VOX VGH-BASS (2020) 評価レビュー

2023-06-02 15:50:04

総合評価

55.9/100

(総合順位: 125/1132)

評価項目点数
本体サイズ
86/100
最大駆動時間
80/100
総合評価55.9/100

評価レビュー

基本情報

本体サイズ

VOX VGH-BASS (2020)に関して、本体サイズは横:195mm、縦:160mm、厚さ:50mmというデータになっています。標準と比較する場合、本体サイズは圧倒的に小さいと言うことができるギターアンプであることが分かります。本体サイズを考えると、100点満点中86.8点を本体サイズにつけています。小さな部屋でも使用可能なこのギターアンプは、コンパクトなサイズが魅力です。しかも、音質に妥協する必要はありません。小さい本体サイズでも、高品質な音を再生することができます。

本体サイズが小さいギターアンプには、音色の特徴もあります。小さいとはいえ、独自の音質を持っており、その音色を活かして音楽性を広げることができます。また、小型ならではの操作性もあり、パフォーマンスに使い込むことができます。

実際の利用を想定したとき、VOX VGH-BASS (2020)は一段と勝っているギターアンプであることがわかります。そのため、このギターアンプを採用するほうが良い一つの決め手になります。本体サイズを検討することで、合理的な決断を下すことができると思います。

本体サイズ評価
VOX VGH-BASS (2020)横:195mm、縦:160mm、厚さ:50mm86/100

本体重量

本体重量においてVOX VGH-BASS (2020)は230kgというデータとなっています。これは普及しているギターアンプと比べる場合低い水準にあると考えられそうです。本体重量についての評価点は100点中0点というデータです。

ギターアンプの本体重量が軽いことによって、ライブ会場での設置場所も柔軟になります。会場によっては、スペースの制約がある場合がありますが、軽量なアンプであれば、より自由度の高い設置が可能になります。また、設置場所を変更する際にも、楽器の保護や運搬の手間を抑えることができます。

これらの評価情報から明確なように、VOX VGH-BASS (2020)は非常に物足りないレベルなギターアンプということがわかります。そのため、このギターアンプは選択肢の一つから落ちるといえるでしょう。また、このギターアンプは本体重量に配慮したい人にとってあまりよくない選択と考えられるかもしれません。いずれにしても、本体重量を基準に考えることは、より的確な選択をする上で欠かせない指標と思います。

本体重量評価
VOX VGH-BASS (2020)230kg0/100

バッテリー搭載

VOX VGH-BASS (2020)はバッテリーを搭載しているということができます。このギターアンプはバッテリーを搭載しているため、音楽活動をする上での利便性が飛躍的に向上します。特に、移動やライブハウスなどでの演奏では、手軽かつ確実に電源を確保することができます。

バッテリーを搭載しているギターアンプには、とても優れたメリットがあります。例えば、どこでも演奏できるため、屋外での演奏や旅行中の練習に最適です。また、電源コードが不要なため、ステージ上のスペースを取りません。さらに、バッテリー寿命が長い場合、効率的な省エネ機能を提供します。

最大駆動時間

VOX VGH-BASS (2020)に関して、最大駆動時間は20時間です。通常と比べる場合最大駆動時間が圧倒的に長いギターアンプとなるでしょう。最大駆動時間についての評価点は100点中80.9点ということができます。このギターアンプは、最大駆動時間が長いため、演奏家にとって信頼できるパートナーとなります。演奏時間の長いライブやスタジオ録音でも、安心して使用できます。一般的なアンプに比べ、より長い最大駆動時間を誇っているため、多くの演奏家から支持されています。

最大駆動時間が長いギターアンプを持つことのメリットは、音の一貫性を維持することができる点にあります。長時間にわたって演奏を行う場合、アンプの温度上昇などによって音が変わってしまうことがあります。しかし、最大駆動時間が長いギターアンプを使用することで、演奏中でも安定した音質をキープすることができます。

これらの評価から明白なように、最大駆動時間においてVOX VGH-BASS (2020)は普通と比べるとずば抜けて凄いであると言えるでしょう。このため、このギターアンプは最大駆動時間を気にするのであれば魅力的な選択といえそうです。

最大駆動時間評価
VOX VGH-BASS (2020)20時間80/100

乾電池対応

VOX VGH-BASS (2020)は乾電池に対応しているギターアンプであると言うことができるでしょう。乾電池に対応しているこのギターアンプは、電源がなくても楽器を演奏することができるので、屋外やライブ会場などでも便利に使用できます。さらに、音質面でも満足できるクリアなサウンドが魅力です。

乾電池に対応しているギターアンプは、電源の制約から解放されるため、屋外での演奏やストリートライブなどに最適です。また、電源ノイズの影響を受けず、よりクリアな音質を楽しむことができます。

音響効果

エフェクト機能

VOX VGH-BASS (2020)はエフェクト機能を搭載していると言うことができます。ギターを演奏する方にとって、このギターアンプのエフェクト機能はとても有効です。ワフやディレイなど、様々なサウンドを手軽に作り出せるため、スタジオやライブハウスでの演奏においても活躍することが期待されます。

エフェクト機能を搭載しているギターアンプには、演奏者の表現力をより広げるメリットがあります。リバーブやコーラスなどのエフェクトを使うことによって、音が広がり深みが増し、響きの美しさを増すことができます。また、エフェクトをうまく使い分けることで、音楽の表現力が高まり、より表現力豊かな演奏が可能になります。

接続機能

AUX IN端子

VOX VGH-BASS (2020)はAUX IN端子に対応しているギターアンプであるといえるでしょう。AUX IN端子に対応しているため、このギターアンプは外部音源と接続して音楽を演奏することができます。高品質な音質は、様々なプレイスタイルに適応し、演奏者の表現力を十分に引き出すことができます。

AUX IN端子に対応しているギターアンプのメリットは多岐にわたります。まず、スマートフォンやタブレットから音源を入力することができ、自宅練習やバンド練習でのリズムトラックとして活用できます。また、カラオケや音楽配信サービスで楽曲を再生する際にも、本体の音質を活かすことができます。そして、AUX IN端子に対応していることで、エフェクトペダルを通して音源を入力することもできます。これにより、さらなる音楽表現の幅が広がります。

スペック

VOX VGH-BASS (2020)
画像VOX VGH-BASS (2020)
本体サイズ横:195mm、縦:160mm、厚さ:50mm
本体重量230kg
バッテリー搭載
最大駆動時間20時間
乾電池対応
エフェクト機能
AUX IN端子

ギターアンプランキング

カテゴリ一覧

人気ギターアンプ

関連人気記事

新着情報