CUBE Street II レビュー

2023-06-02 14:38:06

総合評価

51.5/100

(総合順位: 150/1132)

評価項目点数
本体サイズ
42/100
本体重量
65/100
最大駆動時間
48/100
振動板の総面積
49/100
総合評価51.5/100

評価レビュー

接続機能

チューナー機能

CUBE Street IIはチューニング機能を搭載しているギターアンプということができます。このギターアンプは、チューニング機能を搭載していることから初心者の方でも簡単に調整ができます。また、機械的なノイズが少なく、音質も非常にクリアですので、音楽制作やレコーディングにも最適な製品と言えます。

チューニング機能を搭載しているギターアンプは、プロフェッショナルなギタリストにとっても好まれる装置です。スタジオやライブの現場での演奏は、時間が限られている場合が多く、楽器のチューニングに時間を取られることは避けたいところです。ギターアンプにチューニング機能があることで、素早く正確なチューニングを実現することができます。これにより、スムーズかつパワフルな演奏ができるため、より高品質な演出を実現できます。

ヘッドホン端子

CUBE Street IIはヘッドホン端子に対応していると言えるでしょう。当社がレビューしたこのギターアンプは、ヘッドホン端子に対応しており、音楽を楽しみながら周囲に迷惑をかけずにプレイすることができます。また、ヘッドホンを使用することで、プレイヤー自身が演奏した音をしっかりと聴くことができ、音色の特徴を確認することもできます。

ヘッドホン端子に対応しているギターアンプのメリットとして、ステージやスタジオでの音作りに役立ちます。ヘッドホンで音を確認しながら演奏することで、逆にスピーカーから響く音とのチェックがしやすくなります。さらに、周囲からの音の干渉が少ないため、より細かい調整ができるようになります。

AUX IN端子

CUBE Street IIはAUX IN端子に対応しているギターアンプであるといえるでしょう。ギタープレイヤーにとって、このギターアンプの特徴は、AUX IN端子に対応しているということでしょう。外部の音源を繋げられることで、より多彩な音楽表現が可能になります。また、その音質も素晴らしく、高品質な音に包まれた演奏が楽しめます。

ギターアンプにAUX IN端子があると、様々な音源を手軽に接続できます。バンド練習で使うリズムトラックや、カラオケで楽しむ音楽、自分で制作したオリジナル曲を再生する際も、ギターアンプを通して楽しむことができます。また、AUX IN端子があることで、音源のクオリティをそのまま生かし、クリアで高品質な音を楽しむことができます。

USB接続

CUBE Street IIはUSBで接続できるギターアンプと言えるでしょう。このギターアンプは、USBで接続できるので、簡単に録音ができます。また、そのプロセスも非常にスムーズです。

USBで接続できるギターアンプのメリットの一つは、パソコンやスマートフォンで簡単に録音ができることです。また、自宅で練習する際には、スピーカーやイヤホンを接続して静かに楽器を演奏することができます。さらに、USB経由で音源を再生することもできるため、音楽制作のバックトラックを鳴らすことができます。

音響効果

リバーブ機能

CUBE Street IIはリバーブ機能を搭載していると言えるでしょう。リバーブ機能を搭載したこのギターアンプは、音響効果に定評があります。細かなパラメータ設定によって、手軽に演奏に合わせた設定を行うことができ、自由な音の表現が可能になります。演出としての効果も高く、スタジオ録音からライブ演奏まで幅広いシーンで、常に高次元の音質を実現しています。

リバーブ機能を搭載しているギターアンプは、ライブシーンやレコーディングシーンで非常に重宝されます。どんな音楽ジャンルでも効果的に使われるリバーブ機能は、音楽に深みを与え、聴く人の心を捉えて離さない魅力を生み出します。

エフェクト機能

CUBE Street IIはエフェクト機能を搭載しているギターアンプであるといえるでしょう。このギターアンプはエフェクト機能を搭載しているため、演奏時のサウンドに多彩な表情を与えることができます。エフェクトを特に好む方にとっては、この機能は大変満足のいくものでしょう。もちろん、純粋な音だけを求める方は、エフェクトを使用せずに弾くこともできます。

エフェクト機能を搭載しているギターアンプは、電子楽器やシンセサイザーにも劣らないくらい多彩な演奏表現が可能です。例えば、フェーダー/ワウペダル、ドライビングエフェクト、ダイナミクス効果など、様々なエフェクトを掛けることができます。これにより、ユニークで多彩な演奏表現が可能であり、音楽的な幅を広げることができます。

基本情報

本体サイズ

本体サイズに関して、CUBE Street IIは横:41.4cm、縦:285mm、厚さ:255mmというデータとなっています。平均水準に位置します。100点中42.7点といえます。これはそこそこなレベルということができるギターアンプだと分かります。このギターアンプの小さい本体サイズは、大変便利な点です。小さなスペースに置いても、手軽に使えるため、ホームスタジオの方におすすめです。また、移動が多いミュージシャンにも使い勝手が良いアンプと言えます。

本体サイズが小さいギターアンプの最大のメリットは、持ち運びがしやすいことです。小型で軽量なため、ライブやスタジオでの使用に最適であり、場所を選ばず使え、携行性が高く便利です。また、小さい本体であっても、音質、使い勝手、機能性は妥協することなくしっかりと搭載されており、製品によっては高品質なサウンドを楽しめるものもあります。

実際の利用を考えるとCUBE Street IIは普通のギターアンプと言えるでしょう。本体サイズの情報を比較しても、判断するうえでほとんど意味がありません。

本体サイズ評価
CUBE Street II横:41.4cm、縦:285mm、厚さ:255mm42/100

本体重量

CUBE Street IIの本体重量は4.4kgとなっています。本体重量に関して高いグレードに位置します。本体重量が幾分か優れた水準にあります。ギターアンプの重要なポイントの1つである軽さ。このギターアンプは驚くほど軽く、運搬や移動が楽になりました。本体重量が軽いため、バンドマンやスタジオミュージシャンなど多くの音楽家に愛されています。

本体重量が軽いギターアンプは、演奏者にとっても嬉しいメリットがあります。例えば、長時間のスタジオレコーディングやライブ演奏など、長時間の演奏になる場合、アンプの重さが体に負担をかけることがあります。しかし、本体重量が軽いアンプは、演奏者自身にとって負担が少なく、また演奏に集中することができます。

本体重量において実際的にはCUBE Street IIはまあまあ上回っているギターアンプであるということが分かります。従って、本体重量に配慮したい場合、このギターアンプを採用した方がいいでしょう。ともあれ、本体重量を考慮することが、後悔しない判断につながるといえます。

本体重量評価
CUBE Street II4.4kg65/100

バッテリー搭載

CUBE Street IIはバッテリーを搭載しているギターアンプと言えます。このギターアンプは、バッテリーを搭載しているため、移動時にも重宝します。音質も一定であるため、スタジオやライブハウスでも十分使用できるでしょう。

バッテリーを搭載しているギターアンプは、とても便利な機能です。例えば、室内ではACアダプターで、室外では充電池で使用できるので、音楽活動の幅を広げることができます。また、移動先でもバッテリー容量の小さいアンプであれば、身軽に演奏することができます。

最大駆動時間

CUBE Street IIにおける最大駆動時間は14時間です。全てのギターアンプの中でも最大駆動時間の得点評価はまあまあといった感じのギターアンプで、点数評価は100点中48.3点というデータになっています。これはまあまあといった感じと考えられます。このギターアンプの特徴は、その最大駆動時間の長さにあります。この製品を購入することで、長時間の演奏でも音切れの心配がなくなるため、アマチュアからプロまで、幅広い層に人気があります。また、音質にもこだわっており、音の遅延やノイズが少ないため、クリアな音を楽しむことができます。

ギターアンプの最大駆動時間が長いことは、ユーザーに多くのメリットをもたらします。例えば、長時間駆動可能なアンプは、練習中やライブパフォーマンス中に、音楽的セッションを引き伸ばすことができます。また、最大駆動時間が長いアンプには、オーバーヒートなどの問題が発生するリスクが低いため、長期的な使用にも耐えられる機材として重宝されています。これらの理由から、長時間駆動可能なギターアンプは、多くのミュージシャンに愛用されています。

これらの評価からわかるように最大駆動時間という視点について言えばCUBE Street IIは中程度の水準にあるといえます。決定する上で、最大駆動時間の情報は意味がないと思います。別の観点を見て採用したほうが良さそうということが分かるでしょう。

最大駆動時間評価
CUBE Street II14時間48/100

乾電池対応

CUBE Street IIは乾電池に対応していると言えます。当社のレビュー対象であるこのギターアンプは、乾電池に対応しており、持ち運びにも便利です。また、その小型でありながら、あらゆる音色を再現する高品質なサウンドは、プロも納得するものです。

音楽にとって乾電池対応のギターアンプは、革新的な発明です。外出先でのアンプを使用することができるため、ストリートライブやピクニックなど、自然に溶け込んだ演奏が可能になります。また、電子機器を使った音楽制作が多くなる現代において、乾電池対応はミュージシャンたちの音楽制作の幅を広げるきっかけとなるでしょう。

スピーカー性能

振動板の総面積

これはまあまあなレベルと言うことができるギターアンプだとわかるでしょう。100点満点中49.7点という評価点数を振動板の総面積につけています。このギターアンプの大きい振動板の総面積は、圧倒的な迫力を音楽に加えます。音に深みが出て、明確さが増します。音楽の表現が広がるのに貢献することは間違いありません。

振動板の総面積が大きいギターアンプのメリットは、より豊かなサウンドを実現できる点にあります。同じ大きさの振動板でも、面積が大きいほど音の振動が広がりますので、より柔らかくて豊かな音色を出すことができます。また、大きな振動板はよりパワフルな音を響かせることができるので、ライブハウスなどの大音量で演奏する場合にも威力を発揮します。

振動板の総面積について体感上の点から見るとCUBE Street IIはまあまあといったレベルということができます。決定を下す際に、振動板の総面積の情報は参考になりません。

スペック

CUBE Street II
画像CUBE Street II
本体サイズ横:41.4cm、縦:285mm、厚さ:255mm
本体重量4.4kg
バッテリー搭載
最大駆動時間14時間
乾電池対応
定格出力10W
リバーブ機能
エフェクト機能
チューナー機能
ヘッドホン端子
AUX IN端子
USB接続

ギターアンプランキング

カテゴリ一覧

人気ギターアンプ

関連人気記事

新着情報