DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212の詳細評価|みんなが良く見る観点について公平にレビュー

作成日時: 2020年03月20日 07時01分07秒, 更新日時: 2020年03月20日 08時35分52秒

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212を徹底評価

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212についてどのような良い点/悪い点があるのかについて網羅的にレビューしました。どういった点でメリット/デメリットがあるギターアンプなのでしょうか?類似のギターアンプと比較してDV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212はどれくらい良いのかを評価しています。

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212のメリット

  • 振動板の総面積はかなり大きい

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212のデメリット

  • サイズはかなり大きい
  • 本体重量は比較的重い

よく注目される点からDV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212を評価する

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212のスピーカー性能について評価

振動板の総面積について

普通のギターアンプとくらべてDV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212の振動板はかなり大きい方に入るギターアンプでしょう。振動板の大きさランキングで107製品中7位です。従って振動板の総面積という観点で見るならDV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212は一つの候補です。普通に使う分には不満を感じない水準ですが、全体でみると一つ上のギターアンプのギターアンプもあるため最高レベルとは言えないでしょう。

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212の基本情報について評価

サイズについて

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212のサイズは横:70.5 cm、縦:46.5 cm、厚さ:270 mmです。DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212は平均的なギターアンプよりもかなり大きいサイズです。サイズの小ささランキングでは197製品中181位くらいになります。サイズにほとんど興味がない人でも普通に利用していて不満を感じることがあるでしょう。従って一つ上を考えた方が良さそうです。

サイズ評価
DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212横:70.5 cm、縦:46.5 cm、厚さ:270 mm8/100

本体重量について

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212の本体重量は12.4 kgです。普通のギターアンプとくらべてDV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212の重さはどちらかといえば重い方に分けられるギターアンプと言えるでしょう。本体重量の軽さランキングで見てみると195製品の中で141位くらいに位置付けられます。本体重量という点から選ぶ場合においてDV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212はほとんどおすすめしません。

本体重量評価
DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC21212.4 kg27/100

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212の詳細情報

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212
画像DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212
サイズ横:70.5 cm、縦:46.5 cm、厚さ:270 mm
本体重量12.4 kg

類似した性能のギターアンプを見る

他のギターアンプと比較する

価格をチェックする

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212の価格を今すぐチェック

DV NEOCLASSIC 212 DVM-NC212と評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。