ヤマハ THR10II Wireless のメリット・デメリットとは?詳細レビューしました

作成日時: 2020-03-20 13:35:43、更新日時: 2021-10-19 20:38:33

 ヤマハ THR10II Wireless を徹底評価

ヤマハ THR10II Wireless についてどのような良い点/悪い点があるのかについて網羅的にレビューしました。どういった点でメリット/デメリットがあるギターアンプなのでしょうか?類似のギターアンプと比較して ヤマハ THR10II Wireless はどれくらい良いのかを評価しています。

評価のサマリー
評価の比較

総合評価

41/100

(総合: 260位)

評価項目得点
本体サイズ
73/100
本体重量
72/100
最大駆動時間
10/100
振動板の総面積
7/100
総合評価41/100

ヤマハ THR10II Wirelessは、重量 3.2kg のポータブルなアンプであり、バッテリー駆動に対応しているため、屋内外どちらでも使用することができます。最大駆動時間は 5時間と長く、ミュージシャンのライブや録音において、安心して使用できます。

定格出力は、20W/15Wであり、十分なパワーを持っています。リバーブやエフェクト機能が備わっており、プロのミュージシャンでも満足できるエフェクトを実現しています。チューナー機能が付いているので、チューニングもすばやく行うことができます。

ヘッドホン端子とAUX IN端子の搭載により、静かに練習することができます。Bluetoothに対応しており、スマートフォンやタブレットからの音楽再生にも対応しています。また、USB接続も可能であり、パソコンからの録音や再生なども簡単に行うことができます。

ヤマハ THR10II Wirelessは、ポータブルでありながら、強力なパワーと多彩な機能を搭載しており、非常に優れたアンプであると言えます。プロのミュージシャンから、初心者の方まで幅広く愛用されているアンプであり、非常におすすめすることができます。

ヤマハ THR10II Wireless を選ぶべき10つの理由

  • サイズはやや小さい
    (85位/400製品)
  • 本体重量は比較的軽い
    (87位/398製品)
  • バッテリーを搭載している
  • リバーブ機能を搭載している
  • エフェクト機能を搭載している
  • チューニング機能を搭載している
  • ヘッドホンをつなぐ端子がついている
  • AUX IN端子に対応している
  • Bluetoothに対応している
  • USBで接続できる

よく注目される点から ヤマハ THR10II Wireless を評価する

ヤマハ THR10II Wireless の接続機能について評価

チューナー機能について

チューニング機能を搭載しているギターアンプはいちいちチューナーに繋ぎ変えなくても、チューニングをした後すぐに演奏ができる点で優れています。特により手軽にチューニングが行える為、チューニングが苦手な人が使用するといった場合で役に立ちます。

「ヤマハ THR10II Wireless」はチューニング機能を搭載しているギターアンプです。そのためアンプのみでチューニングをすることができる点で秀でています。チューナーとしてギターアンプを使用するのに「ヤマハ THR10II Wireless」はオススメです。

ヘッドホン端子について

ヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプはエレキギターの音をヘッドホンで聞きながら演奏できる点で使い勝手が良いです。

「ヤマハ THR10II Wireless」はヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプです。そのため音が周りに聞こえるのを気にせずに演奏ができる点で秀でています。ヘッドホンで音声を出力するのに「ヤマハ THR10II Wireless」はおすすめです。

AUX IN端子について

AUX IN端子に対応しているギターアンプはipodなどを繋いでスピーカーから一緒に音を出すことができる点で使い勝手が良いです。

「ヤマハ THR10II Wireless」はAUX IN端子に対応しているギターアンプです。そのため外部からの音声を取り込むことができる点で優れています。イヤホン接続端子を利用して音を取り込むことで外部機器とかんたんに連携するのに「ヤマハ THR10II Wireless」は適しています。

Bluetoothについて

Bluetoothに対応しているギターアンプは楽曲をワイヤレスでギターアンプから鳴らすことができる点で優れています。特にケーブル無しでもPCやスマホ内の音楽をワイヤレスで再生するといったときで役立ちます。

「ヤマハ THR10II Wireless」はBluetoothに対応しているギターアンプです。そのためワイヤレス接続で、演奏場所を選ばずに使用できる点で優れています。スマホやパソコンをワイヤレスで接続して演奏を録音するなら「ヤマハ THR10II Wireless」は向いています。

USB接続について

USBで接続できるギターアンプはパソコンに繋いで録音できる点で優れています。例えばスマホやパソコンを使って音源を加工したりするのにおすすめです。

「ヤマハ THR10II Wireless」はUSBで接続できるギターアンプです。そのためUSB対応機器に接続して演奏を録音できる点で使い勝手が良いです。他の機器と接続するなら「ヤマハ THR10II Wireless」は適しています。

ヤマハ THR10II Wireless のスピーカー性能について評価

振動板の総面積について

振動板の総面積が大きいギターアンプはギターの演奏技術を最大限行かした音を出す事ができる点で使い勝手が良いです。特に優れた高周波特性を実現するようなケースにおススメです。

標準的なギターアンプよりも「ヤマハ THR10II Wireless」の振動板はかなり小さいと言えるギターアンプです。振動板の大きさランキングでは248製品中226位くらいになります。振動板の総面積に関心がない人でも普通に使っていて不満を感じるかもしれません。そのためもう一つ上を考えた方がいいでしょう。

ヤマハ THR10II Wireless の音響効果について評価

リバーブ機能について

リバーブ機能を搭載しているギターアンプは他に機器を使わずにリバーブを使用できる点で秀でています。特に残響効果でホール内での響きわたる音を実現するようなときで役立ちます。

「ヤマハ THR10II Wireless」はリバーブ機能を搭載しているギターアンプです。そのため音に残響を持たせることができる点で使い勝手が良いです。残響音のある音を作り出すことが出来るので、広いホールで演奏しているような感覚を味わいたい人が使用するなら「ヤマハ THR10II Wireless」はおすすめです。

エフェクト機能について

エフェクト機能を搭載しているギターアンプは原音をいろいろな音色に変えて演奏することができる点で使い勝手が良いです。例えばエコー等のエフェクトをかけて演奏するといったようなときで役に立ちます。

「ヤマハ THR10II Wireless」はエフェクト機能を搭載しているギターアンプです。そのためある程度はエフェクターなしで音の効果を変えることができる点で秀でています。別途エフェクターを用意しなくても様々なエフェクトを使った演奏をするのに「ヤマハ THR10II Wireless」はオススメです。

ヤマハ THR10II Wireless の基本情報について評価

本体サイズについて

サイズが小さいギターアンプはどのような場所にも持ち込む事ができる点で秀でています。

サイズについて「ヤマハ THR10II Wireless」は横:368mm、縦:183mm、厚さ:140mmです。これは一般的なギターアンプよりもやや小さい方に分けられるサイズと言えます。サイズの小ささランキングでは400製品中85位に位置します。気軽に持ち運び設置できる点でこの商品はよいです。容易に持ち運びしたいときに「ヤマハ THR10II Wireless」はややおすすめです。従ってサイズという点から選ぶなら「ヤマハ THR10II Wireless」は候補の一つに挙がるでしょう。通常利用であれば問題ないと言えますが、全体でみるとワンランク上のギターアンプのギターアンプもあるため決定的といえるほどではありません。

本体サイズ評価
ヤマハ THR10II Wireless横:368mm、縦:183mm、厚さ:140mm73/100

本体重量について

本体重量が軽いギターアンプは楽に移動することができる点で秀でています。

「ヤマハ THR10II Wireless」の本体重量は3.2kgです。これは平均的なギターアンプと比べて比較的軽い部類の重さと言えます。本体重量の軽さランキングでは398製品中87位に位置します。またこの商品はラクに持ち運びして使用することができる点でよいです。ライブなどでギターアンプを頻繁に移動させる人が使用するなら「ヤマハ THR10II Wireless」は比較的適しています。そのため本体重量という点から選ぶつもりなら「ヤマハ THR10II Wireless」は一つの候補でしょう。通常利用であれば不満を感じない水準と思われますが、玄人はワンランク上を検討してもいいのかもしれません。

本体重量評価
ヤマハ THR10II Wireless3.2kg72/100

バッテリー搭載について

バッテリーを搭載しているギターアンプは電源のない場所で演奏できる点で優れています。例えば屋外で気軽に使用出来るので、ストリートミュージシャンなど屋外で演奏する機会が多い人が使用するといったときで役立ちます。

「ヤマハ THR10II Wireless」はバッテリーを搭載しているギターアンプです。そのため充電して持ち運ぶ事で電源のない場所にも演奏場所を作る事ができる点で使い勝手が良いです。停電時でも使用するなら「ヤマハ THR10II Wireless」は適しています。

最大駆動時間について

最大駆動時間が長いギターアンプは長時間連続して演奏することができる点で秀でています。特に電源の無い場所で長時間ギター演奏をしたいという人が使用するようなときに最適です。

「ヤマハ THR10II Wireless」の最大駆動時間は5時間です。これは一般的なギターアンプとくらべて非常に短い方に分けられる駆動時間と言えるでしょう。電池持ちランキングでは63製品中60位くらいになります。最大駆動時間にあまり関心がない人でも普通に利用していて不満を感じるかもしれないため一つ上のギターアンプを考えた方が良さそうです。

最大駆動時間評価
ヤマハ THR10II Wireless5時間10/100

ヤマハ THR10II Wireless の詳細情報

ヤマハ THR10II Wireless
画像ヤマハ THR10II Wireless
本体サイズ横:368mm、縦:183mm、厚さ:140mm
本体重量3.2kg
バッテリー搭載
最大駆動時間5時間
定格出力20W,15W
リバーブ機能
エフェクト機能
チューナー機能
ヘッドホン端子
AUX IN端子
Bluetooth対応
USB接続

類似のギターアンプを探す

他のギターアンプと比較する

価格をチェック

THR10II WirelessのGuitar Amp モデルについて

筐体内部に真空管アンプ宛らのオレンジ・イルミネーションを堪能できる。さらにギターアンプであるがオーディオ用やベースアンプで使用することに優れている。

THR10II WirelessのVCMテクノロジーについて

録音アンプから録音ヘッドで起きている現象を再現できる。加えて真空管アンプに匹敵するリアルな音を再現するのに優れている。

THR10II WirelessのAcoustic モデルについて

アコースティックなサウンドを出す事ができる点で優れている。さらにアコースティックギターに接続し音を再現することに優れている。

THR10II Wirelessのエクステンデッドステレオについて

外部にスピーカーがあるような広がりある高音質サウンドにできる。さらにステレオ音をさらに広げてあり臨場感のある音をリスニングするのに向いている。

THR10II WirelessのBass Modelsについて

3種類のベースアンプモデルの選択ができる。加えて真空管アンプのような自然な低音を再現することに優れている。

THR10II WirelessのFlat ボイシングについて

3種類のフラットボイシングが使用できる点で優れている。加えて3種類の音からフラットボイシングを選択することに優れている。

ヤマハ THR10II Wireless の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ヤマハ THR10II Wireless と評価が同程度のギターアンプを探す

本体サイズ:横:375mm、縦:370mm、厚さ:195mm, 本体重量:7.8kg

本体サイズ:横:350mm、縦:340mm、厚さ:215mm, 本体重量:6.1kg

本体サイズ:横:354mm、縦:313mm、厚さ:208mm, 本体重量:4.1kg

本体サイズ:横:45.5cm、縦:42.5cm、厚さ:240mm, 本体重量:12.7kg

本体サイズ:横:86mm、縦:38mm、厚さ:31mm, 本体重量:40g, 最大駆動時間:17時間

本体サイズ:横:271mm、縦:167mm、厚さ:120mm, 本体重量:2kg, 最大駆動時間:7時間

本体サイズ:横:269mm、縦:267mm、厚さ:179mm, 本体重量:3.5kg, 最大駆動時間:19.5時間

本体サイズ:横:291mm、縦:202mm、厚さ:166mm, 本体重量:3.9kg

本体サイズ:横:45.5cm、縦:43cm、厚さ:240mm, 本体重量:12.7kg

本体サイズ:横:150mm、縦:145mm、厚さ:83mm, 本体重量:904g

本体サイズ:横:170mm、縦:126mm、厚さ:102mm, 本体重量:900g

本体サイズ:横:375mm、縦:370mm、厚さ:195mm, 本体重量:7.6kg

ヤマハ THR10II Wireless の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ヤマハ THR10II Wireless

41.0-本体サイズ:横:368mm、縦:183mm、厚さ:140mm, 本体重量:3.2kg, 最大駆動時間:5時間

BOSS WAZA-AIR (2019)

10.0最大駆動時間:5時間

MUSTANG GT 40

52.4本体サイズ:横:387.3mm、縦:267mm、厚さ:210mm, 本体重量:6.25kg

ヤマハ GA15II (2011)

50.1本体サイズ:横:300mm、縦:291mm、厚さ:189mm, 本体重量:5kg

FENDER MUSTANG LT25

49.8本体サイズ:横:368mm、縦:324mm、厚さ:210mm, 本体重量:5.7kg

ヤマハ THR5A (2012)

48.2本体サイズ:横:271mm、縦:167mm、厚さ:120mm, 本体重量:2kg, 最大駆動時間:7時間

Marshall DSL1C (2018)

46.5本体サイズ:横:360mm、縦:340mm、厚さ:215mm, 本体重量:7.9kg

VOX Adio Air GT

46.9本体サイズ:横:360mm、縦:165mm、厚さ:163mm, 本体重量:2.9kg, 最大駆動時間:8時間

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

ヤマハ THR10II Wireless

73.3-本体サイズ:横:368mm、縦:183mm、厚さ:140mm

MUSTANG GT 40

51.7本体サイズ:横:387.3mm、縦:267mm、厚さ:210mm

ヤマハ GA15II (2011)

58.3本体サイズ:横:300mm、縦:291mm、厚さ:189mm

FENDER MUSTANG LT25

47.9本体サイズ:横:368mm、縦:324mm、厚さ:210mm

ヤマハ THR5A (2012)

78.5本体サイズ:横:271mm、縦:167mm、厚さ:120mm

Marshall DSL1C (2018)

46.6本体サイズ:横:360mm、縦:340mm、厚さ:215mm

VOX Adio Air GT

73.0本体サイズ:横:360mm、縦:165mm、厚さ:163mm

BIAS Mini Guitar

81.3本体サイズ:横:266mm、縦:248mm、厚さ:46mm

ギターアンプランキング

カテゴリ一覧

人気ギターアンプ

関連人気記事

新着情報