接眼レンズの付属について

ケンコー バードランド80は接眼レンズが付属しているフィールドスコープです。フィールドスコープを扱う上で、接眼レンズの重要性は言わずもがなです。このフィールドスコープでは、その点に特に配慮して、付属の接眼レンズを標準装備しています。この装備によって、さらに精度を高め、使用感を向上させることができるため、フィールドスコープの熱心なユーザーから高い評価を得ています。

接眼レンズが付属しているフィールドスコープには、多くのメリットがあります。例えば、接眼レンズを使うことによって、眼に入る光量や視野が広がり、長時間の観察でも疲れにくく快適に観察できます。また、接眼レンズが付属しているフィールドスコープは、取り付けが簡単で、取り外しも容易なため、場所を移動する際にも便利で、フィールドスコープの持ち運びや管理にも役立ちます。

対物レンズ有効径について

ケンコー バードランド80の対物レンズ有効径は80mmです。これは標準的なフィールドスコープとくらべて割と大きい方に入るフィールドスコープと言えるでしょう。バードウォッチングや野鳥観察などにおいては、このフィールドスコープの大きい対物レンズ有効径は、鳥の詳細な姿や羽根の色合いを見ることができるため非常に重要です。また、夜間観察にも適しています。

対物レンズ有効径が大きいフィールドスコープのメリットとして、観察者はより明確な画像を得られます。大きな有効径は、明るさと解像度の向上につながるため、暗い場所でも物体を観察することができます。また、大きな有効径は、より遠くの物体をよりはっきりと見ることができるため、野生動物を狩るようなアウトドア活動においても非常に有用です。

実際の所のケンコー バードランド80は対物レンズ有効径という点についてやや良い部類に入るでしょう。そのため対物レンズ有効径という点で選ぶ場合、このフィールドスコープは比較的おすすめです。通常利用であれば十分と言えますが、ヘビーユーザーはもうワンランク上を見てみてもいいでしょう。

対物レンズ有効径評価
ケンコー バードランド8080mm75/100

最短合焦距離について

ケンコー バードランド80の最短合焦距離は12mです。これは非常に長い部類に入る最短合焦距離と言えるでしょう。

最短合焦距離が短いフィールドスコープは、暗証撮影にも最適です。暗い場所での観察や、夜間の天体観察でも優れた観察ができます。高精度でクリアな画像を得ることができ、ユーザーの観察体験を向上させます。

最短合焦距離にほとんど興味がない人でも日常で利用していて不満を感じる可能性があるため一つ上を検討をお勧めします。

最短合焦距離評価
ケンコー バードランド8012m6/100

フィルター径について

フィルター径についてケンコー バードランド80は86mmです。標準的なモノと比較してこのフィールドスコープのフィルター径はほどよく大きいフィールドスコープでしょう。弊社がレビューしたこのフィールドスコープは、大口径のフィルターを備えています。つまり、明るく鮮明な観察をすることができ、高精度での確認が可能です。

フィルター径が大きいフィールドスコープは、視覚体験をより高めることができます。特に、暗い環境下でも高い明るさを保ち、クリアな画像を提供します。また、大口径レンズは、光を集める力が強く、遠くの景色を拡大することができます。これにより、野鳥や野生動物などの観察に最適なフィールドスコープとなっています。

フィルター径評価
ケンコー バードランド8086mm78/100

ケンコー バードランド80 を選ぶべき5つの理由

  • 割と大きい対物レンズ有効径
    (39位/144製品)
  • フィルター径は割と大きい
    (11位/59製品)
  • 並外れて長いアイレリーフ
    (8位/42製品)
  • 接眼レンズが付属している
  • 防水に対応している

ケンコー バードランド80 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ケンコー バードランド80 と評価が同程度のフィールドスコープを探す

本体サイズ:328mm, 対物レンズ有効径:82mm, 最短合焦距離:3.8m, フィルター径:82mm

本体サイズ:40cm, 重量:1.68kg, 対物レンズ有効径:80mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:82mm, アイレリーフ:17mm

本体サイズ:355mm, 重量:1.31kg, 対物レンズ有効径:60mm

本体サイズ:363mm, 重量:1.29kg, 対物レンズ有効径:82mm

本体サイズ:364mm, 重量:1.28kg, 対物レンズ有効径:82mm

本体サイズ:330mm, 重量:1.01kg, 対物レンズ有効径:67mm

本体サイズ:318mm, 重量:1.33kg, 対物レンズ有効径:77mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:82mm

本体サイズ:300mm, 重量:1.1kg, 対物レンズ有効径:65mm, 最短合焦距離:4m

本体サイズ:225mm, 重量:385g, 対物レンズ有効径:50mm, 最短合焦距離:6m

本体サイズ:304mm, 重量:1.33kg, 対物レンズ有効径:77mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:82mm

本体サイズ:330mm, 重量:1.03kg, 対物レンズ有効径:67mm

本体サイズ:270mm, 重量:1.05kg, 対物レンズ有効径:65mm, 最短合焦距離:5m

本体サイズ:327mm, 重量:1.58kg, 対物レンズ有効径:82mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:86mm

本体サイズ:339mm, 重量:1.67kg, 対物レンズ有効径:82mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:86mm

本体サイズ:351mm, 重量:962g, 対物レンズ有効径:65mm, 最短合焦距離:5m, フィルター径:72mm

本体サイズ:260mm, 重量:370g, 対物レンズ有効径:50mm, 最短合焦距離:5m

ケンコー バードランド80 の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ケンコー バードランド80

57.6-本体サイズ:388mm, 重量:1.22kg, 対物レンズ有効径:80mm, 最短合焦距離:12m, フィルター径:86mm, アイレリーフ:20mm

ケンコー プロフィールドガイア PFG-48S

46.8本体サイズ:330mm, 重量:750g, 対物レンズ有効径:65mm, 最短合焦距離:6m, アイレリーフ:14mm

ケンコー バードランド スーパーコンパクト50

52.7本体サイズ:180mm, 重量:300g, 対物レンズ有効径:50mm, 最短合焦距離:10m, アイレリーフ:16mm

ケンコー プロフィールドPF80S (ストレートタイプ)

50.2本体サイズ:43.9cm, 重量:1.28kg, 対物レンズ有効径:80mm, 最短合焦距離:6m, フィルター径:86mm

ケンコー プロフィールドPF80EDS (ストレートタイプ)

48.9本体サイズ:45.1cm, 重量:1.34kg, 対物レンズ有効径:80mm, 最短合焦距離:6m, フィルター径:86mm

ケンコー プロフィールドPF80EDA (アングルタイプ)

50.1本体サイズ:43.1cm, 重量:1.35kg, 対物レンズ有効径:80mm, 最短合焦距離:6m, フィルター径:86mm

ケンコー プロフィールドPF80A (アングルタイプ)

51.4本体サイズ:42cm, 重量:1.28kg, 対物レンズ有効径:80mm, 最短合焦距離:6m, フィルター径:86mm

ケンコー プロフィールドPF70S DX(ストレートタイプ)

47.5本体サイズ:380mm, 重量:980g, 対物レンズ有効径:70mm, 最短合焦距離:8.5m, フィルター径:77mm

フィールドスコープランキング

カテゴリ一覧

人気フィールドスコープ

関連人気記事

新着情報