AC4C1-12-TTBMのメリット・デメリットとは?詳細レビューしました

作成日時: 2020年03月20日 10時15分18秒, 更新日時: 2020年03月20日 10時25分51秒

AC4C1-12-TTBMを徹底評価

よく注目される点からAC4C1-12-TTBMを評価する

AC4C1-12-TTBMの基本情報について評価

サイズについて

サイズについてAC4C1-12-TTBMは横:45.1 cm、縦:40.6 cm、厚さ:211 mmです。AC4C1-12-TTBMは標準的なギターアンプより比較的大きいと言えるでしょう。普通に使う分には比較的問題になりにくい程度のためすごく優れているという程ではないでしょう。こだわりが強い人には不足しているかもしれないため、ワンランク上のギターアンプを見てみることをおすすめします。

サイズ評価
AC4C1-12-TTBM横:45.1 cm、縦:40.6 cm、厚さ:211 mm32/100

本体重量について

AC4C1-12-TTBMの本体重量は10.6 kgです。普通のギターアンプとくらべてAC4C1-12-TTBMの重さはどちらかといえば重い方に分けられるギターアンプと言えるでしょう。本体重量という点から選ぶ場合においてAC4C1-12-TTBMはほとんどおすすめしません。

本体重量評価
AC4C1-12-TTBM10.6 kg33/100

AC4C1-12-TTBMの音響効果について評価

増幅回路への真空管の採用可否について

AC4C1-12-TTBMは真空管を使っているギターアンプです。

AC4C1-12-TTBMのスピーカー性能について評価

振動板の総面積について

平均的なギターアンプよりもAC4C1-12-TTBMの振動板は比較的大きいギターアンプだと言えるでしょう。従って振動板の総面積という観点で見るならAC4C1-12-TTBMは一つの候補です。普通に使う分には不満を感じない水準ですが、全体でみると一つ上のギターアンプのギターアンプもあるため最高レベルとは言えないでしょう。

AC4C1-12-TTBMの詳細情報

AC4C1-12-TTBM
画像AC4C1-12-TTBM
サイズ横:45.1 cm、縦:40.6 cm、厚さ:211 mm
本体重量10.6 kg
定格出力4W
音の信号を増幅する回路に真空管を使っているかどうか

類似した性能のギターアンプを見る

他のギターアンプと比較する

価格をチェックする

AC4C1-12-TTBMの価格を今すぐチェック

AC4C1-12-TTBMと評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。