SUPER FLYの徹底レビュー|どの程度おすすめかを解説

作成日時: 2020年03月20日 11時08分58秒, 更新日時: 2020年03月20日 12時52分01秒

SUPER FLYを徹底評価

SUPER FLYについてどのような良い点/悪い点があるのかについて網羅的にレビューしました。どういった点でメリット/デメリットがあるギターアンプなのでしょうか?類似のギターアンプと比較してSUPER FLYはどれくらい良いのかを評価しています。

メリット

  • サイズはやや小さい
  • 本体重量は比較的軽い

デメリット

  • 振動板の総面積はとても小さい

特徴

  • 乾電池に対応している
  • リバーブ機能を搭載している
  • エフェクト機能を搭載している
  • ヘッドホンをつなぐ端子がついている
  • AUX IN端子に対応している
  • Bluetoothに対応している

よく注目される点からSUPER FLYを評価する

SUPER FLYの接続機能について評価

ヘッドホン端子について

SUPER FLYはヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプです。

AUX IN端子について

SUPER FLYはAUX IN端子に対応しているギターアンプです。

Bluetoothについて

SUPER FLYはBluetoothに対応しているギターアンプです。

SUPER FLYの基本情報について評価

サイズについて

サイズについて、SUPER FLYは横:284 mm、縦:214.2 mm、厚さ:156.7 mmです。SUPER FLYは一般的なギターアンプよりもやや小さい方に分けられるサイズと言えます。サイズの小ささランキングでは203製品中55位に位置します。従ってサイズという点から選ぶならSUPER FLYは候補の一つに挙がるでしょう。通常利用であれば問題ないと言えますが、全体でみるとワンランク上のギターアンプのギターアンプもあるため決定的といえるほどではありません。

サイズ評価
SUPER FLY横:284 mm、縦:214.2 mm、厚さ:156.7 mm73/100

本体重量について

SUPER FLYの本体重量は2.5 kgです。SUPER FLYは平均的なギターアンプと比べて比較的軽い部類の重さと言えます。本体重量の軽さランキングでは200製品中35位に位置します。従ってSUPER FLYに決める大きな要因となると思います。これよりも軽い重さのギターアンプでもSUPER FLYとほとんど同じでしょう。

本体重量評価
SUPER FLY2.5 kg78/100

乾電池対応について

SUPER FLYは乾電池に対応しているギターアンプです。

SUPER FLYの音響効果について評価

リバーブ機能について

SUPER FLYはリバーブ機能を搭載しているギターアンプです。

エフェクト機能について

SUPER FLYはエフェクト機能を搭載しているギターアンプです。

SUPER FLYのスピーカー性能について評価

振動板の総面積について

標準的なギターアンプよりもSUPER FLYの振動板はかなり小さいと言えるギターアンプです。振動板の大きさランキングでは108製品中105位くらいになります。振動板の総面積に関心がない人でも普通に使っていて不満を感じるかもしれません。そのためもう一つ上を考えた方がいいでしょう。

SUPER FLYの詳細情報

SUPER FLY
画像SUPER FLY
サイズ横:284 mm、縦:214.2 mm、厚さ:156.7 mm
本体重量2.5 kg
乾電池に対応しているかどうか
定格出力12W
音に対する反射音を生成するエフェクター機能であるリバーブに対応している
音に効果を加えるエフェクト機能を搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
AUX IN端子によるオーディオ入力機能に対応しているかどうか
Bluetoothに対応しているかどうか

類似した性能のギターアンプを見る

他のギターアンプと比較する

価格をチェックする

SUPER FLYの価格を今すぐチェック

SUPER FLYと評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。