ハイセンス 65U7H (2022) を徹底レビュー。みんなが良く見る特徴についてレビュー

作成日時: 2022-06-01 19:31:18、更新日時: 2022-06-01 20:10:58

 ハイセンス 65U7H (2022) を徹底評価

ハイセンス 65U7H (2022) のどういう点で良さがある大型テレビなのかを検証しました。使い勝手について解説。類似のものと比較して ハイセンス 65U7H (2022) はどの程度良いのかを検証してみました。

ハイセンス 65U7H (2022) を選ぶべき42つの理由

  • 4Kに対応している
  • 独自映像処理エンジンを搭載している
  • 2倍速駆動パネルを搭載している
  • HDRに対応している
  • ドルビービジョンに対応している
  • HLGに対応している
  • HDR10に対応している
  • HDR10+に対応している
  • 地上デジタルに対応している
  • 複数の地上デジタルチューナーを内蔵している
  • BS 4Kに対応している
  • BSデジタルに対応している
  • 複数のBS 4Kチューナーを内蔵している
  • 複数のBSデジタルチューナーを内蔵している
  • 110度CS 4Kに対応している
  • 110度CSデジタルに対応している
  • 複数の110度CS 4Kチューナーを内蔵している
  • 複数の110度CSデジタルチューナーを内蔵している
  • フルレンジスピーカーを搭載している
  • ウーファーを搭載している
  • 省エネ性マーク(緑)に準拠している
  • ヘッドホン出力端子を搭載している
  • eARCに対応している
  • ARCに対応している
  • 光デジタル音声出力端子を搭載している
  • Bluetoothに対応している
  • 有線LANに対応している
  • LAN端子を搭載している
  • 無線LANに対応している
  • VRRに対応している
  • YouTubeが視聴できる
  • Amazon Prime Videoが視聴できる
  • Netflixが視聴できる
  • dTVが視聴できる
  • Huluが視聴できる
  • U-NEXTが視聴できる
  • Paraviが視聴できる
  • Rakuten TVが視聴できる
  • リモコンの音声操作に対応している
  • ゲームモードを搭載している
  • ALLMに対応している
  • DOLBY ATMOSに対応している

特色・特長について ハイセンス 65U7H (2022) をレビューしてみた

外部サービスに関する詳細評価

YouTube対応について

大きな画面でyoutubeを閲覧することができる為、YouTubeが視聴できる大型テレビは優れています。ユーチューバーやYou Tube専用コンテンツを視聴するようなときにお勧めです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はYouTubeが視聴できる大型テレビです。そのためPCやスマホでなくてもYoutubeを見ることができる点で良い部類に入ると思います。大画面で好きなYouTubeチャンネルを満喫するようなときに「ハイセンス 65U7H (2022)」はおすすめです。

Amazon Prime Video対応について

「ハイセンス 65U7H (2022)」はAmazon Prime Videoが視聴できる大型テレビです。

ハイセンス 65U7H (2022) の地デジについて

地上デジタルチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 65U7H (2022)」は複数の地上デジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

連携機能に関する詳細

Bluetoothへの対応について

Bluetoothに対応している大型テレビはワイヤレスで接続できるため断線のリスクなく使用できるため、優れた部類に入るといえなくもありません。たとえばイヤホンやスピーカを接続する際にケーブルをがいらない為、機器周りをすっきりした状態で使用するような場合にオススメだと思います。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はBluetoothに対応している大型テレビです。そのためスマホと簡単に連携できる点において優秀な部類に入るかもしれません。「ハイセンス 65U7H (2022)」はワイヤレスイヤホンを利用する場合に適していると言えるかもしれません。

有線LANへの対応について

ネットワークを経由して映像データを共有できる点において有線LANに対応している大型テレビは良いといえなくもないでしょう。LANケーブルと繋ぐだけでスペースを取らずにテレビの視聴したいなら適しています。

「ハイセンス 65U7H (2022)」は有線LANに対応している大型テレビです。外部ノイズの干渉を受けずにネットワーク接続できる為、この大型テレビは優秀な部類に入るかと思います。ゲーム機と接続しネット対戦したりWebサイトを閲覧するときに「ハイセンス 65U7H (2022)」は適していると言えそうです。

無線LAN対応について

無線LANに対応している大型テレビはLANケーブルを使わずにネットワーク接続ができる点において優秀です。例えば無線でインターネットと接続したい人が使用するようなとき、お勧めと言えるでしょう。

「ハイセンス 65U7H (2022)」は無線LANに対応している大型テレビです。Wifiを利用している環境で利用できる為この大型テレビは優れているといえなくもないでしょう。「ハイセンス 65U7H (2022)」はコードの煩わしさを解消したい時に適していると言えるかもしれません。

VRRへの対応について

VRRに対応している大型テレビはゲームを快適にできるため優れてます。映像のちらつきを抑制するようなときに適しています。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はVRRに対応している大型テレビです。そのためこの大型テレビはフレームレートが不安定なゲーム等の映像を表示するときに、 動きがカクついたり、映像が上下でズレたりする現象を緩和できるといった点でよい部類に入るといえなくもありません。レートが安定しないゲームでも、美しい映像を描写したい時に「ハイセンス 65U7H (2022)」はお勧めだと思います。

ハイセンス 65U7H (2022) のBSについての評価詳細

BS 4Kチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 65U7H (2022)」は複数のBS 4Kチューナーを内蔵している大型テレビです。

BSデジタルチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 65U7H (2022)」は複数のBSデジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

スピーカーに関する ハイセンス 65U7H (2022) の情報詳細

音声実用最大出力について

大きい音声実用最大出力の大型テレビはよりパワフルなサウンドを味わうことができるという点で優秀と言えそうです。大音量で視聴したい人が使用するのに向いていると言えるでしょう。

「ハイセンス 65U7H (2022)」の音声実用最大出力は40Wです。これはほどよく大きいと言える音声実用最大出力です。迫力ある大音量で楽しむことができるといった点でこの商品は比較的よいです。大音量で音を再生する時に「ハイセンス 65U7H (2022)」はどちらかと言うとお勧めと思います。

音声実用最大出力という観点で見たとき実際のところの「ハイセンス 65U7H (2022)」は比較的秀でた部類に入るでしょう。そのため音声実用最大出力という点で選ぶつもりならこの大型テレビは候補の一つに挙げられるでしょう。

音声実用最大出力評価
ハイセンス 65U7H (2022)40W63/100

スピーカー総数について

より迫力のあるサウンドが視聴できる為、スピーカー総数が多い大型テレビは優秀です。特にサラウンド感を部屋全体に響くようにしたい時に向いていると言えるでしょう。

「ハイセンス 65U7H (2022)」のスピーカー総数は2個です。標準よりこの大型テレビのスピーカー数はどちらかと言うと少ないと言える大型テレビでしょう。

スピーカー総数評価
ハイセンス 65U7H (2022)2個23/100

フルレンジスピーカー数について

高音から低音まで網羅して臨場感ある映像を再生できる為、フルレンジスピーカー数が多い大型テレビは優れた部類に入るといえなくもないでしょう。ゆとりのある音質での視聴をしたい時に適しているといえそうです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」のフルレンジスピーカー数は2個です。これは平均的な大型テレビとくらべて非常に少ない部類に分けられるスピーカー数と言えます。

フルレンジスピーカー数評価
ハイセンス 65U7H (2022)2個11/100

フルレンジスピーカーの搭載について

フルレンジスピーカーを搭載している大型テレビは低音から高音まで綺麗に再生できるという点で秀でているかと思います。クリアなサウンドを再生したいような時におすすめと言えるでしょう。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はフルレンジスピーカーを搭載している大型テレビです。そのため迫力ある音声を出力できるといった点でよい部類に入るといえなくもないでしょう。「ハイセンス 65U7H (2022)」はクリアなサウンドを聴くことが出来る為、良質な音を楽しむために使用したいならオススメだと思います。

ウーファーの搭載について

ウーファーを搭載している大型テレビは音質の良い音で映像を楽しむことができるので、優秀です。重厚な低音域を強調するようなときおすすめだと思います。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はウーファーを搭載している大型テレビです。迫力ある音響を実現できるためこの大型テレビは優秀な部類に入るといえなくもありません。「ハイセンス 65U7H (2022)」は迫力のある重低音を再生するときにおすすめだと思います。

電源に関する詳細情報について

消費電力について

省エネ性能に優れ、電気代を安く抑えることができる為、消費電力が小さい大型テレビは優れた部類に入るかもしれません。たとえば電気代の節約をしたいような時に適していると言えそうです。

消費電力について「ハイセンス 65U7H (2022)」は230Wです。この大型テレビの消費電力は比較的大きい大型テレビと言えます。

消費電力という点で見るならこの大型テレビは選択肢に入ってこないです。

消費電力評価
ハイセンス 65U7H (2022)230W39/100

待機時消費電力について

小さい待機時消費電力の大型テレビはあまり電気代をかけずに使用できるので、優れているかもしれません。待機電力消費を減らし電気代も節約するのにおすすめと言えそうです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」の待機時消費電力は0.5Wです。これは平均的な大型テレビと比較するとほどよく小さい部類に入る大型テレビと言えるでしょう。年間の消費電力を節約できるためこの商品は比較的秀でているといえなくもないでしょう。長時間待機状態でもほとんど電気代がかからないするなら「ハイセンス 65U7H (2022)」はどちらかと言うとお勧めといえそうです。

従って待機時消費電力という観点つもりならこの大型テレビは候補の一つに挙がるでしょう。通常利用であれば不満を感じない水準ですが、不満を感じないためにもうワンランク上の大型テレビを考えてみてもいいのかもしれません。

待機時消費電力評価
ハイセンス 65U7H (2022)0.5W64/100

省エネレベルについて

省エネレベルが大きい大型テレビは電気代を安く抑えることができる点で優れていそうです。特に長時間使用しても電気代が安く済むので、電気代が毎月高すぎると感じている人が使用するならおすすめだと思います。

省エネレベルについて「ハイセンス 65U7H (2022)」は196です。標準的な大型テレビとくらべてこの大型テレビの省エネレベルはほとんど同じくらいと言えます。省電力で機器の機能を最大化する時通常の場合なら「ハイセンス 65U7H (2022)」でおそらく問題に感じることはないかと思われます。

実際の所省エネレベルという視点についての「ハイセンス 65U7H (2022)」の使用感は及第点レベルです。ヘビーユーザーにとっては物足りなさを感じる可能性が高く、ワンランク上を検討をお勧めします。

省エネ性マーク(緑)準拠について

省エネ性マーク(緑)に準拠している大型テレビはエネルギーを効率よく使うことができるといった点で良いと思います。電気代を節約しながらテレビ試聴したい時にオススメです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」は省エネ性マーク(緑)に準拠している大型テレビです。エネルギーを効率的に使って使用できるためこの大型テレビは優れた部類に入るといえなくもありません。省エネ基準達成率を満たしておりより省エネルギーで使用するときに「ハイセンス 65U7H (2022)」はオススメと言えるでしょう。

ハイセンス 65U7H (2022) の基本仕様について詳細に評価

本体サイズについて

小さく場所をとらず設置できるといった点で小さい本体サイズの大型テレビはよいと言えるかもしれません。小さなスペースや部屋に設置したいような場合におすすめです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」の本体サイズは1.45m × 89.3cm × 306mmです。この大型テレビの本体サイズはやや大きいと言える大型テレビです。

本体サイズで選ぶならこの大型テレビは選択肢に入れない方がいいでしょう。

本体サイズ評価
ハイセンス 65U7H (2022)1.45m × 89.3cm × 306mm27/100

本体重量について

女性でも楽に移動できる為、本体重量が軽い大型テレビは優秀といえそうです。引っ越しなどの際に楽に移動したいようなときにお勧めと言えるでしょう。

「ハイセンス 65U7H (2022)」の本体重量は19.1kgです。この大型テレビの本体重量はやや重い方に入る大型テレビと言えます。

本体重量という観点で選ぶ場合、この大型テレビは選択肢に入らないです。

本体重量評価
ハイセンス 65U7H (2022)19.1kg38/100

ハイセンス 65U7H (2022) の画面特性を詳細評価

画面サイズについて

画面サイズが大きい大型テレビは迫力のある映像を視聴できる点で優れているといえなくもないでしょう。たとえば迫力のある映像を視聴するのにオススメです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」の画面サイズは65インチです。普通のものとくらべるとこの大型テレビの画面はやや大きい大型テレビです。またこの商品は迫力ある映像体験ができるといった点で比較的秀でていると言えるかもしれません。「ハイセンス 65U7H (2022)」は迫力のある映像で視聴するような時にどちらかといえばおすすめだと思います。

画面サイズという点における「ハイセンス 65U7H (2022)」は実際のところどちらかといえばよいです。そのため画面サイズという点で選ぶつもりならこの大型テレビは候補の一つに挙がります。通常利用であれば十分ですが、強いこだわりがある人は一つ上を考えてみてもいいのかもしれません。

画面サイズ評価
ハイセンス 65U7H (2022)65インチ68/100

画面解像度について

画素が多いため映像の粗が見えにくく臨場感に優れた映像をできるといった点で画面解像度が高い大型テレビはよいかもしれません。鮮明な動画を視聴するようなときに適しています。

画面解像度について「ハイセンス 65U7H (2022)」は3840 × 2160です。これは割と低い方の解像度と言えるでしょう。

画面解像度評価
ハイセンス 65U7H (2022)3840 × 216032/100

接続端子に関する ハイセンス 65U7H (2022) の情報詳細

ヘッドホン出力端子の搭載について

ヘッドホンで周りの邪魔をせずに視聴できるため、ヘッドホン出力端子を搭載している大型テレビは優れた部類に入るといえなくもないでしょう。周りに迷惑をかけることなく一人で視聴するならおすすめです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はヘッドホン出力端子を搭載している大型テレビです。ヘッドホンと接続し外部に音を漏らさずに使用できるといった点でこの大型テレビは良いです。「ハイセンス 65U7H (2022)」は周囲の雑音を防止でき、個人で視聴を楽しみたい人がヘッドホンを用いて使用したい時に適しています。

HDMI端子数について

HDMI端子数が多い大型テレビは映像と音の接続ケーブルを一本にまとめることにより、配線をコンパクトにできるという点で優れているかと思います。より多くの機器と接続したいときにおすすめです。

HDMI端子数について「ハイセンス 65U7H (2022)」は4系統です。この大型テレビのHDMI端子数はやや少ない部類に入る大型テレビだと言えるでしょう。

HDMI端子数評価
ハイセンス 65U7H (2022)4系統21/100

eARCへの対応について

高品位音声フォーマットに対応できる点においてeARCに対応している大型テレビは秀でていると言えそうです。テレビの音声をより高音質でHDMIケーブル一本でアンプなどに伝送したいなら向いています。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はeARCに対応している大型テレビです。そのためこの大型テレビは外部スピーカーと接続し高音質でテレビを視聴できる点で優れているかもしれません。「ハイセンス 65U7H (2022)」はEthernetチャンネルを利用して高品位な音声データを伝送したい人が使用したい時に適しているといえそうです。

ARC対応について

ARCに対応している大型テレビはテレビの音声をHDMIケーブル一本でアンプやサウンドバーに伝送できるので優れているかと思います。例えばテレビの音声をHDMIケーブル一本でアンプやサウンドバーに伝送するとき適していると言えそうです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はARCに対応している大型テレビです。そのためテレビの音声をHDMIケーブル1本でAVアンプやサウンドバーなどに伝送できるといった点で優れているといえなくもないでしょう。HDMIケーブルでデジタル音声を再生したいようなときに「ハイセンス 65U7H (2022)」は向いているといえそうです。

USB端子数について

USB端子数が多い大型テレビは多くの端末を接続してより多様なコンテンツを視聴できる点において秀でているといえそうです。複数のハードディスクを節約し番組を録画するときおすすめだと思います。

「ハイセンス 65U7H (2022)」のUSB端子数は2系統です。標準と比べるとこの大型テレビのUSB端子数は割と少ない大型テレビだと言えるでしょう。

USB端子数という点から選ぶ場合、この大型テレビは選ばない方がいいでしょう。

USB端子数評価
ハイセンス 65U7H (2022)2系統38/100

光デジタル音声出力端子の搭載について

光デジタル音声出力端子を搭載している大型テレビは高音質で出力できるので優秀です。例えば高音質の音を楽しみたい人が使用したいような場合に向いています。

「ハイセンス 65U7H (2022)」は光デジタル音声出力端子を搭載している大型テレビです。そのためこの大型テレビはノイズのないクリアな音声が出力できる点で優秀といえるかもしれません。「ハイセンス 65U7H (2022)」はノイズの少ないクリアな音質を実現したい人が使用したいときにお勧めといえるかもしれません。

CSを詳しく評価する

110度CS 4Kへの対応について

「ハイセンス 65U7H (2022)」は110度CS 4Kに対応している大型テレビです。

110度CSデジタル対応について

「ハイセンス 65U7H (2022)」は110度CSデジタルに対応している大型テレビです。

110度CS 4Kチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 65U7H (2022)」は複数の110度CS 4Kチューナーを内蔵している大型テレビです。

110度CSデジタルチューナーの複数搭載について

「ハイセンス 65U7H (2022)」は複数の110度CSデジタルチューナーを内蔵している大型テレビです。

ハイセンス 65U7H (2022) の便利機能の詳細評価

リモコン音声操作機能の搭載について

リモコンの音声操作に対応している大型テレビはリモコンに触れなくても声だけで電源のオン・オフができたり、音量を調整できるといった点で優秀な部類に入ると思います。とくに話しかけるだけで操作する場合に向いていると思います。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はリモコンの音声操作に対応している大型テレビです。そのため話しかけるだけで動画や番組表の検索ができるため文字入力の手間を省くことができる点で優秀な部類に入るといえそうです。リモコンを使って音声でテレビを操作することができるのでハンズフリーでテレビの設定などを変更するような場合「ハイセンス 65U7H (2022)」は向いていると思います。

ゲームモードについて

ゲームモードを搭載している大型テレビはゲームをより楽しむことができるといった点で優れた部類に入るでしょう。例えば映像の遅延がなく快適にゲームをプレイするのに向いていると言えるかもしれません。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はゲームモードを搭載している大型テレビです。ゲームに最適な状態で使用できるため、この大型テレビはよいと思います。「ハイセンス 65U7H (2022)」は大型の画面でよりゲーム遅延や操作のブレが起きずに視聴できるので、ゲームを頻繁にテレビに写して楽しみたい人が利用したい時に向いているといえるかもしれません。

ALLM対応について

ALLMに対応している大型テレビは低遅延モード、高画質モードを自動で切り換えできるという点で優れた部類に入ると言えるかもしれません。高画質と通常利用を意識せずに快適に利用したいようなときにオススメです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はALLMに対応している大型テレビです。そのため映像表示の遅延を少ない場合と高画質の映像を自動的に切り替えることができる点で秀でているといえなくもないでしょう。低遅延モードと高画質モードをオートセレクトしてくれるので映像の遅延なく視聴するようなときに「ハイセンス 65U7H (2022)」は適しています。

DOLBY ATMOSへの対応について

DOLBY ATMOSに対応している大型テレビは立体音響を楽しむことができるという点で秀でているといえるかもしれません。ドルビーの音響にする時にオススメです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はDOLBY ATMOSに対応している大型テレビです。サラウンドな臨場感ある映像を再生できるという点でこの大型テレビは秀でています。臨場感のある音声で楽しみたい人が使用する時に「ハイセンス 65U7H (2022)」は適しています。

ハイセンス 65U7H (2022) の画面の見やすさの詳細評価について

独自映像処理エンジンの搭載について

映像を画面に適した形で美しく整えることができるという点で独自映像処理エンジンを搭載している大型テレビは優秀な部類に入るといえなくもありません。番組に応じてより鮮明で高画質に自動調整する場合向いています。

「ハイセンス 65U7H (2022)」は独自映像処理エンジンを搭載している大型テレビです。より繊細な画質にできるためこの大型テレビは秀でていると言えるでしょう。「ハイセンス 65U7H (2022)」は4Kなどの画像を内蔵されたコンピュータが判断しより綺麗に再生するときにオススメといえるかもしれません。

2倍速駆動パネルの搭載について

速い動きを滑らかに表現できる点で2倍速駆動パネルを搭載している大型テレビは秀でた部類に入るかと思います。たとえば滑らかな動きを再現する場合に向いています。

「ハイセンス 65U7H (2022)」は2倍速駆動パネルを搭載している大型テレビです。動きが早いコンテンツを充実に再生できるためこの大型テレビは優れた部類に入ると思います。動画のブレや、3D表示のクロストークを抑制するようなとき「ハイセンス 65U7H (2022)」は適しているといえるかもしれません。

ハイセンス 65U7H (2022) のHDRについての詳細

HDR対応について

HDRに対応している大型テレビは明るさの幅を広げることができるという点で良いと言えるかもしれません。明暗をくっきりした映像を視聴したいような場合に向いているといえそうです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はHDRに対応している大型テレビです。そのため色彩によって変わる明暗差を補正して見た目を忠実に再現できるといった点で秀でています。「ハイセンス 65U7H (2022)」は世界遺産の映像など色彩を要求される動画を再生したいときに向いています。

ドルビービジョン対応について

コントラストが素晴らしく、奥行きのある映像を録画できる点においてドルビービジョンに対応している大型テレビは優れていると思います。より明確なコントラストの綺麗な画像を表示できるのでリアリティーの高い映像でコンテンツを視聴するときオススメだと思います。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はドルビービジョンに対応している大型テレビです。驚異的な輝度、コントラスト、色彩により、生き生きとした映像を表現できるので、この大型テレビは優れていると言えそうです。「ハイセンス 65U7H (2022)」は迫力ある映像を楽しみたい人が使用する場合にお勧めと思います。

HLGへの対応について

ほぼ見たまま自然な形で録画できる為、HLGに対応している大型テレビは優れているかと思います。たとえば高画質な4K映像を視聴したいなら向いていると言えそうです。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はHLGに対応している大型テレビです。一眼で撮影した映像をダイナミックで劣化させる事なく表現できるため、この大型テレビは秀でているといえるかもしれません。高画質で明るい映像を視聴するような時に「ハイセンス 65U7H (2022)」はおすすめです。

HDR10への対応について

HDR10に対応している大型テレビはより高画質で鮮明に綺麗に録画できる為優秀です。高画質でクオリティの高い映像を視聴したい時に向いていると言えるかもしれません。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はHDR10に対応している大型テレビです。明暗差を4倍きめ細やかに表現できるため、この大型テレビは優秀な部類に入るでしょう。「ハイセンス 65U7H (2022)」は非常に綺麗な映像を観る事が出来るので、ネイチャー番組などを頻繁に観る人が使用するのにおすすめと言えるでしょう。

HDR10+への対応について

HDR10+に対応している大型テレビは高画質コンテンツを劣化なく忠実に再現できる点において優れているでしょう。より的確に輝度を調整された映像を表示するような場合におすすめだと思います。

「ハイセンス 65U7H (2022)」はHDR10+に対応している大型テレビです。高画質な映像を視聴できるのでこの大型テレビは優秀です。「ハイセンス 65U7H (2022)」は明暗差を1024段階で表現出来るので、より鮮やかなコントラストで映像を観たいと思っている人が使用したいときにオススメです。

ハイセンス 65U7H (2022) に関する情報概要

ハイセンス 65U7H (2022)
画像ハイセンス 65U7H (2022)
本体サイズ1.45m × 89.3cm × 306mm
本体重量19.1kg
画面サイズ65インチ
画面解像度3840 × 2160
4K対応
視聴距離1.2m
パネル種類4K/VAパネル
独自映像処理エンジン搭載
映像処理エンジンNEOエンジンPro
倍速機能倍速パネル
2倍速駆動パネル搭載
HDR対応
HDR方式HDR10/HDR10+/ドルビービジョン/HLG
ドルビービジョン対応
HLG対応
HDR10対応
HDR10+対応
地上デジタル対応
地上デジタルチューナー数3つ
地上デジタルチューナー複数内蔵
BS 4K対応
BSデジタル対応
BS4Kチューナー数2つ
BSデジタルチューナー数3つ
BS 4Kチューナー複数内蔵
BSデジタルチューナー複数内蔵
110度CS 4K対応
110度CSデジタル対応
110度CS4Kチューナー数2つ
110度CSデジタルチューナー数3つ
110度CS 4Kチューナー複数内蔵
110度CSデジタルチューナー複数内蔵
録画外付けHDD
音声実用最大出力40W
スピーカーフルレンジ×2/サブウーファー
スピーカー総数2個
フルレンジスピーカー数2個
フルレンジスピーカー搭載
ウーファー搭載
消費電力230W
待機時消費電力0.5W
省エネ性マーク(緑)対応
ヘッドホン出力端子搭載
HDMI端子数4系統
eARC対応
ARC対応
USB端子2
USB端子数2系統
光デジタル音声出力端子搭載
光デジタル音声出力端子数1つ
Bluetooth対応
有線LAN対応
LAN端子搭載
LAN端子数1つ
無線LAN対応
VRR対応
外部サービスYouTube/Amazon Prime Video/Netflix/dTV/Hulu/U-NEXT/Paravi/Rakuten TV
YouTube対応
Amazon Prime Video対応
Netflix対応
dTV対応
Hulu対応
U-NEXT対応
Paravi対応
Rakuten TV対応
リモコン音声操作機能
ゲームモード搭載
ALLM対応
DOLBY ATMOS対応

類似の大型テレビを探す

他の大型テレビと比較する

価格をチェック

ハイセンス 65U7H (2022) の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

ハイセンス 65U7H (2022) と評価が同程度の大型テレビを探す

本体サイズ:90.5cm × 55.3cm × 178mm, 本体重量:6.5kg, 画面サイズ:40インチ, 画面解像度:1920 × 1080, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:70W, 待機時消費電力:0.4W, HDMI端子数:2系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:93.3cm × 60.2cm × 217mm, 本体重量:17kg, 画面サイズ:42インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:4個, フルレンジスピーカー数:2個, ツィーター数:2個, 消費電力:198W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.23m × 77.4cm × 304mm, 本体重量:25kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:70W, スピーカー総数:11個, ツィーター数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:198W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:3系統

本体サイズ:1.23m × 74.2cm × 313mm, 本体重量:21.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:70W, スピーカー総数:7個, フルレンジスピーカー数:2個, ツィーター数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:249W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:4系統

本体サイズ:1.23m × 78.1cm × 257mm, 本体重量:16.7kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:165W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:95.7cm × 61cm × 248mm, 本体重量:6.3kg, 画面サイズ:43インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 消費電力:90W, 待機時消費電力:0.3W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:1系統

本体サイズ:1.23m × 72.8cm × 280mm, 本体重量:31kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:60W, スピーカー総数:4個, ウーファー数:2個, 消費電力:332W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.12m × 67.6cm × 211mm, 本体重量:19kg, 画面サイズ:50インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:60W, スピーカー総数:9個, フルレンジスピーカー数:2個, ツィーター数:4個, ウーファー数:1個, 消費電力:221W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.07m × 65.8cm × 237mm, 本体重量:20kg, 画面サイズ:48インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:72W, スピーカー総数:6個, フルレンジスピーカー数:4個, ツィーター数:2個, 消費電力:226W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

画面サイズ:75インチ, 画面解像度:3840 × 2160, スピーカー総数:11個, フルレンジスピーカー数:4個, ツィーター数:4個, ウーファー数:1個, HDMI端子数:4系統

本体サイズ:1.45m × 87.3cm × 266mm, 本体重量:32.5kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:72W, スピーカー総数:6個, フルレンジスピーカー数:4個, ツィーター数:2個, ウーファー数:0個, 消費電力:358W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

本体サイズ:1.23m × 77.2cm × 235mm, 本体重量:14.5kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:281W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:3系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 65U7H (2022) の仕様・スペックを競合製品と比較

総合評価

画像製品名評価比較したときのおススメ度総合評価

ハイセンス 65U7H (2022)

40.5-本体サイズ:1.45m × 89.3cm × 306mm, 本体重量:19.1kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:230W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 43U7FG (2021)

50.6本体サイズ:96.2cm × 61.7cm × 194mm, 本体重量:9.2kg, 画面サイズ:43インチ, 画面解像度:3840 × 2160, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:130W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 50U7FG (2021)

49.7本体サイズ:1.12m × 70.5cm × 251mm, 本体重量:11.8kg, 画面サイズ:50インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:140W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 50U8FG (2021)

49.2本体サイズ:1.12m × 67.5cm × 291mm, 本体重量:17.3kg, 画面サイズ:50インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:5個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:220W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 55U8FG (2021)

49.1本体サイズ:1.23m × 73.8cm × 291mm, 本体重量:20.9kg, 画面サイズ:55インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:5個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:220W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 58U7FG (2021)

47.0本体サイズ:1.29m × 82.1cm × 294mm, 本体重量:14.7kg, 画面サイズ:58インチ, 画面解像度:3840 × 2160, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:200W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 65U7FG (2021)

46.9本体サイズ:1.45m × 90.3cm × 294mm, 本体重量:19.1kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:20W, スピーカー総数:2個, フルレンジスピーカー数:2個, 消費電力:202W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

ハイセンス 65U8FG (2021)

47.4本体サイズ:1.45m × 86.3cm × 291mm, 本体重量:30kg, 画面サイズ:65インチ, 画面解像度:3840 × 2160, 音声実用最大出力:40W, スピーカー総数:5個, フルレンジスピーカー数:2個, ウーファー数:1個, 消費電力:280W, 待機時消費電力:0.5W, HDMI端子数:4系統, USB端子数:2系統

大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度大きさ

ハイセンス 65U7H (2022)

27.4-本体サイズ:1.45m × 89.3cm × 306mm

ハイセンス 43U7FG (2021)

51.8本体サイズ:96.2cm × 61.7cm × 194mm

ハイセンス 50U7FG (2021)

33.7本体サイズ:1.12m × 70.5cm × 251mm

ハイセンス 50U8FG (2021)

29.4本体サイズ:1.12m × 67.5cm × 291mm

ハイセンス 55U8FG (2021)

23.1本体サイズ:1.23m × 73.8cm × 291mm

ハイセンス 58U7FG (2021)

18.1本体サイズ:1.29m × 82.1cm × 294mm

ハイセンス 65U7FG (2021)

14.0本体サイズ:1.45m × 90.3cm × 294mm

ハイセンス 65U8FG (2021)

15.1本体サイズ:1.45m × 86.3cm × 291mm

フルレンジスピーカー数

画像製品名評価比較したときのおススメ度フルレンジスピーカー数

ハイセンス 65U7H (2022)

11.1-フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 43U7FG (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 50U7FG (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 50U8FG (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 55U8FG (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 58U7FG (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 65U7FG (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

ハイセンス 65U8FG (2021)

40.0フルレンジスピーカー数:2個

大型テレビランキング

カテゴリ一覧

人気大型テレビ

関連人気記事

新着情報