eKクロス T 2WD を徹底レビュー

作成日時: 2022-05-12 13:39:28

eKクロス T 2WD はどのくらい利便性が高い?どういった点においてメリットやデメリットがある軽自動車なのかについて解説。どれくらい使い勝手がいいのかについて解説しました!

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

51.7/100

(総合: 22位)

評価項目点数
燃料タンク容量
37/100
ホイールベース
91/100
車両重量
57/100
全幅
90/100
最小回転半径
13/100
排気量
90/100
最低車両価格
41/100
圧縮比
12/100
最大燃費
77/100
室内幅
63/100
室内高
46/100
総合評価51.7/100

eKクロス T 2WDは、燃料タンク容量が27L、ホイールベースが2.5m、デュアルカメラブレーキサポートが搭載されていること、車線逸脱防止支援システムが搭載されていること、SRSエアバッグが装備されていること、車両重量が870kg、全幅が1.48m、最小回転半径が4.8m、排気量が659cc、最低車両価格が1688500円であることが特徴です。また、圧縮比は9.2でデフォルト設定となっており、馬力は2.7馬力。スマートエントリーシステムやターボ、アイドリングストップ、ヒーティングシート、オートエアコン対応、後席スライド機構、パワーウィンドウ対応など、充実した装備も魅力のひとつです。室内幅は1.34m、室内高は1.27mと、コンパクトながら広々としたスペースを確保しています。また、最大燃費は25.2km/Lで、長距離走行にも優れています。操作性も良く、都市部では最小回転半径が小さいため、コンパクトな車体が活きます。しかも、駐車場のスペースも取りにくくなってしまうなんてことはありません。このeKクロス T 2WDは、多彩な機能が充実したことと、経済性に優れていることから、新しい車をお探しの方には特におすすめです。

eKクロス T 2WD を選ぶべき14つの理由

  • かなり長いホイールベース
    (7位/22製品)
  • かなり狭い全幅
    (17位/19製品)
  • 排気量は非常に大きい
    (4位/21製品)
  • 割と高い最大燃費
    (6位/12製品)
  • デュアルカメラブレーキサポートを搭載している
  • 車線逸脱防止支援システムを搭載している
  • SRSエアバッグを採用している
  • スマートエントリーシステムを搭載している
  • ターボを搭載している
  • アイドリングストップを搭載している
  • ヒーティングシートを採用している
  • オートエアコンに対応している
  • 後席スライド機構を採用している
  • パワーウィンドウに対応している

eKクロス T 2WD の特徴と特性

eKクロス T 2WD の安心・安全について

燃料タンク容量について

一度の満タン給油で長距離走行をすることができるという点で大きい燃料タンク容量の軽自動車は優秀と言えるかもしれません。一度に長距離を走行するようなとき、お勧めだと思います。

燃料タンク容量について「eKクロス T 2WD」は27Lです。一般的なものよりこの軽自動車の燃料タンク容量はどちらかと言うと小さいと言える軽自動車でしょう。

燃料タンク容量という点で選ぶならこの軽自動車はほとんどおすすめしません。

燃料タンク容量評価
eKクロス T 2WD27L37/100

ホイールベースについて

長いホイールベースの軽自動車は直進走行時の安定性を向上できるという点で秀でていると言えるかもしれません。例えば安定感があるの長距離走行したいようなときにおすすめといえそうです。

「eKクロス T 2WD」のホイールベースは2.5mです。これは普通のモノとくらべるとトップレベルに位置づけられるほど長い部類の軽自動車です。直進性能が高いので安定して真っすぐ走行できる為この商品はとても秀でているといえなくもないでしょう。安定した走行が実現できるので、乗り心地も良く運転するような場合に「eKクロス T 2WD」はお勧めだと思います。

従ってこの軽自動車はかなり有力な候補の一つに挙がります。これよりも長いホイールベースの軽自動車を選んでもほぼ意味がないでしょう。

ホイールベース評価
eKクロス T 2WD2.5m91/100

デュアルカメラブレーキサポートの搭載について

デュアルカメラブレーキサポートを搭載している軽自動車は2つのカメラによってシステムが危険を察知して知らせてくれることによって、衝突事故の危険性を軽減することができる為優れているかもしれません。夜間に歩行者との衝突を回避したい時にお勧めです。

「eKクロス T 2WD」はデュアルカメラブレーキサポートを搭載している軽自動車です。2つのカメラで色々な対象物を確認してくれるので、衝突回避をしやすくできるのでこの軽自動車は秀でていると言えるかもしれません。車両前方にある障害物を検知し、自動でブレーキをかけることで衝突を回避したいときに「eKクロス T 2WD」はおすすめと言えそうです。

車線逸脱防止支援システムの搭載について

車線逸脱防止支援システムを搭載している軽自動車は子供等に目線を奪われ車線を外れてしまいそうになった際も、警告音で気付き未然に事故を防ぐことができる点で優秀な部類に入るといえなくもありません。眠気をもよおした時などにフラフラした運転を警告するならおすすめだと思います。

「eKクロス T 2WD」は車線逸脱防止支援システムを搭載している軽自動車です。居眠り運転時など適切な運転が出来ずに車線を逸脱した事を知らせてくれるのでより安全に走行できるのでこの軽自動車は良いです。運転中に車線からはみ出しそうな場合に警告音で知らせてくれるので、安全に運転するようなときに「eKクロス T 2WD」は適しています。

SRSエアバッグの採用について

SRSエアバッグを採用している軽自動車は衝突による衝撃を軽減できるといった点で優れた部類に入ると思います。乗員がハンドルやインストルメントパネルに直接衝突することを防ぎ、頭部と胸部の衝撃を軽減するようなときにお勧めと言えるかもしれません。

「eKクロス T 2WD」はSRSエアバッグを採用している軽自動車です。そのためこの軽自動車は衝突事故の際、少しでも人命を守れる確率を上げることができるといった点で優れているといえなくもありません。万一の衝突の際に、シートベルトの機能を補助し乗車している人への衝撃を緩和する時「eKクロス T 2WD」はオススメだと思います。

扱いやすさについての eKクロス T 2WD の詳細情報

車両重量について

軽い車両重量の軽自動車は車体が軽いため燃費を向上できる点でよいと言えるかもしれません。例えば燃料効率を向上したいようなときに向いていると言えるかもしれません。

車両重量について「eKクロス T 2WD」は870kgです。これは普通のものと比較するとほぼ同じくらいと言えるでしょう。ガソリンなど燃料を節約するのに通常の場合なら「eKクロス T 2WD」を選んでも多分問題ないと思います。

少しでも快適に使いたい人には不十分である可能性があり、もうワンランク上を検討をお勧めします。

車両重量評価
eKクロス T 2WD870kg57/100

全幅について

狭い道で対向車とのすれ違いや、狭い駐車場でもスムーズに行うことができるので、狭い全幅の軽自動車は優れているといえそうです。狭いスペースを走行したいならお勧めです。

「eKクロス T 2WD」の全幅は1.48mです。これは並外れて狭いほうの全幅です。道路幅が狭い場所でも快適に走行することができるのでこの商品は良い部類に入ると言えるかもしれません。「eKクロス T 2WD」は自宅の駐車するスペースが狭い方が使用したいときにお勧めです。

実のところの「eKクロス T 2WD」は全幅という点で上位に位置づけられるほど優秀といえそうです。そのためこの軽自動車はかなりおすすめでしょう。これ以上狭い全幅の軽自動車を選んでもほとんど意味がないと思います。

全幅評価
eKクロス T 2WD1.48m90/100

最小回転半径について

狭い道でもハンドルの切り回しがしやすく使用できるため、小さい最小回転半径の軽自動車は優秀です。狭い街中運転でも小回りが効くので楽に運転したいようなときにお勧めだと思います。

「eKクロス T 2WD」の最小回転半径は4.8mです。標準よりもこの軽自動車の回転半径はとても大きいと言える軽自動車です。

最小回転半径にこだわりが無い人でも日常で使っていてストレスを感じるかもしれないためワンランク上の軽自動車にすることをおすすめします。

最小回転半径評価
eKクロス T 2WD4.8m13/100

使いやすさについての eKクロス T 2WD の情報詳細

最大燃費について

最大燃費が高い軽自動車はガソリンなどのランニングコストを抑えることができるので優れていると言えるでしょう。とくにガソリンの消費を節約したいときにおすすめです。

「eKクロス T 2WD」の最大燃費は25.2km/Lです。平均的な軽自動車とくらべてこの軽自動車の最大燃費は比較的高い軽自動車だと言えるでしょう。燃費が良く1回の給湯でより遠くへ出かける事ができるため、この商品は割と秀でていると言えるでしょう。「eKクロス T 2WD」は燃料を節約したりしたい時にどちらかと言うと向いていると思います。

実のところ「eKクロス T 2WD」は最大燃費という視点でみた時どちらかと言うと秀でていると言えそうです。普通に使う分には不満を感じない水準と思われますが、玄人は一つ上を見てみてもいいでしょう。

最大燃費評価
eKクロス T 2WD25.2km/L77/100

室内幅について

複数人でゆったり座ることができるので、広い室内幅の軽自動車は優れているかもしれません。特に乗る人がゆったりとする時におすすめだと思います。

「eKクロス T 2WD」の室内幅は1.34mです。これはどちらかと言うと広い部類に分けられる室内幅です。身体の大きな人が快適に利用することができるといった点でこの商品は割と秀でていそうです。乗り降りがしやすく荷物も収納しやすいので、家族でレジャーに行く機会が多い人が利用したい時に「eKクロス T 2WD」はやや向いています。

そのため室内幅という点で選ぶならこの軽自動車は一つの候補です。通常利用であれば不満を感じない水準ですが、もう少し広い室内幅の軽自動車もあるため決定的に優れている程ではありません。

室内幅評価
eKクロス T 2WD1.34m63/100

室内高について

自転車やベビーカーなどをそのまま積載できるという点で高い室内高の軽自動車は秀でていると思います。特に高さがある荷物を車内に積載するときオススメだと思います。

室内高について「eKクロス T 2WD」は1.27mです。この軽自動車の室内高は同程度でしょう。高さがある荷物を載積する場合通常のケースであれば「eKクロス T 2WD」でもおそらく問題はないです。

室内高という点に関する使用感は中程度と言ったレベルです。普通に使う分には使えるくらいであるためこの軽自動車が特別とは言えないでしょう。

室内高評価
eKクロス T 2WD1.27m46/100

パワーウィンドウへの対応について

パワーウィンドウに対応している軽自動車はボタン一つで窓を全開、全閉できる為優れているでしょう。車の窓をよく開ける人が、エアコンを使わないように節電するならおすすめです。

「eKクロス T 2WD」はパワーウィンドウに対応している軽自動車です。窓がスムーズに開閉できすぐに動作できるためこの軽自動車はよいです。力がない人が窓の開閉の操作をしたいときに「eKクロス T 2WD」はお勧めだと思います。

eKクロス T 2WD の機能性の評価について

排気量について

大きい排気量の軽自動車はスムーズな加速ができるため、優秀といえそうです。パワーがあり最高速度も上がるので、スムーズな加速性能を実現したい人が利用するような時に向いています。

排気量について「eKクロス T 2WD」は659ccです。平均的な軽自動車よりこの軽自動車の排気量は極めて大きい軽自動車でしょう。スムーズに加速できるという点でこの商品は大変優れていそうです。余裕の排気量で走行したいような時に「eKクロス T 2WD」はとてもお勧めといえそうです。

実際の「eKクロス T 2WD」は排気量という観点でみた時凄く優秀といえそうです。これ以上大きい排気量の軽自動車を選んでもほとんど意味がないと思われます。

排気量評価
eKクロス T 2WD659cc90/100

最低車両価格について

最低車両価格について「eKクロス T 2WD」は1688500円です。これは標準的な軽自動車とくらべると同程度と言えるでしょう。

最低車両価格という視点に関する実際のところ「eKクロス T 2WD」は及第点レベルです。普通に使う分にはあまり問題を感じずに使えるものであるため、この軽自動車が決定的に優秀とは言えないでしょう。ヘビーユーザーにとっては不十分であるかもしれないため、もう一つ上の軽自動車を検討した方がいいのかもしれません。

最低車両価格評価
eKクロス T 2WD1688500円41/100

圧縮比について

圧縮比が高い軽自動車は熱効率が高く燃費を向上させることができる為優れているといえるかもしれません。燃費の効率をアップするのにオススメです。

圧縮比について「eKクロス T 2WD」は9.2 defaultです。この軽自動車の圧縮比はかなり低い軽自動車と言えるでしょう。

圧縮比評価
eKクロス T 2WD9.2 default12/100

馬力について

高い馬力の軽自動車は速度をだしやすくスピード感のある走行ができる為優れているといえるかもしれません。特に加速や発進をスムーズにする時におすすめです。

「eKクロス T 2WD」の馬力は2.7馬力です。この軽自動車の馬力はとても低いと言えます。

馬力評価
eKクロス T 2WD2.7馬力0/100

スマートエントリーシステムの搭載について

両手に荷物を持っていても鍵を簡単に開けることができるため、スマートエントリーシステムを搭載している軽自動車は優秀です。キーを携帯した状態で車に近付く、もしくはドアノブに触れることでドア鍵の施錠・開錠もちろん、エンジンの始動・停止やドアの自動開閉などの操作をしたいような時におすすめです。

「eKクロス T 2WD」はスマートエントリーシステムを搭載している軽自動車です。ポケットからキーを出す手間を省いて操作できる為この軽自動車は優れているといえそうです。わざわざ鍵をさして開錠する必要がなくボタン一つで開錠するのに「eKクロス T 2WD」は適しています。

ターボの搭載について

ターボを搭載している軽自動車は坂道や高速道路などを快適に走行できるといった点で良いです。とくに小さな排気量でも十分なパワーを引き出き出して走行するときに適していると言えるかもしれません。

「eKクロス T 2WD」はターボを搭載している軽自動車です。そのため同等サイズのコンパクトカーなどと比較して見劣りしない走行性能を実現できる点で優れてます。「eKクロス T 2WD」はさらに優れた質の運転を望む人が利用したいようなときにオススメと言えるでしょう。

アイドリングストップの搭載について

燃費の向上や、環境に優しく走行ができるので、アイドリングストップを搭載している軽自動車は優秀な部類に入るかと思います。環境に優しく燃費も良くなるので、ガソリン代を節約したいならお勧めと言えるかもしれません。

「eKクロス T 2WD」はアイドリングストップを搭載している軽自動車です。燃料消費を抑えることができるため、この軽自動車は良いといえそうです。不要なエンジンの回転を停止し、停車時の燃料の消費を節約する場合に「eKクロス T 2WD」はおすすめだと思います。

ヒーティングシートの採用について

寒い時期でも極めて快適に運転できる為、ヒーティングシートを採用している軽自動車は優れていると思います。例えば寒い日には前もってシートを温かくしたい時に適しています。

「eKクロス T 2WD」はヒーティングシートを採用している軽自動車です。室内の乾燥を防ぎ、シートごとに個別に温度を調節できるので、この軽自動車はよい部類に入るといえなくもないでしょう。「eKクロス T 2WD」は冬季に冷え込む地方の方が使用するならお勧めと言えるでしょう。

オートエアコン対応について

頻繁に温度調整する必要がなく、お任せできるという点でオートエアコンに対応している軽自動車は優れてます。エアコンを調整する手間を削減したい人が使用したいなら適していると言えるかもしれません。

「eKクロス T 2WD」はオートエアコンに対応している軽自動車です。そのためこの軽自動車は設定温度に対し自動で調整し利用できる点で優秀な部類に入るでしょう。自分で温度設定をするのがめんどくさい人が使用する場合に「eKクロス T 2WD」はおすすめです。

後席スライド機構の採用について

狭いスペースを効率的に活用できるため、後席スライド機構を採用している軽自動車は優秀です。たとえば空間の効率的な使用を望む人が利用する場合お勧めだと思います。

「eKクロス T 2WD」は後席スライド機構を採用している軽自動車です。後部座席の足元を広く利用できるためこの軽自動車は秀でていそうです。後席をスライドすることにより、荷物を後部座席の後ろに、のせるスペースの作成するようなとき「eKクロス T 2WD」は適しています。

eKクロス T 2WD 関して表で詳細情報を見る

eKクロス T 2WD
画像eKクロス T 2WD
燃料タンク容量27L
ホイールベース2.5m
デュアルカメラブレーキサポート搭載
車線逸脱防止支援システム搭載
SRSエアバッグ
車両重量870kg
全幅1.48m
最小回転半径4.8m
排気量659cc
最低車両価格1688500円
圧縮比9.2 default
馬力2.7馬力
スマートエントリーシステム搭載
ターボ搭載
アイドリングストップ搭載
ヒーティングシート
オートエアコン対応
後席スライド機構
最大燃費25.2km/L
室内幅1.34m
室内高1.27m
パワーウィンドウ対応

類似の軽自動車を探す

他の軽自動車と比較する

価格をチェック

価格をチェック

選択中の製品
選択中の製品を変更する
eKクロス T 2WD

総合評価: 51.7/100

(総合: 22位)

eKクロス T 2WD

eKクロス T 2WD と評価が同程度の軽自動車を探す