ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車 と N-WGN G・Honda SENSING FF の性能を解説

作成日時: 2022-05-12 14:10:47

ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車N-WGN G・Honda SENSING FF
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車N-WGN G・Honda SENSING FF

「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は何がどういう面で異なるのでしょうか?関心度ごとに点数評価。違いや差を解説/比較しました。

ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車N-WGN G・Honda SENSING FF
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車N-WGN G・Honda SENSING FF
総合評価:

61.1/100

(総合: 11位)

57.1/100

(総合: 18位)

燃料タンク容量
37/100
37/100
ホイールベース
80/100
97/100
車両重量
98/100
72/100
最小回転半径
61/100
49/100
排気量
10/100
50/100
ホイールサイズ
50/100
50/100
室内高
44/100
58/100

「N-WGN G・Honda SENSING FF」より「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」を選ぶべき理由

  • 車両重量が凄く軽い
    98.8点(3位) vs 72.9点(8位)
  • かなり小さい最小回転半径
    62点(7位) vs 49.7点(12位)
  • ABSを搭載している
  • スマートエントリーシステムを搭載している
  • アイドリングストップを搭載している

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」より「N-WGN G・Honda SENSING FF」を選ぶべき理由

  • ホイールベースがとても長い
    97.8点(4位) vs 80.2点(11位)
  • 排気量は非常に大きい
    50点(15位) vs 10点(20位)
  • 室内高は凄く高い
    58.3点(8位) vs 44.4点(16位)
  • 後退時の衝突被害軽減ブレーキに対応している
  • 車線逸脱防止支援システムを搭載している
  • SRSエアバッグを採用している
  • パワーステアリング
  • 後席スライド機構を採用している

詳細データ比較

ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車N-WGN G・Honda SENSING FF
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車N-WGN G・Honda SENSING FF
安心・安全
燃料タンク容量27L27L
ホイールベース2.46m2.52m
後退時の衝突被害軽減ブレーキ搭載 -
横滑り防止機構搭載
車線逸脱防止支援システム搭載 -
ABS搭載 -
SRSエアバッグ -
扱いやすさ
車両重量770kg850kg
全幅1.48m -
最小回転半径4.4m4.5m
機能性
排気量657cc658cc
トルク5.9kgm -
スマートエントリーシステム搭載 -
アイドリングストップ搭載 -
パワーステアリング機能 -
後席スライド機構 -
使いやすさ
最大燃費26.5km/L -
車高1.65m -
ホイールサイズ14インチ14インチ
室内長2.45m2.055mm
室内幅 - 1.35m
室内高1.27m1.3m
パワーウィンドウ対応

類似の軽自動車を探す

他の軽自動車と比較する

価格をチェック

類似の軽自動車を探す

他の軽自動車と比較する

価格をチェック

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の特性と特長

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の扱いやすさについての徹底比較

車両重量について

車両重量が軽い軽自動車は燃費が良く経済的な走行ができる点でよい部類に入るでしょう。例えば燃費が良いだけでなく車重が軽い事で乗り心地も向上するのでより快適にドライブするときに適していると言えるでしょう。

「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」の車両重量を比べると「N-WGN G・Honda SENSING FF」は850kgで「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は770kgです。車両重量について「N-WGN G・Honda SENSING FF」より「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」の方が比較的軽いです。「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は軽量なので車が万が一故障で止まってしまっても楽に移動できる点で「N-WGN G・Honda SENSING FF」よりも比較的良い部類に入るでしょう。同性能のパワーユニットの場合、パワーレシオが低く加速がスムーズにかかるだけでなく燃費や乗り心地が良くより快適に運転するとき「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は「N-WGN G・Honda SENSING FF」より割とおすすめと言えるかもしれません。

実際の利用を考えると「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」の実用においての差はやや大きいです。

車両重量評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
770kg98/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
850kg72/100

最小回転半径について

最小回転半径が小さい軽自動車はハンドル操作がしやすく、より細かい運転をすることができるといった点で秀でているかと思います。たとえば狭いスペースで駐車するのに向いていると思います。

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の最小回転半径について比べると「N-WGN G・Honda SENSING FF」は4.5mに対して「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は4.4mです。最小回転半径という角度で見てみると「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は「N-WGN G・Honda SENSING FF」より多少小さいです。小回りが利くので狭い駐車場での車庫入れや狭い場所での取り回しがよく運転できるため「N-WGN G・Honda SENSING FF」より「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」の方が多少はよいといえなくもありません。しかしながらハンドルをきった際の小回りを良くする場合、よっぽどこだわりがある人でないと実感できるほどの違いはないと言えるでしょう。

数値的には「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」の方が小さいですが基本的に気にするほどの差はほぼ無いです。

最小回転半径評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
4.4m61/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
4.5m49/100

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の使いやすさの比較詳細

ホイールサイズについて

段差がある道路を安定して走行できるといった点で大きいホイールサイズの軽自動車は秀でた部類に入るといえなくもないでしょう。ゴム部分が薄くなるのでタイヤのたわみやよじれが少なくなり、シャープでダイレクトなハンドリング操作をする時に適しているといえるかもしれません。

「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」のホイールサイズについて比較すると「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は14インチであり「N-WGN G・Honda SENSING FF」は14インチです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」はほぼ同一です。体感できるほどの差は無いと思います。

他の観点を見て比較するほうがいいでしょう。

ホイールサイズ評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
14インチ50/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
14インチ50/100

室内長について

車内の居住性が高くゆったりと過ごすことができるので、室内長が長い軽自動車は優秀といえそうです。例えば前後の座席とも足元にゆとりがあるので、家族で快適なドライブをしたいようなときに適していると言えそうです。

室内長について「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」を比べると「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は2.45mで「N-WGN G・Honda SENSING FF」は2.055mmです。0.395mものとても大きな差があります。「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は「N-WGN G・Honda SENSING FF」と比較してかなり室内長が長いです。「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」はより多くの荷物を積載できる点で「N-WGN G・Honda SENSING FF」よりもとても秀でていると思います。「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は「N-WGN G・Honda SENSING FF」より車内空間が広く快適に乗車するのにとてもおすすめです。

実際に利用する上で「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は「N-WGN G・Honda SENSING FF」と比較してかなり秀でていると言えます。「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」にする上で重要な理由の一つとなると思います。

室内長評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
2.45m99/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
2.055mm0/100

室内高について

高い室内高の軽自動車は高さのある荷物を車内に積載できる為優秀と言えるかもしれません。背の高い人が使用するような時に適しています。

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の室内高について比べると「N-WGN G・Honda SENSING FF」は1.3mであるのに対して「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は1.27mです。0.03mのかなり大きな差があります。「N-WGN G・Honda SENSING FF」の室内高は「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と比較してかなり高いです。乗り降りがしやすく、よりゆったりとした姿勢で乗車することができるといった点で「N-WGN G・Honda SENSING FF」の方が「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」よりも極めて良いと言えそうです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」は「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」より小さな子供をチャイルドシートに乗せ下ろしするような時にかなりオススメと言えそうです。

実際に使う場面において「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の実用上の違いは非常に大きいです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」にするための重要な決め手の一つとなると思います。

室内高評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
1.27m44/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
1.3m58/100

パワーウィンドウへの対応について

指ひとつで窓を簡単に開閉できるので、パワーウィンドウに対応している軽自動車は優秀です。とくに空気交換のため運転中に素早く窓の開閉をするなら向いています。

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」も「N-WGN G・Honda SENSING FF」もパワーウィンドウに対応している軽自動車です。そのためどちらも窓の開閉を自動で行う事ができる点において良い部類に入るといえそうです。「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」も「N-WGN G・Honda SENSING FF」も料金所やドライブスルーを利用する際に運転の妨げとならないのでより安全に走行するような時に向いているといえるかもしれません。

機能性についての「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の比較評価

排気量について

より馬力やトルクが大きくゆとりのある走行ができるため、大きい排気量の軽自動車は優秀です。例えばエンジンパワーが強力なので速度を出しやすく、上り坂でも楽に走行する時にお勧めだと思います。

排気量を「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」を比較すると「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は657ccに対して「N-WGN G・Honda SENSING FF」は658ccです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」はとても違いがあります。排気量という角度で見ると「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と比較して「N-WGN G・Honda SENSING FF」はかなり大きいです。遠くまでの運転ができるため「N-WGN G・Honda SENSING FF」の方が「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」よりも大変優れた部類に入るといえなくもありません。「N-WGN G・Honda SENSING FF」は「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」よりエンジンに負担なく、急激な加速をしたいような場合にかなりお勧めといえるかもしれません。

実際に使う場面で「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の実用上の差はかなり大きいです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」を選ぶための一つの主な決め手になると思います。

排気量評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
657cc10/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
658cc50/100

安心・安全に関する「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」の評価について

燃料タンク容量について

一度の給油でより長い距離を走らせることができる為、燃料タンク容量が大きい軽自動車は優れた部類に入るでしょう。一回の給油で走れる距離が長く遠腕をしたいようなときにオススメです。

燃料タンク容量を「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と「N-WGN G・Honda SENSING FF」を比べると「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は27Lに対して「N-WGN G・Honda SENSING FF」は27Lです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」の容量は「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」とほぼ同じです。実用上の違いはありません。

他の視点で選ぶことをおすすめします。

燃料タンク容量評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
27L37/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
27L37/100

ホイールベースについて

ホイールベースが長い軽自動車は直進性能が高く安定して真っすぐ走ることができる為優秀です。特に室内空間を広く確保したい人が使用したいような場合におすすめだと思います。

ホイールベースを比べると「N-WGN G・Honda SENSING FF」は2.52mであるのに対して「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」は2.46mです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」と「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」の違いはやや大きいです。「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」と比較して「N-WGN G・Honda SENSING FF」はややホイールベースが長いです。「N-WGN G・Honda SENSING FF」はよこかぜを受けた際にも車体への置く影響が少なくより安全な運転できるという点で「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」よりもどちらかといえば秀でた部類に入るかと思います。直進安定性を向上するような時に「N-WGN G・Honda SENSING FF」は「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」よりわりとお勧めです。

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」より「N-WGN G・Honda SENSING FF」が良いと思われます。しかしすごく優れているというわけではありません。

ホイールベース評価
ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車
2.46m80/100
N-WGN G・Honda SENSING FF
2.52m97/100

横滑り防止機構の搭載について

横滑りを防ぎ安全に走行できる点において横滑り防止機構を搭載している軽自動車は優秀な部類に入ると言えるでしょう。たとえば車がスリップするなど危険な挙動を検知すると、自動的にエンジンの出力を抑制するようなときにオススメだと思います。

「ワゴンR HYBRID FX 2WD・CVT スズキセーフティサポート非搭載車」も「N-WGN G・Honda SENSING FF」も横滑り防止機構を搭載している軽自動車です。カーブを曲がる時により安定した走行ができる点でどちらもよいと言えるでしょう。どちらもカーブでのタイヤの横滑りを検知し、自動で制御するならお勧めです。

価格をチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。