THR5のメリット・デメリットとは?詳細レビューしました

作成日時: 2020年03月20日 07時36分44秒、更新日時: 2020年03月20日 08時36分21秒

THR5を徹底評価

THR5はどれくらい使い勝手がいいのかについてレビュー。どういうメリットがあるのでしょうか。どれくらい利便性が優れているのかについて解説しました。

メリット

  • サイズはとても小さい
  • 本体重量はかなり軽い

デメリット

  • 最大駆動時間は非常に短い
  • 振動板の総面積はとても小さい

特徴

  • バッテリーを搭載している
  • 乾電池に対応している
  • リバーブ機能を搭載している
  • エフェクト機能を搭載している
  • チューニング機能を搭載している
  • ヘッドホンをつなぐ端子がついている
  • AUX IN端子に対応している
  • USBで接続できる

よく注目される点からTHR5を評価する

THR5の接続機能について評価

チューナー機能について

チューニング機能を搭載しているギターアンプは音を素直に増幅できるため音色の調整をしやすくすることができる点で秀でています。

THR5はチューニング機能を搭載しているギターアンプです。そのためギターのチューニングずれを補正できる点で優れています。チューナーが無いときでもアンプだけでチューニングするならTHR5は向いています。

ヘッドホン端子について

ヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプは音を外部に漏らすことなく演奏ができる点で使い勝手が良いです。例えばヘッドホンに繋ぎならアンプを使用するといったようなケースで役立ちます。

THR5はヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプです。そのため音を気にせずに使用できる点で使い勝手が良いです。夜など静かな環境でも周りを気にせずに演奏するならTHR5は向いています。

AUX IN端子について

AUX IN端子に対応しているギターアンプは外部からの音声を取り込んでスピーカーから一緒に音を出すことができる点で優れています。例えば外部のスマホやオーディオ機器の音源を同時に流して共演を楽しんだりするのに適しています。

THR5はAUX IN端子に対応しているギターアンプです。そのためそのままの音が再現できる点で優れています。対応の機器であれば容易に接続できる為、スマートフォンなどの外部機器と接続して利用するならTHR5はおすすめです。

USB接続について

USBで接続できるギターアンプはUSB端子からパソコンに繋いで録音することができる点で使い勝手が良いです。特にUSBに多機器と接続しながらアンプを使用するのに最適です。

THR5はUSBで接続できるギターアンプです。そのためアンプに入力された音をパソコンなどに保存する事ができる点で優れています。USBで他の機器と接続するのにTHR5は向いています。

THR5のスピーカー性能について評価

振動板の総面積について

振動板の総面積が大きいギターアンプはより良い音を再現できる点で優れています。

標準的なギターアンプよりもTHR5の振動板はかなり小さいと言えるギターアンプです。振動板の総面積に関心がない人でも普通に使っていて不満を感じるかもしれません。そのためもう一つ上を考えた方がいいでしょう。

THR5の基本情報について評価

サイズについて

サイズが小さいギターアンプは屋外に持ち出して使用する際、バッグなどに収納し、持ち運びがラクにできる点で使い勝手が良いです。特に持ち運びが楽に出来るので、ライブなどで頻繁にギターアンプを移動させる必要がある人が使用するといったときで役立ちます。

サイズについてTHR5は横:271 mm、縦:167 mm、厚さ:120 mmです。標準的なギターアンプよりTHR5のサイズは非常に小さい部類のギターアンプと言えます。狭い場所に置くことができる点でTHR5は秀でているでしょう。設置場所を気にせずに容易に設置したいならTHR5はとてもオススメです。従ってTHR5はかなりおすすめでしょう。サイズという点でこれより小さいギターアンプでもあまり意味がないでしょう。

サイズ評価
THR5横:271 mm、縦:167 mm、厚さ:120 mm81/100

本体重量について

本体重量が軽いギターアンプは手軽に持ち運んで使用できる点で優れています。例えば力のない人でも持ち運ぶことが出来るので、女性や子供が使用するのにおススメです。

本体重量についてTHR5は2 kgです。THR5は標準的なギターアンプとくらべて非常に軽いと言えます。簡単に持ち運びできる点でTHR5は非常に良いです。移動時など容易に持ち運びしたい場合にTHR5はとても向いています。従ってTHR5に決める大きな要因となると思います。これよりも軽い重さのギターアンプでもTHR5とほとんど同じでしょう。

本体重量評価
THR52 kg82/100

バッテリー搭載について

バッテリーを搭載しているギターアンプはライブなどの屋外でも本格的な演奏に使用できる点で優れています。例えば電源がない屋外などで使用するといったときに向いています。

THR5はバッテリーを搭載しているギターアンプです。そのため気軽に持ち運んで使用できる点で秀でています。電源のない場所で演奏するのにTHR5はオススメです。

最大駆動時間について

最大駆動時間が長いギターアンプは長時間連続して使用できる点で秀でています。例えば長時間の演奏にも耐えることが出来るので、時間を忘れて演奏し続けたい人が使用するのに適しています。

THR5の最大駆動時間は7時間です。THR5は普通のギターアンプよりもどちらかといえば短い部類に分けられる駆動時間です。最大駆動時間にあまり関心がない人でも普通に利用していて不満を感じるかもしれないため一つ上のギターアンプを考えた方が良さそうです。

最大駆動時間評価
THR57時間13/100

乾電池対応について

乾電池に対応しているギターアンプは商用電源が無い場所でも使用できる点で使い勝手が良いです。特に商用電源が無い場所でも使用するといったような場合で役立ちます。

THR5は乾電池に対応しているギターアンプです。そのためコンセントの無い場所で使用できる点で使い勝手が良いです。電源が無い場所でも音を鳴らせるので、野外で利用したい人が使用するならTHR5はオススメです。

THR5の音響効果について評価

リバーブ機能について

リバーブ機能を搭載しているギターアンプはエフェクター無しでも使用できる点で秀でています。特に広がりのある音で演奏するといったようなケースにおすすめです。

THR5はリバーブ機能を搭載しているギターアンプです。そのため残響感を演出することができる点で秀でています。特別な機器を用意しなくてもリバーブ機能を利用できるので、セッティングに時間を掛けたくないという人がするのにTHR5はおすすめです。

エフェクト機能について

エフェクト機能を搭載しているギターアンプはギターの音に効果をつけることできる点で秀でています。特にさまざまな音質効果を演出するようなケースで役に立ちます。

THR5はエフェクト機能を搭載しているギターアンプです。そのため他にエフェクターを用意しなくても何パターンかのエフェクトを使用できる点で優れています。音のエフェクトを楽しみながら使用するのにTHR5は向いています。

THR5の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

THR5

46.5-サイズ:横:271 mm、縦:167 mm、厚さ:120 mm, 本体重量:2 kg, 最大駆動時間:7時間

THR5A

46.5サイズ:横:271 mm、縦:167 mm、厚さ:120 mm, 本体重量:2 kg, 最大駆動時間:7時間

Adio Air GT

42.2サイズ:横:360 mm、縦:165 mm、厚さ:163 mm, 本体重量:2.9 kg, 最大駆動時間:8時間

KATANA-AIR

45.2サイズ:横:350 mm、縦:181 mm、厚さ:144 mm, 本体重量:2.2 kg, 最大駆動時間:10時間

THR10II Wireless

41.0サイズ:横:368 mm、縦:183 mm、厚さ:140 mm, 本体重量:3.2 kg, 最大駆動時間:5時間

THR30II Wireless

39.2サイズ:横:42 cm、縦:195 mm、厚さ:155 mm, 本体重量:4.3 kg, 最大駆動時間:5時間

THR10C

42.8サイズ:横:360 mm、縦:183.5 mm、厚さ:140 mm, 本体重量:2.8 kg, 最大駆動時間:7時間

THR10X

42.8サイズ:横:360 mm、縦:183.5 mm、厚さ:140 mm, 本体重量:2.8 kg, 最大駆動時間:7時間

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

THR5

81.9-サイズ:横:271 mm、縦:167 mm、厚さ:120 mm

MUSTANG GT 40

52.2サイズ:横:387.3 mm、縦:267 mm、厚さ:210 mm

GA15II

60.3サイズ:横:300 mm、縦:291 mm、厚さ:189 mm

MUSTANG LT25

47.6サイズ:横:368 mm、縦:324 mm、厚さ:210 mm

THR5A

81.9サイズ:横:271 mm、縦:167 mm、厚さ:120 mm

DSL1C

45.9サイズ:横:360 mm、縦:340 mm、厚さ:215 mm

THR10II

73.3サイズ:横:368 mm、縦:183 mm、厚さ:140 mm

Adio Air GT

72.8サイズ:横:360 mm、縦:165 mm、厚さ:163 mm

最大電池駆動時間

画像製品名評価比較したときのおススメ度最大電池駆動時間

THR5

13.8-最大駆動時間:7時間

WAZA-AIR

10.2最大駆動時間:5時間

THR5A

13.8最大駆動時間:7時間

Adio Air GT

16.1最大駆動時間:8時間

KATANA-AIR

21.9最大駆動時間:10時間

THR10II Wireless

10.2最大駆動時間:5時間

THR30II Wireless

10.2最大駆動時間:5時間

THR10C

13.8最大駆動時間:7時間

THR5の詳細情報

THR5
画像THR5
サイズ横:271 mm、縦:167 mm、厚さ:120 mm
本体重量2 kg
バッテリーを搭載しているかどうか
最大駆動時間7時間
乾電池に対応しているかどうか
定格出力10W
音に対する反射音を生成するエフェクター機能であるリバーブに対応している
音に効果を加えるエフェクト機能を搭載しているかどうか
チューナー機能を搭載している
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
AUX IN端子によるオーディオ入力機能に対応しているかどうか
USBで接続できるかどうか

類似のギターアンプを探す

他のギターアンプと比較する

価格をチェックする

THR5の価格を今すぐチェック

THR5と評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。