THR10Cの徹底レビュー|どの程度おすすめかを解説

作成日時: 2020年03月20日 08時24分43秒、更新日時: 2020年03月20日 11時27分39秒

THR10Cを徹底評価

THR10Cはどれくらい使い勝手がいいのかについてレビュー。どういうメリットがあるのでしょうか。どれくらい利便性が優れているのかについて解説しました。

メリット

  • サイズはやや小さい
  • 本体重量は比較的軽い

デメリット

  • 最大駆動時間は非常に短い
  • 振動板の総面積はとても小さい

特徴

  • バッテリーを搭載している
  • 乾電池に対応している
  • リバーブ機能を搭載している
  • エフェクト機能を搭載している
  • チューニング機能を搭載している
  • ヘッドホンをつなぐ端子がついている
  • AUX IN端子に対応している
  • USBで接続できる

よく注目される点からTHR10Cを評価する

THR10Cの基本情報について評価

サイズについて

サイズが小さいギターアンプは屋外で演奏する際、負担なく持ち運びできる点で優れています。特に置場所に困らず保管するといったような場合におススメです。

サイズについて、THR10Cは横:360 mm、縦:183.5 mm、厚さ:140 mmです。THR10Cは一般的なギターアンプよりもやや小さい方に分けられるサイズと言えます。またTHR10Cは狭い場所に置くことができる点で良いです。容易に持ち運びしたいときにTHR10Cはややおすすめです。従ってサイズという点から選ぶならTHR10Cは候補の一つに挙がるでしょう。通常利用であれば問題ないと言えますが、全体でみるとワンランク上のギターアンプのギターアンプもあるため決定的といえるほどではありません。

サイズ評価
THR10C横:360 mm、縦:183.5 mm、厚さ:140 mm73/100

本体重量について

本体重量が軽いギターアンプは手軽に持ち運んで使用できる点で優れています。例えば力のない人でも持ち運ぶことが出来るので、女性や子供が使用するのにおススメです。

THR10Cの本体重量は2.8 kgです。THR10Cは平均的なギターアンプと比べて比較的軽い部類の重さと言えます。簡単に持ち運びできる点でTHR10Cはよいです。ライブなどでギターアンプを頻繁に移動させる人が使用するならTHR10Cは比較的適しています。そのため本体重量という点から選ぶつもりならTHR10Cは一つの候補でしょう。通常利用であれば不満を感じない水準と思われますが、玄人はワンランク上を検討してもいいのかもしれません。

本体重量評価
THR10C2.8 kg75/100

バッテリー搭載について

バッテリーを搭載しているギターアンプは電源のない場所で演奏できる点で優れています。例えば屋外で気軽に使用出来るので、ストリートミュージシャンなど屋外で演奏する機会が多い人が使用するといったときで役立ちます。

THR10Cはバッテリーを搭載しているギターアンプです。そのため気軽に持ち運んで使用できる点で秀でています。停電時でも使用するならTHR10Cは適しています。

最大駆動時間について

最大駆動時間が長いギターアンプは長時間の連続使用ができる点で使い勝手が良いです。例えば1度の充電で長時間続けて使用するようなケースにおすすめです。

THR10Cの最大駆動時間は7時間です。THR10Cは一般的なギターアンプとくらべて非常に短い方に分けられる駆動時間と言えるでしょう。最大駆動時間にあまり関心がない人でも普通に利用していて不満を感じるかもしれないため一つ上のギターアンプを考えた方が良さそうです。

最大駆動時間評価
THR10C7時間13/100

乾電池対応について

乾電池に対応しているギターアンプはアウトドアなど、手軽に屋外の演奏に使用できる点で使い勝手が良いです。例えば電池切れの際に乾電池を入れ換えてすぐに再使用するといった場合におススメです。

THR10Cは乾電池に対応しているギターアンプです。そのためコンセントの無い場所で使用できる点で使い勝手が良いです。電源のない屋外で使用するならTHR10Cはオススメです。

THR10Cの音響効果について評価

リバーブ機能について

リバーブ機能を搭載しているギターアンプは他に機器を使わずにリバーブを使用できる点で秀でています。特に残響効果でホール内での響きわたる音を実現するようなときで役立ちます。

THR10Cはリバーブ機能を搭載しているギターアンプです。そのため残響感を演出することができる点で秀でています。残響音のある音を作り出すことが出来るので、広いホールで演奏しているような感覚を味わいたい人が使用するならTHR10Cはおすすめです。

エフェクト機能について

エフェクト機能を搭載しているギターアンプは原音をいろいろな音色に変えて演奏することができる点で使い勝手が良いです。例えばエコー等のエフェクトをかけて演奏するといったようなときで役に立ちます。

THR10Cはエフェクト機能を搭載しているギターアンプです。そのため他にエフェクターを用意しなくても何パターンかのエフェクトを使用できる点で優れています。別途エフェクターを用意しなくても様々なエフェクトを使った演奏をするのにTHR10Cはオススメです。

THR10Cのスピーカー性能について評価

振動板の総面積について

振動板の総面積が大きいギターアンプはギターの演奏技術を最大限行かした音を出す事ができる点で使い勝手が良いです。特に優れた高周波特性を実現するようなケースにおススメです。

標準的なギターアンプよりもTHR10Cの振動板はかなり小さいと言えるギターアンプです。振動板の総面積に関心がない人でも普通に使っていて不満を感じるかもしれません。そのためもう一つ上を考えた方がいいでしょう。

THR10Cの接続機能について評価

チューナー機能について

チューニング機能を搭載しているギターアンプはチューナーとして使用できる点で秀でています。特に簡単にチューニングするのにおススメです。

THR10Cはチューニング機能を搭載しているギターアンプです。そのためギターのチューニングずれを補正できる点で優れています。チューナーとしてギターアンプを使用するのにTHR10Cはオススメです。

ヘッドホン端子について

ヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプはエレキギターの音をヘッドホンで聞きながら演奏できる点で使い勝手が良いです。

THR10Cはヘッドホンをつなぐ端子がついているギターアンプです。そのため音を気にせずに使用できる点で使い勝手が良いです。ヘッドホンで音声を出力するのにTHR10Cはおすすめです。

AUX IN端子について

AUX IN端子に対応しているギターアンプは外部からの音声を取り込んでスピーカーから一緒に音を出すことができる点で優れています。例えば外部のスマホやオーディオ機器の音源を同時に流して共演を楽しんだりするのに適しています。

THR10CはAUX IN端子に対応しているギターアンプです。そのためそのままの音が再現できる点で優れています。イヤホン接続端子を利用して音を取り込むことで外部機器とかんたんに連携するのにTHR10Cは適しています。

USB接続について

USBで接続できるギターアンプはUSBで繋いで多機器と接続できる点で秀でています。例えばパソコンに入力するようなときで重宝します。

THR10CはUSBで接続できるギターアンプです。そのためアンプに入力された音をパソコンなどに保存する事ができる点で優れています。他の機器と接続するならTHR10Cは適しています。

THR10Cの詳細情報

THR10C
画像THR10C
サイズ横:360 mm、縦:183.5 mm、厚さ:140 mm
本体重量2.8 kg
バッテリーを搭載しているかどうか
最大駆動時間7時間
乾電池に対応しているかどうか
定格出力10W
音に対する反射音を生成するエフェクター機能であるリバーブに対応している
音に効果を加えるエフェクト機能を搭載しているかどうか
チューナー機能を搭載している
ヘッドホン端子に対応しているかどうか
AUX IN端子によるオーディオ入力機能に対応しているかどうか
USBで接続できるかどうか

類似のギターアンプを探す

他のギターアンプと比較する

価格をチェックする

THR10Cの価格を今すぐチェック

THR10Cと評価が同程度のギターアンプを探す

もっと見る ▼

Craft-Weekend.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Craft-Weekend.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。