【2023年最新】 REALLIFE JAPAN IMU-305FD vs シェルタートレーディング GR-19DTV: 比較

2023-06-02 15:43:39

REALLIFE JAPAN IMU-305FDシェルタートレーディング GR-19DTV
REALLIFE JAPAN IMU-305FDシェルタートレーディング GR-19DTV
REALLIFE JAPAN IMU-305FDシェルタートレーディング GR-19DTV
REALLIFE JAPAN IMU-305FDシェルタートレーディング GR-19DTV
総合評価:

69/100

(総合順位: 9/4912)

69.1/100

(総合順位: 8/4912)

本体サイズ
93/100
87/100
本体重量
94/100
86/100
画面サイズ
13/100
30/100
画面解像度
50/100
58/100
消費電力
93/100
83/100

スペック

REALLIFE JAPAN IMU-305FDシェルタートレーディング GR-19DTV
REALLIFE JAPAN IMU-305FDシェルタートレーディング GR-19DTV
基本仕様
本体サイズ310mm × 275mm × 120mm44.5cm × 311mm × 170mm
本体重量1.49kg3.11kg
画面特性
画面サイズ12インチ18.5インチ
画面解像度1280 × 8001366 × 768
画面の見やすさ
LEDバックライトLEDバックライト -
地デジ
地上デジタル対応
地上デジタルチューナー数1つ1つ
録画機能
SDカード対応
SDカードSD/SDHCSD/SDHC
電源
消費電力18W36W

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較

価格を見る

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較

価格を見る

比較レビュー

電源

消費電力

シェルタートレーディング GR-19DTVの消費電力は36Wに対して、REALLIFE JAPAN IMU-305FDは18Wというデータとなっています。REALLIFE JAPAN IMU-305FDの方が消費電力が比較的小さいといえます。18Wのそこそこの違いがREALLIFE JAPAN IMU-305FDとシェルタートレーディング GR-19DTVにあります。消費電力が小さい大型テレビのメリットは、省エネ効果があることです。電気代が安くなり、環境にも優しいです。

消費電力が小さい大型テレビには、数多くのメリットが存在します。まず第一に、低消費電力により、省エネに繋がります。また、長時間の視聴においても電気代の節約が可能です。さらに、熱の発生が少なく、冷暖房のエネルギーも節約でき、環境に優しいという点も挙げられます。

実際的に考えると消費電力についてREALLIFE JAPAN IMU-305FDの方がシェルタートレーディング GR-19DTVより比較的高い水準であると考えることができそうです。シェルタートレーディング GR-19DTVとREALLIFE JAPAN IMU-305FDの体感上の違いはそこそこというデータになっています。このため、REALLIFE JAPAN IMU-305FDに決める際に重要な材料の一つと言えるかもしれません。消費電力を考えることが、最適な決断を下すことにつながると言えるでしょう。ただ、絶対的と言えるくらいの違いは存在しないため気を付ける必要があることが分かります。

消費電力評価
REALLIFE JAPAN IMU-305FD
18W93/100
シェルタートレーディング GR-19DTV
36W83/100

地デジ

地上デジタル対応

どちらも地上デジタルに対応しているといえるでしょう。これらの大型テレビは地上デジタル放送の信号を受信することができます。映像はとても鮮明で、色彩もきれいで自然な色合いを再現しています。また、様々な機能が搭載されており、利便性にも優れています。

最後に、地上デジタルに対応している大型テレビのもう一つの魅力は、家族や友人との共有がしやすいことです。大画面で映像を楽しめるため、グループで観る場合でも、それぞれが細かいところまで見えるようになっているため、より一層コミュニケーションが取りやすくなります。家族や友人との視聴体験を通じたコミュニケーションの場が、生まれるかもしれません。

基本仕様

本体サイズ

本体サイズの観点でみてみると、シェルタートレーディング GR-19DTVは44.5cm × 311mm × 170mmというデータとなっています。一方でREALLIFE JAPAN IMU-305FDは310mm × 275mm × 120mmというデータとなっています。REALLIFE JAPAN IMU-305FDとシェルタートレーディング GR-19DTVはある程度大きい差が存在します。REALLIFE JAPAN IMU-305FDの本体サイズの方がシェルタートレーディング GR-19DTVをそれなりに上回っていると言えます。

本体サイズにおいて実際的に考えるとシェルタートレーディング GR-19DTVとREALLIFE JAPAN IMU-305FDについてそこそこ際立って異なります。本体サイズにおいてシェルタートレーディング GR-19DTVよりREALLIFE JAPAN IMU-305FDは割と優秀であると感じとれると思います。しかし、絶対的といえるくらいの違いは存在しません。

本体サイズ評価
REALLIFE JAPAN IMU-305FD
310mm × 275mm × 120mm93/100
シェルタートレーディング GR-19DTV
44.5cm × 311mm × 170mm87/100

本体重量

REALLIFE JAPAN IMU-305FDの本体重量は1.49kgとなります。またシェルタートレーディング GR-19DTVは3.11kgとなります。REALLIFE JAPAN IMU-305FDとシェルタートレーディング GR-19DTVのよく似ているということが分かり全くと言えるほど同一であると思われます。

大型テレビを使用する上で、本体が重くなると、設置や持ち運びが困難になります。しかし、本体重量が軽い大型テレビは、そうした問題を解決してくれます。設置が簡単に行える上に、移動がしやすく、ライフスタイルに合わせて使い勝手が良くなるでしょう。

体感上の面から見るとREALLIFE JAPAN IMU-305FDもシェルタートレーディング GR-19DTVも感覚上相当よく類似していると言うことができます。ほかの角度から評価することを強く提案します。判断を下すうえで、本体重量の情報はほとんど参考になりません。

本体重量評価
REALLIFE JAPAN IMU-305FD
1.49kg94/100
シェルタートレーディング GR-19DTV
3.11kg86/100

録画機能

SDカード対応

両方ともSDカードに対応している大型テレビといえます。これらの大型テレビは、SDカードに対応しており、録画番組や写真などを簡単に再生できます。また、SDカード内のデータも、テレビの画面で見やすく表示されるため、使い勝手がよく、高い満足度を得られます。これらの特徴から、SDカード機能付きの大型テレビは、多くのユーザーから支持を受けていることは言うまでもありません。

SDカードに対応している大型テレビは、さまざまなシチュエーションで便利です。例えば、家族での思い出の写真や動画を大画面で見ることができますし、パーティーなどで友人や家族と一緒に楽しめます。また、スポーツの試合や映画などの大画面での視聴もより一層楽しむことができます。

画面特性

画面サイズ

REALLIFE JAPAN IMU-305FDとシェルタートレーディング GR-19DTVで画面サイズという点で比べてみるとREALLIFE JAPAN IMU-305FDは12インチとなっています。それに対してシェルタートレーディング GR-19DTVは18.5インチとなっています。REALLIFE JAPAN IMU-305FDの方が相当画面サイズが小さいということができます。6.5インチものずば抜けた差がREALLIFE JAPAN IMU-305FDとシェルタートレーディング GR-19DTVに存在しています。画面サイズが大きい大型テレビの最大のメリットは、より迫力のある映像体験が得られることです。

画面サイズが大きい大型テレビは、映像の迫力が違います。スポーツや映画を観る際は、まるで現場にいるかのような臨場感を味わえます。また、迫力ある映像が見えるため、家族や友人と一緒に観る際も、より一層楽しめるでしょう。

実用的な点から見ると画面サイズにおいてREALLIFE JAPAN IMU-305FDよりシェルタートレーディング GR-19DTVは体感的にいって、とても優れた水準にあると思います。シェルタートレーディング GR-19DTVとREALLIFE JAPAN IMU-305FDについて特別な違いがあると言えるでしょう。シェルタートレーディング GR-19DTVを考慮する上での決め手の一つになります。シェルタートレーディング GR-19DTVは画面サイズを重視するなら適していると考えられそうです。

画面サイズ評価
REALLIFE JAPAN IMU-305FD
12インチ13/100
シェルタートレーディング GR-19DTV
18.5インチ30/100

画面解像度

画面解像度という側面についてREALLIFE JAPAN IMU-305FDとシェルタートレーディング GR-19DTVで比較すると、シェルタートレーディング GR-19DTVは1366 × 768となっておりREALLIFE JAPAN IMU-305FDは1280 × 800というデータといえます。シェルタートレーディング GR-19DTVとREALLIFE JAPAN IMU-305FDはそれなりの違いが存在しています。この比較情報で明白に分かるようにシェルタートレーディング GR-19DTVよりもREALLIFE JAPAN IMU-305FDのほうが画面解像度は比較的低いということが分かります。画面解像度が高い大型テレビのメリットは、リアルな映像表現が可能という点です。画質が鮮明で、色彩豊かであるため、映画やスポーツなどの視聴体験が非常に充実します。

大画面テレビの中でも、画面解像度が高いモデルは、映像美に磨きをかけることができるというメリットがあります。特にHDR技術を備えたテレビは、ダイナミックなコントラストや色彩表現が可能で、映像の臨場感や迫力をより高めることができます。また、高い解像度によって、視聴者が目にする画像は鮮明さが増し、より一層美しく映ります。

実際に使う場面において、REALLIFE JAPAN IMU-305FDよりもシェルタートレーディング GR-19DTVはややよいと感じると思います。シェルタートレーディング GR-19DTVとREALLIFE JAPAN IMU-305FDの差は比較的ずば抜けて開いていると言うことができるでしょう。そのためREALLIFE JAPAN IMU-305FDは画面解像度に配慮したい場合微妙な選択肢と言えそうです。そうでなくともシェルタートレーディング GR-19DTVは強力な候補になります。

画面解像度評価
REALLIFE JAPAN IMU-305FD
1280 × 80050/100
シェルタートレーディング GR-19DTV
1366 × 76858/100

大型テレビランキング

カテゴリ一覧

人気大型テレビ

関連人気記事

新着情報