ハイセンス 50U7FG (2021) の良い点/悪い点を解説|詳しく評価しました

作成日時: 2021-10-26 13:03:18、更新日時: 2021-11-10 18:16:43

 ハイセンス 50U7FG (2021) を徹底評価

ハイセンス 50U7FG (2021) に関する特徴を情報の関心度ごとに広い観点からレビューしました。どの程度利便性が高いのでしょうか。類似の大型テレビと比較した場合の ハイセンス 50U7FG (2021) のおススメ度について評価しています。

ハイセンス 50U7FG (2021)は、11.8kgという軽量な本体で、50インチの大画面を持っています。画面分割機能も備えられており、4K対応もしています。視聴距離は0.9mという短い距離でも、適正視聴距離として扱えます。また、4K/VAパネルを採用し、直下型LEDバックライトを備えております。独自の映像処理エンジン、NEOエンジン 2021を搭載しており、HDR10/HLG方式にも対応しています。地上デジタルやBS、110度CSにも対応しており、録画も外付けHDDで可能です。さらには、Googleアシスタントやアレクサなどのスマートスピーカーと連携して使うこともできます。消費電力は140Wで、待機時は0.5Wという省エネ性能を持っています。4系統のHDMI端子に加え、USB端子も2系統備え、光デジタル音声出力端子や有線/無線LANにも対応しているため、多彩な接続が可能です。また、YouTube、Amazon Prime Video、Netflix、dTV、ひかりTV、ひかりTV4K、TSUTAYA TV、Hulu、U-NEXT、Paravi、Rakuten TVといった外部サービスにも対応しています。早見再生機能やゲームモードも搭載しており、多機能であるため、幅広い需要に応えることができます。

ハイセンス 50U7FG (2021)は、大型ながらも軽量であり、多彩な機能を備え、接続性も豊富なため、幅広いニーズに対応できます。特にスマートスピーカーなどとの連携に対応し、多様な使い方ができる点が魅力です。

ハイセンス 50U7FG (2021) を選ぶべき42つの理由

  • 画面分割機能に対応している
  • 4Kに対応している
  • 適正視聴距離が短い
  • 直下型LEDバックライトを搭載している
  • 独自の映像処理エンジンを搭載している
  • HDRに対応している
  • HLGに対応している
  • HDR10に対応している
  • 地上デジタルに対応している
  • 複数の地上デジタルチューナーを内蔵している
  • BS 4Kに対応している
  • BSデジタルに対応している
  • 複数のBSデジタルチューナーを内蔵している
  • 110度CS 4Kに対応している
  • 110度CSデジタルに対応している
  • 複数の110度CSデジタルチューナーを内蔵している
  • SeeQVaultに対応している
  • DTCP-IPに対応している
  • Googleアシスタントと連携できる
  • アレクサ連携できる
  • フルレンジスピーカーを搭載している
  • 省エネ性マーク(緑)に準拠している
  • ヘッドホン出力端子を搭載している
  • ARCに対応している
  • 光デジタル音声出力端子を搭載している
  • 有線LANに対応している
  • LAN端子を搭載している
  • 無線LANに対応している
  • ホームネットワーク機能を搭載している
  • YouTubeが視聴できる
  • Amazon Prime Videoが視聴できる
  • Netflixが視聴できる
  • dTVが視聴できる
  • ひかりTVが視聴できる
  • ひかりTV4Kが視聴できる
  • TSUTAYA TVが視聴できる
  • Huluが視聴できる
  • U-NEXTが視聴できる
  • Paraviが視聴できる
  • Rakuten TVが視聴できる
  • 早見再生に対応している
  • ゲームモード切替に対応している

ハイセンス 50U7FG (2021) の特性・特徴についての詳細評価

ハイセンス 50U7FG (2021) の電源についての詳細情報

消費電力について

消費電力が小さい大型テレビはテレビ視聴による毎月の電気代を節約することができるので優秀といえそうです。とくに節電機能が高く消費電力を抑えて視聴するときにおすすめです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」の消費電力は140Wです。平均とくらべてこの大型テレビの消費電力は同程度だと言えるでしょう。電力消費量を小さくするとき「ハイセンス 50U7FG (2021)」を選んでも通常の場合ならおそらく十分です。

実際のところの「ハイセンス 50U7FG (2021)」は消費電力という観点で見たときそこそこなレベルです。

消費電力評価
ハイセンス 50U7FG (2021)140W59/100

待機時消費電力について

待機時消費電力が小さい大型テレビは電気代の節約ができるといった点で優秀です。長時間テレビを放置できるので長期出張するときに向いていると言えそうです。

待機時消費電力について「ハイセンス 50U7FG (2021)」は0.5Wです。普通の大型テレビよりもこの大型テレビの消費電力はどちらかといえば小さいです。節電効率がいいので省エネできるので、この商品は割とよいかと思います。待機時の電力を小さくしたい時に「ハイセンス 50U7FG (2021)」はややお勧めです。

実の所待機時消費電力という視点からみたときの使用感は割とよいでしょう。従って待機時消費電力で見るならこの大型テレビは一つの候補です。普通に使う分には問題ないですが、ストレスフリーのため一つ上の大型テレビを見てみてもいいのかもしれません。

待機時消費電力評価
ハイセンス 50U7FG (2021)0.5W64/100

省エネレベルについて

省エネレベルについて「ハイセンス 50U7FG (2021)」は178です。これはほぼ同じくらいと言えるでしょう。

省エネレベルという観点で見たときの実際の使用感は中程度なレベルです。通常利用であればさほど困らないもののこの大型テレビが特段とまでは言えません。全くストレスを感じたくない人や玄人にとっては不十分である可能性があり、もうワンランク上を考えることをお勧めします。

省エネ性マーク(緑)準拠について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は省エネ性マーク(緑)に準拠している大型テレビです。

画面特性についての ハイセンス 50U7FG (2021) の情報詳細

画面サイズについて

ダイナミックで迫力ある映像を楽しむことができるので、画面サイズが大きい大型テレビは優れているでしょう。例えば遠くからでも画面がハッキリ見えるので、広い居間などでテレビを観たいという人が使用したい時に向いていると言えそうです。

画面サイズについて「ハイセンス 50U7FG (2021)」は50インチです。普通のモノと比べるとこの大型テレビの画面は同じくらいと言えます。大画面で楽しみたい人が使用する場合、通常のケースであれば「ハイセンス 50U7FG (2021)」を選んでもおそらく十分と思われます。

実の所画面サイズにおける「ハイセンス 50U7FG (2021)」の使用感はそこそこなレベルです。普通に使う分にはさほど困らないものの、この大型テレビが特段とまでは言えません。

画面サイズ評価
ハイセンス 50U7FG (2021)50インチ47/100

画面解像度について

より繊細に映像を視聴できる為、画面解像度が高い大型テレビは優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。より鮮明で綺麗な映像でコンテンツや番組を視聴したいような場合にオススメといえるかもしれません。

画面解像度について「ハイセンス 50U7FG (2021)」は3840 × 2160です。一般的なものよりこの大型テレビの解像度は比較的低いと言えるでしょう。

画面解像度という点で見る場合においてほとんどこの大型テレビはおすすめできないでしょう。

画面解像度評価
ハイセンス 50U7FG (2021)3840 × 216032/100

画面分割機能について

画面分割機能に対応している大型テレビは2番組同時視聴できる点で秀でた部類に入るかもしれません。とくに2画面同時に別番組を視聴する場合におすすめだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は画面分割機能に対応している大型テレビです。同時にさまざまな番組を視聴できる点でこの大型テレビはよいかもしれません。「ハイセンス 50U7FG (2021)」はドラマとスポーツ中継など、同時に別の放送を受信する時にオススメだと思います。

4K対応について

4Kに対応している大型テレビは一般的なハイビジョンの4倍の解像機能なのでより鮮明な映像を視聴できるという点で優秀な部類に入るかと思います。たとえば高画質な4K映像を表示したいような場合に向いているといえるかもしれません。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は4Kに対応している大型テレビです。よりダイナミックでクリアな映像を楽しむことができるといった点でこの大型テレビは秀でていると言えるかもしれません。「ハイセンス 50U7FG (2021)」は高精細の映像を楽しんだりしたい時にオススメと言えそうです。

適正視聴距離が短さについて

適正視聴距離が短い大型テレビは視野いっぱいに映像が広がり映像へ最も深く没入することできるので優れてます。とくにスポーツ観戦の時に、その場で見ているかのような迫力のある映像を体感したいような場合に適しているといえるかもしれません。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は適正視聴距離が短い大型テレビです。そのためこの大型テレビは比較的近距離から視聴できるので比較的狭い部屋でも使用できるという点で秀でた部類に入るといえなくもないでしょう。「ハイセンス 50U7FG (2021)」は近くで画面を観ても没入感を感じながら視聴したいなら適しています。

ハイセンス 50U7FG (2021) のスピーカーを徹底評価してみた

音声実用最大出力について

大きい音声実用最大出力の大型テレビは大音量にしても音割れしないで視聴できる点で優秀と言えるでしょう。音量を上げても音割れしないためライブやスペクタクル映画作品を観賞するようなときにお勧めだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」の音声実用最大出力は20Wです。これは平均と比較するとほとんど同一と言えます。大音量で楽しみたい人が使用するとき「ハイセンス 50U7FG (2021)」を選んでも通常ならおそらく問題に感じることはないです。

音声実用最大出力についての実の所「ハイセンス 50U7FG (2021)」は使用感はそこそこです。普通に使う分にはほぼ問題を感じずに使えるものであるため、決定的とまでは言えません。少しでもストレスを感じずに使いたい人や強いこだわりがある人には不満を感じるかもしれないため、もうワンランク上の大型テレビにすることをおすすめします。

音声実用最大出力評価
ハイセンス 50U7FG (2021)20W44/100

スピーカー総数について

スピーカー総数が多い大型テレビは臨場感のあるサウンドを楽しむことができるという点で優れてます。ダイナミックかつ、ボリューミーな音質を再現する時にオススメだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」のスピーカー総数は2個です。この大型テレビのスピーカー数はどちらかといえば少ない方の大型テレビと言えます。

スピーカー総数という観点で見る場合においてこの大型テレビはあまり選ばない方がいいです。

スピーカー総数評価
ハイセンス 50U7FG (2021)2個23/100

フルレンジスピーカー数について

多いフルレンジスピーカー数の大型テレビはより幅広い音域でダイナミックな音を楽しむことができる為優れているかと思います。特にテレビ単体で音響設定をしたい時におすすめです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」のフルレンジスピーカー数は2個です。これはとても少ないと言える大型テレビでしょう。

フルレンジスピーカー数に関心がない人でも日常で利用していてストレスを感じることがあるでしょう。そのためもう一つ上を検討した方が良さそうです。

フルレンジスピーカー数評価
ハイセンス 50U7FG (2021)2個11/100

Googleアシスタントとの連携について

音声によってテレビの操作が手軽にできる為、Googleアシスタントと連携できる大型テレビは優秀です。Googleアシスタントでテレビのオンオフなど、テレビを操作したいような時におすすめといえそうです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はGoogleアシスタントと連携できる大型テレビです。ネット動画や音楽、ゲームがTVで再生できる為、この大型テレビは優秀な部類に入ると思います。スマートスピーカーに話しかけて音声でテレビのオンオフ、音量調整、チャンネル切り替えなどの操作したいなら「ハイセンス 50U7FG (2021)」はお勧めだと思います。

アレクサ連携について

どのボタンを押していいのかわからない高年齢者にも操作できる点でアレクサ連携できる大型テレビは秀でた部類に入るといえなくもないでしょう。アレクサによる音声コマンドでテレビを操作したいなら適していると言えそうです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はアレクサ連携できる大型テレビです。アレクサを通してテレビを操作できるという点でこの大型テレビは秀でてます。「ハイセンス 50U7FG (2021)」はリモコンを探す手間を省くするような場合に向いています。

フルレンジスピーカーの搭載について

フルレンジスピーカーを搭載している大型テレビはよりダイナミックな音を楽しむことができるため、優れているかと思います。音源に近い音で視聴するなら向いています。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はフルレンジスピーカーを搭載している大型テレビです。高音域から低音域までバランスよく音声を再生できるためこの大型テレビは優秀です。日常での視聴が多いドラマ・ニュースなどの人の声を聴き取りやすくしたいようなときに「ハイセンス 50U7FG (2021)」はおすすめだと思います。

画面の見やすさについての評価詳細

直下型バックライトの採用について

色彩表現が綺麗に表現できるため、直下型LEDバックライトを搭載している大型テレビは優秀な部類に入るでしょう。特に黒が際立つとよりきれいに見える夜景の映像を鑑賞するときにオススメだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は直下型LEDバックライトを搭載している大型テレビです。コントラスト比を上げてメリハリのある画質を再現できるといった点でこの大型テレビは優れた部類に入るかもしれません。昼夜や時刻によって光量やコントラストを細かく制御することが望ましい部屋で使用するような場合に「ハイセンス 50U7FG (2021)」はオススメと思います。

独自映像処理エンジンの搭載について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は独自の映像処理エンジンを搭載している大型テレビです。

CSについての ハイセンス 50U7FG (2021) の詳細

110度CS 4Kへの対応について

大パノラマの画像をより鮮明に..よりダイナミックに描写できるという点で110度CS 4Kに対応している大型テレビは秀でているかもしれません。高精細のCS放送を視聴するようなときお勧めです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は110度CS 4Kに対応している大型テレビです。そのためCS4K放送を受信できるといった点で秀でていると言えそうです。より高画質でBSを視聴したい人が使用したいなら「ハイセンス 50U7FG (2021)」は適しているといえるかもしれません。

110度CSデジタル対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は110度CSデジタルに対応している大型テレビです。

110度CSデジタルチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は複数の110度CSデジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

ハイセンス 50U7FG (2021) の地デジについて

地上デジタル対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は地上デジタルに対応している大型テレビです。

地上デジタルチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は複数の地上デジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

ハイセンス 50U7FG (2021) の連携機能についての詳細評価

有線LANへの対応について

有線LANに対応している大型テレビは安定した通信速度を維持できるため優秀です。無線LAN環境が不安定な場所などで使用したい時にオススメといえるかもしれません。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は有線LANに対応している大型テレビです。無線LANに比べて高速通信ができ、安定した通信速度で使用できるのでこの大型テレビは良いです。「ハイセンス 50U7FG (2021)」は有線で安定したインターネット接続したいような時にオススメだと思います。

LAN端子の搭載について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はLAN端子を搭載している大型テレビです。

無線LAN対応について

無線LANに対応している大型テレビは複数のメディア機器を安定した通信環境で使用して視聴できる為、優れてます。たとえば余計なケーブルを用意せずにインターネット接続したい人が使用するような時にオススメだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は無線LANに対応している大型テレビです。そのためこの大型テレビはネットワークに無線接続できる点で秀でているといえるかもしれません。場所を選ばず、インターネットやVODを視聴したりしたいような場合に「ハイセンス 50U7FG (2021)」はおすすめだと思います。

ホームネットワーク対応について

モバイル、デジタル家庭機器とリンクし、それぞれのネットワークにつなぐことができるため、ホームネットワーク機能を搭載している大型テレビは優れているといえそうです。録画した番組を家のあちらこちらで気軽に観たいという人が使用したいような時におすすめと言えそうです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はホームネットワーク機能を搭載している大型テレビです。パソコン上のコンテンツをテレビで視聴することができる点においてこの大型テレビは優れていると言えそうです。「ハイセンス 50U7FG (2021)」はデジカメやスマホ・プリンターなどを連携して、大画面で操作をしたい人が使用するなら適していると思います。

HDRに関する ハイセンス 50U7FG (2021) の評価詳細

HDR対応について

HDRに対応している大型テレビはシーンごとに適切な輝度を自動調整できる点でよいです。より明るい映像を楽しめるので、繊細な画像を見たいという人が使用したいようなときに向いています。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はHDRに対応している大型テレビです。そのためこの大型テレビは実際の風景を目の当たりにしたときのようなリアルさを感じることができる点において優秀です。「ハイセンス 50U7FG (2021)」はダイナミックな明暗差をより効果的に楽しむことができるので、臨場感あふれる映像を視聴する場合にお勧めです。

HLGへの対応について

HLGに対応している大型テレビは画面を高画質化できる点において優秀と言えるかもしれません。明るい色を高画質で再現出来るので、花火などの映像を楽しみたい人が使用するようなときにお勧めだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はHLGに対応している大型テレビです。そのためこの大型テレビは輝度とコントラスト範囲が広い映像を楽しむことができる点で優れた部類に入るでしょう。高画質な映像を視聴するような場合に「ハイセンス 50U7FG (2021)」は適していると言えそうです。

HDR10への対応について

HDR10+よりは劣るものの、従来のHDRよりハイレベルなレンジでの映像を再生・録画できる為、HDR10に対応している大型テレビは優秀と言えるでしょう。特に野外などの明るい環境でも観やすいので、明るい環境でテレビを観る事が多い人が使用したいような時にお勧めだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はHDR10に対応している大型テレビです。より高画質に視聴できる為、この大型テレビは優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。高精度なHDR10対応の映像を表示するような場合に「ハイセンス 50U7FG (2021)」は向いていると言えるかもしれません。

便利機能についての ハイセンス 50U7FG (2021) の詳細評価

早見再生への対応について

早見再生に対応している大型テレビは早送りしながら視聴できるので、優秀です。通常よりも素早いスピードで視聴するような場合にオススメだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は早見再生に対応している大型テレビです。そのため番組の視聴時間を短縮できる点で秀でていると思います。「ハイセンス 50U7FG (2021)」は時間を短縮して視聴するのに適しています。

ゲームモードについて

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はゲームモード切替に対応している大型テレビです。

基本仕様の情報詳細について

本体サイズについて

通常よりもスペースを節約して設置できるといった点で本体サイズが小さい大型テレビは良い部類に入るといえなくもありません。特に部屋が狭かったり、設置スペースに制約がある人の場合でも、大画面を諦めずに満喫したい時に適していると言えそうです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」の本体サイズは1.12m × 70.5cm × 251mmです。これはほとんど同じくらいだと言えるでしょう。コンパクトなので設置する時「ハイセンス 50U7FG (2021)」を選んでも通常のケースであれば多分問題はないでしょう。

こだわりが強い人には不満を感じる可能性が高く、もうワンランク上の大型テレビにした方が良さそうです。

本体サイズ評価
ハイセンス 50U7FG (2021)1.12m × 70.5cm × 251mm55/100

本体重量について

置き場所を手軽に移動させるできるため、軽い重量の大型テレビは優れてます。置く場所を選ぶことなく気軽に設置して視聴したいときに適していると言えそうです。

重量について「ハイセンス 50U7FG (2021)」は11.8kgです。これは同程度と言えるでしょう。テレビを移動するのに通常の場合なら「ハイセンス 50U7FG (2021)」を選んでもたぶん大丈夫かと思います。

実際の「ハイセンス 50U7FG (2021)」は重量という視点から見た時中程度な感じです。通常利用であればほぼ問題を感じにくいものの、決定的に優秀とは言えないでしょう。少しのストレスも感じたくない人には不十分である可能性が高く、もう一つ上の大型テレビにすることをおすすめします。

本体重量評価
ハイセンス 50U7FG (2021)11.8kg56/100

ハイセンス 50U7FG (2021) の外部サービスについてレビューしてみた

YouTube対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はYouTubeが視聴できる大型テレビです。

Amazon Prime Video対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はAmazon Prime Videoが視聴できる大型テレビです。

Netflix対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はNetflixが視聴できる大型テレビです。

dTV対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はdTVが視聴できる大型テレビです。

ひかりTV対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はひかりTVが視聴できる大型テレビです。

ひかりTV4K対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はひかりTV4Kが視聴できる大型テレビです。

TSUTAYA TV対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はTSUTAYA TVが視聴できる大型テレビです。

Hulu対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はHuluが視聴できる大型テレビです。

U-NEXT対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はU-NEXTが視聴できる大型テレビです。

Paravi対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はParaviが視聴できる大型テレビです。

Rakuten TV対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はRakuten TVが視聴できる大型テレビです。

ハイセンス 50U7FG (2021) の録画機能について

SeeQVault対応について

SeeQVaultに対応している大型テレビは録画した番組をモバイル機器で再生できる為優れていると言えるかもしれません。たとえば録画した番組を別の部屋のテレビなどで再生したい人が使用したいときにお勧めだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はSeeQVaultに対応している大型テレビです。外付けHDDに録画した番組を他メーカーのテレビでも視聴できるので、この大型テレビは秀でた部類に入るといえなくもないでしょう。「ハイセンス 50U7FG (2021)」は別のテレビで録画した番組を共有するようなときにおすすめだと思います。

DTCP-IP対応について

DTCP-IPに対応している大型テレビは家庭内のネットワークを使え、録画データなどを共有できるといった点でよいです。著作権の問題を気にせずに視聴する事が出来るので、より多くの番組を視聴したいという人が使用したいようなときにオススメと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はDTCP-IPに対応している大型テレビです。ホームネットワークを介して視聴できるのでこの大型テレビはよいと思います。「ハイセンス 50U7FG (2021)」は録画した番組をホームネットワークを介して視聴するなら向いています。

接続端子についての ハイセンス 50U7FG (2021) の評価

ヘッドホン出力端子の搭載について

ヘッドホンを使うことで、周囲を気にすることなく大音量で映像を視聴できる為、ヘッドホン出力端子を搭載している大型テレビは優秀です。テレビにヘッドホンを繋げてサウンドを堪能するようなときお勧めだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はヘッドホン出力端子を搭載している大型テレビです。周りに迷惑を掛けないで楽しむことができるため、この大型テレビは秀でた部類に入るでしょう。「ハイセンス 50U7FG (2021)」はヘッドホンを用いて視聴するのにおすすめだと思います。

HDMI端子数について

多いHDMI端子数の大型テレビは複数のモニタで視聴できる点において優れていそうです。PS5などのゲームを毎回接続する作業を削減したいときに向いています。

HDMI端子数について「ハイセンス 50U7FG (2021)」は4系統です。一般的なモノよりもこの大型テレビの端子数はやや少ない大型テレビだと言えるでしょう。

HDMI端子数評価
ハイセンス 50U7FG (2021)4系統21/100

ARC対応について

ARCに対応している大型テレビはARC に対応している機器同士であれば、HDMI ケーブル 1 本でつなぐだけで、双方のデジタル音声を堪能できる点において秀でた部類に入るかと思います。特に配線をシンプルにしたいようなときにおすすめだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はARCに対応している大型テレビです。ARC に対応している機器とHDMI ケーブル 1 本でつなぐだけで、双方のデジタル音声を堪能できる為、この大型テレビは優れた部類に入るといえなくもないでしょう。「ハイセンス 50U7FG (2021)」はHDMI ケーブル を使い音声の送受信をしたい時にオススメと思います。

USB端子数について

USB端子数が多い大型テレビは複数のUSBメモリやHDDを接続できる点において良い部類に入ると思います。ハードディスクなどのUSB機器をより多く接続するような時にオススメです。

USB端子数について「ハイセンス 50U7FG (2021)」は2系統です。平均的な大型テレビと比較するとこの大型テレビのUSB端子数は比較的少ない大型テレビと言えるでしょう。

USB端子数評価
ハイセンス 50U7FG (2021)2系統38/100

光デジタル音声出力端子の搭載について

光デジタル音声出力端子を搭載している大型テレビはより高音質な音声を聞くことができるという点で優れた部類に入るかと思います。例えば音声の劣化のないデジタル信号で送信するので素の音源に近いクリアな音質でコンテンツを視聴したいときにお勧めだと思います。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は光デジタル音声出力端子を搭載している大型テレビです。オーディオ機器に接続しノイズの少ない音声を視聴できるため、この大型テレビはよいです。「ハイセンス 50U7FG (2021)」はオーディオ機器などと接続しノイズの少ない音声を視聴したいときに適しています。

ハイセンス 50U7FG (2021) のBSについて

BS 4K対応について

別途チューナーを揃えずにこのTV一台でBS4K放送を見ることができる為、BS 4Kに対応している大型テレビは優秀と言えるでしょう。高画質でパワフルな映像をスクリーン上で表現したいときに向いていると言えそうです。

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はBS 4Kに対応している大型テレビです。高画質なBS 4K放送を視聴できるといった点でこの大型テレビはよいといえなくもないでしょう。「ハイセンス 50U7FG (2021)」は従来の主流テレビよりも4倍高精細な大画面を望む人が使用したいような場合に向いているといえそうです。

BSデジタル対応について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」はBSデジタルに対応している大型テレビです。

BSデジタルチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 50U7FG (2021)」は複数のBSデジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

表で ハイセンス 50U7FG (2021) を情報一覧をみる

ハイセンス 50U7FG (2021)
画像ハイセンス 50U7FG (2021)
本体サイズ1.12m × 70.5cm × 251mm
本体重量11.8kg
画面サイズ50インチ
画面解像度3840 × 2160
画面分割機能
4K対応
視聴距離0.9m
短い適正視聴距離
パネル種類4K/VAパネル
LEDバックライト直下型LEDバックライト
直下型バックライト
独自映像処理エンジン搭載
映像処理エンジンNEOエンジン 2021
HDR対応
HDR方式HDR10/HLG
HLG対応
HDR10対応
地上デジタル対応
地上デジタルチューナー数3つ
地上デジタルチューナー複数内蔵
BS 4K対応
BSデジタル対応
BS4Kチューナー数1つ
BSデジタルチューナー数3つ
BSデジタルチューナー複数内蔵
110度CS 4K対応
110度CSデジタル対応
110度CS4Kチューナー数1つ
110度CSデジタルチューナー数3つ
110度CSデジタルチューナー複数内蔵
録画外付けHDD
SeeQVault対応
DTCP-IP対応
音声実用最大出力20W
スピーカーフルレンジ×2
スピーカー総数2個
フルレンジスピーカー数2個
Googleアシスタント連携
アレクサ連携
対応スマートスピーカーGoogle アシスタント/Amazon Alexa
フルレンジスピーカー搭載
消費電力140W
待機時消費電力0.5W
省エネ性マーク(緑)対応
ヘッドホン出力端子搭載
HDMI端子数4系統
ARC対応
USB端子2
USB端子数2系統
光デジタル音声出力端子搭載
光デジタル音声出力端子数1つ
有線LAN対応
LAN端子搭載
LAN端子数1つ
無線LAN対応
ホームネットワーク対応
外部サービスYouTube/Amazon Prime Video/Netflix/dTV/ひかりTV/ひかりTV4K/TSUTAYA TV/Hulu/U-NEXT/Paravi/Rakuten TV
YouTube対応
Amazon Prime Video対応
Netflix対応
dTV対応
ひかりTV対応
ひかりTV4K対応
TSUTAYA TV対応
Hulu対応
U-NEXT対応
Paravi対応
Rakuten TV対応
早見再生対応
ゲームモード搭載

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較する

価格をチェック

50U7FGの「スムースモーション180」について

残像感の少ないなめらかな映像を実現でき、さらに残像の少ないスムーズな映像を実現することに向いている。

50U7FGの「NEOエンジン 2021」について

進化した美しさとなめらかさを実現できる。加えて繊細かつインパクトのある映像を視聴するのに向いている。

50U7FGの「エリア別高精細復元」について

映像を複数のエリアに分けて解析できる点で優れていて、さらにシャープでよりくっきりとした映像を視聴するのに優れている。

50U7FGの「バックライトブーストフィルム」について

明るく美しく、豊かな色彩を表現でき、さらにバックライトの光を利用して輝度をアップするのに適している。

50U7FGの「美肌リアリティー」について

白飛びを制御し鮮やかに再現できる。加えて作り物ではない自然な美肌を再現することに向いている。

ハイセンス 50U7FG (2021) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ハイセンス 50U7FG (2021) と評価が同程度の大型テレビを探す

MTH-49WX4K ミスターマックスオリジナルモデル

本体重量:12kg, 画面サイズ:49インチ, 画面解像度:3840 × 2160, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:106W, 待機時消費電力:0.4W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

MTH-65WX4K ミスターマックスオリジナルモデル

本体サイズ:1.47m × 91.1cm × 284mm, 本体重量:22kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 消費電力:210W, 待機時消費電力:0.4W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

LED AQUOS LC-46V7-B

本体サイズ:1.1m × 71.9cm × 293mm, 本体重量:22.5kg, 画面サイズ:46インチ, 画面解像度:1920 × 1080, 消費電力:115W, 待機時消費電力:0.1W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:1系統

LED REGZA 37RE1

本体サイズ:90.9cm × 63.8cm × 279mm, 本体重量:15.5kg, 画面サイズ:37インチ, 画面解像度:1920 × 1080, 消費電力:152W, 待機時消費電力:0.12W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:1系統

TCL 32S518K

本体サイズ:73.1cm × 49.1cm × 186mm, 本体重量:4.4kg, 画面サイズ:32インチ, 画面解像度:1366 × 768, 音声実用最大出力:10W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:55W, 待機時消費電力:0.3W, HDMI端子数:2系統, USB端子数:1系統

AQUOS XLED 4T-C65DP1

本体サイズ:1.44m × 89.6cm × 290mm, 本体重量:39kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:80W, スピーカー総数:11個, ツィーター数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:357W, 待機時消費電力:1W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

もっと見る ▼

ハイセンス 50U7FG (2021) の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ハイセンス 50U7FG (2021)

42.1-本体サイズ:1.12m × 70.5cm × 251mm, 本体重量:11.8kg, 画面サイズ:50インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:140W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 65E6G (2021)

47.1本体サイズ:1.45m × 89.6cm × 291mm, 本体重量:16.7kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:190W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 43A6G (2021)

50.7本体サイズ:96.3cm × 61.4cm × 196mm, 本体重量:7kg, 画面サイズ:43インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:14W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:120W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 75A6G (2021)

46.1本体サイズ:1.68m × 1.04m × 356mm, 本体重量:26.5kg, 画面サイズ:75インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:30W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:0個, 消費電力:236W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 40A40G (2021)

51.8本体サイズ:89.3cm × 55.9cm × 182mm, 本体重量:5.5kg, 画面サイズ:40インチ, 画面解像度:1920 × 1080, 音声実用最大出力:14W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:0個, 消費電力:74W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:2系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 32A45G (2021)

47.4本体サイズ:73cm × 47.9cm × 193mm, 本体重量:4.2kg, 画面サイズ:32インチ, 画面解像度:1366 × 768, 音声実用最大出力:12W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:53W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:2系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 55A6G (2021)

50.0本体サイズ:1.23m × 77.3cm × 226mm, 本体重量:11.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:140W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 24A40G (2021)

47.4本体サイズ:55.3cm × 356mm × 148mm, 本体重量:3kg, 画面サイズ:24インチ, 画面解像度:1366 × 768, 音声実用最大出力:8W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:74W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:2系統, USB端子数:2系統

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

ハイセンス 50U7FG (2021)

55.2-本体サイズ:1.12m × 70.5cm × 251mm

ハイセンス 65E6G (2021)

14.4本体サイズ:1.45m × 89.6cm × 291mm

ハイセンス 43A6G (2021)

51.5本体サイズ:96.3cm × 61.4cm × 196mm

ハイセンス 75A6G (2021)

5.0本体サイズ:1.68m × 1.04m × 356mm

ハイセンス 40A40G (2021)

58.8本体サイズ:89.3cm × 55.9cm × 182mm

ハイセンス 32A45G (2021)

65.2本体サイズ:73cm × 47.9cm × 193mm

ハイセンス 55A6G (2021)

30.2本体サイズ:1.23m × 77.3cm × 226mm

ハイセンス 24A40G (2021)

83.3本体サイズ:55.3cm × 356mm × 148mm

フルレンジスピーカー数

画像製品名評価比較したときのおススメ度フルレンジスピーカー数

ハイセンス 50U7FG (2021)

11.1-フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 65E6G (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 43A6G (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 75A6G (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 40A40G (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 32A45G (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 55A6G (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 24A40G (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

大型テレビランキング

カテゴリ一覧

人気大型テレビ

関連人気記事

新着情報