比較: デンヨー GA-3706U と デンヨー GA-2605U2

2023-06-02 14:55:57

デンヨー GA-3706Uデンヨー GA-2605U2
デンヨー GA-3706Uデンヨー GA-2605U2
デンヨー GA-3706Uデンヨー GA-2605U2
デンヨー GA-3706Uデンヨー GA-2605U2
総合評価:

55.5/100

(総合順位: 46/355)

46.6/100

(総合順位: 158/355)

出力
79/100
42/100
電流
84/100
50/100
本体サイズ
36/100
54/100
本体重量
21/100
40/100

スペック

デンヨー GA-3706Uデンヨー GA-2605U2
デンヨー GA-3706Uデンヨー GA-2605U2
発電性能
出力3700VA2200VA
交流出力機能
対応電圧100V100V
対応電源周波数60Hz50Hz
電流37A22A
利便性
本体サイズ59.5cm × 51.5cm × 47cm51cm × 46.5cm × 41cm
本体重量68kg47kg
使用燃料ガソリンガソリン

類似の発電機を探す

他の発電機と比較

価格を見る

類似の発電機を探す

他の発電機と比較

価格を見る

比較レビュー

発電性能

出力

デンヨー GA-3706Uの出力は3700VAというデータであるのに対して、デンヨー GA-2605U2は2200VAです。デンヨー GA-3706Uとデンヨー GA-2605U2は1500VAというひときわ大きな差で、全くの別物だといえるでしょう。これらの比較で明確に分かるように、出力という点についてデンヨー GA-2605U2よりデンヨー GA-3706Uは著しく大きいということができます。出力が大きい発電機の最大のメリットは、安定した電力供給が維持できることです。これは、工事現場や大型イベントなど、様々なシーンで欠かせない要素となります。

出力が大きい発電機のメリットは、非常時や野外活動、建設現場などで必要な電力を十分に供給できるという点です。大容量の燃料タンクが付いているため、長時間稼働が可能で、非常時であっても安心して使用することができます。また、電力不足が問題となる野外活動や建設現場であっても、機器を安定して稼働させることができるため、作業スピードや効率アップにもつながります。

この比較情報で明確に分かるように、出力についてデンヨー GA-2605U2のほうが非常に良くないと思います。出力が重要な場合デンヨー GA-2605U2はイマイチな選択と考えられるかもしれません。デンヨー GA-2605U2を採用するべきでない一つの重視すべき判断材料になります。

出力評価
デンヨー GA-3706U
3700VA79/100
デンヨー GA-2605U2
2200VA42/100

交流出力機能

どちらも交流出力に対応しているということができます。これらの発電機は、全体にわたって信頼性の高い性能を誇っています。特に、交流出力に対応しているため、多くの電化製品を使用する際にも利便性があります。

交流出力に対応している発電機は、持ち運びが比較的容易なことが多いため、様々な状況で使用できます。普段の生活や仕事で発電機を使用する場合、容易に設置できることが重要です。交流出力に対応している発電機は、持ち運びが容易であり、移動する必要がある場合にも効果的です。例えば、イベントの現場で急に停電が発生した場合などにも、交流出力に対応している発電機を使用することができます。

電流

電流の視点について比べるとデンヨー GA-2605U2は22Aであるのに対し、デンヨー GA-3706Uは37Aになります。デンヨー GA-3706Uは電流は極端に大きいといえます。デンヨー GA-2605U2とデンヨー GA-3706Uの違いは15Aということができます。電流が大きい発電機のメリットとして、大きな電力を供給できることが挙げられます。

大型イベント、工事現場などで使用される発電機の多くは、電流が大きいおかげで、長時間の運転が可能です。荒い環境下での使用でも安定した電力供給を維持します。電力の安定性に加えて、多彩な付加機能を持った高品質のモデルでは、幅広い用途に対応することができます。

実際の利用において、電流に関してデンヨー GA-2605U2の方が目に付くほど低いレベルにあると感じると思います。デンヨー GA-2605U2は電流に注目するならいまいちな選択と言えるかもしれません。ともあれ、電流を参考にすることは、より良い選択をする上で不可欠な材料でしょう。

電流評価
デンヨー GA-3706U
37A84/100
デンヨー GA-2605U2
22A50/100

利便性

本体サイズ

デンヨー GA-3706Uの本体サイズは59.5cm × 51.5cm × 47cmというデータとなっており、デンヨー GA-2605U2は51cm × 46.5cm × 41cmというデータとなっています。デンヨー GA-3706Uとデンヨー GA-2605U2は際立った違いが見られます。これらの比較情報で明白にわかるようにデンヨー GA-2605U2の本体サイズはデンヨー GA-3706Uを著しく凌駕していると言えます。本体サイズが小さい発電機のメリットは、コンパクトな作りが場所を取らずに収納できることです。

本体サイズが小さい発電機のメリットとして、コンパクトであることに加え、省エネ性が高い点が挙げられます。小型であるため、燃料の消費量を抑えることができ、騒音も少なくなるため、近隣の迷惑になることなく利用することができます。また、発電機が負荷に対して余裕があるため、燃費が良くなり、経済的にも優れています。

実用性を重要視するならば、本体サイズに関してデンヨー GA-2605U2のほうがデンヨー GA-3706Uより体感的に、かなり優れた水準にあります。デンヨー GA-3706Uとデンヨー GA-2605U2に関して違いは比較にならない程というデータです。このため、デンヨー GA-3706Uは本体サイズを優先するのであれば微妙であるといえます。そうでなくとも、デンヨー GA-3706Uを選ばない手掛かりの一つとなるでしょう。

本体サイズ評価
デンヨー GA-3706U
59.5cm × 51.5cm × 47cm36/100
デンヨー GA-2605U2
51cm × 46.5cm × 41cm54/100

本体重量

デンヨー GA-3706Uの本体重量は68kgとなっているのに対してデンヨー GA-2605U2の本体重量は47kgというデータです。21kgもの飛び抜けた違いがデンヨー GA-3706Uとデンヨー GA-2605U2に見られ、デンヨー GA-2605U2のほうが本体重量が遥かに軽いということが分かります。本体重量が軽い発電機を選ぶことで、場所を取らず設置場所の選択肢が広がります。

パッシュ1: 本体重量が軽い発電機のメリットは、ポータブル性の高さです。重たい発電機の移動が困難な現場やアウトドアでの使用に最適です。また、車に積み込んでの移動も容易になるため、非常時にも優れた選択肢となります。

本体重量という点について実際に使う場合を考えると、デンヨー GA-3706Uとデンヨー GA-2605U2において差は極端に大きく開いています。デンヨー GA-3706Uと比べるとデンヨー GA-2605U2は目に見えるほど優れた水準にあると思います。このため本体重量を重要視する場合デンヨー GA-2605U2が適していると考えられるかもしれません。そうでなくともデンヨー GA-3706Uに決めるべきではない一つの重視すべき判断材料となります。ともあれ本体重量を見ておくことでより賢明な決定を下せるでしょう。

本体重量評価
デンヨー GA-3706U
68kg21/100
デンヨー GA-2605U2
47kg40/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。