LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022) と LGエレクトロニクス 43NANO75JPA はどっちを選ぶべきなのか。違いや差を解説

作成日時: 2022-05-19 15:13:05

LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)LGエレクトロニクス 43NANO75JPA

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」と「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」をくらべた時の評価の違いや差はどの程度あるのでしょうか。どっちの大型テレビが良いのかを評価してみました。「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」のどっちを選んだ方がいいのか迷っている人にお勧めです!

LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
総合評価:

41.5/100

(総合: 1656位)

42.4/100

(総合: 732位)

本体サイズ
65/100
70/100
本体重量
62/100
65/100
画面サイズ
37/100
37/100
画面解像度
32/100
32/100
音声実用最大出力
44/100
44/100
スピーカー総数
23/100
23/100
フルレンジスピーカー数
11/100
11/100
消費電力
67/100
67/100
待機時消費電力
64/100
64/100
HDMI端子数
9/100
9/100
USB端子数
38/100
38/100

LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)は、本体重量が10kgで、画面サイズが43インチであり、4K対応であるという特徴があります。また、視聴距離が0.8mで、短い適正視聴距離に対応しています。パネル種類は4K/IPSパネルで、IPSパネルにも対応しています。さらに、独自映像処理エンジンが搭載されており、留5 Gen5 AI Processor 4Kが採用されています。HDRにも対応しており、HDR10/HLG方式に対応しています。地上デジタルに対応し、チューナー数は2つで、複数内蔵にも対応しています。BS 4Kにも対応し、BSデジタルにも対応しています。また、BS4Kデジタルチューナー数は1つで、BSデジタルチューナー数は2つで、複数内蔵にも対応しています。110度CS 4Kにも対応し、110度CSデジタルにも対応しています。110度CS4Kチューナー数は1つで、110度CSデジタルチューナー数は2つで、複数内蔵にも対応しています。録画は外付けHDDで行えます。音声実用最大出力は20Wで、フルレンジスピーカーが2個搭載されています。また、消費電力は110Wで、待機時消費電力は0.5Wです。端子数はHDMI端子が3系統で、eARCにも対応しています。USB端子は2つあり、光デジタル音声出力端子も1つ搭載しています。Bluetoothにも対応しており、有線LAN、LAN端子も搭載しており、無線LANにも対応しています。Huluにも対応しており、ゲームモードやALLMにも対応しています。

LGエレクトロニクス 43NANO75JPAは、本体重量が9.3kgで、画面サイズが43インチであり、4K対応であるという特徴があります。視聴距離が0.8mで、短い適正視聴距離にも対応しています。パネル種類は4K/IPSパネルで、IPSパネルに対応し、LEDバックライトが搭載されています。また、独自映像処理エンジンが搭載されており、Quad Core Processor 4Kが採用されています。HDRにも対応しており、HDR10/HLG方式に対応しています。地上デジタルに対応し、チューナー数は2つで、複数内蔵にも対応しています。BS 4Kにも対応し、BSデジタルにも対応しています。また、BS4Kデジタルチューナー数は1つで、BSデジタルチューナー数は2つで、複数内蔵にも対応しています。110度CS 4Kにも対応し、110度CSデジタルにも対応しています。110度CS4Kチューナー数は1つで、110度CSデジタルチューナー数は2つで、複数内蔵にも対応しています。録画は外付けHDDで行えます。音声実用最大出力は20Wで、フルレンジスピーカーが2個搭載されています。また、消費電力は110Wで、待機時消費電力は0.5Wで、省エネ性マーク(緑)にも対応しています。端子数はHDMI端子が3系統で、eARCにも対応しています。USB端子は2つあり、光デジタル音声出力端子も1つ搭載しています。Bluetoothにも対応しており、有線LAN、LAN端子も搭載しており、無線LANにも対応しています。Huluにも対応しており、ゲームモードやALLMにも対応しています。

どちらのテレビも、本体重量、画面サイズ、4K対応、視聴距離に関しては同一です。しかし、LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)の方がパネル種類が4K/IPSパネルで、IPSパネルにも対応していることや、独自映像処理エンジンに留5 Gen5 AI Processor 4Kが採用されていることが特徴です。一方、LGエレクトロニクス 43NANO75JPAは、LEDバックライトが搭載されている点や、省エネ性マーク(緑)に対応している点が特徴です。両方のテレビには、多彩な端子が搭載されており、高機能なのも共通しています。全体的に費用対効果が優れており、おすすめできます。

表で「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の詳細情報を比べる

LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
画像LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
本体サイズ96.7cm × 62.9cm × 249mm96.7cm × 62.2cm × 216mm
本体重量10kg9.3kg
画面サイズ43インチ43インチ
画面解像度3840 × 21603840 × 2160
4K対応
視聴距離0.8m0.8m
短い適正視聴距離
パネル種類4K/IPSパネル4K/IPSパネル
IPSパネル
LEDバックライト - LEDバックライト
独自映像処理エンジン搭載
映像処理エンジン留5 Gen5 AI Processor 4KQuad Core Processor 4K
HDR対応
HDR方式HDR10/HLGHDR10/HLG
HLG対応
HDR10対応
地上デジタル対応
地上デジタルチューナー数2つ2つ
地上デジタルチューナー複数内蔵
BS 4K対応
BSデジタル対応
BS4Kチューナー数1つ1つ
BSデジタルチューナー数2つ2つ
BSデジタルチューナー複数内蔵
110度CS 4K対応
110度CSデジタル対応
110度CS4Kチューナー数1つ1つ
110度CSデジタルチューナー数2つ2つ
110度CSデジタルチューナー複数内蔵
録画外付けHDD外付けHDD
音声実用最大出力20W20W
スピーカーフルレンジ:2個フルレンジ:2個
スピーカー総数2個2個
フルレンジスピーカー数2個2個
フルレンジスピーカー搭載
消費電力110W110W
待機時消費電力0.5W0.5W
省エネ性マーク(緑)対応 -
ヘッドホン出力端子搭載
HDMI端子数3系統3系統
eARC対応
ARC対応
USB端子22(背面/側面)
USB端子数2系統2系統
光デジタル音声出力端子搭載
光デジタル音声出力端子数1つ1つ
Bluetooth対応
有線LAN対応
LAN端子搭載
LAN端子数1つ1つ
無線LAN対応
外部サービスHuluHulu
Hulu対応
ゲームモード搭載
ALLM対応

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較する

価格をチェック

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較する

価格をチェック

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の特性・特色について

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の外部サービスの比較詳細

Hulu対応について

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もHuluが視聴できる大型テレビです。

CSについて

110度CS 4Kへの対応について

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も110度CS 4Kに対応している大型テレビです。

110度CSデジタル対応について

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も110度CSデジタルに対応している大型テレビです。

110度CSデジタルチューナーの複数搭載について

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も複数の110度CSデジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

HDRについての比較

HDR対応について

よりリアルな映像を表現できるので、HDRに対応している大型テレビは優秀です。従前のSDRに比べて白とびや黒つぶしのない綺麗な映像を視聴するような場合にオススメです。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もHDRに対応している大型テレビです。明るさの幅をより広く自然に表現できる点において「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も優秀です。映像本来の奥行き感や素材の質感までリアルに再現したいような場合にどちらも向いています。

HLGへの対応について

HLGに対応している大型テレビは4K放送を忠実な色彩で再現できるので、優秀な部類に入ると思います。明るい領域の画像情報が非常に多くなるのでひときわ鮮やかな映像で視聴するような場合にオススメと言えるでしょう。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もHLGに対応している大型テレビです。そのため高度な色の再現力を実現できる点において「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も優れた部類に入るといえなくもないでしょう。コンテンツ本来の明るさを的確に転送する場合「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もお勧めです。

HDR10への対応について

HDR10に対応している大型テレビは最適な明暗で視聴できるため、優れているでしょう。明暗の差を表現する時に適しています。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もHDR10に対応している大型テレビです。そのためどちらもより明るい画面を映すことができる点において優秀な部類に入るかもしれません。どちらも高画質な映像を視聴したいような場合にオススメです。

便利機能をレビュー

ゲームモードについて

ゲームモードを搭載している大型テレビは映像の遅延がなくストレスなくプレイをする事ができるといった点でよいです。例えばゲームを楽しんだりするような時に向いています。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もゲームモードを搭載している大型テレビです。そのためどちらも画面の明るさを目に優しい明るさに自動変更し利用できる点で優秀です。倍速表示をキャンセルする事で速い動きも遅延する事なくゲームをプレイしたいなら「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もお勧めだと思います。

ALLM対応について

ALLMに対応している大型テレビはゲームプレイに最適な低遅延モードを自動で有効化できる点において優秀です。リフレッシュレートを一致したい時に適しています。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もALLMに対応している大型テレビです。そのためどちらもゲームをプレーする際に自動で最適なモードに切り替えることができる点で秀でた部類に入るでしょう。低遅延モードと高画質モードを自動的に切り換えたい人が使用するようなときにどちらもお勧めと言えそうです。

基本仕様についての詳細情報

本体サイズについて

持ち運びやすいため、簡単に掃除できるので、本体サイズが小さい大型テレビは優れているといえなくもありません。狭く限ららた場所に設置する時お勧めといえそうです。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の本体サイズを比べると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は96.7cm × 62.9cm × 249mmであり「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は96.7cm × 62.2cm × 216mmです。「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」のサイズは「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」よりわずかに小さいです。コンパクトなので簡単に持ち運ぶことができるといった点で「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の方が多少はよいかと思います。とはいえコンパクトに設置するとき明確に体感できるくらいの差は無いと言えるでしょう。

あえて選択するなら「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の方が「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」より良いですが、基本的には気にするほどの差はほとんどないでしょう。

本体サイズ評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
96.7cm × 62.9cm × 249mm65/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
96.7cm × 62.2cm × 216mm70/100

本体重量について

持ち運びが楽にできるという点で本体重量が軽い大型テレビは秀でていると言えそうです。色んな所へ持ち運びするような場合にお勧めと言えそうです。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の本体重量について比べると「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は9.3kgに対して「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は10kgです。「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も差はほとんど無いと言えます。体感上の違いは無いと思います。

別の観点から見ることをおすすめします。

本体重量評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
10kg62/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
9.3kg65/100

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の画面特性の比較詳細について

画面サイズについて

大きい画面サイズの大型テレビはより迫力のある映像を楽しむことができる点でよいといえそうです。映画の字幕やニュース番組のテロップを読みやすくするときに向いているといえるかもしれません。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」と「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」の画面サイズについて比較すると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は43インチに対して「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は43インチです。画面サイズという角度で見ると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も違いはほとんどありません。体感上の差は無いと思います。

別の視点を見て選んだ方がよさそうです。

画面サイズ評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
43インチ37/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
43インチ37/100

画面解像度について

画面解像度が高い大型テレビはより鮮明な映像を描写できるので優れているといえるかもしれません。たとえば鮮明な画像で視聴したい時にオススメだと思います。

画面解像度について「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」と「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」を比較すると「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は3840 × 2160で「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は3840 × 2160です。「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も解像度についてはほとんど同程度です。体感的な違いはゼロかと思います。

画面解像度評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
3840 × 216032/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
3840 × 216032/100

4K対応について

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も4Kに対応している大型テレビです。

適正視聴距離が短さについて

間取りの狭い部屋でも適度な距離を保って視聴できるので、適正視聴距離が短い大型テレビは優秀です。例えば狭い部屋で使用したいときにおすすめだと思います。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も適正視聴距離が短い大型テレビです。よりテレビの近くで視聴できるという点で「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も優秀といえるかもしれません。狭い場所で視聴する時にどちらも適しているといえそうです。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の画面の見やすさについて

IPSパネルの採用について

IPSパネルを採用している大型テレビは色の再現性が高く、画質の良い映像を視聴できるといった点で良いかと思います。視野角が広いので、あらゆる方向から視聴したい人や家族そろって視聴する機会が多い人が使用するような場合にお勧めだと思います。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もIPSパネルを採用している大型テレビです。医療用ロボットなど精密な映像を利用できるという点でどちらも良いと思います。「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もどの角度からでも視聴しやすくしたいような時にお勧めと言えるかもしれません。

独自映像処理エンジンの搭載について

高性能な映像処理を実現できるので、独自映像処理エンジンを搭載している大型テレビは優れていると言えそうです。より緻密で色鮮やかな高品位映像を再現する場合にお勧めだと思います。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も独自映像処理エンジンを搭載している大型テレビです。臨場感のある映像を映し出すことができるため「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も優れているといえそうです。綺麗な風景や動画を視聴したいようなときにどちらも向いています。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」のBSに関する比較

BS 4K対応について

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もBS 4Kに対応している大型テレビです。

BSデジタル対応について

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もBSデジタルに対応している大型テレビです。

BSデジタルチューナーの複数搭載について

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も複数のBSデジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

地デジに関する「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の比較詳細

地上デジタル対応について

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も地上デジタルに対応している大型テレビです。

地上デジタルチューナーの複数搭載について

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も複数の地上デジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

電源についての「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の比較

消費電力について

小さい消費電力の大型テレビは電気代を抑えエコに使用できる為優れていると言えるかもしれません。電気使用量が少ないため電気料金を抑えて使用する場合にお勧めです。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の消費電力を比較すると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は110Wであるのに対して「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は110Wです。「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も消費電力についての違いがほとんど無いと言えるでしょう。体感できるほどの差はゼロです。

消費電力評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
110W67/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
110W67/100

待機時消費電力について

小さい待機時消費電力の大型テレビは状況に応じて電力量を自動で調整できる点で秀でた部類に入ると思います。電気代を削減する場合に向いています。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の待機時消費電力について比べると「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は0.5Wであり「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は0.5Wです。ほとんど差は無いです。体感できるほどの違いはありません。

他の角度から決めることをおすすめします。

待機時消費電力評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
0.5W64/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
0.5W64/100

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」の連携機能について詳細に比べる

Bluetoothへの対応について

Bluetoothに対応している大型テレビはスマホなどに接続して、迫力の重低音再生できる点において優れていると言えるでしょう。特に無線でスピーカーやヘッドホンと接続したい時に適しています。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もBluetoothに対応している大型テレビです。そのためケーブルを接続する事なくデータの送受信ができるだけでなくBluetooth対応のスピーカーを接続できる点で「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も優れた部類に入るかもしれません。Bluetoothヘッドホンやスピーカーとつなげて自分好みの音でテレビを視聴するような場合どちらも向いています。

有線LANへの対応について

有線LANに対応している大型テレビは無線LANが使えないときに、インターネットと接続できるので、優れているといえるかもしれません。たとえばyoutubeなどネット動画を安定して利用したいような時に向いています。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も有線LANに対応している大型テレビです。有線LANを利用できる為「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も秀でていると言えそうです。「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も電波状況の悪い場所でネット回線を利用するなら向いています。

LAN端子の搭載について

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もLAN端子を搭載している大型テレビです。

無線LAN対応について

無線でネット接続することができる点で無線LANに対応している大型テレビは秀でた部類に入るといえなくもありません。ワイヤレスでネットワーク接続する時にお勧めだと思います。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も無線LANに対応している大型テレビです。そのため他の電子デバイスに接続してさまざまな使用用途で使用できる点でどちらも秀でた部類に入るといえなくもありません。無線でPCやスマホと接続したい人が使用したいようなときにどちらも適しています。

スピーカーについての比較評価

音声実用最大出力について

臨場感のある音声を楽しむことができるので、音声実用最大出力が大きい大型テレビは優れた部類に入るかもしれません。大音量でダイナミックな視聴するような場合におすすめです。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」と「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」の音声実用最大出力について比較すると「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は20Wであり「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は20Wです。「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」と「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」はほとんど同じです。体感できるほどの違いはゼロと思います。

他の視点から選んだ方が良さそうです。

音声実用最大出力評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
20W44/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
20W44/100

スピーカー総数について

良い音質で楽しむことができるため、スピーカー総数が多い大型テレビは優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。幅のある音域をバランスよく網羅したいならおすすめだと思います。

スピーカー総数について比較すると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は2個であるのに対して「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は2個です。「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もスピーカー数は同じくらいと言えます。体感的な差は無いと思います。

別の角度を見て決めたほうがいいでしょう。

スピーカー総数評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
2個23/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
2個23/100

フルレンジスピーカー数について

低音から高音まで賄うことができるため、台数を増やして合計出力を上げることができるため、多いフルレンジスピーカー数の大型テレビは優れた部類に入るでしょう。迫力のある音を表現するときにおすすめだと思います。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」のフルレンジスピーカー数を比較すると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は2個であるのに対して「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は2個です。「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」のスピーカー数は「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」とほとんど同じです。体感的な差は無いです。

ほかの角度から比べたほうが良さそうです。

フルレンジスピーカー数評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
2個11/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
2個11/100

フルレンジスピーカーの搭載について

フルレンジスピーカーを搭載している大型テレビは広がり感のある音響を実現できる点において良いと言えるかもしれません。低音から高音まで迫力のある音を楽しめ、4K放送などのクオリティ高い放送を堪能できる。映画、コンサート映像などの音響に包まれるような体感をする場合おすすめです。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もフルレンジスピーカーを搭載している大型テレビです。低音から高音まで淀みなく再生できるので迫力あるサウンドで視聴できる点においてどちらも優れた部類に入るといえなくもないでしょう。あらゆる帯域の音を再現するような場合に「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も適しています。

接続端子について

ヘッドホン出力端子の搭載について

ヘッドホンと接続を実現できるという点でヘッドホン出力端子を搭載している大型テレビは秀でていると言えるでしょう。特にヘッドホンにて便利に使用するようなときにオススメと言えるかもしれません。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」もヘッドホン出力端子を搭載している大型テレビです。ヘッドホンでテレビ音声を聞くことができるので「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も秀でてます。周囲の雑音を防止でき、個人で視聴を楽しみたい人がヘッドホンを用いて使用するときにどちらも向いていると言えそうです。

HDMI端子数について

複数のデバイスを同時接続ができるという点でHDMI端子数が多い大型テレビはよい部類に入るといえなくもないでしょう。より多くのHDMI端子を持つ機器と接続するようなときにおすすめです。

HDMI端子数を「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」を比べると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は3系統であるのに対して「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は3系統です。「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」と「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」はほぼ同じくらいです。体感的な差はゼロでしょう。

別の視点を見て比較した方が良さそうです。

HDMI端子数評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
3系統9/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
3系統9/100

eARCへの対応について

高品位な音声をケーブル1本で視聴できるという点でeARCに対応している大型テレビはよいと思います。たとえばeARC方式にて確実に映写するような時に適していると言えるかもしれません。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もeARCに対応している大型テレビです。テレビ側からオーディオ機器へHDMI接続で伝送することができる点において「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も優れてます。どちらもHDMIで音声データを簡単に伝送するのに適しています。

ARC対応について

音声をHDMIケーブルでAVアンプやサウンドバーなどに伝送することができるので、ARCに対応している大型テレビは優れているでしょう。HDMI入力端子からAV機器に音声を伝送したい人が使用するならおすすめだと思います。

「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」もARCに対応している大型テレビです。そのためテレビ側のHDMI入力端子からオーディオ機器のHDMI出力端子へ音声の信号を伝送することができるといった点で「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も秀でています。どちらもHDMIケーブル一本でテレビの音声をオーディオ機器に音声を送信したい時におすすめと言えそうです。

USB端子数について

多いUSB端子数の大型テレビは複数のハードディスクを接続し、番組を録画できる為、優れているといえなくもないでしょう。特にジャンルごとにHDに録画したい時に適しています。

USB端子数について「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」と「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」を比較すると「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」は2系統であるのに対して「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」は2系統です。ほとんど差はありません。体感的な違いは無いかと思われます。

USB端子数評価
LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)
2系統38/100
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA
2系統38/100

光デジタル音声出力端子の搭載について

光デジタル音声出力端子を搭載している大型テレビは光デジタル配線で接続できるため、優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。例えばデジタル音声信号を転送する場合、お勧めだと思います。

「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も光デジタル音声出力端子を搭載している大型テレビです。高品質の映像と音質を同時に再現できるため「LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022)」も「LGエレクトロニクス 43NANO75JPA」も秀でていそうです。どちらも接続する音声のノイズや劣化を防いで送信したいような時に向いていると言えるかもしれません。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022) の関連記事
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA の関連記事

LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022) と評価が同程度の大型テレビを探す

本体サイズ:93.3cm × 60.2cm × 217mm, 本体重量:17kg, 画面サイズ:42インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:4個, フルレンジスピーカー数:2個, ツィーター数:2個, 消費電力:198W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.23m × 74.2cm × 313mm, 本体重量:21.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:70W, スピーカー総数:7個, フルレンジスピーカー数:2個, ツィーター数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:249W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:4系統

本体サイズ:1.23m × 74.3cm × 313mm, 本体重量:21.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:90W, スピーカー総数:8個, フルレンジスピーカー数:2個, ツィーター数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:403W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:4系統

本体サイズ:1.67m × 99.6cm × 386mm, 本体重量:40kg, 画面サイズ:75インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:70W, スピーカー総数:7個, フルレンジスピーカー数:2個, ツィーター数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:403W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:4系統

本体サイズ:73.11cm × 49.07cm × 210.7mm, 本体重量:3.8kg, 画面サイズ:32インチ, 画面解像度:1366 × 768, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:65W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:2系統, USB端子数:1系統

本体サイズ:96.1cm × 60.6cm × 198mm, 本体重量:6.7kg, 画面サイズ:43インチ, 画面解像度:3840 × 2160, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:74W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.12m × 71.8cm × 257mm, 本体重量:14.4kg, 画面サイズ:50インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:135W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.07m × 65cm × 251mm, 本体重量:18kg, 画面サイズ:48インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:4個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:2個, 消費電力:225W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.23m × 74.4cm × 246mm, 本体重量:19.9kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:335W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.23m × 78.1cm × 257mm, 本体重量:19.9kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:4個, ウーファー数:2個, 消費電力:195W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.44m × 87.9cm × 230mm, 本体重量:16.7kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, スピーカー総数:4個, ウーファー数:2個, 消費電力:482W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.11m × 69.9cm × 265mm, 本体重量:8.4kg, 画面サイズ:50インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:19W, 消費電力:110W, 待機時消費電力:0.3W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:1系統

LGエレクトロニクス 43UQ9100PJD (2022) の関連記事
LGエレクトロニクス 43NANO75JPA の関連記事

LGエレクトロニクス 43NANO75JPA と評価が同程度の大型テレビを探す

本体サイズ:1.46m × 91.3cm × 263mm, 本体重量:27kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:243W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:1系統

本体サイズ:1.23m × 73.8cm × 251mm, 本体重量:23kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:4個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:2個, 消費電力:347W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.23m × 78.3cm × 310mm, 本体重量:33kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:140W, スピーカー総数:15個, 消費電力:424W, 待機時消費電力:0.3W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.23m × 73.4cm × 259mm, 本体重量:15.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:3個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:160W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:96.5cm × 58.3cm × 196mm, 本体重量:10kg, 画面サイズ:43インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:3個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:150W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.45m × 89cm × 350mm, 本体重量:39.5kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:60W, スピーカー総数:4個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:254W, 待機時消費電力:0.3W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.24m × 77.4cm × 232mm, 本体重量:14.8kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:165W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.07m × 64.3cm × 241mm, 本体重量:16.5kg, 画面サイズ:48インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:50W, スピーカー総数:5個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:228W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:73.1cm × 47.5cm × 196mm, 本体重量:5.1kg, 画面サイズ:32インチ, 画面解像度:1366 × 768, 録画容量:500GB, 音声実用最大出力:10W, スピーカー総数:2個, 消費電力:45W, 待機時消費電力:0.4W, HDMI端子数:2系統, USB端子数:1系統

本体サイズ:1.45m × 89.8cm × 303.7mm, 本体重量:17.8kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:200W, 待機時消費電力:0.3W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.12m × 70.9cm × 225mm, 本体重量:9.8kg, 画面サイズ:50インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:0個, 消費電力:130W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.23m × 73.8cm × 251mm, 本体重量:23kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:4個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:2個, 消費電力:357W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

大型テレビランキング

カテゴリ一覧

人気大型テレビ

関連人気記事

新着情報