6505+ Headのメリットデメリットは?ほかのギターアンプと比較したときのおススメ度についてまとめました

作成日時: 2020年03月20日 10時58分38秒, 更新日時: 2020年03月20日 11時32分47秒

6505+ Headはどれくらい使い勝手がいいのかについてレビュー。どういうメリットがあるのでしょうか。どれくらい利便性が優れているのかについて解説しました。

よく注目される点から6505+ Headを評価する

6505+ Headの基本情報について評価

サイズについて

サイズについて6505+ Headは横:67.6 cm、縦:298 mm、厚さ:254 mmです。6505+ Headは標準的なギターアンプより比較的大きいと言えるでしょう。サイズの小ささランキングで見てみると203製品の中で154位くらいに位置付けられます。サイズという観点で選ぶ場合において6505+ Headはおすすめしません。

サイズ評価
6505+ Head横:67.6 cm、縦:298 mm、厚さ:254 mm23/100

本体重量について

本体重量について、6505+ Headは21.9 kgです。標準的なギターアンプよりも6505+ Headの重さはとても重い部類のギターアンプと言えます。本体重量の軽さランキングでは200製品中176位くらいになります。本体重量にほとんど興味がない人でも日常で使っていてストレスを感じるかもしれません。従ってワンランク上のギターアンプを考えた方が良さそうです。

本体重量評価
6505+ Head21.9 kg10/100

6505+ Headの音響効果について評価

増幅回路への真空管の採用可否について

6505+ Headは真空管を使っているギターアンプです。

エフェクトループ機能について

6505+ Headはエフェクトループ機能を搭載しているギターアンプです。

6505+ Headの詳細情報

6505+ Head
画像6505+ Head
サイズ横:67.6 cm、縦:298 mm、厚さ:254 mm
本体重量21.9 kg
定格出力120W
音の信号を増幅する回路に真空管を使っているかどうか
エフェクトループ機能を搭載しているかどうか

類似した性能のギターアンプを見る

他のギターアンプと比較する

価格をチェックする

6505+ Headの仕様・スペックを競合製品と比較

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

6505+ Head

23.1-サイズ:横:67.6 cm、縦:298 mm、厚さ:254 mm

6505 Piranha Head

71.3サイズ:横:254 mm、縦:215.9 mm、厚さ:190.5 mm

KATANA-100 MkII

16.3サイズ:横:53 cm、縦:48.4 cm、厚さ:248 mm

Blues Cube Hot BC-HOT-VB

29.1サイズ:横:43.3 cm、縦:41.3 cm、厚さ:239 mm

HT-5RH MKII

56.3サイズ:横:396 mm、縦:220 mm、厚さ:217.5 mm

MG102FX

8.4サイズ:横:67.5 cm、縦:50 cm、厚さ:260 mm

Jazz Chorus JC-40

15.8サイズ:横:59.2 cm、縦:43.6 cm、厚さ:251 mm

KATANA-100/212 MkII

10.3サイズ:横:67 cm、縦:48.4 cm、厚さ:248 mm

重さ

画像製品名評価比較したときのおススメ度重さ

6505+ Head

10.2-本体重量:21.9 kg

6505 Piranha Head

86.9本体重量:1.5 kg

KATANA-100 MkII

21.5本体重量:14.8 kg

Blues Cube Hot BC-HOT-VB

27.1本体重量:12.6 kg

MG102FX

9.1本体重量:23 kg

Jazz Chorus JC-40

19.4本体重量:15.8 kg

KATANA-100/212 MkII

12.7本体重量:19.8 kg

ORIGIN20C

23.7本体重量:13.9 kg

6505+ Headの価格を今すぐチェック

6505+ Headと評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。