FENDER MUSTANG LT25 と MUSTANG GT 40 の評価まとめ。どちらがおすすめ?

作成日時: 2020-03-20 19:58:15、更新日時: 2021-10-20 16:37:29

FENDER MUSTANG LT25MUSTANG GT 40
FENDER MUSTANG LT25MUSTANG GT 40

「MUSTANG GT 40」と「FENDER MUSTANG LT25」を比較したときの違いはどれくらいあるのでしょうか?違いについて比較/解説。どっちのギターアンプにした方がいいのか悩んでいる人はぜひチェックしてみてください!

FENDER MUSTANG LT25MUSTANG GT 40
FENDER MUSTANG LT25MUSTANG GT 40
総合評価:
本体サイズrating-image2.4
横:368mm、縦:324mm、厚さ:210mm
rating-image2.6
横:387.3mm、縦:267mm、厚さ:210mm
本体重量rating-image2.8
5.7kg
rating-image2.6
6.25kg
振動板の総面積rating-image2.1
rating-image2.5

FENDER MUSTANG LT25は、5.7kgの本体重量で、25Wの定格出力を誇ります。リバーブ機能、エフェクト機能、チューナー機能があり、ヘッドホン端子やAUX IN端子、さらにはUSB接続も可能です。このアンプは、コンパクトで持ち運びにも便利なため、スタジオだけでなくライブでも活躍します。

MUSTANG GT 40は、6.25kgの本体重量で、40Wの定格出力を誇ります。リバーブ機能、エフェクト機能、チューナー機能があり、またBluetoothに対応しているため、一層の拡張性を持っています。ヘッドホン端子やAUX IN端子に加え、USB接続も可能です。このアンプは、多様な音楽ジャンルにマッチし、幅広いシーンで使えます。

FENDER MUSTANG LT25とMUSTANG GT 40はどちらも、リバーブやエフェクトなど、充実した機能を備えています。また、チューナー機能やヘッドホン端子、AUX IN端子、USB接続といった面でも、高い性能を発揮します。しかしながら、MUSTANG GT 40はより高い出力とBluetoothに対応している点が特徴的で、多彩な使用シーンにおいて威力を発揮しやすいです。FENDER MUSTANG LT25はコンパクトで持ち運びに便利であり、なおかつ十分なスペックを備えたアンプです。どちらも優れた製品ですが、使用目的に応じて選ぶことをおすすめします。

そのため、FENDER MUSTANG LT25とMUSTANG GT 40の両方について、高い評価を与えています。使用しているミュージシャンのニーズに適合した製品であることは間違いありません。

MUSTANG GT 40 と比較して FENDER MUSTANG LT25 を選ぶメリット

    -

FENDER MUSTANG LT25 と比較して MUSTANG GT 40 を選ぶメリット

  • 振動板

    42.3点 vs 50.5点

  • Bluetooth対応

「FENDER MUSTANG LT25」と「MUSTANG GT 40」を徹底比較する

スピーカー性能について「FENDER MUSTANG LT25」と「MUSTANG GT 40」を比較

振動板の総面積について

特にダイナミックな演奏するような場合に最適です。

振動板の総面積について「FENDER MUSTANG LT25」より「MUSTANG GT 40」の方がわずかに大きい振動板です。振動板の大きさランキングで見てみると248製品中「FENDER MUSTANG LT25」は169位で「MUSTANG GT 40」は153位です。ほとんど差は無いと言えます。

大音量でも音源を再現性良く出力できる点で「MUSTANG GT 40」の方が「FENDER MUSTANG LT25」よりも多少良いといえなくもないでしょう。しかしながら高域から低域までの幅広い音階を演奏する場合でもほとんどのケースで体感できない違いだと思います。数値的には「MUSTANG GT 40」の方が「FENDER MUSTANG LT25」より大きいですが、普通に使っている分において体感差はほぼ感じません。

接続機能について「FENDER MUSTANG LT25」と「MUSTANG GT 40」を比較

チューナー機能について

チューニング機能を搭載しているギターアンプは詳しい知識がなくてもギターの正しいチューニングができる点で使い勝手が良いです。特にエレキギターの弦の各音階を正しく補正するのにおすすめです。

「FENDER MUSTANG LT25」も「MUSTANG GT 40」もチューニング機能を搭載しているギターアンプです。そのため容易にチューニングができる点で使い勝手が良いです。どちらも簡単にチューニングができるので、ギターの初心者やチューニングが苦手な人などが使用するのにオススメです。

ヘッドホン端子について

ヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプはヘッドフォンを接続して夜間など音を出せない環境下で使用できる点で優れています。例えば外部に音を漏らさず演奏できるので、近隣への騒音が気になる人が使用するといったケースで重宝します。

「MUSTANG GT 40」も「FENDER MUSTANG LT25」もヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプです。そのため夜間など時間帯によって音を出せない場所で使用できる点で使い勝手が良いです。どちらも夜間など音を出せない環境下で使用するのにおすすめです。

AUX IN端子について

AUX IN端子に対応しているギターアンプはAUX出力に対応しているギターと接続できる点で秀でています。特に汎用性の高い規格の端子なので、普段から多くのギターを利用している人が使用するといったケースに向いています。

「MUSTANG GT 40」も「FENDER MUSTANG LT25」もAUX IN端子に対応しているギターアンプです。そのため好きなアーティストの曲を再生しながらギターが練習できる点で優れています。どちらもpodなどを繋いでスピーカーから一緒に音を出力するのにオススメです。

USB接続について

USBで接続できるギターアンプは汎用性が高いUSBケーブルで接続でき、電力も取ることができる点で優れています。特にUSBで様々な機器と接続するのに適しています。

「MUSTANG GT 40」も「FENDER MUSTANG LT25」もUSBで接続できるギターアンプです。そのためPCなどの外部機器と接続連携できる点で優れています。どちらもPCと接続してチューナーやエフェクターなどを起動するのにおすすめです。

音響効果について「FENDER MUSTANG LT25」と「MUSTANG GT 40」を比較

リバーブ機能について

リバーブ機能を搭載しているギターアンプは別途機材を用意せずにギターの音を変える事ができる点で秀でています。特に残響を加えて出力するのに適しています。

「FENDER MUSTANG LT25」も「MUSTANG GT 40」もリバーブ機能を搭載しているギターアンプです。そのため反射音で空間的な広がりを出し臨場感を表現できる点で使い勝手が良いです。どちらも狭い場所での演奏を、大きな空間で演奏しているような音を表現するのにオススメです。

エフェクト機能について

エフェクト機能を搭載しているギターアンプはエレキギターの音を変化できる点で秀でています。例えば音色のバリエーションを広げられるので手軽に音を変えて演奏するようなケースで役立ちます。

「MUSTANG GT 40」も「FENDER MUSTANG LT25」もエフェクト機能を搭載しているギターアンプです。そのため多くの音色を奏でることができる点で秀でています。どちらもアンプ搭載のエフェクターだけで音作りするのに適しています。

基本情報について「FENDER MUSTANG LT25」と「MUSTANG GT 40」を比較

本体サイズについて

サイズが小さいギターアンプは設置場所を気にする事なくどこにでも置く事ができる点で優れています。特に使用しない時は省スペースで収納するような場合に向いています。

サイズを「MUSTANG GT 40」と「FENDER MUSTANG LT25」を比べると「MUSTANG GT 40」は横:387.3mm、縦:267mm、厚さ:210mmで「FENDER MUSTANG LT25」は横:368mm、縦:324mm、厚さ:210mmです。「FENDER MUSTANG LT25」も「MUSTANG GT 40」もサイズの違いはほとんど無いと言えるでしょう。サイズの小ささランキングで見てみると400製品中「FENDER MUSTANG LT25」は187位で「MUSTANG GT 40」は175位です。ほとんど差は無いと言えます。

実用上の違いはありません。他の角度から見て選んだ方がよいでしょう。

本体サイズ評価
FENDER MUSTANG LT25
横:368mm、縦:324mm、厚さ:210mm47/100
MUSTANG GT 40
横:387.3mm、縦:267mm、厚さ:210mm52/100

本体重量について

本体重量が軽いギターアンプは簡単に持ち運びできる点で秀でています。例えば持ち運びを楽にするのに適しています。

本体重量を「FENDER MUSTANG LT25」と「MUSTANG GT 40」を比較すると「FENDER MUSTANG LT25」は5.7kgであり「MUSTANG GT 40」は6.25kgです。「MUSTANG GT 40」の重さより「FENDER MUSTANG LT25」の方がわずかに軽いです。本体重量の軽さランキングで見てみると398製品中「FENDER MUSTANG LT25」は153位で「MUSTANG GT 40」は163位です。ほとんど差は無いと言えます。

手軽に持ち運んで使用できる点で「FENDER MUSTANG LT25」の方が無難かもしれません。しかしながら手軽に持運びをする場合でも実用上の差はほとんど無いと思われます。どちらかといえば「MUSTANG GT 40」より「FENDER MUSTANG LT25」ですが、基本的に体感差はほぼ感じません。

本体重量評価
FENDER MUSTANG LT25
5.7kg55/100
MUSTANG GT 40
6.25kg52/100

「FENDER MUSTANG LT25」と「MUSTANG GT 40」の違いを表で比較する

FENDER MUSTANG LT25MUSTANG GT 40
画像FENDER MUSTANG LT25MUSTANG GT 40
本体サイズ横:368mm、縦:324mm、厚さ:210mm横:387.3mm、縦:267mm、厚さ:210mm
本体重量5.7kg6.25kg
定格出力25W40W
リバーブ機能
エフェクト機能
チューナー機能
ヘッドホン端子
AUX IN端子
Bluetooth対応 -
USB接続

類似のギターアンプを探す

他のギターアンプと比較する

価格をチェック

類似のギターアンプを探す

他のギターアンプと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

FENDER MUSTANG LT25 の関連記事
MUSTANG GT 40 の関連記事

FENDER MUSTANG LT25 と評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

FENDER MUSTANG LT25 の関連記事
MUSTANG GT 40 の関連記事

MUSTANG GT 40 と評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

ギターアンプランキング

カテゴリ一覧

人気ギターアンプ

関連人気記事

新着情報