シェルタートレーディング ST-17TV vs アーウィンジャパン ATD-190: 比較

2023-06-02 13:56:32

シェルタートレーディング ST-17TVアーウィンジャパン ATD-190
シェルタートレーディング ST-17TVアーウィンジャパン ATD-190
シェルタートレーディング ST-17TVアーウィンジャパン ATD-190
シェルタートレーディング ST-17TVアーウィンジャパン ATD-190
総合評価:

74.6/100

(総合順位: 1/5046)

74.2/100

(総合順位: 1004/5046)

本体サイズ
90/100
87/100
本体重量
94/100
87/100
画面サイズ
26/100
30/100
画面解像度
68/100
82/100
消費電力
93/100
83/100

スペック

シェルタートレーディング ST-17TVアーウィンジャパン ATD-190
シェルタートレーディング ST-17TVアーウィンジャパン ATD-190
基本仕様
本体サイズ44.5cm × 317mm × 138mm44.5cm × 311.6mm × 170mm
本体重量1.47kg2.8kg
カラー17 -
画面特性
画面サイズ17.3インチ18.5インチ
画面解像度1600 × 9001920 × 1080
画面の見やすさ
LEDバックライトLEDバックライトLEDバックライト
地デジ
地上デジタル対応 -
地上デジタルチューナー数1つ -
録画機能
SDカード対応 -
SDカード - SD/SDHC
電源
消費電力18W36W
接続端子
PC入力端子搭載 -
PC入力端子D-Sub15pin -

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較

価格を見る

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較

価格を見る

比較レビュー

基本仕様

本体サイズ

シェルタートレーディング ST-17TVの本体サイズは44.5cm × 317mm × 138mmとなっておりアーウィンジャパン ATD-190の本体サイズは44.5cm × 311.6mm × 170mmというデータとなっています。シェルタートレーディング ST-17TVとアーウィンジャパン ATD-190はわりと小さい違いが存在しています。アーウィンジャパン ATD-190よりもシェルタートレーディング ST-17TVは本体サイズは少しだけ小さいということが分かるでしょう。

体感上で考えると本体サイズにおいてアーウィンジャパン ATD-190に比べてシェルタートレーディング ST-17TVはほんのちょっと上位に感じるでしょう。本体サイズの情報を確認しても、判断を下す際に全くといえるほど役に立たないと思います。ただ、あえて選択するならアーウィンジャパン ATD-190よりもシェルタートレーディング ST-17TVであると言えるでしょう。

本体サイズ評価
シェルタートレーディング ST-17TV
44.5cm × 317mm × 138mm90/100
アーウィンジャパン ATD-190
44.5cm × 311.6mm × 170mm87/100

本体重量

シェルタートレーディング ST-17TVの本体重量は1.47kgというデータとなっており、アーウィンジャパン ATD-190の本体重量は2.8kgというデータです。シェルタートレーディング ST-17TVとアーウィンジャパン ATD-190は相当よく類似しています。

大型テレビの本体重量が軽いと、設置作業が簡単になります。大きなテレビを設置する際、本体重量が重い場合は設置に手間や時間がかかってしまいますが、軽い場合は手軽に設置できます。また、設置する位置を変更する際も楽々移動させることができ、使い勝手が良いです。

体感上の面から見るとシェルタートレーディング ST-17TVもアーウィンジャパン ATD-190も感覚上相当よく類似していると言うことができます。ほかの角度から選択することを強く推奨します。

本体重量評価
シェルタートレーディング ST-17TV
1.47kg94/100
アーウィンジャパン ATD-190
2.8kg87/100

画面特性

画面サイズ

アーウィンジャパン ATD-190の画面サイズは18.5インチになります。それに対してシェルタートレーディング ST-17TVは17.3インチになります。アーウィンジャパン ATD-190とシェルタートレーディング ST-17TVはよく似ている画面サイズであると言えます。

画面サイズが大きい大型テレビを使用することで、部屋全体の雰囲気も変わります。テレビが存在感のあるアイテムとなり、おしゃれなインテリアとして取り入れることもできます。また、画面サイズが大きい分、テレビ画面が存在しない場合でも、印象的な存在感があるため、インテリアのポイントとしてもよく活用されます。

画面サイズに関して実地的な視点から考えるとシェルタートレーディング ST-17TVもアーウィンジャパン ATD-190も違いはまったく無いと言えるほど存在していません。ほかの角度から考慮することを提案します。

画面サイズ評価
シェルタートレーディング ST-17TV
17.3インチ26/100
アーウィンジャパン ATD-190
18.5インチ30/100

画面解像度

シェルタートレーディング ST-17TVの画面解像度は1600 × 900となっておりアーウィンジャパン ATD-190は1920 × 1080というデータとなっています。これらの比較で分かるようにアーウィンジャパン ATD-190の画面解像度はシェルタートレーディング ST-17TVの画面解像度よりも比較にならないほど高いといえます。アーウィンジャパン ATD-190とシェルタートレーディング ST-17TVは比較にならないほどの隔たりが存在しています。画面解像度が高い大型テレビは、美しい映像を実現できるため、映画やスポーツなどの視聴時により一層の臨場感を楽しめます。

三つ目画面解像度が高い大型テレビは、映像が非常に美しくなるばかりでなく、目の疲れを軽減する効果が期待できます。低画質の映像だと、画面が荒く見えぼやけてしまいますが、高画質の映像だと映像全体が鮮明で美しく見えます。また、低画質の映像を見続けると目の疲れや乾燥が気になることがありますが、高画質の映像であれば、眼精疲労も軽減されます。

実際の活用を考えるとシェルタートレーディング ST-17TVの画面解像度と比べるとアーウィンジャパン ATD-190は抜きん出ていると感じられるでしょう。このため、シェルタートレーディング ST-17TVは画面解像度に配慮する場合いまいちな選択と考えることができそうです。そうでなくとも、シェルタートレーディング ST-17TVにするべきでない一つの重要な判断材料と言えます。

画面解像度評価
シェルタートレーディング ST-17TV
1600 × 90068/100
アーウィンジャパン ATD-190
1920 × 108082/100

電源

消費電力

アーウィンジャパン ATD-190の消費電力は36Wとなります。またシェルタートレーディング ST-17TVの消費電力は18Wとなります。アーウィンジャパン ATD-190とシェルタートレーディング ST-17TVの違いは18W存在し、シェルタートレーディング ST-17TVのほうが消費電力がわずかに小さいと言えるでしょう。消費電力が小さい大型テレビは、省エネ性が高いだけでなく、長時間の使用でも電気代が抑えられます。お家で使うテレビを選ぶときには、このメリットは見逃せません。

消費電力が小さい大型テレビは、様々なシーンで活躍することができます。例えば、オフィスやコワーキングスペースなど、長時間使用される場所では、省エネ機能が求められます。また、カフェやレストランなど、規模の大きな場所でも、コスト面でのメリットが大きく、使用頻度が高い場合でも電気代の負担が少なくなります。

実際に活用する場合を考えると、消費電力についてシェルタートレーディング ST-17TVはアーウィンジャパン ATD-190よりほんのちょっとだけ秀でています。別の点を見て比較する必要がありそうです。

消費電力評価
シェルタートレーディング ST-17TV
18W93/100
アーウィンジャパン ATD-190
36W83/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。