Blues Cube Artist212の優れた点やイマイチな点を検証。詳しく評価しました!

作成日時: 2020年03月20日 08時16分04秒, 更新日時: 2020年03月20日 11時00分47秒

Blues Cube Artist212を徹底評価

Blues Cube Artist212にはどのような点で優れた点やイマイチな点があるギターアンプなのか?どれくらい使い勝手がいいのかを徹底検証。利便性を評価レビューしました!

メリット

  • 振動板の総面積はかなり大きい

デメリット

  • サイズはかなり大きい
  • 本体重量は非常に重い

特徴

  • リバーブ機能を搭載している
  • エフェクト機能を搭載している
  • エフェクトループ機能を搭載している
  • ヘッドホンをつなぐ端子がついている
  • USBで接続できる

よく注目される点からBlues Cube Artist212を評価する

Blues Cube Artist212の基本情報について評価

サイズについて

Blues Cube Artist212のサイズは横:67.7 cm、縦:54.5 cm、厚さ:271 mmです。Blues Cube Artist212は平均的なギターアンプよりもかなり大きいサイズです。サイズにほとんど興味がない人でも普通に利用していて不満を感じることがあるでしょう。従って一つ上を考えた方が良さそうです。

サイズ評価
Blues Cube Artist212横:67.7 cm、縦:54.5 cm、厚さ:271 mm5/100

本体重量について

本体重量について、Blues Cube Artist212は21 kgです。標準的なギターアンプよりもBlues Cube Artist212の重さはとても重い部類のギターアンプと言えます。本体重量にほとんど興味がない人でも日常で使っていてストレスを感じるかもしれません。従ってワンランク上のギターアンプを考えた方が良さそうです。

本体重量評価
Blues Cube Artist21221 kg11/100

Blues Cube Artist212のスピーカー性能について評価

振動板の総面積について

普通のギターアンプとくらべてBlues Cube Artist212の振動板はかなり大きい方に入るギターアンプでしょう。従ってBlues Cube Artist212はかなりおすすめでしょう。振動板の総面積という点でこれより大きいギターアンプでもBlues Cube Artist212との違いをほとんど感じられないでしょう。

Blues Cube Artist212の接続機能について評価

ヘッドホン端子について

Blues Cube Artist212はヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプです。

USB接続について

Blues Cube Artist212はUSBで接続できるギターアンプです。

Blues Cube Artist212の音響効果について評価

リバーブ機能について

Blues Cube Artist212はリバーブ機能を搭載しているギターアンプです。

エフェクト機能について

Blues Cube Artist212はエフェクト機能を搭載しているギターアンプです。

エフェクトループ機能について

Blues Cube Artist212はエフェクトループ機能を搭載しているギターアンプです。

Blues Cube Artist212の詳細情報

Blues Cube Artist212
画像Blues Cube Artist212
サイズ横:67.7 cm、縦:54.5 cm、厚さ:271 mm
本体重量21 kg
定格出力85W
音に対する反射音を生成するエフェクター機能であるリバーブに対応している
音に効果を加えるエフェクト機能を搭載しているかどうか
エフェクトループ機能を搭載しているかどうか
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
USBで接続できるかどうか

類似した性能のギターアンプを見る

他のギターアンプと比較する

価格をチェックする

Blues Cube Artist212の価格を今すぐチェック

Blues Cube Artist212と評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。